ワイモバイルでセール開催中!iPhone7も

ワイモバイルで持ち込み端末に機種変更する手順!使える端末は?

 

 

本記事はワイモバイルで持ち込みのスマホ(iPhone・Android)に機種変更する手順を解説します。

 

ワイモバイル端末に機種変更せずとも、手持ちのスマホに機種変更すれば機種代金の負担が削減できます。

ただし一部使えない端末もありますので、注意してください。

 

ワイモバイル取り扱い端末に機種変更する手順は「ワイモバイルで機種変更する全手順」に詳しくまとめています。

 

▼おすすめSIMフリースマホはこちら▼

SIMフリースマホランキング

 

持ち込み端末に機種変更する手順

 

まずは、持ち込んだ端末に機種変更する手順を解説します。

持ち込み端末への機種変更は、自分自身で作業しなければなりませんが、簡単です。

 

  1. 使える端末か確認
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定

 

持ち込み端末が使えるか確認

 

のちほど詳しく解説しますが、お持ちのスマホがワイモバイルのバンド・周波数に対応していないとワイモバイルでは使えません。

また、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホに機種変更する場合は、SIMロック解除が必要になります。

 

対応バンド・周波数とSIMロック解除についてはのちほど詳しく解説します。

 

端末からSIMカードを抜く

 

 

続いて、現在の端末からSIMカードを抜きます

まずは端末の電源を切り、以下のページを参考にSIMカードを抜いてください。

 

詳細SIMをスマホに装着 | ワイモバイル

 

持ち込み端末にSIMカード挿入

 

これまで使用していたから端末からSIMカードを抜いたら、新しいスマホにSIMカードを挿入します。

 

SIMの挿入の仕方は「ワイモバイルSIMをスマホに装着 | ワイモバイル」の「設定・使いこなしガイド」に手順が書かれています。

 

APN設定

 

新しいスマホにSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、お持ちのスマホをワイモバイルのネットワーク回線に接続するための設定です。

APN設定をしないと新しいスマホはワイモバイルの回線につながりません。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従って構成プロファイルをダウンロード・インストールしてください。

Androidアンドロイドの通信設定

iOSiOSの通信設定

 

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、手持ちのスマホはまだワイモバイルのデータ通信ができませんので、Wi-Fiに接続した状態で作業をします。

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、機種変更は完了です。

 

▼おすすめSIMフリースマホはこちら▼

SIMフリースマホランキング

 

機種変更可能な持ち込み端末は?

 

ここからは、ワイモバイルで使える持ち込みスマホについて解説します。

ご自身のスマホがワイモバイルで使えるか、よく確認してください。

 

持ち込みのiPhoneが使える

 

 

ワイモバイルでは、持ち込みのiPhoneへの機種変更も可能です。

iPhoneは一部の古い機種を除き、ワイモバイルのバンド・周波数に対応しています。

 

アップルストアで購入したSIMフリーのiPhoneはもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneもSIMロックを解除すれば使えます。

 

ただし、iPhone5S以前の古いiPhoneは一部対象外の場合もありますので注意してください。

iPhoneSEやiPhone6以降の機種であれば、ワイモバイルで問題なく使用できます。

 

Androidスマホも使える

 

iPhoneだけでなく、「Galaxy」「Xperia」「AQUOS」やHUAWEI・OPPOなどのAndroidスマホにも機種変更可能です。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したAndroidスマホはSIMロック解除が必要です。

※一部MVNO購入機種でもSIMロック解除が必要な場合あり

 

また、ドコモ・auで購入したスマホや一部のSIMフリースマホはワイモバイルのバンドに対応していないため、ワイモバイルで使えない場合もあります。(のちほど詳しく説明)

 

▼おすすめSIMフリースマホはこちら▼

SIMフリースマホランキング

 

SIMロック解除が必要/不要な場合

 

SIMロック解除が必要な場合

 

ワイモバイル契約者が持ち込みのスマホに機種変更するためには、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

ドコモ・au・ソフトバンクやUQモバイルなどで購入した端末は、自社の回線でしか使えないようにSIMロックという状態になっています。

購入したスマホを他社(ワイモバイル)で使うためには、事前にこのSIMロックを解除しておかなければなりません。

 

ドコモ・auやUQモバイルはもちろん、ソフトバンクで購入したスマホもSIMロック解除が必要な点に注意してください。

 

SIMフリーはSIMロック解除不要

 

一方、家電量販店やMVNO各社で販売されている端末はほぼSIMフリー版です。

SIMフリースマホはSIMロックがされていませんので、SIMロック解除することなく使えます。

 

また、ワイモバイルで販売されたスマホはSIMロックがかかっていますが、解除することなくそのまま使えます。

 

SIMロックを解除する手順

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホのSIMロックを解除する方法は2つあります。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの各ショップ店頭で手続きする方法と、マイページからオンラインで手続きする方法です。

 

店頭で手続きすると3,000円の手数料がかかりますので、できるだけマイページである「My Docomo」「My au」「My Softbank」から手続きしましょう

「My Docomo」「My au」「My Softbank」なら無料で解除できます。

 

店頭 WEB
(マイページ)
SIMロック
解除
¥3,000 無料

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクを解約した後にSIMロック解除する場合は、店頭のみの手続きとなり有料になります。

現在ドコモ・au・ソフトバンクに契約中の方は、契約しているうちに解除しましょう。

 

持ち込み時はバンド・周波数を確認

 

バンド・周波数とは

 

他から持ち込んだスマホに機種変更する場合は、事前に端末の対応バンド・周波数を確認しましょう。

 

バンド・周波数とは、スマホキャリアが通信する際の電波の規格です。

「ドコモは○○Hzのバンドを使用」「ワイモバイルは○○Hzのバンドを使用」といったように、電波が周波数により区分けされています。

 

キャリアによって使っている電波の周波数(バンド)が異なるうえ、スマホによっても対応している周波数が異なるのです。

 

バンド・周波数で使えない場合も

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホでも、SIMロック解除すれば全てワイモバイルで使えるわけではありません。

前章の通り、スマホがワイモバイルのバンド・周波数に対応していなければ、ワイモバイルでは使えないのです。

 

ワイモバイルのバンド・周波数

 

ワイモバイルのバンド・周波数は以下の通りです。

 

  • FDD-LTE(4G):B1/B3/B8
  • W-CDMA(3G):B1/B8

 

ご自身のスマホの対応バンド(周波数)がFDD-LTE(4G)の1・3・8と、W-CDMA(3G)の1・8に対応しているか確認しましょう。

 

ソフトバンクで購入したスマホと国内で販売されているSIMフリー端末は、ほぼ上記のバンドに対応しています。

また、iPhoneは5S以降の機種であれば、ドコモ・au・ソフトバンクやSIMフリー版でもワイモバイルで使えます。

 

購入元 iPhone Android
SIMフリー
5S以降なら
対応
対応
ソフトバンク
au
要確認
ドコモ

 

ただし、一部例外があるので必ず事前に確認してください。

 

バンドが非公表の機種も多い

 

一番厄介なのが、ドコモ・auやUQモバイルで発売されたAndroidスマホです。

これらの機種は対応バンド・周波数が公表されていない場合が多いのです。

 

例えばUQモバイルのAQUOS sense2はバンドが公表されていないため、ワイモバイルで使えるかどうかわかりません。

一度サポートに問い合わせましたが、明確な回答が得られませんでした。

 

また、ドコモの場合はドコモの周波数に対応しているかどうかしか書いてないため、ワイモバイルや他の回線への対応状況がわかりません。

ネットを調べれば「ドコモ版でも使えた」「au版は使えなかった」等の情報もありますが、不安な方はワイモバイルでの使用は避けた方が良いでしょう。

 

機種変更可能な持ち込みスマホまとめ

 

これまでの解説をまとめると、以下の通りです。

 

  • 3キャリアのスマホはSIMロック解除が必要
  • SIMフリーはSIMロック解除不要
  • スマホの対応バンド・周波数を確認
    ⇒iPhoneは5S以降なら対応
    ⇒Androidはソフトバンク・SIMフリーはほぼ対応
    ⇒ドコモ・auのAndroidは非対応の場合も

 

▼おすすめSIMフリースマホはこちら▼

SIMフリースマホランキング

 

持ち込み端末に機種変更時の注意点

 

機種変更作業は自身で

 

ワイモバイル契約者が持ち込み端末へ機種変更する場合、一連の作業は自身で行う必要があります。

店舗にいっても基本的に作業してくれませんので注意してください。

 

SIMカードのサイズに注意

 

 

他社で購入した端末に機種変更する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。

スマホ端末によって使えるSIMカードのサイズが異なります。

 

例えばこれまで使用していた端末に入っているSIMカードがmicroサイズで、持ち込みスマホのSIMサイズがnanoの場合、そのままでは使えません。

ワイモバイル店頭でSIMサイズを変更してもらう必要があります。

 

ただし、あまりないとは思いますが、現在nanoサイズのSIMを持っていてmicroサイズの機種に使いたい場合は、SIMカードのサイズを大きくするアダプタケースを販売しています。

このアダプタを使えばSIMを交換することなく機種変更できます。

 

 

現在の機種はほとんどnanoなので現在nanoサイズの方はmicroに交換せずにアダプタで対応するのがおすすめです。

 

一部使えないサービスあり

 

ワイモバイルのSIMを他社の端末に挿して使う場合、一部サービスが使えない場合があります。

 

例えば、端末保証オプションの一種である「故障安心パックプラス」には加入できません。

 

また、「ソフトバンクWi-Fiスポット」はワイモバイルで購入した端末なら無料で使えますが、他社端末では使用できません。(実際は使える場合もありますが)

 

特にソフトバンクWi-Fiスポットが使えないのは大きな痛手ですので、注意が必要です。

 

公式サイトではソフトバンクWi-Fiスポットが使えないことになっていますが、実際は他社端末に挿しても使える場合もあります。
(実際に私も使えています)

 

詳細記事ワイモバイルならソフトバンクWi-Fiスポット無料!

 

持ち込み端末への機種変更はお得!

 

以上、ワイモバイルで持ち込み端末に機種変更する手順の解説でした。

 

ワイモバイル契約者はワイモバイルで販売する端末以外にも、持ち込んだ端末への機種変更も可能です。

ただし、対応バンドによっては使えない場合もありますので注意してください。

 

▼おすすめSIMフリースマホはこちら▼

SIMフリースマホランキング

 

 

ワイモバイル トップへ