楽天モバイルでお得な家族割が開始!詳細はこちら 
UQモバイル

UQモバイルでAQUOSに自分で機種変更する手順!使えないアクオスも

記事内に広告が含まれています

 

 

本記事ではUQモバイルで使える持ち込みのAQUOSと機種変更手順を解説します。

 

UQモバイルではAQUOSを含めたAndroidスマホを安く購入できますが、他で購入した持ち込みのAQUOSも使えます。

ただし、注意点がありますのでよく読んで使ってください。

 

 

UQモバイルで販売中のスマホ一覧
UQモバイルのおすすめ端末一覧

 

UQモバイルで使えるAQUOS

 

UQモバイル AQUOS 自分で機種変更

 

AQUOSを端末のみで買う方法

 

UQモバイルではAQUOSスマホを販売中ですが、他で購入したAQUOSも使える場合があります。

 

AQUOS本体はAmazonや楽天市場などで端末のみを購入できます。

また、イオシスやじゃんぱらといった中古スマホ店でも中古・未使用のAQUOSが端末のみで購入できます。

価格も安いのでぜひ探してみてください。

 

 

ただし、購入前には必ずUQモバイルで使えるかを確認しましょう。

UQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧ページに記載がある端末でも使わない方がよい端末もあります。

 

アクオスの動作確認状況

 

UQモバイルの動作確認端末は更新が早いです。

現在UQモバイルで動作確認されているアクオスは以下のページで確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

au版やSIMフリー版のAQUOSだけでなく、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル版なども一部動作確認されています。

ただし、動作確認されていても実際には使えない機種もあります。

 

動作確認済でも使えない機種

 

ただし、動作確認されているからといって使えるわけではありません。

動作確認されている機種でも対応バンドの確認が必要です。

 

au版のアクオスはAQUOS SERIE SHV32以降の機種なら使えます。

しかし、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルの古いAQUOSはSIMロック解除しても使えない機種が多いです。

 

最近発売されたAQUOSはほとんど使えます

 

使えないAQUOSの見分け方

 

ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルで買ったAQUOSが使えるかどうか判断するためには、端末の対応バンドを確認してください。

自身の端末が4GバンドのB1・18・26とVoLTEに対応していれば使えます。(18と26はどちらか一方で可)

また、5Gはn77・n78への対応が必要です。

 

 

古いAQUOSはB18/26に非対応

 

ドコモ/ソフトバンク/ワイモバイルで過去に販売されたAQUOSは、4G/LTEのバンド1には必ず対応していますが、バンド18・26には非対応の機種もあります。

18・26のどちらにも非対応の機種は郊外や地下・室内などで繋がらなくなるので、使わないほうが良いです。

 

ドコモ端末ならahamoやirumo、ソフトバンク・ワイモバイル端末はワイモバイルやLINEMOで使うのがおすすめです。

 

最近発売されたAQUOSはほぼUQ mobileで使えます

 

5Gに必要なバンド

 

UQモバイルの5Gプランを契約している方は追加料金なしで5Gが使えます。

5Gエリアもだいぶ広がってきたので、今後は5Gバンドも確認しましょう。

 

UQモバイルが使う主要な5Gバンドはn28・n77・n78です。

n28は4G転用の5Gなのであまり重要ではありませんが、n77・n78は必須です。

今後もUQモバイルでスマホを使い続ける方はn77・n78の両方に対応しているか確認しましょう。

といっても、5G対応のAQUOSならほぼ対応しているのであまり心配する必要はありません。

 

主要なAQUOSの対応状況

 

ここでは、主要なAQUOSの対応状況を解説します。

ただし、必ず動作確認端末一覧に従ってください。

動作確認端末一覧に記載のない端末は自己責任で使ってください。

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

AQUOS wish3

 

AQUOS wish3はSIMフリー版(SH-M25)に加え、ドコモ版(SH-53D)、ソフトバンク版(A303SH)、ワイモバイル版(A302SH)、楽天モバイル版(SH-M25)があります。

UQモバイル公式サイトでは現在以下が動作確認されています。

 

型番 動作確認
SIMフリー版 SH-M25
ドコモ SH-53D
ソフトバンク A303SH
楽天モバイル A302SH
ワイモバイル SH-M25

 

ドコモ版、ソフトバンク版、楽天モバイル版、ワイモバイル版のAQUOS wish3は動作確認されており、安心して使えます。

SIMフリー版は動作確認されていませんが、他と仕様は同じなので問題なく使えます。

どの機種もUQモバイルだけでなく大手4キャリアの主要な4G/5Gバンドを網羅しており、全てSIMロックもかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すれば使えるようになります。

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

ただし、指紋認証を使う人は注意が必要です。

AQUOS wish3で指紋認証と顔認証の両方に対応しているのはドコモ版のみで、他は顔認証のみです。

指紋認証が使いたい人はドコモ版を選ぶのがおすすめです。

(ただしドコモ絵文字や背面のデザインが異なる点には注意してください)

 

 

UQモバイルで使えるAQUOS wish3と機種変更手順はこちらにまとめています。

詳細UQモバイルでAQUOS wish3を使う手順

 

AQUOS wish2

 

AQUOS wish2はau・UQモバイル以外にドコモとワイモバイルで発売されましたが、どちらもUQモバイルで使えます。

ドコモ版もワイモバイル版も動作確認されており、問題なく使えます。

 

  • ドコモ版:AQUOS wish2 SH-51C
  • ワイモバイル版:AQUOS wish2 A204SH

 

ドコモ版もワイモバイル版もUQモバイルの主要な4G/5Gバンドを網羅しています。

SIMロックもかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すれば使えるでしょう。

 

もちろんau版・UQモバイル版のAQUOS wish2も使えます。

 

 

AQUOS R8・R8 pro

 

AQUOS R8はSIMフリー版とドコモ版が発売されました。

また、AQUOS R8 proはSIMフリー版とドコモ、ソフトバンク版が発売されました。

 

<AQUOS R8の動作確認状況>

販売元 動作確認
R8 SIMフリー版
ドコモ
R8
pro
SIMフリー版
ドコモ
ソフトバンク

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

ドコモ版のAQUOS R8/R8 proとソフトバンク版のAQUOS R8 proは動作確認されており、問題なく使えます。

UQモバイルだけでなく、大手4キャリアが使う主要な4G/5Gバンドを網羅しています。

SIMロックもかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すればすぐに使えます。

 

動作確認はされていませんが、間違いなくSIMフリー版のAQUOS R8/R8 proも使えます。

SIMフリー版も大手4キャリアのバンドを網羅しており、他のau回線のキャリアでは動作確認されています。

AQUOS R8/R8 proはどれを買ってもUQモバイルで使えるでしょう。

 

 

AQUOS R7

 

AQUOS R7はドコモ・ソフトバンクで発売されましたが、AQUOS R7はUQモバイルでも問題なく使えます

 

  • ドコモ版:AQUOS R7 SH-52C
  • ソフトバンク版:AQUOS R7 A202SH

 

ドコモ版もソフトバンク版も、4G/LTEのB1・B18と5Gのn77・n78に対応しており、UQモバイルでも動作確認されています。

また、auの5G周波数であるn77・n78にも対応しているので、エリア内なら5Gも使えるでしょう。

 

ドコモ版もソフトバンク版もSIMロックはかかっていないため、SIMを入れてAPN設定すれば使えます。

eSIMも使用可能です。

 

 

AQUOS R6

 

AQUOS R6はドコモ・ソフトバンクで発売されました。

AQUOS R6はUQモバイルでも問題なく使えます

 

  • ドコモ版:AQUOS R6 SH-51B
  • ソフトバンク版:AQUOS R6 A101SH

 

ドコモ版もソフトバンク版もUQモバイルでも動作確認されています。

4G/LTEのB1・B18、5Gのn77・n78に対応しており、エリア内なら5Gも使えるでしょう。

ただし、使用前にSIMロック解除が必要です。

 

 

AQUOS sense8

 

AQUOS sense8はUQモバイル以外に公開市場版(SIMフリー版)、ドコモ版、楽天モバイル版、au版、J:COM MOBILE版が発売されました。

au版/UQモバイル版/J:COM MOBILE版は同じ仕様です。

 

記事執筆時点で、UQモバイルでは以下が動作確認されています。

 

<AQUOS sense8の動作確認>

販売元 型番 動作確認
公開市場版 SH-M26
ドコモ SH-54D
au SHG11
UQモバイル SHG11
楽天モバイル SH-M26

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

ドコモ/au/楽天モバイル版は動作確認されており、問題なく使えます。

SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、仕様は同じで他のau回線を使ったキャリアでは動作確認されているので、UQモバイルでも確実に使えます。

 

AQUOS sense8はどこで買ったものもSIMロックはかかっておらず、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの全キャリアの主要な4G/5Gバンドを網羅しています。

仕様上の違いもないので、これから端末を買う場合はどれを買ってもよいでしょう。

自分ならau版、UQモバイル版かSIMフリー版のAQUOS sense8を買うと思います。

 

 

AQUOS sense7/7 plus

 

AQUOS sense7はUQモバイル以外に公開市場版(SIMフリー版)、ドコモ版、楽天モバイル版、au版が発売されました。

また、ソフトバンクではAQUOS sense7 plusが発売されました。

 

記事執筆時点で、UQモバイルでは以下が動作確認されています。

 

<AQUOS sense7の動作確認>

販売元 型番 動作確認
公開市場版 SH-M24
ドコモ SH-53C
au SHG10
UQモバイル SHG10
楽天モバイル SH-M24
ソフトバンク
(plus)
A208SH ×

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

ドコモ/au/UQモバイル/楽天モバイル版のAQUOS sense7は動作確認されており、問題なく使えます。

SIMフリー版(公開市場版)は動作確認されていませんが、仕様は同じで他のau回線を使ったキャリアでは動作確認されているので、UQモバイルでも確実に使えます。

 

AQUOS sense7はどこで買ったものもSIMロックはかかっておらず、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの全キャリアの主要な4G/5Gバンドを網羅しています。

仕様上の違いもないので、これから端末を買う場合はどれを買ってもよいでしょう。

自分ならau版、UQモバイル版かSIMフリー版のAQUOS sense7を買うと思います。

 

 

なお、ソフトバンクで発売されたAQUOS sense7 plusはau回線が使う4GバンドのB18やB26に非対応なので、UQモバイルでの使用はおすすめしません。

LINEMO、ワイモバイルやソフトバンク回線の格安SIMで使いましょう。

 

AQUOS sense4/plus/basic

 

AQUOS sense4はドコモとSIMフリー版(公開市場版)が発売されました。

また、楽天モバイルとSIMフリー版(公開市場版)でAQUOS sense4 plusが、ワイモバイルでAQUOS sense4 basicが発売されました。

 

UQモバイルではどの機種も動作確認済みで問題なく使えます。

 

動作確認
AQUOS
sense4
ドコモ
(SH-41A)
SIMフリー版
(SH-M15)
AQUOS
sense4
plus
SIMフリー
(SH-M16)
楽天モバイル
AQUOS
sense4
basic
ワイモバイル

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

動作確認で〇になっている機種はどれもUQモバイルの4Gバンドを網羅しており、問題なく使えます。

 

ドコモのAQUOS sense4 SH-41AとワイモバイルのAQUOS sense4 basicも問題なく使えますが、使用前にはSIMロック解除が必要です。

 

本体のみの購入はこちらからどうぞ。

 

AQUOS sense4 lite

 

楽天モバイルではAQUOS sense4 liteが発売されました。

AQUOS sense4 liteもUQモバイル動作確認されており、問題なく使えます。

 

AQUOS sense4 liteはUQモバイルが使う主要な4Gバンド(B1・18)に対応しています。

5Gには対応していませんがCPU性能は今でも十分なので、それほどこだわりがなければ今からUQモバイルで使うのもよいでしょう。

 

楽天モバイルの端末はSIMロックがかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すればすぐに使えるようになります。

 

本体の購入はこちらからどうぞ。

 

AQUOS sense3 plus

 

AQUOS sense3 plusはソフトバンクと楽天モバイル・SIMフリーで発売されました。

また、auではAQUOS sense3 plus サウンドが発売されました。

 

結論から言うと、どの機種もUQモバイルで動作確認されており、問題なく使えます

 

  • ソフトバンク版:AQUOS sense3 plus 901SH
  • 楽天モバイル版:AQUOS sense3 plus SH-RM11
  • SIMフリー版:AQUOS sense3 plus SH-M11
  • au版:AQUOS sense3 plus サウンド SHV46

 

ソフトバンク版のAQUOS sense3 plus 901SHも楽天モバイル版のSH-RM11もB1・B18に対応しています。

au VoLTEにも対応しているので、どの機種も問題なくUQモバイルで使えます。

 

ただし、ソフトバンク版のみSIMロック解除が必要です。

楽天モバイル版はSIMフリーで、au版はそのまま使用可能です。

 

本体の購入はこちらからどうぞ。

 

AQUOS sense3 lite

 

AQUOS sense3 liteは楽天モバイルで発売されました。

AQUOS sense3 liteはUQモバイルでも動作確認されており、問題なく使えます。

 

AQUOS sense3 liteはUQモバイルが使う4GバンドのB1・B18とau VoLTEに対応しています。

SIMロックもかかっていないので、SIMを差し替えてAPN設定すれば問題なく使えます。

 

本体の購入はこちらからどうぞ。

 

AQUOS R2 compact

 

AQUOS R2 CompactはSIMフリー版(SH-M09)とソフトバンク版(803SH)が発売されました。

結論から言うと、どちらも動作確認されておりUQモバイルで使えます

 

SIMフリー版もソフトバンク版もB1・B26とau VoLTEに対応しています。

ソフトバンク版もSIMロック解除すればUQモバイルで使えます。

 

AQUOS zero2

 

AQUOS zero2はドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリー版が発売されました。

結論から言うとドコモ・au・ソフトバンク版もSIMフリー版もUQモバイルで使えます。

 

  • ドコモ版:AQUOS zero2 SH-01M
  • au版:AQUOS zero2 SHV47
  • ソフトバンク版:AQUOS zero2 906SH
  • SIMフリー版:AQUOS zero2 SH-M13

 

au版・SIMフリー版だけでなく、ドコモ版もソフトバンク版もB1・B18とau VoLTEに対応しています。

よって、au版とSIMフリー版はそのまま、ドコモ版とソフトバンク版はSIMロック解除すればUQモバイルで使えます。

 

 

SIMロック解除が必要な場合も

 

SIMロックとは

 

ドコモ・au・ソフトバンクで過去に販売されたスマホは、他のキャリアでは使えないようにSIMロックという状態になっていました。

そのため、SIMロックがかかっている端末はロックを解除してからでないとUQモバイルで使うことはできません。

 

動作確認されているドコモ・ソフトバンク・ワイモバイル版のAQUOSはSIMロック解除が必要な場合があります。

auで購入したAQUOSも、SIMロック解除が必要な機種と不要な機種がありますので注意してください。

必ず動作確認端末一覧ページを確認してください。

 

以下の日付以降に購入したスマホはSIMロックがかかっていません
・ドコモ:2021年8月27日
・au/UQモバイル:2021年10月1日
・SoftBank/Y!mobile:2021年5月12日

 

SIMロック解除の方法

 

ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルのAQUOSのSIMロックは店舗オンラインで解除手続きができます。

店舗で手続きすると手数料がかかる場合があるので、できるだけマイページで手続きしましょう。

 

 

UQでAQUOSに自分で機種変更

 

他社で購入したAQUOSをUQモバイルで使う手順は、主に以下の4つです。

 

  1. UQモバイルで動作確認
  2. AQUOS本体を用意
  3. 本体にSIMを差し替え
  4. 初期設定/データ移行
  5. APN設定

 

端末が使えるか確認

 

まず、使いたい端末がUQモバイルで使えるか確認しましょう。

事前に必ず動作確認端末一覧ページを確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

また、手持ちのAQUOSを使う場合はSIMロック解除が必要な場合もあります。

こちらも動作確認端末一覧ページに記載があるので、必ず確認しましょう。

 

AQUOS本体を用意

 

UQモバイルで使えることが確認出来たら、端末を用意します。

AQUOS本体はUQモバイルでも購入できますが、Amazon、楽天市場や中古スマホ店でも購入できます。

特にイオシスやじゃんぱらといった中古スマホ店では、豊富な在庫のAQUOSが本体だけで購入できます。

中古だけでなく未使用品も安く買えるので、ぜひ探してみてください。

 

 

本体にSIMカードを差し替え

 

AQUOS本体が用意できたら、現在の端末からSIMカードを抜き、新しいAQUOS本体に差し替えます。

SIMスロットを開き、SIMカードを差し替えてください。

 

SIMスロット

 

eSIMを使っている人もマイページから移行手続きができます。

詳細eSIMの再発行手続きについて

 

端末初期設定/データ移行

 

SIMを差し替えてAQUOS本体の電源をONにすると、初期設定が開始します。

その中でデータ移行も可能です。

クイックスイッチアダプターを用いてケーブルで新旧の端末をつないだり、Wi-Fi経由でデータを移行できます。

詳細AQUOSのデータ移行 | SHARP公式

 

ただし、全てのアプリが移行されるわけではないので、データ移行完了後に元の端末と見比べて確認しましょう。

画像や動画などのデータは移行されますが、アプリは移行されないものも多いです。

また、アプリの再ログインが必要な場合もあります。

 

また、LINEのトーク履歴の移行はこちらのページをご確認ください。

 

APN設定

 

AQUOSは、SIMを差し替えただけでは通話やデータ通信ができない場合があります。

その場合は手動でAPN設定が必要です。

APN設定とは、UQモバイルの通話やデータ通信にスマホを接続するための設定です。

 

APN設定の手順はこちらを参考にしてください。

詳細AndroidのAPN設定 | UQ mobile

 

APN設定完了後はWi-FiをOFFにして通話やデータ通信ができるかを必ず確認しましょう。

問題なく接続できれば機種変更は完了です。

 

UQモバイルでAQUOSが使える

 

以上、UQモバイルで持ち込みのアクオスを使う手順でした。

UQモバイルではAQUOSを含めたAndroid端末を安く購入できますが、他で購入した持ち込みのAQUOSも使えます。

AQUOS本体の購入はこちらからどうぞ!

 

 

他機種への機種変更手順はこちら
UQモバイルで使えるAQUOS
持ち込み機種に機種変更する手順

 

UQモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました