ワイモバイルでお得なキャンペーン中 

ワイモバイルのデメリット総まとめ!特にこの2つに注意【2019年版】

 

 

本記事では、実際にワイモバイルを契約して3年の私が、ワイモバイルのデメリット・注意点を解説します。

 

ワイモバイルは通信速度が快適店舗も多いため、格安SIMは契約者数は最多です。

しかし、特に大きなデメリットが2つありますので、十分注意して契約しましょう。

 

ワイモバイルのメリット・おすすめポイントは下記記事にまとめています。
ワイモバイルのメリット総まとめ

 

ワイモバイルの重大なデメリット2つ

 

データ繰り越しができない

 

 

私が考えるワイモバイルの最大のデメリットは、「余ったデータの繰り越し」ができないことです。

 

格安SIMキャリアはほぼ全て、当月使い切れずに余ったデータを翌月に繰り越せるサービスを実施しています。

ライバルのUQモバイルでも余ったデータは翌月に繰り越されます。

 

しかし、ワイモバイルにはデータ繰り越しサービスはありません

当月使い切れなかったデータは没収されてしまいます。

 

データ繰り越しはデータ容量を節約できる非常に便利な機能なので、これはかなり痛手です。

 

 

最低利用期間2年

 

もう一つは、最低利用期間(縛り期間)が2年と長いことです。

 

ワイモバイルのメインのプランである「スマホプラン」は、最低利用期間が2年のプランです。

契約すると基本的には2年使い続けなければなりません。

 

途中で解約したりMNPで転出すると、契約解除料(違約金)として9,500円+税がかかります。

 

一応最低利用期間・契約解除料がない「スマホベーシックプラン」もありますが、基本料金が高く、実際には選択肢になりえません。

 

他の格安SIMは1年が基本

 

他の格安SIMは1年が基本で、OCNモバイルONEのように6か月のところもあります。

また、mineo(マイネオ)のように1年以内のMNP転出時のみ手数料をとり、単純な解約なら違約金がないキャリアもあります。

 

ワイモバイルに契約する際は、2年は使う前提で契約しましょう。

 

なお、契約更新期間は契約した月を1ヶ月目とした24~26ヶ月目の3ヶ月間です。

この間に契約解除をしないと、さらに2年契約が自動で更新されてしまいます

 

▼Ymobileの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルの他のデメリット

 

料金は他より少々高い

 

ワイモバイルのスマホプランは、10分かけ放題がセットになったプランしかありません。

また、通信速度が快適な分、料金は他の格安SIMより少々高いです。

 

ですが、2018年に料金据え置きで使えるデータ容量が1.5倍になり、他の格安SIMとの差は縮まりました。

また、家族割や光セット割などの割引が多くて割引額も大きいです。

 

個人的には料金はわずかな差なのであまり気にしなくてよいと思います。

詳細記事ワイモバイルの料金は高い?実際に検証しました

 

大容量データプランがない

 

ワイモバイルのメインとなるスマホプランは3GB・9GB・21GBの3つから選びます。

ワイモバイルは最大でも21GBしかないため、それ以上のプランを契約したい方は他社を選ぶしかありません。

 

3大キャリア・格安SIMを含めたスマホキャリア各社では、30GB・50GBといった大容量データ通信プランができています。

 

しかし、ワイモバイルはスマホプランLの21GBが最大です。

データをガンガン使う方は物足りないかもしれません。

 

 

通信速度の切り替え不可

 

他の格安SIMキャリアには、データ通信速度をアプリなどで高速・低速に切り替える機能があります。

「低速に切り替えればデータ容量を消費しない」というサービスです。

 

しかし、ワイモバイルにこの通信速度を切り替えるサービスはありません。

 

 

ソフトバンクからのMNP乗り換えは料金UP

 

 

ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社です。

そのため、ソフトバンクから番号そのまま(MNP)でワイモバイルに乗り換えた場合、ちょっと損です。

 

ドコモやauから乗り換える場合と比べて月額料金が500円高くなる場合があります

 

例えば、iPhone6SをスマホプランSで契約する場合の料金は以下の通りです。

  • ドコモ・auから:月額4,082円
  • ソフトバンクから:月額4,622円

 

また、SIMのみ契約する場合も、ドコモ・auからの乗り換えなら最大14,400円の割引が適用されますが、ソフトバンクからの乗り換えは割引対象外です。

 

 

▼Ymobileの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

逆にワイモバイルのメリットは?

 

ここまでワイモバイルのデメリットを解説してきました。

しかし、私はワイモバイルを3年以上使っており、大変満足しています。

 

実際に使って感じたメリット・おすすめポイントは以下の通りです。

 

  • icon-circle-o 通信速度が非常に速い
  • icon-circle-o 全国に店舗が1000店舗以上
  • icon-circle-o iPhoneが買える
  • icon-circle-o ソフトバンクWi-Fiスポット無料
  • icon-circle-o ヤフープレミアム会員費無料
  • icon-circle-o おうち割・家族割でさらに安く
  • icon-circle-o キャリアメールが無料
  • icon-circle-o キャリア決済も使える

 

特に、通信速度は本当に速くて快適です。

最も混雑するお昼の時間帯でも35Mbps以上出ています。

 

また、全国に1000店舗以上あるのは初めての方に安心ですね。

この店舗数は格安SIMでダントツのトップです。

 

ワイモバイルのメリット・私のおすすめポイントは下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事ワイモバイルのメリット9選!

 

ワイモバイル以外でおすすめの格安SIMキャリアは?

 

データ繰り越しならUQモバイル

 

  • Ymobileと同等に速度が速い
  • 余ったデータは繰り越し可能
  • 店舗もそこそこある
  • 最低利用期間は2年
  • キャリアメール・留守電有料

 

UQモバイルは、ワイモバイルに並んで私が最もおすすめする格安SIMキャリアです。

 

UQモバイルは、ワイモバイルと同じくキャリアのサブブランドなので、ワイモバイルと似たようなサービス内容になっています。

しかし、UQモバイルにはワイモバイルにはない「余ったデータの繰り越し機能」があります。

 

UQモバイルはワイモバイルと同じくらい通信速度が高速で、ワイモバイルには劣りますが店舗もそこそこの数あります。

料金プランもほぼ同じなので、データの繰り越しだけがデメリットならUQモバイルを選びましょう。

 

当サイトから申し込めば、最大13,000円のキャッシュバックが貰えます。

 

▼UQはデータ繰り越し可能▼

UQモバイル公式サイト 

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

詳細記事UQモバイルのメリット・デメリットまとめ

 

ただしワイモバイルと同じく、UQモバイルは最低利用期間が2年のプランがメインです。

また、光回線とのセット割はなく、キャリアメール・留守電は有料オプションです。

 

詳細記事ワイモバイルとUQモバイルの違いはこの4点

 

LINEモバイルは縛りが1年

 

 

  • 格安SIMでは通信速度が快適
  • 最低利用期間は1年
  • SNSの通信はカウントフリー
  • SNSフリーのプランしかない
  • 料金は他よりわずかに高い

 

2つ目はLINEモバイルです。

ワイモバイルには及びませんが、LINEモバイルのソフトバンク回線は速度が非常に快適なのがメリットです。

 

LINEやTwitter、Instagram、Facebookなどがカウントフリーになるプランが人気で、料金もワイモバイルより安いです。

ソフトバンクで購入したスマホをお持ちなら、SIMロック解除なしで使えます。

 

ただし、SNSがカウントフリーになるプランしかなく、他の格安SIMよりはわずかですが料金が高いです。

また、手続きは基本的にWEBのみになります。

 

なお、LINEモバイルではドコモ回線・ソフトバンク回線が選べますが、おすすめするのはソフトバンク回線のみです。

ドコモ回線は速度が遅いのでやめておきましょう。

 

▼LINEモバイルもおすすめ▼

LINEモバイル公式サイト

 

詳細記事LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ

 

BIGLOBEモバイルも1年縛り

 

 

  • au回線は通信速度が快適
  • 最低利用期間1年
  • エンタメフリーも選べる
  • au回線は取り扱いが難しい
  • お昼は速度が落ちる

 

最後に紹介するのはBIGLOBEモバイルのau回線です。

 

ワイモバイル・UQモバイルほどではありませんが、こちらも格安SIMの中では速度が快適です。

これまでドコモ・au・ソフトバンクを使っていた方も違和感なく使えると思います。

 

BIGLOBEモバイルは非常に料金プランがシンプルで、ご自身に合ったデータ容量・オプションが細かく選べるのが特徴です。

もちろんワイモバイルより安いです。

また、常時何らかのキャンペーンを実施しており、実際はさらに安く契約できます。

 

さらに、Youtubeなどの動画が月額480円で見放題になる「エンタメフリー」というオプションが非常に人気で、最近契約者数がかなり増えています。

詳細記事BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説

 

 

難点としては、お昼の通信速度はワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイルよりも遅いです。
(といっても常時1~3Mbpsは出ています)

また、au回線なので使える端末が限られたり、少々取り扱いが難しいです。

 

BIGLOBEモバイルもドコモ回線・au回線が選べますが、おすすめはau回線のみです。

ドコモ回線は速度が遅いのでおすすめできません。

 

▼BIGLOBEモバイルも速度快適▼

 

詳細記事BIGLOBEモバイルの評価・速度まとめ

 

2つのデメリットが気にならないならワイモバイルはおすすめ

 

以上、ワイモバイルのデメリットの解説でした。

 

本文中で解説した2つのデメリットが気にならないなら、ワイモバイルは最もおすすめのキャリアです。

私も3年近く契約していますが、かなり満足しています。

 

ワイモバイルの申し込みは「ワイモバイル公式サイト」でどうぞ!

現在一部サイト限定の割引上乗せキャンペーンも実施中です。

 

▼Ymobileの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

一方、デメリットが気になる方はUQモバイルやLINEモバイル(S)・BIGLOBEモバイル(A)も検討しましょう。

 

▼UQはデータ繰り越し可能▼

UQモバイル公式サイト 

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

▼LINEモバイルもおすすめ▼

LINEモバイル公式サイト

 

▼BIGLOBEモバイルも速度快適▼

 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました