ワイモバイルでお得なキャンペーン中 

ワイモバイルのメリット10選!私が強くおすすめする理由とは【2019】

 

 

本記事では、実際にワイモバイルを3年以上使っている私がワイモバイルのメリット・おすすめポイントを解説します。

 

私もワイモバイルを契約して3年近くになりますが、快適な通信速度とお得な付帯サービスおうち割によるさらなる割引で大変満足しています。

スマホ料金はドコモ時代に比べて毎月5,000円、年間6万円ほど節約できました。

 

▼公式でメリット/デメリットを見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルの10つのメリット

 

通信速度が圧倒的に速い

 

私がワイモバイルを使っていて最も満足している点は、通信速度が非常に速くて快適なことです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際、最も不安なのは通信速度です。

実際、他の格安SIMは通常時が2~3Mbps、お昼の混雑時は0.5Mbps程度が一般的です。

 

しかし、ワイモバイルなら速度は快適です。

 

私も毎月速度を計測していますが、格安スマホの中ではUQモバイルと並んでトップに快適です。

 

<通信速度イメージ>

機種通常時混雑時
(12~13時)
3キャリア40~100Mbps40~100Mbps
ワイモバイル40Mbps40Mbps
他の
格安SIM
3~20Mbps0.5Mbps

 

通信速度は5Mbpsも出ていればYoutubeのHD画質でも問題なく視聴できますが、ワイモバイルは常時数十Mbps出ています。

他の格安SIMはお昼に1Mbpsを切り非常に使いづらい速度になりますが、ワイモバイルはお昼でも全く速度が変化しません。

 

このように、通信速度が速くて安定していることがワイモバイルの最大のメリットです。

 

 

スマホ料金が安い

 

ワイモバイルの最大の特徴は、月々の料金が安いことです。

 

私は以前ドコモを契約していました。

データ通信量が月5GBのプランで毎月9,000円ほど支払っていました。

 

しかしワイモバイルのスマホベーシックプランMなら、毎月9GB使えて料金は3,680円です。

また、10分以内の国内通話は全て無料になります。

ワイモバイルへの乗換えで、月5,000円、年間で6万円の節約になりました。

 

料金だけで言えば、他の格安スマホにはさらに安いプランもあります。

しかし、安定して速いデータ通信速度や、機種のラインナップなどを勘案すると、ワイモバイルのコスパは非常に優秀です。

 

 

全国に店舗が1000店舗以上

 

ワイモバイルは全国に店舗が1000店舗以上あるのがメリットです。

 

スマホの契約や各種手続きはオンラインストアで十分ですが、何か困ったときや緊急の場合には街のワイモバイルショップに行けば対応してくれます。

特に初めての方は、何かあったときのために店舗があるのは安心ですね。

 

格安SIMでこれだけの店舗数があるのはYmobileだけです。

 

10分以内の国内通話無料

 

ワイモバイルは2019年10月からスマホベーシックプランがメインプランとなりました。

このスマホベーシックプランには、S・M・R全てに10分以内の国内通話かけ放題がついています

 

この「10分以内の国内通話かけ放題」には、他の会社でよくある「21時~深夜1時は有料」「無料になるのは登録した3つの番号のみ」といった制限もありません。

国内通話なら、いつ・誰にかけても無料です。

 

そのため、長電話をしない私はほぼ基本料金のみで毎月おさまっています。
※ナビダイヤルなど、国内通話でも一部有料の場合があります

 

 

ソフトバンクWiFiスポット無料

 

 

ワイモバイルで購入したスマホ契約者なら、全国にあるソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えます

 

ソフトバンクWi-FiスポットはJRの主要駅や空港、カフェやファーストフードなど多くの場所にあり、高速通信が無料で使えます。

私もこのWiFiはかなり利用していますが、データ容量を節約しながら高速で通信できるのは本当にありがたいです。

 

実はドコモ・auにも同様の公衆無線LANが用意されています。

これはあくまで個人の感想ですが、ドコモ・auのWi-Fiに比べてソフトバンクWi-Fiスポットは速度が快適で非常に使いやすいです。

 

 

キャリアメールが使える

 

ワイモバイルはキャリアメールが使えるのもメリットです。

 

キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスです。

LINE等の普及でメールでやりとりすることは少なくなりましたが、一部のサービスを利用する際に登録必須な場合があり、今でもたくさんの方が利用されています。

 

ワイモバイルは@yahoo.ne.jpや@ymobile.ne.jpといったアドレスが付与され、これまで通りキャリアメールのやり取りができます。

格安SIMでキャリアメールが無料で使えるのはワイモバイルだけなので、非常に嬉しいです。

 

iPhoneが買える

 

ワイモバイルでは、格安SIMで数少ない「iPhoneが買えるキャリア」です。

もちろん、国内モデルの正規品(新品)です。

 

皆さんの中には、「スマホは絶対iPhoneじゃないと嫌だ!」という方もおられるでしょう。

ワイモバイルでは現在、iPhone7iPhone6Sを販売しています。

おそらくiPhone8も発売するでしょう。

 

特にiPhone7は2018年末に販売され、爆発的な人気を誇っています。

3Dゲームもできる高性能端末で、価格もだいぶ下がって購入しやすくなりました。

 

 

▼YmobileでiPhoneを購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

キャリア決済機能がある

 

ワイモバイルには、「キャリア決済機能」である「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。

 

キャリア決済とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスのことです。

私がワイモバイルにしたのも、この「キャリア決済」の機能があったからに他なりません。

 

キャリア決済がフルで使えるのは格安SIMでワイモバイル・UQモバイルのみです。

 

ヤフープレミアム会員費無料

 

ワイモバイル契約者はヤフープレミアム会員費が無料になるのがメリットです。

ワイモバイルを契約し続けている限りずっと無料です。

 

ヤフープレミアム会員費は毎月498円ですので、これまで支払っていた方がワイモバイルに乗り換えると、年間約6,000円の節約になります。

そのほかにもヤフープレミアム会員は特典がいっぱいです。

  • コンビニの無料引換券が貰える
  • ファストフードのクーポンが貰える
  • ヤフーショッピングのポイント5倍 等

 

 

おうち割で料金が更に割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光・ソフトバンクエアーにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光/Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割の割引額>

対象プラン月割引額
スマホ
ベーシック
プラン
S/M/R¥500
スマホ
プラン
S¥500
M¥700
R¥1,000

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

 

▼Ymobileへ申し込み・詳細確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイルのデメリット/注意点

 

一方、ワイモバイルにも注意すべきデメリットがあります。

特に、「データの繰り越しができない」ことと「データ速度の切り替えができない」点には注意が必要です。

 

ワイモバイルのデメリット・注意点は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

 

お得なキャンペーン実施中

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

契約時には必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

契約事務手数料無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、10月1日から契約事務手数料無料キャンペーンが開始しました。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で契約すると手数料3,000円がかかりますので、公式オンラインストアで契約するのがお得ですね。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

オンラインストアでの手続きが不安…という方も、下記ページに詳しい手順の説明があります。

読んでいただければわかりますが、めちゃくちゃ簡単です。

是非利用しましょう。

詳細オンラインストア利用ガイド | Ymobile

 

▼契約はオンラインが簡単でお得▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

SIM契約でPayPayボーナス

 

ヤフーモバイルSIMのみキャンペーン

 

ワイモバイルに新規契約または他社からのMNP乗り換えでワイモバイルのSIMのみを契約した場合、PayPayボーナスライトが3,000円分もらえます。

 

進呈される条件は以下のとおりです。

 

ワイモバイルの契約時に必ずPayPayアプリをインストールしておきましょう。

もちろん無料でインストールできます。

 

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

無料posted withアプリーチ

 

詳細SIMカードご契約特典 | Yahoo!モバイル

 

▼SIM契約キャンペーンの詳細▼

Yahooモバイル (公式)  

 

 

5のつく日は更にお得!

 

さらに、毎月5のつく日(5日・15日・25日)に他社からの乗り換えでSIMカードのみを契約すると、さらにPayPayボーナスライトが3000円分増額されます。

 

よって、5のつく日に他社からの乗り換えでSIMのみを契約すると、PayPayボーナスライトは合計6,000円分還元されます。

 

<SIMのみ契約の還元額>

月の割引額還元額
5のつく日
以外
新規契約
他社から乗り換え
3000円分
5のつく日
新規契約3000円分
他社から乗り換え6000円分

 

PayPayボーナスライトは申込日の翌々月の月末に付与されます。

また、有効期限は60日間なので忘れずに使ってください。

 

PayPayのインストールはこちらからどうぞ!

 

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

無料posted withアプリーチ

 

詳細SIMカードご契約特典 | Yahoo!モバイル

 

▼5のつく日キャンペーンの詳細▼

Yahooモバイル(公式) 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

その他にも、ワイモバイルでは常に何らかのお得なキャンペーンを実施中です。

特にPayPayで高額還元がもらえたり、家族割や学割も実施します。

 

現在実施中のキャンペーン一覧は下記記事をご覧ください。

 

 

 

ワイモバイル申し込みはこちら!

 

以上、ワイモバイルのメリットまとめでした。

 

私もワイモバイルを契約して3年近くになりますが、快適な通信速度と各種付帯サービス、おうち割でのさらなる割引で大変満足しています。

スマホ料金はドコモ時代に比べて毎月5,000円、年間6万円ほど節約できました。

 

ワイモバイルの申し込みは店舗でも可能ですが、待ち時間なし・24時間受付可能で手続き簡単のワイモバイル公式サイトがおすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼ワイモバイルに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました