ワイモバイルのお得な学割がスタート! 

楽天モバイルからワイモバイルにMNPで乗り換える全手順を解説!MNP予約番号の発行や回線切り替えも

楽天モバイルロゴ

本記事では、楽天モバイルからワイモバイルにMNPで乗り換える手順と注意点を解説します。

 

ワイモバイルは通信速度が速く、私が格安SIMで最もおすすめするキャリアの一つです。

楽天モバイルとワイモバイルの比較・おすすめの解説は下記記事を参考にしてください。

 

 

▼今すぐYmobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

楽天モバイルからMNP転出する手順

 

楽天モバイルからワイモバイルにMNPで乗り換えるためには、以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. ワイモバイルで契約手続き
  3. SIM到着・回線切り替え
  4. APN設定
  5. SIM返却

 

これから、上記の手順について解説していきます。

 

MNP予約番号を発行

 

楽天モバイルから他社にMNP転出する際、楽天モバイルでする作業は「予約番号の発行」のみです。

 

MNP予約番号とは、番号そのままで楽天モバイルから他社に転出する場合の引き継ぎ番号のようなものです。

 

MNP予約番号はマイページ「メンバーズステーション」から発行します。

楽天モバイル店舗や電話では発行できません。

 

MNP予約番号の発行手順

 

1.メンバーズステーションにログイン

2.「会員メニュー」→「登録情報・設定変更」→「MNP予約番号発行・確認」を選択

 

あとは画面に従ってすすめていけばOKです。

 

MNP予約番号はあとから発行

 

ただし、手続き後すぐにMNP予約番号が発行されるわけではありません。

申請した時間によって発行されるタイミングが異なります。

 

  • AM10時まで:当日12時に発行
  • AM10時以降:翌日12時に発行

 

上記の時間になったら再度メンバーズステーションにログインし、「MNP予約番号発行・確認」を選択するとMNP予約番号が確認できます。

 

また、メールでもMNP予約番号がメールが送られてきます。

指定の時刻よりも前にメールが届いたという口コミもありますね。

 

ワイモバイルで乗り換え手続き

 

楽天モバイルでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルにMNP転入手続きをしましょう。

MNP転入手続きというとなんだか難しそうですが、新規契約する場合とほとんど変わりません。

 

手続きは、ワイモバイルショップでも可能ですが、いつ行っても混んでいますし、店頭に行く時間や電車賃がもったいないです。

そのため、店頭24時間手続き可能で待ち時間なし、操作も簡単なワイモバイル公式サイトが断然おすすめです。

 

ワイモバイル公式サイトで手続きをする場合、最初の画面で出てくる契約方法の欄で「のりかえ」を選択します。

その後、その下の「現在お使いの端末・プラン」で「ドコモ・au・MVNO」を選択すればオーケーです。

 

f:id:SCANTY:20180416160512p:plain

 

このまま手続きを進めると、あとでMNP予約番号を入力する画面が出てきます。

そこで、楽天モバイルで発行してもらった10桁のMNP予約番号を入力しましょう。

 

ワイモバイルMNP画面

 

▼今すぐYmobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

回線切り替え

 

SIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、楽天モバイルからワイモバイルに回線を切り替える作業です。

この作業を終えると楽天モバイルが解約され、ワイモバイルの通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7時です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていた楽天モバイルのSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

APN設定

 

ワイモバイルからSIMカードが届いて回線切り替えが完了したら本体にSIMを挿入します。

SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書をご確認ください。

 

スマホにワイモバイルのSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

iPhoneの場合

 

iPhoneの場合、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、手持ちのスマホはまだワイモバイルのデータ通信ができませんので、Wi-Fiに接続した状態で作業をします。

 

Wi-Fiにつながったら、下記のサイトを参考にプロファイルをインストール、または各項目を入力します。

詳細iPhoneのAPN設定 | Ymobile

 

Androidの場合

 

Androidの場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からワイモバイルを選択すればOKです。

 

 

もし上記ができない場合は「Android端末のAPN設定」を参考に設定を行ってください。

 

APN設定が完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

SIMカード返却

 

APN設定を終えるとワイモバイルのデータ通信や通話ができるようになります。

これまで使っていた楽天モバイルのSIMカードは、楽天に返却が必要です。

 

SIMカードの返却先は以下の通りです。

 

<返却先>
〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル SIM返却係

 

返却の送料は各自負担が必要です。

 

▼今すぐYmobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

MNP乗り換え時の注意点

 

MNP予約番号の発行タイミング

 

楽天モバイルから転出する際のMNP予約番号は、電話で発行申請後、あとからメールで送られてきます。

その際、発行申請のタイミングによって発行されるタイミングが異なります

 

  • AM10時まで:当日12時に発行
  • AM10時以降:翌日12時に発行

 

できるだけAM10時までに申請しましょう。

 

MNP予約番号の有効期限

 

繰り返しになりますが、楽天モバイルで発行したMNP予約番号には有効期限があります。

MNP予約番号自体の有効期限は15日です。

15日間内にMNP転出手続きを全て完了しなければなりません。

 

そのため、ワイモバイルオンラインで乗り換え手続きする場合は発行から2日以内に手続きしてください。

 

  • オンライン:発行から2日以内
  • 店舗:有効期限当日まで

 

楽天モバイルで予約番号を発行した後は、すぐに手続きをしましょう。

ただし、店舗で手続きする場合はほとんどの場合で即日開通しますので、この限りではありません。

 

スマホの残債は継続支払い

 

楽天モバイルで端末を購入し、代金を24回払いにした場合、乗り換え後も請求が続きます。

 

そもそも、楽天モバイルの端末代金分割払いは支払いに登録したクレジット会社の分割支払機能を使っています。

楽天モバイルからの請求が24回に分かれるわけではありません。

 

よって、MNP転出が完了し楽天モバイルを解約した後も端末代金の残債はクレジットカード会社から継続して請求されます。

 

乗り換え時の本人確認書類

 

ワイモバイル公式サイトで乗り換え手続きをすると、本人確認書類を画像でアップロードするだけで本人確認が終了します。

非常に簡単です。

 

本人確認書類は以下のいずれかを準備しましょう。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

 

事前に写真を撮影しておき、手続き時にアップロードすれば完了です。

 

回線切り替えタイミング

 

ワイモバイルオンラインストアでMNP転入手続きをした場合、SIM到着後に回線切り替えが必要です。

回線切り替えをするまでは楽天モバイルのSIMが使え、回線切り替え後にワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

回線切り替えは、到着したSIMに同封の書面に従って電話をかけてください。

SIM到着後6日以内のAM10時~PM7時であれば、好きなタイミングで回線切り替えができます。

 

ただし、6日をすぎると強制的に回線が切り替えられます。

 

▼今すぐYmobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

乗り換え時のお得なキャンペーン

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

MNPで楽天モバイルから乗り換える場合にも必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

契約事務手数料無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、10月1日から契約事務手数料無料キャンペーンが開始しました。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で契約すると手数料3,000円がかかりますので、公式オンラインストアで契約するのがお得ですね。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

オンラインストアでの手続きが不安…という方も、下記ページに詳しい手順の説明があります。

読んでいただければわかりますが、めちゃくちゃ簡単です。

是非利用しましょう。

詳細オンラインストア利用ガイド | Ymobile

 

▼契約はオンラインが簡単でお得▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

SIM契約でPayPayボーナス

 

ヤフーモバイルSIMのみキャンペーン

 

ワイモバイルに新規契約または他社からのMNP乗り換えでワイモバイルのSIMのみを契約した場合、PayPayボーナスライトが3,000円分もらえます。

 

進呈される条件は以下のとおりです。

 

ワイモバイルの契約時に必ずPayPayアプリをインストールしておきましょう。

もちろん無料でインストールできます。

 

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

無料posted withアプリーチ

 

詳細SIMカードご契約特典 | Yahoo!モバイル

 

▼SIM契約キャンペーンの詳細▼

Yahooモバイル (公式)  

 

 

5のつく日は更にお得!

 

さらに、毎月5のつく日(5日・15日・25日)に他社からの乗り換えでSIMカードのみを契約すると、さらにPayPayボーナスライトが3000円分増額されます。

 

よって、5のつく日に他社からの乗り換えでSIMのみを契約すると、PayPayボーナスライトは合計6,000円分還元されます。

 

<SIMのみ契約の還元額>

月の割引額還元額
5のつく日
以外
新規契約
他社から乗り換え
3000円分
5のつく日
新規契約3000円分
他社から乗り換え6000円分

 

PayPayボーナスライトは申込日の翌々月の月末に付与されます。

また、有効期限は60日間なので忘れずに使ってください。

 

PayPayのインストールはこちらからどうぞ!

 

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

無料posted withアプリーチ

 

詳細SIMカードご契約特典 | Yahoo!モバイル

 

▼5のつく日キャンペーンの詳細▼

Yahooモバイル(公式) 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

その他にも、ワイモバイルでは常に何らかのお得なキャンペーンを実施中です。

特にPayPayで高額還元がもらえたり、家族割や学割も実施します。

 

現在実施中のキャンペーン一覧は下記記事をご覧ください。

 

 

 

楽天モバイルからMNP乗り換えはこちら!

 

以上、ワイモバイルから楽天モバイルにMNPで乗り換える手順の解説でした。

 

ワイモバイルは通信速度が速く、私が格安SIMで最もおすすめするキャリアの一つです。

本記事を参考にお得に乗り換えてください。

 

乗り換え時は必ずキャンペーン情報を確認してくださいね!

 

 

▼いますぐYmobileに乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました