ワイモバイルのSIM契約で最大1.44万円割引中 

mineo(マイネオ)でiPhone7を使う全手順解説!APN設定やテザリングも

 

本記事では、手持ちのiPhone7・7 plusをmineo(マイネオ)で使用する手順を詳しく解説します。

 

また、mineo(マイネオ)ではiPhone7・iPhone7 Plusが販売されています。

現在在庫切れではありますが、その価格やスペックも解説します。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoでiPhone8・8 Plusが発売しました。
詳細は「マイネオでiPhone8・8 Plusが発売」にまとめています。

 

マイネオでiPhone7・7Plusが使える

 

iPhone7・7 Plusは動作確認済み

 

mineo(マイネオ)では現在、SIMフリー版・ドコモ版・au版・ソフトバンク版のiPhone7・7 Plusの動作確認が終了しています。

どの端末もmineo(マイネオ)で問題なく使用できるますので安心してください。

 

ただし、次章で説明するとおりSIMロック解除が必要な場合があることに注意してください。

 

ドコモ/au/ソフトバンク回線対応

 

mineoにはDプラン・Aプラン・Sプランという3種類の回線があります。

Dプランはドコモの回線、Aプランはauの回線、Sプランはソフトバンクの回線を使っています。

 

mineoでSIMを契約する際には、どのタイプの回線にするか選ばなければなりません。

 

回線とSIMロック解除の要否

 

通常、他のスマホキャリアで買った端末に別のキャリアのSIMをさして使う場合、SIMロック解除が必要になります。

 

SIMロック解除とは、スマホを他のキャリアで使えるようにすること。
ドコモ・au・ソフトバンクなどで販売している端末は自キャリアでしか使えないようにSIMにロックがかかっており、それを解除してもらわないと他キャリアで使えない。

 

ドコモで買ったiPhone7・7PlusにDプランのSIMを挿して使う場合は、SIMロック解除が不要です。

同様に、ソフトバンクで買ったiPhone7・7PlusにSプランのSIMを挿して使えば、SIMロック解除は不要です。

なお、AppleStoreで購入したiPhone端末はSIMフリーですので、SIMロック解除は不要です。

 

▼SIMロック解除の要否▼

ドコモ
回線
au
回線
Softbank
回線
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au不要(※)
Softbank不要

 

au版iPhone7のSIMロック解除

 

auで購入した端末をauプランで使用する場合は、購入するSIMカードの種類によってロック解除の要否が分かれます。

 

端末購入する
SIMカード
SIMロック
解除
auで
購入
nano
(VoLTE非対応)
不要
マルチ
(VoLTE対応)
必要

 

これからmineoのSIMカードを購入される方は、auで購入したiPhone7のSIMロック解除をした上で、au VoLTE対応のマルチSIMを購入するのがおすすめです。

 

Aプラン(au回線)もテザリング可

 

iPhone7にmineo(マイネオ)のSIMを挿して使う場合、これまでテザリングはできませんでした。

しかし2018年10月末よりau回線のSIMをiPhone7や他のiPhoneに挿した場合もテザリングが可能になりました

 

月額料金はプランで異なる

 

mineo(マイネオ)でiPhoneを使用する場合、ほとんどの方は音声通話付のSIM(デュアルタイプ)を契約されると思います。

 

音声通話付SIM(デュアルタイプ)の月額料金は、プランによって異なります。

Aプランが最も安く、逆にSプランが最も高くなっています。

 

<音声通話SIMの月額料金>

DプランAプランSプラン
500MB¥1,400¥1,310¥1,750
3GB¥1,600¥1,510¥1,950
6GB¥2,280¥2,190¥2,630
10GB¥3,220¥3,130¥3,570
20GB¥4,680¥4,590¥5,030
30GB¥6,600¥6,510¥6,950

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoでiPhone7・7 Plusを使う手順

 

mineo(マイネオ)の店頭・オンラインストアでは、iPhone7・iPhone7 Plusは取り扱いがあるものの、在庫切れが続いています。

しかし、手持ちのiPhone7もmineo(マイネオ)で使えます。

使うための手順は以下の5つです。

 

  1. MNP予約番号発行
  2. mineoのSIMカードを購入
  3. iPhone7本体を準備
  4. SIMカードをiPhone7に挿入
  5. APN設定

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からマイネオに乗り換える場合のみに発生します。
マイネオに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでマイネオに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

iPhone7用のSIMカードを購入

 

次に、mineo(マイネオ)のSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードは「マイネオ公式サイト 」で購入できます。

 

mineo公式サイトへ

 

マイネオ公式サイト 」にアクセスし、「お申し込み手続きへ」をクリック

 

「通常のお申し込み」を選択

 

プラン(回線の種類)とタイプ(シングル/デュアル)を選択

 

前章での説明を参考に、回線の種類(A・D・S)を選択してください。

 

 

その後、タイプを選択します。

通常はデュアルタイプ(データ通信+SMS+音声通話付)です。

 

「デュアルタイプ」を選択

 

端末購入の有無とSIMのサイズを選択

 

サイズについて、mineoではサイズの異なる4種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIM、au VoLTE対応SIMです。

 

選択した回線(Dプラン/Aプラン)によって出てくる選択肢が異なりますが、

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au Vo LTE対応SIM
  • Sプラン:nano

を選択してください。

 

▼選択するSIMカードサイズ▼

ドコモ回線
Softbank回線
au回線
SIM
サイズ
nanoau VoLTE
対応

 

誤って別のSIMを購入すると、SIMサイズの交換に2,500円ほどかかってしまいます。

慎重に選択してください。

 

auで購入し、SIMロック解除していないiPhone7・7Plus」をお持ちの方はnanoSIMを購入すればそのまま使用できます。
ですが、面倒でなければ端末のSIMロックを解除し、au VoLTE対応マルチSIMを購入するのがおすすめです。

 

SIMカードのみを選択

 

Dプラン・SプランはnanoSIMを選択

 

 

Aプランはau VoLTE対応SIMを選択
(一番上のnanoSIMでも可能)

 

毎月のデータ容量やオプションを選択

 

MNP番号を入力(MNPの場合のみ)

 

他キャリアからMNP(番号そのまま)で移転してくる場合は、MNP予約番号などの情報を入力します。

 

MNPの場合はMNP番号などを入力

 

ここまでくれば大丈夫です。

その後は契約者の情報を入力し、本人確認書類をアップロードすれば大丈夫です。

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきますので、それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

iPhone7端末本体を入手

 

mineoではiPhone 7・7 Plusを限定発売していますが、現在売切れ中です。

 

ただし、マイネオ以外でもiPhone7を入手することができます。

入手方法は主に以下の3通りです。

  1. AppleストアでSIMフリー端末を購入
  2. 他社で購入した端末を流用
  3. 中古ショップなどで購入

 

価格などは後程詳しく解説します。

 

iPhone7にmineoのSIMを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone7本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える – Apple サポート

 

APN設定(プロファイルインストール)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。

 

<APNプロファイル>

タイプA:https://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

タイプD:https://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

Sプラン:https://mineo.jp/apn/mineo-s2.mobileconfig

 

上記URLにアクセス

 

「インストール」をタップ

 

パスコードを入力

 

「次へ」をタップ

 

「インストール」をタップ

 

再度「インストール」をタップ

 

「完了」を選択

 

以上で設定は完了です。

 

なお、APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhone7はまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

 

ダウンロードが完了すると、いよいよiPhone7がmineoで使えるようになります。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoで使うiPhone7の購入方法

 

これから新たにiPhone7を購入しようとされている方は、主に以下の3つの方法で入手できます。

 

AppleでSIMフリー端末を購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

 

アップルストアでは、mineoのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

アップルストアの店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone端末価格表▼

32GB128GB
iPhone7¥54,864¥66,744
iPhone7
Plus
¥69,984¥81,864

iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

 

他社で購入したiPhone7を流用

 

2つ目は、au・ドコモ・ソフトバンクなど他社で購入した端末を流用する方法です。

 

ただし、冒頭で説明したとおり、SIMロック解除が必要な場合があります。

SIMロック解除とは、ある携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

▼SIMロック解除の要否▼
(ドコモ・softbank)

端末購入元Dプラン
(ドコモ回線)
Sプラン
(Softbank回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
softbank不要

 

SIMロック解除の要否(au)▼

端末購入元購入する
SIMカード
SIMロック
解除
auで購入
nano
(VoLTE非対応)
不要
マルチ
(VoLTE対応)
必要

 

各キャリアの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

auの場合は、nanoSIMを挿せばSIMロック解除されていないiPhone7・7 Plusを使用できます。

しかし、これからmineoのSIMカードを購入される方は、端末のSIMロック解除をした上で、au VoLTE対応のマルチSIMを購入するのがおすすめです。

 

中古ショップでSIMフリー版を購入

 

iPhone 7・7 Plusは中古スマホショップでも購入できます。

 

イオシス」や「じゃんぱら」などの販売店では、未使用・状態が良い中古のiPhoneの在庫が豊富で、価格も安いです。

購入の際は、SIMロック解除がされているか確認しましょう。

SIMフリー端末を購入しておけば安心です。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoでiPhone7使用時の注意点

 

SIMカード購入時の本人確認書類

 

本人確認書類は以下の書類が使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)  など

 

SIMカードの種類・サイズに注意

 

繰り返しになりますが、マイネオ公式サイト でSIMカードを購入する際はSIMカードのサイズに注意が必要です。

  • ドコモ回線:nanoSIM
  • au回線:au VoLTE対応マルチSIM(nano)、またはnano(Vo LTE非対応)

 

間違えて購入すると、SIMカードを交換してもらう必要があり、手数料として2500円ほどかかってしまいます。

 

Aプラン(au回線)もテザリング可

 

冒頭でも解説しましたが、これまでau回線のAプランを選択した場合、テザリングができませんでした。

しかし、2018年10月末より、au回線でも全てのiPhoneでテザリングが可能となりました。

 

au版iPhone7使用時の注意点

 

mineoでiPhone7を使用する上で最もややこしいのが、au端末を使用する場合のSIMロック解除要否です。

 

下表の通り、nanoSIMを挿す場合はSIMロック解除は不要です。

au VoLTE対応マルチSIMを挿す場合はSIMロック解除が必要になります。

 

SIMロック解除の要否(au)▼

端末
購入元
購入する
SIMカード
SIMロック
解除
auで購入
nano
(VoLTE非対応)
不要
マルチ
(VoLTE対応)
必要

 

SIMロック解除をしていないauのiPhone7/7plus端末をお持ちの方は、nanoSIMを選びましょう。

ただし、基本的には端末のSIMロック解除をした上でau VoLTE対応マルチSIMを選択するのがおすすめです。

 

ソフトバンク版iPhone7も使用可

 

mineoでiPhoneを使用する際、ソフトバンクで購入したiPhone7・7 Plusの端末もマイネオで使用できます。

 

ただし、事前にSIMロック解除が必要です。

ソフトバンク契約中にマイページで解除手続きをしましょう。

 

端末のSIMロック解除が済んでいれば、ドコモ回線・au回線のどちらも選択することができます。

 

mineoでiPhone7が圏外・繋がらない

 

iPhone7にmineoのSIMカードを挿したのに圏外になる・使えない場合は、以下の2点をチェックしてください。

 

SIMロック解除されているか?

 

繰り返しになりますが、以下の場合は事前に端末のSIMロック解除が必要です。

 

▼SIMロック解除の要否▼
(ドコモ・ソフトバンク)

Dプラン
(ドコモ回線)
Aプラン
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
ソフトバンク

 

SIMロック解除の要否▼
(au)

端末
購入元
購入する
SIMカード
SIMロック
解除
auで購入
nano
(VoLTE非対応)
不要
マルチ
(VoLTE対応)
必要

 

ドコモ・au・ソフトバンクの店舗や電話でSIMロック解除手続きをしましょう。

契約中にマイページで解除手続きをすれば手数料は無料ですが、解約後は店舗や電話でしか手続きできず、手数料3,000円程度がかかります。

 

APN設定したか?

 

SIMフリーの端末やSIMロック解除後の端末にSIMカードを挿しただけではデータ通信はできません。

マイネオのデータ通信ができるようにするための「APN設定」が必要です。

 

APN設定の手順は前に説明していますので参考にしてください。

 

「1x」と表示される場合の対応

 

iPhone端末にnanoSIM(VoLTE非対応)のSIMを挿すと、まれに画面に「1x」と表示される場合があります。

その場合は、以下の3つを順に試してください。

(1でもだめな場合は2に、2でもだめな場合は3に)

 

  1. 機内モードON→電源OFF→電源ON→機内モードOFF
  2. ネットワーク設定をリセット⇒再度プロファイルをインストール
  3. すべての設定をリセット⇒再度プロファイルをインストール

 

それでもダメなら、mineoのチャットなどで問い合わせましょう。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoでiPhone7に機種変更する方法

 

iPhone7への機種変更手順

 

現在すでにマイネオを契約している方は、iPhone7・iPhone7 plusに機種変更することもできます。

機種変更の手順は以下の通りです。

  1. iPhone端末を準備
  2. 現在の端末からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMカードを挿入
  4. APN設定

 

SIMカードの種類・サイズに注意

 

新規にマイネオに契約する場合と同様、iPhone7・7Plusに挿して使えるSIMカードは以下の通りです。

  • ドコモ回線:nanoSIM
  • au回線:au VoLTE対応マルチSIM(nano)、またはnanoSIM(VoLTE非対応)

 

現在の端末に挿して使用しているSIMカードが上記以外の場合、SIMカードを交換してもらう必要があります。

マイネオ公式サイト のマイページからSIM交換手続きをしましょう。

 

ただし、手数料として2500円ほどかかります。

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

mineoでiPhone7が販売中

 

ここからはmineoで販売中のiPhone7を解説します。

ただし、発売開始直後に完売になり、その後在庫は復活していません。

 

iPhone7購入は公式サイト限定

 

mineo(マイネオ)でのiPhone7・iPhone7 Plusの販売は2018年2月15日からです。

mineo(マイネオ)には店舗もありますが、アイフォン7の販売はマイネオ公式サイト  のみとなっています。

 

在庫切れ中だが再入荷あり

 

2018年2月にmineoで発売されたiPhone7は早くも売り切れです。

しかし、担当者によるとiPhone7は今後も在庫が確保でき次第、随時入荷予定とのことなので、公式サイトでこまめに在庫をチェックしましょう!

 

▼iPhone7の在庫をチェック▼

マイネオ公式サイト 

 

本体カラーとデータ容量

 

mineo(マイネオ)で発売されているiPhoneは以下のラインナップです。

 

iPhone7・7 Plusともに128GBの端末は、日本国内では販売終了している限定カラーのREDです。

また、256GB端末も販売されます。

 

容量によって取り扱いカラーが異なるので注意してください。

 

容量カラー
iPhone7128GBRED
256GBシルバー
ローズゴールド
iPhone7
Plus
128GBRED
256GBブラック

 

Appleの1年保証付き

 

mineo(マイネオ)でiPhone7・iPhone7 Plusを購入すると、アップルの1年保証が無料で付帯します。

また、購入から30日以内にアップルストア(WEB/店頭)で手続きすれば、製品保証が2年に延長する「AppleCare+ for iPhone」に加入することができます。

 

iPhone7の端末価格・月額料金

 

mineo(マイネオ)の料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

端末代金は分割払い(24回払い)と一括払いから選べます。

iPhone7・iPhone7 Plusの料金は以下の通りです。

 

容量一括分割 (月)
iPhone7128GB¥78,000¥3,250
256GB¥87,600¥3,650
iPhone7
Plus
128GB¥89,400¥3,725
256GB¥99,600¥4,150

 

上記にmineo(マイネオ)の基本料金が加算されます。

 

▼iPhone7の在庫をチェック▼

マイネオ公式サイト 

 

iPhone7・SIMカード購入はマイネオ公式サイトで

 

以上、mineoで限定販売中のiPhone7・iPhone7 Plusの詳細、およびiPhone 7を使う手順の解説でした。

手持ちのiPhone 7がある方は本記事を参考にiPhone 7を格安で使ってください!

 

▼iPhone7用SIMカードを購入▼

マイネオ公式サイト 

 

 

タイトルとURLをコピーしました