ワイモバイルのお得な学割がスタート! 

mineoからワイモバイルにMNPで乗り換える全手順を解説!MNP予約番号や回線切り替えも

 

mineoロゴ

 

本記事ではmineoからワイモバイルにMNPで乗り換える手順を解説します。

 

ワイモバイルとmineoはこちらの記事で比較・検証していますが、特にmineoの通信速度が不満な方はワイモバイルへの乗り換えがおすすめです。

 

▼お得なキャンペーン情報を確認▼

ワイモバイル公式サイト 

 

mineoからMNPで乗り換える手順

 

mineoの音声SIM(デュアルプラン)からワイモバイルにMNPで乗り換えるためには、以下の手順を踏む必要があります。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. ワイモバイルに転入手続き
  3. 回線切り替え
  4. 本体にSIMを挿入(※)
  5. APN設定(※)
  6. SIMを返却

※mineoで使っていたスマホをそのまま使う場合のみ

 

これから、上記手順を一つずつ詳しく解説していきます。

 

MNP予約番号の発行

 

mineoからワイモバイルに乗り換える際、mineo側で必要な作業は「予約番号の発行」のみです。

 

MNP予約番号とは、番号そのままでmineoから他社に転出する場合の引き継ぎ番号のようなものです。

 

MNP予約番号はマイページから発行します。

店舗や電話は発行できません。

 

 

マイページで手続きすると、その場でMNP予約番号が表示されます。

また、登録したメールアドレスにも改めてメールで通知されます。

 

YmobileでMNP転入手続き

 

mineoでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルでMNP転入手続きをしましょう。

MNP転入手続きというとなんだか難しそうですが、新規契約する場合とほとんど変わりません。

 

手続きは、ワイモバイルショップでも可能ですが、いつ行っても混んでいますし、店頭に行く時間や電車賃がもったいないです。

そのため、店頭24時間手続き可能で待ち時間なし、操作も簡単なワイモバイル公式サイトが断然おすすめです。

 

ワイモバイル公式サイトで手続きをする場合、最初の画面で出てくる契約方法の欄で「のりかえ」を選択します。

その後、その下の「現在お使いの端末・プラン」で「ドコモ・au・MVNO」を選択すればオーケーです。

 

f:id:SCANTY:20180416160512p:plain

 

このまま手続きを進めると、あとでMNP予約番号を入力する画面が出てきます。

そこで、mineoで発行してもらった10桁のMNP予約番号を入力しましょう。

 

ワイモバイルMNP画面

 

あとは画面に従ってプランの選択や本人確認書類のアップロードを進めてください。

 

▼乗り換えはWEBが断然便利▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

回線切り替え

 

SIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、mineoからワイモバイルに回線を切り替える作業です。

この作業を終えるとmineoが解約され、ワイモバイルの通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7時です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていたmineoのSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

端末にSIMカードを挿入

 

マイネオで使っていたスマホをワイモバイルでそのまま使用する場合、ワイモバイルからSIMカードが届いたら、スマホ本体にSIMを挿入します。

 

SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書をご確認ください。

 

APN設定

 

スマホにワイモバイルのSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

iPhoneの場合

 

iPhoneの場合、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、手持ちのスマホはまだワイモバイルのデータ通信ができませんので、Wi-Fiに接続した状態で作業をします。

 

Wi-Fiにつながったら、下記のサイトを参考にプロファイルをインストール、または各項目を入力します。

詳細iPhoneのAPN設定 | Ymobile

 

Androidの場合

 

Androidの場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からワイモバイルを選択すればOKです。

 

 

もし上記ができない場合は「Android端末のAPN設定」を参考に設定を行ってください。

 

APN設定が完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

SIMカード返却

 

APN設定を終えると手持ちのスマホでデータ通信や通話ができるようになります。

 

これまで使っていたmineoのSIMカードは、回線によって返却が必要です。

mineoを解約した後のSIMカードの返却要否は契約していた回線プランによって異なります。

 

  • Aプラン・Sプラン:不要
  • Dプラン:必要

 

Aプラン・Sプランは返却不要ですので、自身で処分してください。

 

一方、Dプランは返却が必要です。

下記住所に返却してください。(送料は自己負担)

 

〒530-8780
日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
株式会社オプテージ お客さまサポートセンター
mineo解約SIM返却係

 

▼今すぐワイモバイルに転入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

MNP乗り換え時の注意点

 

MNP予約番号の発行時間

 

mineoではMNP予約番号が発行可能な時間が決められています。

 

  • Aプラン・Dプラン:9時~21時
  • Sプラン:10時~19時

 

ソフトバンク回線のSプランだけ発行可能な時間が短い点に注意してください。

 

mineo解約は回線切り替え時

 

mineoからワイモバイルにMNP転出する際、mineoが正式に解約されるのはワイモバイルで回線切り替えが完了した日です。

 

ワイモバイルはワイモバイル公式サイトでMNP乗り換え手続きをしたあとに自身で回線切り替え作業が必要です。

回線切り替えが完了するまでは、mineoの契約で電話やデータ通信ができます。

 

mineoの解約月の料金は日割り計算されるので月をまたいでも大きな違いはありませんが、オプション料金は解約月も全額請求される場合があります。

月をまたいでしまうと、もう1ヶ月分オプション料金がかかりますので注意してください。

 

ワイモバイルのMNP受付時間

 

ワイモバイル公式サイトでMNP転入する場合、手続きは24時間受付可能です。

申し込み内容に不備があればすぐに連絡があり、修正をしたうえで端末やSIMの発送準備がスタートします。

 

ただし、夜間に申し込んだ場合は申し込み内容の確認は翌朝になります。

 

転入は予約番号発行2日以内

 

mineoからワイモバイルへのMNP乗り換えは断然ワイモバイル公式サイトがおすすめです。

ですが、ワイモバイル公式サイトでMNP転入手続きする際、最も注意が必要なのがMNP予約番号の期限です。

 

mineoで発行してもらったMNP予約番号の有効期限は15日間ですが、ワイモバイル公式サイトでMNP転入する場合は発効から2日以内にMNP転入手続きをしてください。

 

3日を越えると、ワイモバイル公式サイトでの受付ができなくなります。(店頭では可能)

 

店舗なら即日乗り換え可

 

オンラインストアでMNP転入手続きは来店の必要がなく、待ち時間も無いのがメリットです。

しかし、商品の発送まで時間がかかるのがネックです。

 

もし、当日中にMNP転入手続きを終えたい場合は面倒ですが店舗にいきましょう

ただし、夕方以降の遅い時間に来店すると受付が終了し、手続きが結局翌日になることもありますので、待ち時間も考慮し、早めに来店するようにしましょう。

 

▼乗り換えはWEBが断然便利▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイルへMNP転入時の費用

 

MNP転出手数料

 

mineoからMNP転出する場合、MNP転出手数料3,000円がかかります。

 

違約金が発生する場合

 

mineoの音声SIMに最低利用期間・違約金はありません

 

しかし、2019年9月末までに契約した方は、最低利用期間内にMNP転出する場合のみ、MNP転出時契約解除料9,500円がかかります。

通常のMNP転出手数料3,000円もかかりますので、合計12,500円が必要です。

 

<MNP転出時の費用・手数料>

契約
タイミング
MNP転出
手数料
MNP転出時
契約解除料
2019年
10月以降
¥3,000¥9,500
2019年
9月末まで
¥3,000なし

 

最低利用期間・違約金・MNP転出手数料の詳細は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

転出月の料金は日割り

 

月の途中にmineoからMNP転出した場合、転出月の料金は日割り計算されます。

例えば6/15日に転出が完了(回線切り替えが完了)した場合、基本料金は6/1~6/15の15日間分のみ請求されます。

 

ただし、通話料金や多くのオプション料金は全額請求されます。

 

端末代金は継続支払可能

 

mineoで端末を24回払いで購入し、MNP転出時に端末代金の支払いが残っている場合、解約後も端末代金は支払いが終わるまで毎月引き落としが続きます。

MNP転出時に一括返済する必要はありません。

 

ただし、サポートに連絡することでMNP転出のタイミングで残債を一括返済することも可能です。

 

サポートmineoサポートダイヤル

 

MNP転入時の初期費用

 

ワイモバイルにMNP転入する際に、契約事務手数料として3,000円(税抜)がかかります。

ただし、キャンペーンなどにより事務手数料が無料になる場合もあります。

 

詳細事務手数料無料キャンペーン

 

▼お得なキャンペーン情報を確認▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

MNP乗り換えキャンペーン実施中!

 

以上、mineoからワイモバイルにMNP転出する手順や転出手数料、予約番号に関する解説でした。

本記事をよく読み、損をしないようにMNP転出しましょう。

 

ワイモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施しています。

契約内容によってお得な申込方法が異なりますので、乗り換え前に必ずキャンペーン情報を確認してください。

 

 

▼mineoからMNPで乗り換える▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました