Ymobileで人気2機種のセール実施中【~9/30】 

LINEモバイルでiPhone6Sを使う全手順解説!機種変更・乗り換えも

 

iPhone6S

 

本記事では、LINEモバイルでiPhone6S・iPhone6S Plusを使用する手順を説明します。

 

iPhone 6Sは今でも普段使いには十分な性能で、入門編にもぴったりです。

LINEモバイルでは販売終了しましたが、他で購入したiPhone6Sも使えます。

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル×iPhoneの詳細はこちら!
LINEモバイルでiPhoneを使う【完全版】

 

LINEモバイルで使えるiPhone6S

 

他社購入のiPhone6S

 

LINEモバイルではiPhone6Sを取り扱っていましたが、すでに販売終了になりました。

しかし、ドコモやソフトバンク、au・UQモバイルやワイモバイルで購入したiPhone6SもLINEモバイルで使えます

 

ただ、端末購入元と選ぶ回線の種類によってはSIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の3種類があり、スマホの購入元と契約する回線によってはSIMロック解除が必要になります。

 

<SIMロック解除要否>

購入元
回線
ドコモSoftbankau
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au・UQ
Softbank不要
Ymobile

 

au・UQモバイルで購入したiPhone6Sをau回線で使う場合はSIMロック解除が必要な点に注意してください。

また、ワイモバイルのiPhone6Sは必ずSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除の方法・手順

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクなどのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルでiPhone6Sを使う

 

LINEモバイルでは持ち込みのiPhone6Sも使えます。

持ち込みのiPhone6Sを使う手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone6S本体を準備
  2. LINEモバイルのSIMを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

他社からのMNP乗り換えでiPhone6Sを使う場合や、契約者がiPhone6Sに機種変更する手順はのちほど別の章で解説します。

 

iPhone6S本体を準備

 

まずはiPhone6Sの端末本体を準備します。

他で購入したiPhone6Sをお持ちの場合は事前にSIMロック解除しておきましょう。

 

アップルストアでのiPhone6Sの販売は終了しましたので、これからiPhone6Sを買う方は「イオシス」などの大手スマホ通販サイトでの購入がおすすめです。

 

のちほどお得な入手方法を解説します。

 

iPhone6S用のSIMを購入

 

次に、LINEモバイルのSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

申し込み方法

 

SIMカードはLINEモバイル公式サイトで購入できます。

 

 

申し込み方法の画面が出てきたら、通常の方は「通常申し込み」を選択します。

Amazonなどで購入したエントリーパッケージや、何らかのキャンペーンコードをお持ちの方は「コードを使用して申込み」を選択し、コードを入力してください。

 

 

注意:SIMカードの種類・サイズ

 

しばらく契約手続きを進めるとSIMのサイズ選択画面が出てきます。

SIMのサイズについて、LINEモバイルでは回線毎に数種類のSIMカードが販売されています。

 

iPhone6S使用時のSIMカードは以下の通りです。

 

<iPhone6Sで使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモナノSIM
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

「カンタン選択」でiPhoneを選択すれば上記SIMカードが自動で選択されます。

 

なお、ソフトバンク回線はナノとiPhone専用ナノの2種類があります。

ソフトバンク版のSIMロック未解除のiPhone6SはiPhone専用ナノしか使えないので注意してください。

 

ここまでくれば後は大丈夫です。

その後は画面の指示に従って手続きを進めてください。

 

数日後にLINEモバイルからSIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

iPhone6S本体にSIMを挿入

 

SIMカードが手元に届いたらiPhone6S本体にSIMカードを挿入します。

 

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

APN設定

 

iPhone6Sの本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、iPhone6Sをインターネットに接続するためのネットワーク設定です。

アクティベート・アクティベーションともいわれます。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

 

 

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、iPhone6Sはまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

 

APN設定が完了すると、いよいよiPhone6SがLINEモバイルで使えるようになります。

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

MNP乗り換えでiPhone6Sを使う

 

MNPを利用してドコモ・au・ソフトバンクなどからLINEモバイルに転入してiPhone6Sを使うためには、主に以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. 転入元でMNP予約番号を発行
  3. LINEモバイルでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え(開通手続き)
  5. APN設定

※他社版のiPhone6Sを使う場合

 

これから、それぞれの手順について詳しく解説します。

 

iPhone6SのSIMロック解除

 

この手順は、乗り換え元キャリアで購入したiPhone6Sをそのまま使う場合のみ必要です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone6SをLINEモバイルでそのまま使う場合、SIMロック解除が必要なことがあります。

 

<SIMロック解除要否>

購入元
回線
ドコモSoftbankau
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au
Softbank要/不要

 

詳細は「LINEモバイルで使えるiPhone6S」の章をご確認ください。

 

MNP予約番号の発行

 

さて、次に乗り換え元キャリアの解約・MNP転出手続きに入ります。

 

MNPで他社に転出する場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号の発行方法

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各スマホショップ店頭
  • 電話
  • マイページ

 

<MNP予約番号の発行方法>

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
WEBMy au
ソフト
バンク
店頭
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

 

MNP予約番号の有効期限

 

転出手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号には15日間の有効期限があります

15日以内にLINEモバイルへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。

 

さらに、LINEモバイルのWEBでMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残った状態でしか申し込みできません。

残り10日を過ぎるとWEBでのMNP転入手続きは不可となり、店舗に行くか予約番号の再発行が必要になりますので注意してください。

 

LINEモバイルでMNP転入

 

いよいよ、新しいキャリア「LINEモバイル」で手続きします。

MNP転入手続きはLINEモバイル公式サイトで進めます。

 

手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択します。

 

 

その後の画面でMNP予約番号や有効期限などを入力してください。

 

 

申し込み内容は「SIMカードのみ」です。

 

 

次の画面でSIMのサイズを選択します。

 

SIMのサイズについて、LINEモバイルでは回線毎に数種類のSIMカードが販売されています。

iPhone6S使用時のSIMカードは以下の通りです。

 

<iPhone6Sで使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモナノSIM
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

「カンタン選択」でiPhoneを選択すれば上記SIMカードが自動で選択されます。

 

なお、ソフトバンク回線はナノとiPhone専用ナノの2種類があります。

ソフトバンク版のSIMロック未解除のiPhone6SはiPhone専用ナノしか使えないので注意してください。

 

あとは画面の指示に従って手続きを進めてください。

 

WEBでのMNP転入手続きが完了したら、早ければ2~3日でSIMカードが自宅に送られてきます。

 

▼MNP転入手続きはこちら▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

開通手続き(回線切り替え)

 

MNP転入の場合、SIMカードが届いても回線は乗り換え元のキャリアのままです。

そのため、LINEモバイルの開通手続き(回線切り替え手続き)が必要になります。

 

回線の開通手続きは以下の2つの方法でできます。

 

  • WEB(マイページ)
  • 電話

 

LINEモバイルのマイページから手続きする場合、IDとパスワードでログイン後、契約情報確認ページにある「MNP開通申し込み」ボタンを押します。

 

電話の場合、下記に電話します。

 

カスタマーセンター MNP開通受付窓口
電話番号:0120-889-279
受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

マイページで開通手続きするか、または電話で手続きした後、早ければ30分ほど(長くても2時間ほど)で回線が自動的にLINEモバイルに切り替わります。

 

開通すると、元のキャリアのSIMカードは解約され使えなくなるので注意してください。

 

iPhone6SのAPN設定

 

回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、手持ちのiPhone6SがLINEモバイルの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

 

APN設定が終わればLINEモバイルでiPhone6Sが使えるようになり、LINEモバイルへのMNP転入手続きは完了です。

 

更に詳しくLINEモバイルへのMNP転入手順を知りたい方は下記記事をお読みください。

 

 

▼今すぐMNPで転入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

SIM契約にお得なキャンペーン

 

現在実施中のキャンペーン

 

LINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルでは、年間を通して何らかのお得なキャンペーンを実施しています。

 

特に最近では月額料金が3~6ヶ月間割引になるキャンペーンが人気です。

もともと安いLINEモバイルの月額料金がさらに安くなります。

 

さらに、初期費用無料キャンペーンも実施している場合があります。

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

エントリーパッケージもお得

 

LINEモバイルエントリーパッケージ

 

キャンペーンではありませんが、LINEモバイルはエントリーパッケージを購入して申し込むと初期費用が無料になります。

 

エントリーパッケージはアマゾンや楽天市場、ヨドバシカメラなどで400円程度で購入できます。

購入後に送られてくる用紙にエントリーコードが書かれていますので、公式サイトで申し込む際にこのコードを入力すると契約事務手数料が無料になります。

 

 

ただし、公式サイトで申し込むより手間は増えてしまいます。

お急ぎの方は公式サイトで直接申し込みましょう。

 

▼お急ぎの方は公式サイトで▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

iPhone6S使用時の注意点

 

SIM契約時の本人確認書類

 

LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む場合は、本人確認書類の提出が必要です。

以下の書類が本人確認書類として有効です。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード

 

上記の書類を撮影した画像を、WEB申込み時にアップロードすれば提出が完了します。

 

iPhone6Sはテザリング可能

 

LINEモバイルでiPhone6Sを使用する際、LINEモバイルのどの回線でもテザリング可能です。

 

テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。

実は他の格安SIMではau回線でテザリングができない場合があったのですが、現在はどの回線でも問題なくテザリング可能です。

 

SIMカードの種類に注意

 

前章でも解説しましたが、LINEモバイルでSIMカードを契約する際にはSIMカードの種類に注意が必要です。

ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線で複数のSIMカードの種類があり、間違えるとiPhone6Sでは使用できません。

 

回線ごとのSIMカードは以下の通りです。

 

<iPhone6Sで使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモナノSIM
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

ソフトバンク回線はナノとiPhone専用ナノの2種類があります。

通常はナノSIMの方がおすすめですが、ソフトバンク版でSIMロック未解除のiPhone6SはiPhone専用ナノしか使えない点に注意してください。

 

<ソフトバンク回線選択時のSIM>

端末ナノiPhone
専用ナノ
SIMフリー
SIMロック
解除済み
Softbank
(SIM
ロック
未解除)
iPhone8
以降
iPhone7
~iPhone5
×

 

 

iPhone6Sに機種変更する方法

 

LINEモバイルではiPhone6Sの販売が終了しましたが、端末を別途用意すれば自分でiPhone6Sに機種変更できます。

 

自分で機種変更する

 

iPhone6Sに機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone6S端末を用意
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhone6SにSIMを挿入
  4. APN設定

 

機種変更は非常に簡単で、現在の端末からSIMカードを抜き、iPhone6Sに挿してAPN設定すれば大丈夫です。

APN設定の手順は前章で解説しています。

 

SIMカードのサイズに注意

 

既存ユーザーが持ち込みのiPhone6Sに機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードの種類です。

 

iPhone6Sで使用できるSIMカードサイズは下記の通りです。

回線ごとのSIMカードは以下の通りです。

 

<iPhone6Sで使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモナノSIM
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

これまでドコモ回線でmicroSIMを使用されていた方は、ナノSIMにサイズを変更する必要があります。

 

また、ソフトバンク回線はナノとiPhone専用ナノの2種類があります。

通常はナノSIMの方がおすすめですが、ソフトバンク版でSIMロック未解除のiPhone6SはiPhone専用ナノしか使えない点に注意してください。

 

<ソフトバンク回線選択時のSIM>

端末ナノiPhone
専用ナノ
SIMフリー
SIMロック
解除済み
Softbank
(SIM
ロック
未解除)
iPhone8
以降
iPhone7
~iPhone5
×

 

SIMサイズの変更が必要な場合、LINEモバイルのマイページからSIMカードのサイズ変更手続きをしましょう。

その際、手数料として3000円がかかります。

詳細SIMカードサイズ・種類の変更

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

iPhone6S本体の入手方法

 

これからiPhone6Sを買いたい方は、主に以下の方法で購入できます。

 

他で購入したiPhone6Sを流用

 

1つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクやUQモバイルなどで購入したiPhone6Sを持ち込んで流用する方法です。

ただし、この場合はSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除とは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

<SIMロック解除要否>

購入元
回線
ドコモSoftbankau
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au・UQ
Softbank不要
Ymobile

 

ドコモ・au・ソフトバンクのマイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

スマホ店で中古/新品を購入

 

iPhone6S本体はスマホ通販サイトや街なかの中古スマホ店でも購入できます。

 

特にスマホ通販大手のイオシスではiPhone6Sの中古/未使用品の在庫が豊富です。

価格が安いのも特徴なので、ぜひ探してみてください。

 

iPhone6Sではありませんが、私も先日イオシスでiPhone7(au版・SIMロック解除済)を購入しました。

 

▼中古/未使用のiPhone6Sが格安▼

 

 

iPhone6S用のSIM購入はこちら!

 

以上、LINEモバイルでiPhone6Sを使う手順と料金の解説でした。

 

LINEモバイルでは持ち込みのiPhone6SもLINEモバイルで使えます。

設定も簡単ですので、スマホ料金の節約にぜひLINEモバイルを活用してください!

 

iPhone6S用のSIMカードの申込みはLINEモバイル公式サイトで簡単に手続きできます。

こちらからどうぞ!

 

▼iPhone6S用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル×iPhoneの詳細はこちら!
LINEモバイルでiPhoneを使う【完全版】

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました