Ymobileで人気2機種のセール実施中【~9/30】 

知ってた?LINEモバイルへMNPはエントリーパッケージがお得【手順】

 

LINEモバイル ロゴ

 

本記事では、エントリーパッケージを使ってLINEモバイルにMNPで乗り換える手順を解説します。

 

MNP乗り換えはエントリーパッケージが圧倒的にお得です。

ただし注意点もありますので本記事をよく読んで乗り換えましょう。

 

 

エントリーパッケージとは?

 

 

エントリーパッケージとは、記載されたエントリーコードを申し込み時に入力することで、初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になるお得なパッケージです。

 

スマホには店舗で申し込む方が最も多いですが、ほとんどの場合でWEBで申し込む方がお得です。

エントリーパッケージを使えばさらにお得に契約できます。

 

ウェブ登録事務手数料無料

 

エントリーパッケージを使って申し込みすると、申し込み時のウェブ登録事務手数料3,300円(税込)が無料になります。

エントリーパッケージの価格が税別で300円程度ですので、この費用を含めても3,000円ほどお得になります。

 

格安スマホにおける3000円は月額料金2ヶ月分に相当しますので、できるかぎりエントリーパッケージを利用しましょう。

 

エントリーコードが記載

 

エントリーパッケージをAmazonなどで買うと、見開きの薄いパンフレットのようなものが送られてきます。

その紙に16桁のエントリーコードが記載されています。

 

このエントリーコードをWEB申し込みの際に入力することで、ウェブ登録事務手数料が無料になるしくみです。

 

SIMカードは後日送付

 

エントリーパッケージには、SIMカードが入っているわけではありません

あくまでエントリーパッケージには、エントリーコードが記載された紙が入っているだけです。

 

SIMカードは申し込み完了後、後日発送されます。

いざエントリーパッケージを開けたときに「SIMカードが入ってない!」とならないようにしましょう。

 

SIMのみも端末セットも可能

 

エントリーパッケージは端末セット・SIMのみのどちらの契約も利用できます

 

他社では「SIMのみ契約のみでスマホセットは契約不可」「ドコモ回線はOKだがau回線は不可」と言った条件がありますが、LINEモバイルにはありません。

 

LINEモバイルでは「HUAWEI P30 lite」「AQUOS sense3」など人気の格安スマホを販売しています。

LINEモバイルへの乗り換えと合わせてスマホも新しくしたい人は、エントリーパッケージで端末セットに申し込むと良いですね。

 

 

 

 

エントリーパッケージでMNP乗り換えの手順

 

エントリーパッケージを利用して、他社からLINEモバイルに乗り換えるためには、主に以下の手順が必要です。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. エントリーパッケージを購入
  3. 転入元でMNP予約番号を発行
  4. LINEモバイルでMNP転入手続き
  5. 回線切り替え(開通手続き)
  6. APN設定

 

これから、それぞれの手順について詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、他社で使っていたスマホをそのままLINEモバイルで使用する場合のみ必要です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMキャリアで購入したスマホをLINEモバイルでそのまま使う場合、SIMロック解除が必要な場合があります。

また、端末購入元と回線の組み合わせによっては使えない場合もあります。

 

詳細は後ほど「LINEモバイルで使えるスマホ」の章で詳しく解説します。

 

SIMロック解除手順・手数料

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

エントリーパッケージの購入

 

続いて、エントリーパッケージを購入します。

エントリーパッケージはほとんどの場合でAmazonが最安値です。(2019年末時点で300円)

 

MNP予約番号の発行前にエントリーパッケージを購入しておきましょう。

 

MNP予約番号の発行

 

続いて、乗り換え元キャリアの解約・MNP転出手続きに入ります。

 

MNPで他社に転出する場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号の発行方法

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各スマホショップ店頭
  • 電話
  • マイページ

 

<MNP予約番号の発行方法>

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
WEBMy au
ソフト
バンク
店頭
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

 

MNP予約番号の有効期限

 

転出手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号には15日間の有効期限があります

15日以内にLINEモバイルへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。

 

さらに、LINEモバイルのWEBでMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残った状態でしか申し込みできません。

残り10日を過ぎるとWEBでのMNP転入手続きは不可となり、店頭に行くか予約番号の再発行が必要になりますので注意してください。

 

LINEモバイルでMNP転入

 

いよいよ、新しいキャリア「LINEモバイル」で手続きします。

MNP転入手続きはLINEモバイル公式サイトで進めます。

 

LINEモバイル公式サイト」にアクセスしたあと、まず最初に申込方法の選択画面が出てきます。

「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択します。

 

LINEモバイルエントリーパッケージMNP乗り換え手順

 

その後、エントリーコードを入力する欄が出てきますので、パッケージに記載された16桁のコードを入力してください。

(その下のキャンペーンコード欄は、キャンペーン一覧を確認して何かコードがあれば入力してください)

 

LINEモバイルエントリーパッケージMNP乗り換え手順

 

その後、回線やプラン、容量を選びます。

その後申し込み区分の欄で「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択します。

 

LINEモバイルエントリーパッケージMNP乗り換え手順

 

選択するとMNP予約番号や電話番号を入力する欄が出現しますので、乗り換え元キャリアで発行してもらった番号を入力してください。

 

LINEモバイルエントリーパッケージMNP乗り換え手順

 

ここまでくればもう大丈夫です。

あとは画面に従って選択していき、本人確認書類をアップロードすれば契約できます。

 

審査で問題なければ、数日後にはSIMカード(および端末)が届きます。

 

▼MNP転入手続きはこちら▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

開通手続き(回線切り替え)

 

MNP乗り換えの場合、LINEモバイルのSIMカードが届いても、もともとのSIMカードで通信ができます。

そのため、LINEモバイルへの回線切り替えが必要になります。

 

回線切り替え手続きは以下の2つの方法でできます。

 

  • WEB(マイページ)
  • 電話

 

LINEモバイルのマイページから手続きする場合、IDとパスワードでログイン後、契約情報確認ページにある「MNP開通申し込み」ボタンを押します。

 

電話の場合、下記に電話します。

 

カスタマーセンター MNP開通受付窓口
電話番号:0120-889-279
受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

マイページか電話で回線切り替えした後、30分~2時間ほどで回線が自動的にLINEモバイルに切り替わります。

開通すると、元のキャリアは解約され、SIMカードは使えなくなるので注意してください。

 

APN設定

 

回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、手持ちの端末がLINEモバイルの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末がAndroidかiPhoneかで異なりますので注意してください。

 

 

以上でLINEモバイルへのMNP転入手続きは完了です。

 

乗り換え元キャリアによってはSIMカードの返却が必要な場合がありますので、各自確認してください

 

▼MNP乗り換えはこちらから

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルで使えるスマホ

 

他社の端末も使える

 

LINEモバイルへの乗り換えの際、ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したスマホをLINEモバイルに持ち込んで使用も可能です。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクなどのスマホ端末は、購入したキャリア以外で使用できない「SIMロック」という状態になっています。

 

LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の3種類があり、スマホの購入元と契約する回線によってはSIMロック解除が必要になります。

 

iPhoneは使える?

 

iPhoneの、回線と端末の組み合わせによるSIMロック解除要否は以下の通りです。

※下表の対象はiPhone6S・iPhone SE以降の機種です。

 

<iPhoneのSIMロック解除要否>

購入元
回線
ドコモSoftbankau
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au要/不要
Softbank不要

 

SIMフリー端末およびSIMロック解除済のiPhoneは、どの回線でも使えます。

基本的には必ずSIMロック解除しましょう。

 

SIMロック解除していない場合、端末購入元と回線を合わせれば使えます。

(ドコモのiPhoneをドコモ回線で使う、ソフトバンクのiPhoneをソフトバンク回線で使う…など)

 

ただし、auのiPhoneをau回線で使う場合は、端末によってSIMロック解除要否が異なります

 

<au版iPhoneのSIMロック解除>

SIMロック解除
8・8 Plus以降不要
7・7 Plusまで必要

 

上表の通り、iPhone SE・iPhone6S・iPhone7(各Plusを含む)はSIMロック解除が必要なので注意してください。

 

iPhone5C・5S・6・6 Plus

 

SIMフリーのiPhone5・5S・6・6 Plusはドコモ回線・ソフトバンク回線で使えますが、au回線では使えません。

 

ドコモ版のiPhone5S・5C・6・6 Plusはドコモ回線のみ、ソフトバンク版のiPhone5・5S・5C・6・6 Plusはソフトバンク回線のみで使えます。

au版のiPhone5・5S・5C・6・6 Plusはau回線を含めどの回線でも使えません。

 

詳細LINEモバイルの動作確認端末

 

AndroidのSIMロック解除要否

 

Androidは非常に複雑です。

 

まず、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したAndroid端末は端末購入元と回線を合わせるのが基本です。

ドコモで購入したAndroidはドコモ回線で、auで購入したAndroidはau回線で使ってください。

 

iPhoneはSIMロック解除すればどの回線でも使えますが、Android端末はSIMロック解除しても他の回線では使えない場合があります。

端末が掴むことができる電波(バンド・周波数)が限られているためです。

Pixel3・Pixel3 XLやPixel3aなど、全回線に対応しているAndroidもあります

 

<AndroidのSIMロック解除要否>

購入元
回線
ドコモSoftbankau
SIMフリー不要不要不要(※)
ドコモ不要
Softbank要/不要
au要/不要

ー:使えない場合あり

 

ソフトバンク版・au版はSIMロック解除が必要な場合も

 

また、au・ソフトバンクのAndroid端末は、2017年8月以降に発売された機種なら回線を合わせればSIMロック解除不要で使えます。

2017年8月以前に発売された機種は、回線を合わせてもSIMロック解除必要です。

 

au・ソフトバンク
での発売時期
SIMロック
解除要否
~2017年8月必要
2017年8月~不要

 

非常にややこしいですが、基本的には「SIMロック解除して」「端末購入元と回線を合わせる」のがおすすめです。

 

ソフトバンク版はテザリングに注意

 

ソフトバンクのAndroidはソフトバンク回線を選べば使えます。

ただし、2018年5月以前に発売されたスマホは、ソフトバンクのSIMを挿してもテザリングができません。

 

これはソフトバンクの端末に制限がかかっているためで、ワイモバイルやマイネオのSプランも同様です。

 

▼動作確認端末を確認する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

さらにお得に乗り換える方法

 

ここまで解説した通り、LINEモバイルへの乗り換えはエントリーパッケージがお得です。

パッケージ利用でWEB登録事務手数料3,000円が無料になります。

 

また、パッケージはほとんどの公式キャンペーンと併用可能です。

 

公式キャンペーンと併用可能

 

 

LINEモバイルでは定期的にお得なキャンペーンを実施しています。

特に最近では月額料金が300円になったりといった、豪華なキャンペーンが多いですね。

 

エントリーパッケージは、公式サイトで実施しているほとんどのキャンペーンと併用可能です。

 

エントリーパッケージを利用すれば初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になり、さらに公式キャンペーンも適用されるので大変お得です。

契約前にキャンペーンも確認してください。

 

 

一部併用不可の場合あり

 

ただし、全ての公式キャンペーンが併用可能なわけではありません。

一部、エントリーパッケージ利用時には適用できないキャンペーンもあります

 

たとえば、常時実施している紹介キャンペーンはエントリーパッケージとの併用はできません。

 

また、LINEモバイルで人気の料金割引キャンペーンやLINEポイントが貰えるキャンペーンなども、極稀にエントリーパッケージが対象外の場合もあります。

(最近はほとんど併用可能です)

 

エントリーパッケージを利用する場合は、必ずキャンペーンの適用条件を確認してください。

 

 

▼公式でキャンペーン条件を見る▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルの申し込みはこちら!

 

以上、LINEモバイルでエントリーパッケージを使ってMNP乗り換えする手順と注意点の解説でした。

 

エントリーパッケージを使えば乗り換え時のウェブ登録事務手数料3000円が無料になります。

また、多くの公式キャンペーンも併用できますので、キャンペーン情報を必ず確認してから申し込みましょう。

 

▼公式でキャンペーン一覧を見る▼

LINEモバイル公式サイト

 

▼パッケージはAmazonが最安値▼

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました