ワイモバイルの最新キャンペーンまとめ 

LINEモバイルにMNPで乗り換える費用&手数料まとめ【完全版】

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事では、LINEモバイルに他社から乗り換える場合の費用・手数料を解説します。

また、各種費用を無料・節約する方法も解説しますので是非参考にしてください。

 

▼お得な乗り換えキャンペーン中▼

LINEモバイル公式サイト

 

MNP乗り換えにかかる費用/手数料

 

他社からLINEモバイルに乗り換える場合、主に以下の費用・手数料が掛かる可能性があります。

 

  1. MNP転出手数料
  2. 違約金/解約金
  3. SIMロック解除費用
  4. ウェブ登録事務手数料
  5. SIMカード発行手数料
  6. 端末代

 

これから上記を一つずつ解説していきます。

 

MNP転出手数料

 

他社からLINEモバイルに乗り換える場合、乗り換え元キャリアのMNP転出手数料として3,000円(税抜)がかかります。

これは実際に乗り換えが完了した後(回線切り替え終了後)に請求されます。

 

予約番号の発行手数料ではないので、番号発行後に乗り換えなかった場合はかかりませんし、予約番号を再発行しても2回分請求されることもありません。

 

違約金・解約金

 

乗り換え元キャリアの契約プランや乗り換え時期によっては、違約金(解約金・契約解除料)がかかる場合があります。

 

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルの場合、2019年9月以前に契約した方で複数年契約をしていた場合、契約更新月以外に乗り換えると違約金がかかります。

他の格安SIMの場合、6ヶ月または1年の最低利用期間を迎える前に乗り換えると違約金が発生します。

 

違約金は8,000円~9,500円(税抜または不課税)の場合が多いです。

 

2019年10月以降に契約したプランの場合、違約金は最大1,000円になりました。

ですが、できるかぎり違約金がかからないタイミングで乗り換えましょう。

 

SIMロック解除費用

 

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルなどで購入した端末は、他社で使えないようにSIMロックがかかっています。

LINEモバイルで使う場合、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせによってSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除の要否はこちら
LINEモバイルで使えるスマホは?

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、店舗の場合は手数料3,000円(税抜)がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店舗での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店舗マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

ドコモは解約後や中古端末でも、無料のdアカウントさえあればマイページで無料でSIMロック解除できます。

 

ウェブ登録事務手数料

 

前章までは乗り換え元キャリアでかかる費用でしたが、以降はLINEモバイルでかかる費用です。

 

まず、契約時にウェブ登録事務手数料3,000円(税抜)がかかります。

いわゆる契約事務手数料ですね。

 

ただし、このウェブ登録事務手数料はエントリーパッケージを使えばほぼ無料にできます。

(詳細はのちほど解説します)

 

SIMカード発行手数料

 

続いてはSIMカード発行手数料です。

このSIMカード発行手数料は400円(税抜)で、必ずかかります。

 

エントリーパッケージを使った場合でもかかりますので諦めましょう。

 

スマホ端末代金

 

LINEモバイルでは持ち込みのスマホも使えますが、SIMとセットでスマホの購入もできます。

スマホを購入する場合、初期費用に加えて端末代金がかかります。

(分割支払時は月額料金に上乗せ)

 

ただし、LINEモバイルの端末代金はほぼ定価であまり安くありません。

端末代金を節約するためには、定期的に実施するスマホセールを狙うか、大手通販サイト「イオシス」などで安く購入するのがおすすめです。

 

▼スマホの格安在庫を探す▼

 

 

乗り換え費用/手数料の節約方法

 

前章でLINEモバイルに乗り換える際にかかる費用を解説しました。

しかし、一部の費用は無料にできたり、節約できます。

 

SIMロック解除はマイページで

 

乗り換え元キャリアで使っていたスマホをそのままLINEモバイルで使う場合、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除は、店舗で手続きすれば税抜3,000円の手数料がかかりますが、契約中にマイページで手続きすれば無料です。

乗り換え前に必ずマイページからSIMロック解除しておきましょう。

 

 

なお、ドコモは解約後でもdアカウントを持っていれば、マイページから無料で手続きできます。

 

エントリーパッケージがお得

 

LINEモバイル エントリーパッケージ

 

乗り換えにかかる費用のうち、LINEモバイルのウェブ登録事務手数料3,000円(税抜)エントリーパッケージを使えばほぼ無料にできます。

 

Amazonなどでエントリーパッケージを購入し、パッケージに記載されたコードをLINEモバイル公式サイトで申し込む際に入力すれば、ウェブ登録事務手数料が無料になります。

エントリーパッケージは300円ほどで買えますので、差し引き3,000円程度の節約になります。

 

エントリーパッケージは乗り換え時には必須の節約術です。

ただし、併用できないキャンペーンがあるなど注意点もありますので、下記記事を確認してください。

 

 

 

中古端末も検討しよう

 

LINEモバイルでスマホを買う場合には注意が必要です。

 

LINEモバイルで買えるスマホの価格はほぼ定価です。

他の格安SIMに比べてそれほど安くはありません。

LINEモバイルでスマホを買う場合は、スマホセールが実施していないか確認しましょう。

 

また、中古端末を購入するのもおすすめです。

イオシス」などの大手スマホ通販サイトでは、iPhone・Androidの中古品・未使用品が安く手に入ります。

特にiPhoneを買う場合は、未使用品でもアップルストアより安いことが多いのでお得です。

中古ならさらに価格が下がります。

 

狙っている端末が決まっている場合は、イオシスの価格もチェックしてみてください。

 

▼未使用品/中古の格安在庫を探す▼

 

 

キャンペーンを必ず確認

 

LINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルでは年間を通してさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

300円キャンペーンや半額キャンペーンなど、月額料金の割引キャンペーンが一番お得で人気です。

また、初期費用無料やLINEポイントの還元などで、実質負担額が下げられます。

最近はスマホセールもよく実施するようになりました。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼お得な乗り換えキャンペーン中▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

MNP乗り換えの手順と注意点

 

MNP乗り換え手順

 

他社からLINEモバイルに乗り換える手順は以下の通りです。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. 転入元でMNP予約番号を発行
  3. LINEモバイルでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え(開通手続き)
  5. APN設定

 

詳しい手順は下記記事にまとめています。

 

 

iPhoneを使う場合

 

LINEモバイルへの乗り換えでiPhoneを使う場合の手順は注意点は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

特に、使えるiPhoneやSIMロック解除、APN設定に注意が必要です。

 

おすすめ端末

 

LINEモバイルでスマホを買う場合のおすすめスマホは下記記事にまとめています。

 

 

最近はHUAWEI・OPPOやSHARPのスマホが人気です。

定期的にスマホセールも実施しています。

 

▼スマホセールも定期的に実施▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルにお得に乗り換えよう

 

以上、LINEモバイルにMNPで乗り換える費用・手数料と節約術の解説でした。

 

本記事で解説した通り、LINEモバイルにMNPで乗り換える場合には6つの費用がかかる可能性がありますが、いくつかは無料・節約できます。

ぜひお得にLINEモバイルに乗り換えてください!

 

▼お得なキャンペーンも必ず確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました