ワイモバイルでiPhone14は使える?発売は? 

LINEモバイルからMNP転出する手順を解説!MNP予約番号発行のやり方も

 

LINEモバイル MNP 転出

 

本記事ではLINEモバイルからMNPで他社に乗り換える手順と注意点を解説します。

MNP予約番号の発行や有効期限、MNP転出手数料も解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

LINEモバイルから乗り換える際のおすすめキャリアはこちらにまとめています。

詳細LINEモバイルから乗り換え、おすすめは?

 

LINEモバイルのMNP転出手順

 

LINEモバイルの音声SIMからMNP転出するためには、以下の手順を踏む必要があります。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. 転出先で契約手続き
  3. SIM到着・回線切り替え
  4. APN設定
  5. SIM返却

 

これから、上記の手順について解説していきます。

 

MNP予約番号を発行

 

LINEモバイルからMNP転出する際、まずはLINEモバイルでMNP予約番号を発行してもらいます。

 

MNP予約番号とは、番号そのままでLINEモバイルから他社に転出する場合の引き継ぎ番号のようなものです。

 

MNP予約番号はマイページから発行します。

店舗や電話は発行できません。

詳細MNP予約番号発行 | LINEモバイル

 

▼予約番号発行はマイページから▼

LINEモバイル MNP予約番号 発行

 

上記画面のあと、氏名や電話番号・生年月日を入力すると予約番号の発行受付が完了します。

 

マイページですぐにMNP予約番号が表示されるわけではありません。

後日別途メールで送られてきます。

 

メールが送られてくるのは最も遅い場合で3日後になる場合があるので注意してください。

メールが来ない場合は迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

 

転出先で乗り換え手続き

 

MNP予約番号を発行した後は、転出先のスマホキャリアで契約手続きをします。

 

ただしMNP予約番号には有効期限があり、発行後15日以内に転出を完了しなければなりません。

そのため、各スマホキャリアではオンラインでの手続きに「期限の残りが○日以上」「発行から○日以内」といった制限があります。

 

 

LINEモバイルでMNP予約番号を発行した後は、すぐに手続きをしましょう。

ただし、各キャリアの店舗カウンターで転入手続きする場合はほとんどの場合で即日開通しますので、この限りではありません。

 

 

SIM到着・回線切り替え

 

転出先のキャリアで契約を終えSIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線を切り替えるまではLINEモバイルのSIMカードが使えます。

回線切替が完了すると回線が新しいキャリアに切り替わり、LINEモバイルは正式に解約されます。

 

回線切り替えの手順は各キャリアによって異なりますので、こちらや公式サイトなどで確認してください。

 

 

APN設定

 

LINEモバイルで使っていた端末を乗り換え先でも使う場合には、端末のAPN設定が必要です。

APN設定(プロファイルのインストール)とは、手持ちのスマホで新しいキャリアのデータ通信をするための設定です。

 

こちらも転出先のキャリアの公式サイトを確認してください。

 

SIMカード返却

 

APN設定を終えると手持ちのスマホでデータ通信や通話ができるようになります。

 

これまで使っていたLINEモバイルのSIMカードは返却が必要です。

送料は自己負担で、送付先は以下の住所です。

 

〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

 

実際のところは返送しなくても料金を請求されることはないようですが、不安であれば返送しておきましょう。

 

▼SIM契約でauPay還元中▼

 

LINEモバイルのMNP予約番号

 

MNP予約番号発行のやり方

 

LINEモバイルから転出する際のMNP予約番号はマイページから発行します。

店舗や電話は発行できません。

詳細MNP予約番号発行 | LINEモバイル

 

▼予約番号発行はマイページから▼

LINEモバイル MNP予約番号 発行

 

上記画面のあと、氏名や電話番号・生年月日を入力すると予約番号の発行受付が完了します。

 

マイページですぐにMNP予約番号が表示されるわけではありません。

後日別途メールで送られてきます。

 

メールが送られてくるのは最も遅い場合で3日後になる場合があるので注意してください。

メールが来ない場合は迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

また、LINEモバイルマイページの「お知らせメール」にもMNP予約番号発行のお知らせが来ますので、そちらも確認してみてください。

 

店舗/電話で予約番号発行不可

 

LINEモバイルのMNP予約番号発行はマイページのみです。

店舗や電話での予約番号発行や転出手続きはできません。

 

MNP予約番号の確認方法

 

LINEモバイルでMNP予約番号を発行すると、メールで番号が届きます。

そのメールにMNP予約番号と有効期限が書かれていますので、メールを確認しましょう。

 

万が一メールを削除してしまった場合、LINEモバイルのマイページの「お知らせメール」にも同じメールが届いていますので、こちらでも確認できます。

詳細お知らせメール | LINEモバイル

 

MNP予約番号発行にかかる日数

 

LINEモバイルはマイページからMNP予約番号の発行を申請しますが、予約番号はのちほどメールで送られてきます。

その場で表示されるわけではありません。

 

気になるのがいつそのメールが届くのかですが、かなりばらつきがあるようです。

10分ほどで届いたとういう方もいらっしゃいます。

私の周りの方でも、多くの方がすぐに届いたようです。

 

LINEモバイルの転出手続きしたら10分もかからずMNP予約番号発行された
約3日かかるって書いてあったはずなのに早い
引用Twitter

今は受付停止のLINEモバイルからau一括1円Pixel6にMNP中。MNP予約番号最大3日かかると書いてあったけど8分で完了メール届いてよかった
引用Twitter

2/20 10:02 LINEモバイルMNP転出手続き
2/20 10:12 LINEモバイルMNP予約番号発行完了
2/20 10:36 日本通信MNP転入申込み
2/22 21:55 日本通信より本人確認完了&SIM発送連絡
2/23 10:20 SIM着弾

初めてのMNP、スムーズで良き!
引用Twitter

 

ただ、なかなか来なかったとの口コミも多いです。

LINEモバイルMNP予約番号発行まで、今回は約26時間要したかな。有効期限は2週間。
その日に即時発行されるとは限らないので、余裕をもって手続きすると良いと思います。
引用Twitter

私もLINEモバイルからMNPしようとしてますが、予約番号発行に最低3日掛かるようです。
(昨日の夕方くらいにMNP転出申し込んでまだ予約番号発行メールすら来てません)
引用Twitter

 

MNP予約番号は多くの場合即時発行されるようですが、すぐに来ない場合も多いようです。

公式サイトには最大3日かかると書かれていますので、3日後に来ても大丈夫なように余裕をもって余裕を持って予約番号の発行手続きをしましょう。

 

また、メールは送信されているのに届いていないだけの可能性もあります。

LINEモバイルマイページの「お知らせメール」にもMNP予約番号発行のお知らせが来ますので、そちらも確認してみてください。

詳細お知らせメール | LINEモバイル

 

MNP予約番号のメールが届かない

 

MNP予約番号のメールは多くの場合ですぐに届くようですが、最大で3日後になる場合もあります。

ただし、メールは送られているのにうまく受信できていない可能性もあります。

なかなか来ない場合は迷惑メールフォルダも確認してみましょう。

 

LINEモバイルマイページの「お知らせメール」にもMNP予約番号発行のお知らせが届きますので、そちらも確認してみてください。

詳細お知らせメール | LINEモバイル

 

MNP予約番号の有効期限

 

繰り返しになりますが、LINEモバイルで発行したMNP予約番号には15日間の有効期限があります。

15日間以内に他社へのMNP転出を完了させなければ、MNP予約番号は失効し、再発行が必要になります。

 

そのため、各スマホキャリアでは手続きに「期限の残りが○日以上」「発行から○日以内」といった制限があります。

 

 

LINEモバイルで予約番号を発行した後は、すぐに手続きをしましょう。

ただし、各キャリアの店舗カウンターで転入手続きする場合はほとんどの場合で即日開通しますので、この限りではありません。

 

MNP予約番号のキャンセル

 

MNP予約番号の発行をマイページから申請すると、キャンセルはできません

MNP予約番号を発行しただけではLINEモバイルは解約されないので、他社への乗り換えをやめた場合はそのまま放置しておけば大丈夫です。

 

ただし、前章のとおり他キャリアのオンラインサイトで契約する場合には「有効期限が〇日以上残っていないと手続き不可」といった制限があります。

これを過ぎてしまうと、有効期限15日を過ぎるまで待たなければなりませんので注意してください。

 

有効期限内の再発行はできません。

 

MNP予約番号の再発行

 

有効期限の数日後に再発行可

 

MNP予約番号の有効期限が切れた場合、予約番号は再発行できます。

再度マイページから発行手続きをしてください。

 

予約番号の再発行は、前の予約番号の有効期限が切れて数日後に可能になります。

 

有効期限内の再発行は不可

 

MNP予約番号の有効期限内にはMNP予約番号の再発行はできません。

他社では再発行が可能な場合もありますが、LINEモバイルカスタマーサポートに問い合わせたところ、有効期限内の再発行は不可とのことでした。

 

前章に書いたとおり、乗り換え先にはWEBで転入する際に「予約番号の期限が残り○日以上」といった条件があります。

その有効期限を過ぎてしまうと、オンラインで乗り換えるためには有効期限が切れて再発行が可能になるまで待つしかありません

 

その間に月をまたぐ可能性がありますので、発行タイミングは転出手続きの直前にしましょう。

万が一WEBで転出手続きができなくなったら、有効期限が切れるまで待つか、店舗に行くしかありません。

 

MNP転出時の補足・注意点

 

電話番号そのまま乗り換え

 

LINEモバイルから他社に乗り換える場合、電話番号はそのまま乗り換えられます。

 

LINEモバイルを解約して新しいキャリアを新規契約すると電話番号は変わってしまいますが、本記事で解説したようにMNP予約番号を発行してから乗り換えると電話番号を変えずに新しいキャリアを契約できます。

この流れをMNP乗り換えといいます。

 

実際の解約は回線切り替え時

 

LINEモバイルから他社にMNP転出する際、LINEモバイルの契約が終了になるのは新しいキャリアの回線が開通したタイミングです。

転出先の回線が開通(回線切り替え)するまでは、LINEモバイルの契約で電話やデータ通信ができます。

 

よって、回線切り替えのタイミングが月をまたぐと、LINEモバイルの料金は翌月分もかかってしまいます。

解約月は日割にならず全額請求されますので、まるまる一か月分かかる点に注意してください。

 

MNP転出にかかる費用/手数料

 

LINEモバイルから他社にMNPで乗り換える場合、以下の費用がかかります。

 

  • 解約事務手数料:0円/1,100円
  • MNP転出手数料:無料
  • 転出先の契約事務手数料:3,300円

 

解約事務手数料1100円

 

ベーシックプランを契約中の方は、契約期間に関わらずMNP転出時に必ず違約金(解約事務手数料)1,100円がかかります。

それ以外の方は契約から1年が経過しているはずなので、違約金はかかりません。

 

MNP転出手数料は無料

 

MNP転出手数料は4月1日から無料になりました。

また、転出先の契約事務手数料はキャンペーンやエントリーパッケージで無料にできる場合があります。

必ず乗り換え先のキャンペーンを確認しましょう。

詳細格安SIMのキャンペーン一覧

 

これ以外に費用はかかりません。

 

MNP転出手数料が無料に

 

LINEモバイルから乗り換える場合のMNP転出手数料は2021年4月1日から無料になりました。

詳細MNP転出手数料 | LINEモバイル

 

以前はMNP転出手数料として税込3,300円がかかっていました。

 

最低利用期間/違約金に注意

 

LINEモバイルの音声SIMには最低利用期間・違約金が設定されています。

最低利用期間と違約金は契約した時期によって異なります。

 

最低利用期間契約解除料
音声SIM
データSIM
なし1,100円(※)

※契約期間に関わらず常に1,000円

 

2020年2月19日以降にベーシックプランの音声SIMを契約した方は、いつ乗り換えても税込1,100円の解約事務手数料がかかります。

1年経過後に乗り換えても1,100円かかるので注意してください。

 

なお、旧プランを契約中の方は契約から1年以上経過しているはずなので、いつ解約しても違約金はかかりません。

 

月途中の転出も料金日割りなし

 

月の途中にLINEモバイルからMNP転出しても、転出月の月額料金やオプション料金は全額請求されます。

日割り計算にはなりません。

 

お得なMNP転出タイミング

 

LINEモバイルから他社に乗り換える場合、お得なタイミングは月末です。

 

LINEモバイルは月途中にMNP転出しても、料金は一ヶ月分全額請求されます。

一方、(キャリアによって異なりますが)月途中にMNP転入した場合は料金は日割り計算されるキャリアが多いです。

よって、月末に乗り換えれば乗り換え先キャリアの日割り料金を最小限に抑えられてお得です。

 

なお、ここで言う月末とは「乗り換え手続きをした日」ではなく「乗り換えが完了した日」です。

つまり乗り換え先キャリアで回線切り替えを行った日なので注意してください。

 

また、万が一回線切り替えの日が月末をこえると、LINEモバイルの料金がもう1ヶ月分必要になるので大変損です。

ギリギリを狙わず、余裕を持って手続きしてください。

 

ただし、乗り換え先が初月無料の場合はいつ乗り換えても構いません。

 

転出後はSIM返却が必要

 

LINEモバイルから他社にMNP転出した後は、LINEモバイルのSIMカードの返却が必要です。

 

SIMカードの返却先は以下の通りです。

送料は自己負担が必要です。

 

〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

 

実際のところ、返送しなくても料金を請求されることはないようですが、不安であれば返送しておきましょう。

 

端末代金は継続支払可能

 

端末を24回払いで購入し、MNP転出時に端末代金の支払いが残っている場合、解約後も端末代金は支払いが終わるまで毎月引き落としが続きます。

MNP転出時に一括返済する必要はありません。

 

ただし、MNP転出のタイミングで残債を一括返済することも可能です。

 

おすすめのMNP転出先は?

 

今本記事をお読みの方の中には、LINEモバイルから他の格安SIMに乗り換えようとされている方もおられるかもしれません。

 

私がおすすめする格安SIMキャリアは以下の4社です。

 

  • LINEMO
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • OCNモバイルONE

 

最もおすすめなのはLINEMOです。

特にLINEモバイルでソフトバンク回線を契約中の方は、同じソフトバンク回線を使っているLINEMOにしましょう。

 

LINEモバイルと同じくLINEのデータ容量がカウントフリーなので、LINEのビデオ通話が多い方におすすめです。

料金プランは3GB・20GBの2つで、3GBプランは家族割や光セット割がなくても月990円で使えます。

 

iPhoneはもちろん、ソフトバンクで買ったAndroidスマホも使えるのが安心です。(一部の古い機種がSIMロック解除が必要)

 

 

UQモバイル・ワイモバイルは通信速度が圧倒的に速く、全国に店舗があるのが安心です。

特に現在LINEモバイルでau回線を契約している方はUQモバイルにしましょう。

ソフトバンク回線を契約している方はLINEMOの方がおすすめですが、ワイモバイルなら家族割や光セット割も使えますし、全国に店舗があるのが安心です。

 

 

LINEモバイルでドコモ回線を契約中の方はOCNモバイルONEがおすすめです。

現在の端末はそのまま使えますし、通信速度はLINEモバイルより圧倒的に速いです。

通話料金はアプリを使わなくても自動で半額になるのもお得ですね。

 

 

各キャリアの特徴や注意点はこちらにまとめています。

詳細LINEモバイルから乗り換えならおすすめはここ!

 

LINEモバイルからのMNP転出まとめ

 

以上、LINEモバイルからMNP転出する手順や転出手数料、予約番号に関する解説でした。

本記事をよく読み、損をしないようにMNP転出しましょう。

 

LINEモバイルからMNP転出する場合は本記事で紹介した4社なら通信速度は非常に快適です。

ぜひMNP転出で快適な格安SIMライフを過ごしてください!

 

各キャリアの特徴や注意点はこちらにまとめています。

詳細LINEモバイルから乗り換えならおすすめはここ!

 

▼3GBプランが8か月間実質無料▼
(1月31日で終了)

 

LINEモバイル 記事一覧

LINEMO 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました