ワイモバイルのお得な学割がスタート! 

BIGLOBEモバイルで持ち込みのiPhone7を使う手順解説!APN設定や機種変更も

 

 

本記事ではBIGLOBEモバイルで持ち込みのiPhone7を使うための設定手順や月額料金を解説します。

 

BIGLOBEモバイルではiPhone7を販売中ですが、すでにiPhone7をお持ちの方やこれから他で購入する方もBIGLOBEモバイルで使用できます。

 

▼期間限定キャンペーン実施中▼

 

BIGLOBEモバイルで発売中のiPhone7は下記記事に詳しくまとめています。
BIGLOBEモバイルでiPhone7が発売

 

持ち込みのiPhone7は使える?

 

iPhone7の動作確認状況

 

BIGLOBEモバイルでは、他で販売中のiPhone7・iPhone7 Plusの動作確認が終了しています。

 

<動作確認結果>

端末販売元動作確認
iPhone7
ドコモ済み
au
UQモバイル
済み
ソフトバンク
ワイモバイル
済み
BIGLOBEモバイル済み
アップルストア済み
iPhone7
Plus
ドコモ済み
au済み
ソフトバンク済み
アップルストア済み

 

 

BIGLOBEモバイル版やアップルストアのSIMフリー版はもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone7・iPhone7 Plusも使えますので安心してください。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone7・iPhone7 Plus端末はSIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

他社で購入したiPhone7・iPhone7 Plusを使う場合、下表のとおり端末の購入元と回線の種類によってSIMロックが必要な場合があります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

購入元Dプラン
(ドコモ回線)
Aプラン
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au・UQ
softbank
Ymobile

 

特にauで購入したiPhone7をau回線で使う場合もSIMロック解除が必要ですので注意してください。

(iPhone8以降はSIMロック解除不要)

 

SIMロック解除の手順

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

ドコモは解約後もdアカウントがあれば無料で解除できます

 

BIGLOBEモバイルで持ち込みのiPhone7を使う手順

 

持ち込みのiPhone7・iPhone7 PlusをBIGLOBEモバイルで使うためには、大まかに以下のステップが必要になります。

 

  1. iPhone7本体を準備
  2. BIGLOBEモバイルのSIMを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

他社からMNPでBIGLOBEモバイルに乗り換えて持ち込みのiPhone7を使う方は、上記に加えてMNP予約番号の発行や回線切り替えが必要です。

手順は下記記事に詳しくまとめています。

詳細BIGLOBEモバイルにMNP転入する手順

 

iPhone7本体を準備

 

 

前章でも解説しましたが、BIGLOBEモバイルではiPhone7を販売中です。

しかし、他で購入したiPhone7も使えますし、これからiPhone7を購入することも可能です。

 

入手方法はのちほど解説します。

 

iPhone7用のSIMを購入

 

次に、BIGLOBEモバイルで音声通話SIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードをiPhone7・iPhone7 Plusに挿入することで、iPhoneが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードはBIGLOBEモバイル公式サイトで簡単に契約できます。

 

まずはBIGLOBEモバイル公式サイトにアクセスします。

 

 

「SIMのみ」をクリック

 

回線タイプとSIMサイズを選択

 

BIGLOBEモバイルでは、回線をタイプA(auの回線)とタイプD(ドコモの回線)から選ぶことができます。

どちらを選ぶべきかは後ほど詳しく解説しています。

 

SIMカードのサイズは以下を選択しましょう。

  • タイプD:nano
  • タイプA:マルチSIM

 

iPhone7・iPhone7 PlusのSIMカードのサイズは、どちらもnanoです。

タイプAのマルチSIMは、自身でサイズをnanoに調整します。

 

音声通話と新規/MNPを選択

 

 

希望のプランを選択

 

必要に応じて通話のオプションを選択

 

その後、通話オプション以外のオプションを必要に応じて選択します。

 

YouTubeなどの動画や音楽、ラジオが見放題・聴き放題になる「エンタメフリーオプション」が非常に人気です。

YoutubeやAbamaTVなどをよく閲覧される方は検討ください。

 

 

入力終了後、BIGLOBE会員でない方は「お申し込み手続きへ」を選択します。

 

 

次のページで契約者の情報やクレジットカード情報を入力します。

 

 

次のページで入力内容を確認すると申し込み完了です。

数日もしない間にSIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone7用SIMを購入する▼

 

iPhone7にSIMを挿入

 

手持ちにSIMが届いたら、iPhone7・iPhone7 Plus本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

APN設定

 

au回線のタイプAを選択した場合は、APN設定は不要です。

 

iPhone7・iPhone7 Plus本体にSIMカード(ドコモ回線のタイプDの場合のみ)を挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、iPhone7をインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってファイルをインストールすればOKです。

 

※タイプAはAPN設定不要

 

以上で設定は完了です。

 

APN設定(プロファイルのインストール)が完了すると、いよいよiPhone7がBIGLOBEモバイルで使えるようになります。

 

▼iPhone7用SIMを購入する▼

 

 

iPhone7本体の入手方法

 

 

前章でも解説しましたが、BIGLOBEモバイルではiPhone7を販売中です。

しかし、他で購入したiPhone7も使えますし、これからiPhone7を購入することも可能です。

 

ただし、Apple StoreでのiPhone7の販売は終了しましたので、入手方法は主に以下の2通りです。

 

au/ドコモ/SoftBank版を流用

 

1つ目は、ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMで購入した端末を流用する方法です。

 

選択したのがタイプDの回線なら、ドコモで購入したiPhone7はそのまま使用できます。

一方、タイプAの回線はauで購入したiPhone7はSIMロック解除が必要です。

 

▼SIMロック解除の要否▼

端末購入元タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au・UQ
Softbank
Ymobile

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

中古のSIMフリー端末を購入

 

iPhone7・7 Plus本体はスマホ通販サイトや中古スマホショップでも購入できます。

少しでも安く端末を購入したい方は、これらを利用するのが良いでしょう。

 

特にイオシスなどの大手通販サイトではiPhone7・7 Plusが多数販売されています。

格安中古はもちろん、まだ未使用品も手に入ります。

 

その際、可能であればSIMフリー端末またはSIMロック解除済み端末を購入しましょう。

 

▼iPhone7の格安在庫を探す▼

 

 

iPhone7使用時の注意点

 

au版もSIMロック解除必要

 

最もややこしいのがau・UQモバイルで購入したiPhone7・7 Plusを使う場合です。

au・UQモバイルで購入したiPhone7を使う場合、必ずSIMロック解除が必要です。

 

通常、au・UQモバイルで購入した端末をau回線で使えばSIMロック解除は不要です。

しかし、au VoLTEの関係で、2017年8月以前にauで発売された端末はau回線で使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

ちなみに、iPhone SEiPhone6SもSIMロック解除が必要です。

au回線のタイプAで使う場合にSIMロック解除が不要なのは、iPhone8以降の端末です。

 

タイプAはAPN設定不要

 

iPhone7・7 PlusにタイプA(au回線)のSIMカードを挿して使う場合、APN設定は不要です。

SIMカードを挿せばそのまま使えます。

 

ドコモ回線のタイプDの場合はAPN設定が必要です。

 

タイプAでもテザリング可能

 

これまでタイプAのSIMカードをiPhoneに挿して使う場合、テザリングができませんでした。

しかし、2018年10月末よりau回線のタイプAでもiPhoneでテザリングが可能になりました。

 

iPhone7・7 Plusでも選択した回線タイプにかかわらずテザリングが可能です。

 

SIMカードのサイズに注意

 

BIGLOBEモバイル公式サイトでSIMカードの申込み手続きを行う際、気をつけなければならないのが「回線の種類(タイプD/タイプA)」と「SIMカードのサイズ」です。

回線の選び方については次章で解説します。

 

SIMカードのサイズは、必ず以下を選択してください。

 

  • 回線がタイプD:nanoSIM(ナノ)
  • 回線がタイプA:マルチSIM

 

タイプAの場合はマルチSIMしか選択肢が出てこないので問題ないですが、ドコモの場合は標準/micro/nanoの3つが出てきます。

iPhone7・7 Plusはどちらもnanoですので注意してください。

 

タイプAのマルチSIMは、SIMカードのまわりをパキッと割って、適切なサイズにSIMカードを調整できるSIMですので問題ありません。

 

 

回線はタイプAがおすすめ

 

BIGLOBEモバイルではタイプAとタイプDの回線を選べますが、タイプAがおすすめです。

理由は、タイプAの方が通信速度が断然速いからです。

 

 

料金はどちらも変わりませんので、通信速度が速いタイプAを選びましょう。

 

SIM契約時の本人確認書類

 

BIGLOBEモバイルで音声通話付SIMを契約する場合には、WEBでの申し込み手続きの際に本人確認書類のアップロードが必要です。

本人確認のために、以下の書類のいずれかを準備してください。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード

※補助書類:公共料金領収書(電気・都市ガス・水道の料金領収書)、住民票、戸籍謄本

 

▼iPhone7用SIMを購入する▼

 

 

iPhone7が繋がらない場合

 

BIGLOBEモバイルのSIMカードを挿入したのにiPhone7・7 Plusが使えない・繋がらない・圏外になる場合は以下の3つを確認しましょう。

 

開通/回線切り替えしたか?

 

他社からMNPで乗り換えた場合のみの注意点です

 

MNPで他社からBIGLOBEモバイルに乗り換えた場合、iPhone7・7 Plus用のSIMカードが自宅に届いてもデータ通信ができるのはまだ乗り換え元のキャリアのままです。

 

そのため、BIGLOBEモバイルの開通手続き(回線切り替え)をして、BIGLOBEモバイルのSIMカードを使えるようにします。

 

開通手続きは「マイページ」「電話」「自動」の3つの方法で可能です。

 

おすすめ度所要時間
マイページ数分
電話約2時間
自動開通

 

おすすめはマイページからの手続きです。

 

端末はSIMロック解除済みか?

 

繰り返しになりますが、au・ソフトバンク・ドコモなどで購入したiPhone7・7 PlusをBIGLOBEモバイルで使用するためには、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au・UQ
Softbank
Ymobile

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

au・UQモバイルで購入したiPhone7をau回線(タイプA)で使う場合もSIMロック解除が必要な点に注意してください。

 

APN設定をしたか?

 

ドコモ回線のタイプDを選んだ場合の注意点です。

 

端末にSIMカードを挿入しても、APN設定をしないとBIGLOBEモバイルの回線は使えません

 

作業は「Wi-Fiに接続した状態で、構成ファイルをインストールする」という手順になりますが、非常に簡単です。

公式サイトに詳しくまとめられているので参考してください。

 

 

使えない場合の問い合わせ先

 

各種設定に関するBIGLOBEモバイルの問い合わせ先は以下の通りです。

 

  • 電話番号:0120-86-0962(無料)
    (受付時間:9:00 ~ 18:00 年中無休)
  • メール問い合わせ
  • チャットサポート

 

最もおすすめなのはチャットによる問い合わせです。

 

BIGLOBEモバイル公式サイトにアクセスすれば、画面右・または画面下部にチャットがあらわれます。

これで問い合わせすると、ほとんど待ち時間なしで問い合わせられます。

 

 

 

お得にiPhone7を使う方法

 

キャンペーンを必ず確認

 

BIGLOBEモバイルでは、期間限定でお得な割引キャンペーンを実施しています。

iPhone7用のSIMを契約する前には必ずキャンペーンを確認してください。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にまとめています。

 

 

エントリーパッケージもお得

 

 

iPhone7用のSIMカードは公式サイトで申し込むのが一番おすすめですが、エントリーパッケージを利用して申し込むことも可能です。

エントリーパッケージを利用すれば、通常3,000円かかるプラン申込手数料が無料になります。

 

 

ただし、エントリーパッケージで契約できるのはタイプDのみです。

通信速度が快適でおすすめのタイプAはBIGLOBEモバイル公式サイトから申し込みましょう。

 

▼期間限定キャンペーン実施中▼

 

 

iPhone7に機種変更する方法

 

iPhone7に機種変更

 

既にBIGLOBEモバイルを契約していて、他の機種を使っている方もiPhone7に機種変更できます。

まず、iPhone7ならBIGLOBEモバイル公式サイトで機種変更できます。

 

機種変更はマイページから手続き可能です。

 

 

自分でiPhone7に機種変更する

 

BIGLOBEモバイルではiPhone7を販売中ですが、自身でiPhone7端末を取り寄せて機種変更することも可能です。

 

自分でiPhone7に機種変更する手順は以下の通りです。

 

  • iPhone7端末を用意
  • 現在の端末からSIMカードを抜く
  • iPhone7にSIMカードを挿入
  • APN設定

 

手順はSIMカードを抜いてiPhone7に挿し、APN設定するだけです。

(タイプAの場合はAPN設定不要)

 

APN設定手順は前章で詳しく解説しています。

 

SIMカードのサイズに注意

 

BIGLOBEモバイルでiPhone7に機種変更する際の唯一の注意点は、SIMカードのサイズです。

これまでも説明しましたが、iPhone7・7 Plusで使えるSIMカードのサイズは「nano」です。

 

ドコモ回線(タイプD)を契約している方で、今まで使っていたSIMカードがmicro・標準の場合は、マイページでSIMカードのサイズを変更してもらう必要があります。

その際、手数料として3394円がかかります。

 

iPhone7用SIMカード購入はBIGLOBEモバイル公式サイトで

 

以上、BIGLOBEモバイルで持ち込みのiPhone7を利用する手順と料金の解説でした。

 

今なら期間限定でキャンペーンが適用され、さらにお得にiPhone7を使うことができます。

契約まえにかならずキャンペーン一覧を確認してください。

 

▼期間限定キャンペーン実施中▼

 

 

BIGLOBEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました