ワイモバイル Android One X2・X3・S3・S4のスペック・機能総まとめ

 

みなさんこんにちは!

2017年末にワイモバイルよりAndroid One(アンドロイドワン)シリーズの4つの新機種の発売が発表になりました。

Android One X2・Android One X3・Android One S3・Android One S4の4機種です。

 

今日はこの4つの新機種についてスペックや特徴をまとめました。

ぜひ参考にしてください!

 

<関連記事>

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

XとSの違いは?

 

 

そもそも、アンドロイドワンシリーズにはSシリーズ(S1~S4)とXシリーズ(X1~X3)があります。

基本的にSシリーズはライトユーザー向けの端末で、性能が高くない代わりに端末代金が安くなっています。また、初めての方に安心の機能を搭載している機種も多いですね。

 

一方、Xシリーズはどちらかといえば高機能で、CPUやカメラの性能が比較的高く、おサイフケータイやワンセグなどの便利機能も搭載していることが多いです。その分端末代金が高くなっています。

 

  • Sシリーズ
    ⇒ライトユーザー向け、端末代金安い、性能は平凡
  • Xシリーズ
    ⇒ミドルユーザー向け、端末高い、高性能

 

スペック一覧表

 

4機種のスペックを一覧表にしました。

ただしスマホの方は一覧表が見にくいと思いますので、画像版も掲載しておきます。クリックして拡大して見ていただければ幸いです。

 

<スペック比較>

X2 X3 S3 S4
メーカー HTC 京セラ シャープ 京セラ
発売日 2017年12月7日 2018年1月25日 2018年1月18日 2018年2月上旬
サイズ(mm) W73× H149× D8.1 W72× H149× D8.2 W71× H144× D8.5 W72× H145× D8.4
重さ 約142g 約150g 約143g 約130g
画面サイズ 5.2インチ 5.2インチ 5.0インチ 5.0インチ
解像度 1,920 × 1,080
(フルHD)
1,920 × 1,080
(フルHD)
1,920 × 1,080
(フルHD)
1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量 2,600mAh 2,800mAh 2,700mAh 2,600mAh
連続通話時間
(LTE)
1,360分 1,400分 1,310分 1,010分
連続待受時間
(LTE)
237時間 620時間 605時間 640時間
OS Android 8.0 Oreo Android 8.0 Oreo Android 8.0 Oreo Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon630
(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
Snapdragon630
(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
Snapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
Snapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリ(ROM) 64GB 32GB 32GB 32GB
メモリ(RAM) 4GB 3GB 3GB 3GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り) 最大350Mbps 最大250Mbps 最大112.5Mbps 最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万画素 1,300万画素 1,310万画素 1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,600万画素 800万画素 500万画素 500万画素

 

<スペック比較(画像版)>

▼クリックで拡大▼

f:id:SCANTY:20180201175834p:plain

 

<便利機能>

X2 X3 S3 S4
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ
指紋認証
赤外線通信

 

各項目の詳細比較

 

メーカー・発売日

 

X2 X3 S3 S4
メーカー HTC 京セラ シャープ 京セラ
発売日 2017年
12月7日
2018年
1月25日
2018年
1月18日
2018年
2月8日

 

メーカーはX2がHTC、S3がシャープ、X3とS4は京セラとなっています。

海外メーカーHTCが初めてアンドロイドワンシリーズで登場しました。

2017年12月に発売が発表されたAndroid Oneの4機種ですが、発売時期が異なります。

 

  • X2:2017年12月7日
  • S3:2018年1月18日
  • X3:2018年1月25日
  • S4:2018年2月8日

 

本体サイズ・重さ

 

X2 X3 S3 S4
サイズ
(mm)
W73 ×
H149 ×
D8.1
W72 ×
H149 ×
D8.2
W71 ×
H144 ×
D8.5
W72 ×
H145 ×
D8.4
重さ 約142g 約150g 約143g 約130g

※W:横の長さ、H:縦の長さ、D:厚さ 

 

本体サイズ・重さは以下の通りです。

若干の違いはあるものの、どれも特段目立った特徴はありません。

 

画面サイズ

 

X2 X3 S3 S4
画面
サイズ
5.2
インチ
5.2
インチ
5.0
インチ
5.0
インチ
解像度 1,920 × 1,080
(フルHD)

 

画面サイズは高機能シリーズのX2・X3が5.2インチ、ライトシリーズのS3・S4がともに5.0インチとなっています。

画面解像度も全機種1920×1080のフルHDですので、あまり違いはありません。

 

搭載CPU・メモリー

 

X2 X3 S3 S4
OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon630
(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
Snapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリ
(ROM)
64GB 32GB 32GB 32GB
メモリ
(RAM)
4GB 3GB 3GB 3GB
対応外部
メモリ
microSDXC(最大256GB)
下り最大
通信速度
350
Mbps
250
Mbps
112.5
Mbps
112.5
Mbps

 

OSは4機種とも全てAndroid 8.0(通称オレオ)です。Android Oneシリーズは最新のバージョンが使えるとともに、セキュリティが毎月アップデートされます。

搭載CPUは高機能のXシリーズ(X2・X3)がSnapdragon630のオクタコアです。

このレベルであれば、一部のヘビーユーザーを除いてほとんどの人は快適に操作できるでしょう。

 

一方、ライトシリーズのSシリーズ(S3・S4)がSnapdragon430です。

こちらはそれほど高性能ではありませんが、これまでのSシリーズと比べてメモリー(RAM)が増強されているので、幾分快適になるでしょう。

 

カメラ

 

X2 X3 S3 S4
有効
画素数
(メイン)
1,600万 1,300万 1,310万 1,300万
有効
画素数
(サブ)
1,600万 800万 500万 500万

 

気になるのがカメラです。

X2はメイン・サブともに1600万画素に対し、X3は1300万+800万とやや平凡です。

カメラにこだわる方はAndroid One X2の方がよいでしょう。

 

一方、S3・S4はいずれも1300万+500万レベルです。

これまでのS1・S2からそれほど進化していません。必要最低限のカメラが搭載されているといえます。

もちろん、カメラ性能を比較する場合には画素数以外にもいろいろな要素がありますので、各機種の解説記事で確認してください。

詳細解説Android One X3Android One S3Android One S4Android OneX2

 

バッテリー

 

X2 X3 S3 S4
バッテリー
容量
2,600
mAh
2,800
mAh
2,700
mAh
2,600
mAh
連続
通話時間
(LTE)
1,360分 1,400分 1,310分 1,010分
連続
待受時間
(LTE)
237時間 620時間 605時間 640時間

 

バッテリーの持ちは、その人の使い方によって全く異なるので比較が難しいのですが、X3・S3・S4は「最長3日充電不要」と謳っています。自信があるようですね。

 

一方、Android One X2は連続待受時間が異様に短く、発売前に「バッテリーの持ちが悪いのではないか」と噂になりました。

しかし、実際使ってみるとそのようなことはなく「いたって普通」という評判です。

 

バッテリーに関しては、どの機種もそれほど心配する必要はないでしょう。

 

便利機能

 

X2 X3 S3 S4
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ
指紋認証
赤外線通信

 

おサイフケータイやワンセグ、防水・防塵などの機能の有無を一覧表にしました。

X2・X3にはどちらにもおサイフケータイが搭載されています。

一時期搭載機種がかなり減りましたが、最近はApplePay・AndroidPayが普及していることにより、また搭載機種が増えてきましたね。嬉しい限りです。

 

一方、日本独自のワンセグはAndroid One X3のみです。

また、最近はスタンダードになっている指紋認証もAndroid One X2・X3のみで、S3・S4には搭載されていません。

 

個人的には、海外メーカーのHTCが防水・防塵・おサイフケータイに対応していることが驚きですね。

その点でもAndroid One X2はおすすめです。

 

各機種の特徴・評価・おすすめ

 

Android One X4

 

 

まずは2018年6月7日に発売のAndroid One X4です。

Googleが独自開発したスマホシリーズでワイモバイルでしか買えない「Android Oneシリーズ」の最新機種です。

製造はSHARPで、Android Oneシリーズの中でも高性能な「Xシリーズ」の機種です。

 

Android One X4の搭載CPUはSnapdragon630メモリーRAMは3GBです。

高負荷の3Dゲームなどを除けば、処理はいつでも快適でしょう。

 

本体は今流行の18:9縦長画面で、5.5インチと大画面ながら横幅は従来の端末と変わらず、片手でも持ちやすいです。

ディスプレイは2,160×1,080ドットのフルHD+と最高峰の美しさです。

 

先に紹介したHUAWEI P20 liteより少々高いですが、ワンセグ・おサイフケータイに対応しています。

もちろん指紋認証センサーを搭載し、ハイレゾ音源にも対応しています。

 

  • icon-circle-o Snapdragon630+3GBメモリー
  • icon-circle-o 流行の5.5インチ縦長画面
  • icon-circle-o フルHD+の美しいディスプレイ
  • icon-circle-o ワンセグ・おサイフ・指紋センサー搭載
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵対応
  • icon-times メモリーが4GBあれば…
  • icon-times インカメラは800万画素

 

詳細記事ワイモバイル「Android One X4」を完全解説!

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Android One X3

 

安心の国産メーカー「京セラ」が誇る”全部入り”のスマホですね。

新製品の4機種の中でワンセグが見られるのはこのX3だけです。

おサイフケータイ・指紋認証センサーも搭載しており、非常に便利だと思います。

 

あと、地味に嬉しいのが京セラ得意の「手袋をしたままでも操作できる画面」です。

特に冬の寒い季節や、仕事中に手袋をされている方には嬉しい機能ですね。

 

一方、気になるのがカメラです。

メイン1300万画素、サブ800万画素はSシリーズと比べて大差ありません。

カメラにこだわる方はX2が良いでしょう。

 

  • icon-circle-o ワンセグ・おサイフ搭載
  • icon-circle-o 防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o バッテリーの持ちがよい
  • icon-circle-o Android Oneで最高のCPU搭載
  • icon-circle-o 安心の国産スマホ
  • icon-times X2と同料金だがスペックは劣る

 

詳細記事ワイモバイルから「Android One X3」が発売!詳細を解説 

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Android One S3

 

Android One S3は、スペックだけ見ると現在発売中のAndroid One S1の後継機のようです。

私は現在Android One S1を使用していますが、SHARPお得意のIGZO画面は本当に美しいですね。

 

また、S1と比べストレージが16GBから32GBに、メモリー(RAM)が2GBから3GBに増強されました。

さらに耐衝撃の機能が追加されています。

 

一方、サブカメラの画素数はAndroid One S1が800万画素たったのに対し、S3は500万画素にダウンしてます。

2018年1月発売の機種ですが、価格はAndroid One S1と同じになりました。(プランSのみS3の方が高い)

自撮りされる方以外は基本的にAndroid One S3の方が良いでしょう。

  • icon-circle-o とにかく美しいIGZO液晶
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o 3日間充電不要のバッテリー
  • icon-circle-o S1からメモリー・ストレージ進化
  • icon-circle-o 新機種ながら前機種S1と同価格
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times インカメラはS1の方が高性能

 

詳細記事ワイモバイル「Android One S3」を完全解説!前作「S1」との違いも

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Android One S4

 

こちらは現在発売中のAndroid One S2の後継機と思われます。

S2と比べ、ストレージが16GBから32GBに、メモリー(RAM)が2GBから3GBに増強され、さらに耐衝撃が進化しています。

カメラ機能も、前作はサブカメラが200万画素と非常に低かったのですが、S4では500万画素にアップしています。

 

前作S2と同様、スマホが初めての方や高齢者にも使いやすいスマホになっています。

また、最新機種ながらプランM・プランLなら端末代金が実質タダという端末代金も嬉しいですね。(他社からの乗り換えの場合)

 

  • icon-circle-o 京セラ製の安心国産スマホ
  • icon-circle-o 防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o 1,300万画素カメラ
  • icon-circle-o プランM・Lなら端末代実質タダ
  • icon-times ワンセグ・おサイフ・指紋認証なし
  • icon-times CPUは平凡

 

詳細記事ワイモバイル「Android One S4」をやさしく解説!

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

スマホ端末購入は公式サイトで!

 

以上、ワイモバイルから発売されたAndroid One X2・X3・S3・S4のスペック・機能の総まとめでした。

 

購入申込みは、手続き簡単・24H受付・送料無料・最短翌日発送の「」がおすすめです!

また、未発売機種も発売が近づくと公式サイトで予約受付が開始されますので、ぜひ公式オンラインサイトをご利用ください。

 

▼申込みはこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルトップへ

 

コメント