スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

UQモバイル「DIGNO W」の価格・スペックを解説!

みなさんこんにちは!

今日は、UQモバイルより2017年3月3日に発売されたスマートフォン「DIGNO W」のスペック・料金について徹底解説します。

 

京セラ製で便利機能が豊富な安心のスマホです。

 

【後日追記】後継機登場

 

DIGNO Wでは現在UQモバイル公式オンラインストアでは終売のようです。

 

UQモバイルでは新たにDIGNO Aが発売されました。

DIGNO AとDIGNO Vの比較もしていますので、新機種をお探しの方は下記記事を参考にしてください。

詳細記事UQモバイルの新機種「DIGNO A」を解説!

 

DIGNO Wの特徴・レビュー

 

DIGNO Wは、国内メーカー「京セラ」が発売したスマートフォンです。

なんといっても「洗えるスマホ」であることが一番の特徴ですね。

そのほかにも国内メーカーならではの「防水・防塵・高耐久」 と、濡れた手や手袋をしたままでも操作できるのが嬉しいです。

 

石鹸で洗えるスマホ

 

f:id:SCANTY:20171020161017p:plain

 

DIGNO Wの最大の特徴は、なんといっても「洗えるスマホ」であることです。

これまで、防水機能を搭載したスマホはたくさんありましたが、洗えるスマホは大変珍しいですね。

「食事中にソースが付いてしまった」「地面に落とした」「汗がベットリ付いてしまった」といった場合に、ハンドソープで洗い流すことができます。

そんなときに端末を丸洗いできると清潔に保てて非常に良いなと思います。

 

防水・防塵対応

 

DIGNO Wは防水・防塵機能に対応しています。

海外メーカーの端末には防水・防塵機能がついていないものも多いなか、さすが京セラの製品ですね。

 

防水については、IPX8というレベルです。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。

よく「トイレに落としてスマホが水没した」なんて失敗談を聞きますが、DIGNO Wなら安心。

なんといっても洗えるスマホですからね!

 

また、温かい水がかかっても問題なし。

お風呂の中で動画を見たり音楽を聞いたりしても大丈夫です。

f:id:SCANTY:20171020161303p:plain

 

防塵についてもIP5Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

まさかのときに安心ですね。

 

エコモードでバッテリー長持ち

 

スマートフォンの難点は、ガラケーに比べ電池の消費が早いこと。

しかし、DIGNO Wは3,000mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

 

また、エコモードという、消費電力を抑えるモードに切り替える機能も搭載しています。

例えば仕事中や夜間など、あまり操作しない時間帯にエコモードにしておけば、その時間だけ消費電力を抑え、その分待受時間を長くすることができます。

また、エコモードはタイマー設定もできるので、あらかじめ夜間になるとエコモードに切り替えるようにすることも可能です。

 

f:id:SCANTY:20171020161709p:plain

 

落下にも強い耐衝撃

 

f:id:SCANTY:20171020144543p:plain

 

DIGNO Wは、衝撃にも大変強い構造になっています。

画面には強化ガラスが採用されており、割れたりひびが入ったりしにくい構造になっています。

なんでも、米国国防総省の基準を満たした性能だそうです。なんだか安心ですね。

 

聞きやすいクリアな通話音質

 

f:id:SCANTY:20171020162044p:plain

 

DIGNO Wには、スマートソニックレシーバーという機能が搭載されています。

これは、通常本体上部の穴から音を出すのではなく、ディスプレイ全体を振動させて音を伝える技術です。

これにより、騒がしい場所でも電話先の声が非常にクリアに聞こえます。

 

手袋をしたまま操作可能

 

私がDIGNO Wで最も気に入ったのは、グローブタッチ機能といって、手袋をしたままでも操作ができる機能です。

冬場ははめていた手袋を外してから操作しなければならず、大変不便です。

DIGNO Wは本体の画面に手袋でのタッチを読み取る機能があるため、いちいち外す必要がありません。

また、水に濡れた手でも操作できるので、家事をしながら操作する場合や、雨の日に屋外で操作する場合にも問題なく作動します。

 

DIGNO Wのスペック

 

発売日

 

DIGNO WのUQモバイルでの発売日は2017年3月3日です。

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171020162202p:plain

 

DIGNO Wは「ブルー」「ホワイト」「ピンク」の3色です。

 

主な機能

 

DIGNO Wは国内メーカーの「京セラ」が生産しています。

そのため、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信、防水・防塵といった日本でおなじみの機能が搭載されています。

防水・防塵機能がついているのは大変安心です。

個人的にはおサイフケータイが搭載されているのが嬉しいですね。

また、DIGNO Vに搭載されていないワンセグも搭載されています。

 

機能 有無
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ
指紋認証 ×

スペック詳細

 

DIGNO WはCPUやカメラの性能は他に比べあまり高くありません。

どちらかといえば「はじめてスマホを使う方」「電話・メールが中心であまりスマホを使わない方」にオススメの機種です。

性能が高く無いかわりに、非常安い料金で使用することができます。

 

本体スペック
サイズ(mm) W71× L142× D10.4
重さ 約159g
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1,280 × 720
バッテリー容量 3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
1,300分
連続待受時間
(LTE)
780時間
OS Android 7.0
CPU Snapdragon430
(オクタコア)
1.4GHZ+1.1GHz
メモリ(ROM) 16GB
メモリ(RAM) 2GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大200GB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

  

DIGNO Wの価格・料金

 

おしゃべりプラン・ぴったりプランでDIGNO Wを2年間使用した場合の料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

  プランS プランM プランL
購入時料金 ¥3,240
月額
料金
1年目 ¥2,678 ¥3,218 ¥5,378
2年目 ¥3,758 ¥4,298 ¥6,458
2年総支払額 ¥80,580 ¥93,540 ¥145,380

 

<端末代金一括払い>

  プランS プランM プランL
購入時料金 ¥40,932
月額
料金
1年目 ¥1,112 ¥1,652 ¥3,812
2年目 ¥2,192 ¥2,732 ¥4,892
2年総支払額 ¥80,580 ¥93,540 ¥145,380

 

 

DIGNO Vとの違い

 

f:id:SCANTY:20171020165122p:plain

 

UQモバイルではDIGNO Vという機種も発売されています。

DIGNO VもDIGNO Wも京セラが製作したスマホで、正直あまり差はありません。

 

両者の差異は以下の4点です。

個人的には、バッテリーの持ちが良いDIGNO Wの方がオススメです。

 

1. バッテリー

 

DIGNO Wのバッテリーは3,000mAhに対し、DIGNO Vは2,600mAhです。

電池の持ち具合もDIGNO Wのほうが若干良いようです。

 

2. ワンセグ

 

DIGNO Wにはワンセグが搭載されていますが、DIGNO Vにはありません。

ワンセグを使う方はDIGNO Wのほうが良いですね。

 

3. 料金

 

プランSを選択する場合にのみ差異が発生します。

DIGNO WのプランSは2年合計80,580円、DIGNO VのプランSは2年合計67,620円です。

なぜかプランSの場合のみ、DIGNO Wの端末代金が13,000円ほど高くなってしまいます。

プランM・Lに契約する場合はどちらも金額は同じです。

 

4. カラーバリエーション

 

DIGNO Wは「ブルー」「ホワイト」「ピンク」というカラフルな3色です。

一方DIGNO Vはどちらかと言うとシックな「ホワイト」「ネイビー」の2色です。

端末の色に好みがある場合はこちらも選択のポイントになるかもしれません。

 

関連記事UQモバイル「DIGNO V」を解説! キャッシュバックが貰える!

 

 

DIGNO Wの申込みはこちら!

 

以上、UQモバイルで発売された「DIGNO W」のスペック・価格・レビューの解説でした!

UQモバイルではDIGNO Vが発売中です。また、新たにDIGNO Aが発売になりました。

 

DIGNO AとDIGNO Vの比較もしていますので、新機種をお探しの方は「UQモバイル「DIGNO A」を解説!安心の国産スマホが低価格で発売予定」も参考にしてください。

 

DIGNO Wは「公式サイト」で購入できます。

 

<関連記事>