ワイモバイルのSIM契約で最大1.44万円割引中

ワイモバイルでiPhone7がついに発売!価格・発売日やお得ワザも解説

 

 

事前の予想通り、ワイモバイルでとうとうiPhone7が発売になりました。

本記事では、ワイモバイルで発売されたiPhone7について詳しく解説します。

 

今でも十分な性能を誇り人気のiPhone7が、ワイモバイルなら格安で使えます。

テザリングやキャリアメールも使えるなど、ワイモバイル独自のメリットもあり、個人的にも大変おすすめです。

 

ワイモバイルで手持ちのiPhone7を使う手順は「ワイモバイルでiPhone7を使う全手順」に詳しくまとめています。

 

▼iPhone7購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル版iPhone7の発売詳細

iPhone7の発売日

 

ワイモバイルにおけるiPhone7の発売日は2018年12月20日です。

iPhone7は「ワイモバイル公式サイト 」またはワイモバイルの店頭で購入できます。

 

ストレージ容量

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7のストレージ容量は32GB・128GBの2種類です。

 

本体カラー・色

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7の本体カラーは「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」の4色です。

 

 

iPhone7はSIMロック済み

 

ワイモバイルで販売するiPhone7にはSIMロックがかかっています

そのため、ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMキャリアで使う場合にはSIMロック解除が必要です。

 

ソフトバンクや、ソフトバンク回線を使ったMVNOで使う場合にもSIMロック解除が必要になりますので注意してください。

 

iPhone7のSIMロック解除条件

 

ワイモバイルで購入したiPhone7のSIMロックを解除するためには、購入日から101日経過する必要があります。

 

ただし、契約している回線で以前にSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日以上経過している場合には即時でSIMロック解除が可能です。

詳細はこちらSIMロック解除の条件 | ワイモバイル

 

iPhone7でテザリング可

 

ワイモバイルで購入したiPhone7はテザリングが可能です。

以前は一部の格安SIM・MVNOはiPhone7でテザリングが出来ない場合がありましたが、ワイモバイルならiPhone7でテザリング可能です。

 

テザリングに料金はかかりませんし、申し込みなども不要です。

 

ワイモバイルならAPN設定不要

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7は、SIMカードが挿入され、APN設定された状態で送られてきます。

よって、端末が届いたら電源を入れて初期設定すればすぐにデータ通信が出来ます。

 

iPhone7Plusは発売なし

 

今回、ワイモバイルでiPhone7 Plusは発売されません。

発売されるのはiPhone7のみです。

 

▼iPhone7購入・詳細はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル版iPhone7の価格・料金

 

iPhone7の端末価格

 

ワイモバイルで発売されるiPhone7の端末価格は以下の通りです。

  • 32GB端末:73,116円(税抜67,700円)
  • 128GB端末:86,076円(税抜79,700円)

 

ただし、購入時には割引が適用されるため、更に安く購入できます。

 

割引適用後の実質負担額

 

ワイモバイルでiPhone7を購入すると「月額割引」が適用され、月額料金が2年間毎月割引になります。

よって、端末代金は実質的にかなり安くなります。

 

月額割引を適用した後の端末代金の実質負担額は以下の通りです。

 

<iPhone7の実質負担額>

プラン月額割引実質負担額
32GB
S¥1,080¥47,196
M・L¥1,620¥34,236
128GB
S¥1,080¥60,156
M・L¥1,620¥47,196

 

▼iPhone7購入・詳細はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバ学割実施中

 

 

ワイモバイルでは現在「ワイモバ学割」という学割キャンペーンを実施しています。

 

ワイモバ学割は、18歳以下の方がワイモバイルに新規で申し込むと月額基本料が1年間(13ヶ月間)1,000円割引になるキャンペーンです。

さらに、ワイモバ学割は学生の家族も新規契約で1年間1,000円割引になるので大変お得です。

 

  • 18歳以下は基本料1年間1,000円割引
  • 新規契約した家族も1年間1,000円割引

 

もちろんワイモバイルでiPhone7を購入してもワイモバ学割の対象です。

ワイモバ学割はめちゃくちゃお得なので、対象者は必ず利用してください。

 

ワイモバ学割の条件や申し込み手順・必要書類は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼学割でiPhone7購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

アップルストアのiPhone7とどちらがお得?

 

iPhone7は、ワイモバイルで購入する方法と、アップルストアで購入してワイモバイルのSIMカードを挿す方法の2種類があります。

ここでは、どちらがお得か料金を比較します。

 

ワイモバイルの2年総支払額

 

まずはワイモバイルでiPhone7を購入した場合の月額料金・2年総支払額を計算しました。

 

<iPhone7(32GB)>

プランSML
端末代金¥73,116
契約手数料¥3,240
月額
料金
1年目¥1,058¥1,598¥3,758
2年目¥2,138¥2,678¥4,838
2年総額¥114,708¥127,668¥179,508

 

<iPhone7(128GB)>

プランSML
端末代金¥86,076
契約手数料¥3,240
月額
料金
1年目¥1,058¥1,598¥3,758
2年目¥2,138¥2,678¥4,838
2年総額¥127,668¥140,628¥192,468

 

AppleStoreで購入時の総支払額

 

続いて、iPhone7をアップルストアで購入し、ワイモバイルでSIMカードのみを契約して使用した場合の2年総支払額を計算しました。

ワイモバイルでSIMカードのみを契約すると最大14,400円の月額料金割引が適用されます。

 

 

<iPhone7(32GB)>

プランSML
端末代金¥54,864
契約手数料¥3,240
割引¥9,600¥14,400
月額
料金
1年目¥2,138¥3,218¥5,378
2年目¥3,218¥4,298¥6,458
2年総額¥112,776¥133,896¥185,736

 

<iPhone7(128GB)>

プランSML
端末代金¥66,744
契約手数料¥3,240
割引¥9,600¥14,400
月額
料金
1年目¥2,138¥3,218¥5,378
2年目¥3,218¥4,298¥6,458
2年総額¥124,656¥145,776¥197,616

 

結論:AppleStoreがわずかに安い

 

結論から言うと、ワイモバイルでiPhone7を購入するより、アップルストアで購入したSIMフリーのiPhone7にワイモバイルのSIMカードを挿して使うほうがわずかに安いです。

 

ただし、アップルストアで購入したほうが手間は増えます。

端末とSIMを別々に購入しなければなりませんし、SIMカードの挿入やAPN設定も必要になります。

個人的には、これくらいの金額差ならワイモバイルで購入したほうが楽だと思いますね。

 

▼iPhone7購入・詳細はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

ただし、アップルストアでiPhone7を購入すると、SIMロック解除が不要というメリットもあります。

手間は増えますが、iPhoneの設定やワイモバイルの契約に詳しい方はこちらを選んでもよいでしょう。

 

▼YmobileのSIM契約はこちら▼

 

ワイモバイルでiPhone7を使うメリット

 

 

iPhone7はまだドコモ・au・ソフトバンクでも購入できますし(在庫は少ないです)、iPhone7のSIMフリー端末を購入して他の格安SIMで使う方法もあります。

また、ワイモバイルと同タイミングでUQモバイル・BIGLOBEモバイルでもiPhone7が発売になりました。

 

しかし、ワイモバイルでiPhone7を使えば、さまざまなメリットがあります。

 

iPhone7でテザリング無料

 

ワイモバイルなら、iPhone7でも無料でテザリングができます

 

ドコモ・au・ソフトバンクでiPhone7を使う場合、テザリングは有料オプション扱いです。(キャンペーンで無料の場合もあります)

しかし、ワイモバイルでiPhone7を使えばテザリングは無料です。

データ容量内なら使い放題ですし、ワイモバイルの速度は高速なのでPCなどで作業しても快適です。

 

ソフトバンクWiFiが無料で使える

 

ワイモバイルでiPhone7を使えば、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えます。

ソフトバンクWiFiスポットは設置されている場所が多く、速度も快適なので私もよく利用しています。

 

外出先で無料のWiFiを利用すれば、モバイルデータ通信の容量消費を節約できます。

 

キャリアメールが無料で使える

 

ワイモバイルでiPhone7を使えば、キャリアメールが無料で使えます。

キャリアメールとは、「~@docomo.ne.jp」といったキャリア独自のメールサービスで、ワイモバイルでも「~@ymobile.ne.jp」のアドレスが使えます。

 

ちなみにライバルのUQモバイルのキャリアメールは月額200円の有料サービスですが、ワイモバイルは料金がかかりません

 

キャリアメールがないと使えないWEBサービスもありますので、利用している方には非常に大きなメリットです。

 

ワイモバイルなら留守電が無料

 

ワイモバイルでiPhone7を使う場合、留守電は無料です。

こちらもライバルのUQモバイルは月額380円の有料サービスですが、ワイモバイルの留守電は料金がかかりません。

 

▼公式サイトで詳細を確認する▼

ワイモバイル公式サイト

 

iPhone7のスペック・仕様

 

スペック一覧表

 

iPhone7のスペックは以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H153× W72× D7.9
重さ約158g
画面サイズ6.1インチ
解像度3,120 x 1,440
(QHD+)
バッテリー容量1,960mAh
CPUA10
メモリ(ROM)32GB・128GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリ
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
700万画素
防水・防塵IP67
端子Lightning

 

十分なCPU性能

 

iPhone7のCPUチップはA10、メモリー(RAM)は公表されていませんが、2GBである事がわかっています。

 

メモリーRAMが2GBと聞くと非常に低スペックに見えますが、iPhone7のAntutuベンチマークは17万を超え、非常に高性能です。

一部超高負荷の3Dゲームを除けば、ゲームをされる方にも十分な性能です。

処理はサクサク快適で、普段使いにはもったいないくらいの性能ですので安心してください。

 

防水・防塵対応

 

iPhone7は防水・防塵に対応しています。

日本ではおなじみの機能ですが、iPhoneで防水・防塵に対応したのはこのiPhone7が最初です。

 

水濡れ・水没に強く、日常生活でも安心して使用できます。

 

画面サイズは4.7インチ

 

iPhone7の画面サイズは4.7インチです。

6インチを超える大型画面がトレンドの最近のスマホの中ではコンパクトなサイズですね。

 

ただ、片手で握って操作できるコンパクトサイズの端末は今でも人気で、女性にも嬉しいサイズです。

 

Felica対応

 

iPhone7はFelica(フェリカ)に対応しています。

おサイフケータイのように、事前にクレジットカードを登録しておけば端末を機器にかざすだけで支払いが出来ます。

 

特にSuicaに対応しており、スマホで電車に乗れたりコンビニで買い物できるのが非常に便利です。

 

ホームボタンで指紋認証

 

iPhone7にはホームボタンがあります。

最新のiPhoneではホームボタンが廃止されましたが、なかなか慣れないという声も多いですね。

 

iPhone7のホームボタンは指紋認証センサー(Touch ID)になっており、ワンタッチでロックが解除できます。

 

イヤホンジャックはなし

 

iPhone7では3.5mmイヤホンジャックは廃止されました。

いまでも有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続したいという声は根強く、この点は少々残念です。

 

Bluetoothを介して無線で聞くか、ライトニングケーブルからイヤホンジャックに変換するケーブルなどを使用しましょう。

 

▼iPhone7を購入・詳細を確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

iPhone7に機種変更する

 

すでにワイモバイルに契約している方は、iPhone7に機種変更も可能です。

 

オンラインで機種変更する手順

 

オンラインサイトでiPhone7に機種変更する手順は大まかに以下の5つです。

 

  1. 公式サイトで機種変更手続き
  2. 審査
  3. iPhone7発送
  4. 商品受け取り・SIM挿入
  5. 回線開通・切り替え(自動

 

オンラインサイトで機種変更手続き後、iPhone7が当日・または翌日に発送されます。

商品が届いた翌日に元の機種から新しい機種への回線切り替えを自動でしてくれますので、新しい機種が使用できるのは商品到着の翌日からになります。

 

詳細は下記サイトをご覧ください。

詳細機種変更の商品が届いたら

 

▼オンラインで機種変更する▼

 

詳細記事ワイモバイルの機種変更手順全解説

 

オンラインでの機種変更受付時間

 

ワイモバイルオンラインストアなら24時間機種変更の手続きが可能です。

来店不要で待ち時間もありませんので、断然ワイモバイルオンラインストアでの機種変更がおすすめです。

 

▼オンラインで機種変更する▼

 

ワイモバイルの機種変更手数料

 

ワイモバイルで機種変更をする際にかかる手数料は税抜3,000円です。

これはオンラインサイトも店舗も共通です。

 

Ymobile店舗でも機種変更可

 

iPhone7への機種変更はワイモバイルオンラインサイトがおすすめですが、もちろん店舗でも機種変更することも可能です。

 

店舗での機種変更に必要なもの

 

ワイモバイル店舗で機種変更する際に必要なものは以下の通りです。

 

<必要なもの>

  • 本人確認書類
  • 手数料
  • 印鑑
  • 現在使用中の機種

以下の書類が本人確認書類として有効です。

 

<本人確認書類>

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
  • 健康保険証+補助書類

 

店舗での機種変更受付時間

 

店舗で機種変更する場合、機種変更は店舗営業中ならいつでも可能です。

 

ただし、機種変更手続きにはかなりの時間を要しますので、閉店間際に駆け込むとかなり遅くなってしまいます。
(場合によっては受け付けてもらえない場合もあります)

できるだけ時間に余裕を持って来店しましょう。

 

▼機種変更の詳細を調べる▼

 

詳細記事ワイモバイルの機種変更手順全解説

 

ワイモバイルで手持ちのiPhone7を使うには?

 

 

これまで解説したとおり、2018年12月20日よりワイモバイルでiPhone7が購入できるようになりました。

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone7を既にお持ちの方や、中古ショップなどで安いiPhone7を購入される方もおられると思います。

 

そんな方も安心です。

ワイモバイルではアップルストアで購入したiPhone7はもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone7も使えます

 

持ち込みのiPhone7を使う手順

 

ワイモバイルで今すぐiPhone7を使う手順は以下の3手順のみです。

  • iPhone7をSIMロック解除
    (SIMフリー端末は不要)
  • ワイモバイルのSIMカードを購入
  • APN設定

 

ワイモバイルでiPhone7を使う手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

ワイモバイル×iPhone7でお得なキャンペーン実施中

 

また、現在iPhone7に挿して使えるワイモバイルのSIMカードを契約すると、月額料金が毎月最大600円、合計で14,400円の割引になるキャンペーンが実施中です。

(ソフトバンクからの乗り換えは対象外)

 

 

もちろん、iPhone7用のSIMカードも対象ですので、ぜひお急ぎください!

 

ワイモバイルのiPhone7購入はこちら

 

以上、ワイモバイルで発売のiPhone7の解説でした。

人気のiPhone7がワイモバイルなら格安で使えます。

今でも十分すぎる性能を誇り、どなたにもおすすめできる端末です。

 

iPhone7の購入は「ワイモバイル公式サイト 」がおすすめです。

購入はこちらからどうぞ!

 

▼iPhone7購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

 

ワイモバイル トップへ