スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

ワイモバイル「iPhone 6S」を詳しく解説!2018年に大幅値下げ!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

ワイモバイルでは、格安スマホでは珍しくiPhone 6S・SEを購入できます。

今日はそのうちのひとつ「iPhone 6S」についてスペックや料金を詳しく解説します。

 

ワイモバイルのiPhone 6Sは2018年に入ってから値下げされ、さらにお得に使えるようになりました。

ワイモバイルはアイフォンを安く使える最良の方法ですので、ぜひワイモバイルを利用してください。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

 

iPhone 6Sの特徴・レビュー

 

オシャレな本体デザイン

f:id:SCANTY:20170928142653p:plain

アイフォンの素晴らしいところは、なんと言ってもそのデザインです。

iPhone 6Sは外装に美しいアルミを使っており、高級感が漂っています。

スマホを電話だけでなくファッションの一部に昇華させた、至極のデザインであるといえます。

 

iPhone 8とほぼ同じサイズ

 

私の友人は「iPhone 6Sは古いからかっこ悪いんじゃないか?」と言っていましたが、そんなことはありません。

なぜなら、iPhone 6SはiPhone 8とサイズがほぼ同じで、見分けがつきにくいからです。

下表のように、iPhone 8とiPhone 6Sはほぼ同サイズで、カバーをしてしまえばさらに見分けがつきにくくなります。

 

▼サイズ比較表▼

  iPhone 8 iPhone 6S
画面サイズ 4.7インチ 4.7インチ
67.3mm 67.1mm
長さ 138.4mm 138.3mm
厚み 7.3mm 7.1mm
重さ 148g 143g

 

片手で操作できる絶妙な4.7インチ画面

 

iPhone 6Sのディスプレイは4.7インチです。

この4.7インチは片手でギリギリ操作できる絶妙なサイズで、男女問わず好評です。

以前はスマホサイズの大型化が進んでいましたが、最近はコンパクトサイズの画面が見直されたり、18:9の縦長画面が流行です。

 

このiPhone 6Sは発売から時期が経過していますが、4.7インチ画面はトレンド真っ只中のサイズで非常に使いやすいです。

 

本体の強度アップ

 

オシャレなデザインに注目されるiPhone 6Sですが、実は強度が非常に高いのも特徴です。

外装に使われている素材は、アルミ合金の中でも最も強度が高い「7000番台」のアルミだと言われています。

この7000番台のアルミは軽い割に大変強度に優れた素材です。航空機や電車の車両にも使われる素材とのこと。

 

実は一つ前の機種のiPhone6では「6000番台」のアルミを使っていました。すると、ポケットの中で割れてしまうなどの報告が相次いだのです。

iPhone6Sではその対策がなされ、さらに優れた強度のアルミが使われたものと思われます。

 

十分なCPU性能

 

f:id:SCANTY:20170928145446p:plain

 

iPhone 6Sには、A9というCPUが搭載されています。

iPhone 7にはA10、最新のiPhone 8にはA11が搭載されており、それらと比べると若干見劣りはするものの、正直ほとんどの人にとっては十分な性能です。

スマホをガツガツ使う方やゲームをされる方も、それほど不自由なく操作できると思います。

 

メインカメラの画素数はiPhone 8と同じ

 

iPhone 6Sのカメラの画素数は以下の通りです。

  • メインカメラ:1,200万画素
  • サブカメラ:500万画素 

画素数も一般の方が使うには本当に十分なレベルです。

 

最新のiPhone 8と比べても、自撮り用サブカメラは若干劣りますが、メインカメラの画素数は同等です。

 

  iPhone 8 iPhone 6S
メインカメラ 1,200万 1,200万
サブカメラ 700万 500万

 

また、(これは私の個人的な印象になりますが)アップル製品は同じ画素数のカメラをもつ他の機種よりも画質が綺麗に見えるように思います。

そういう意味でも、iPhone6Sのカメラ性能は申し分ないスペックと言ってよいでしょう。

 

指紋認証センサー「Touch ID」

 

今ではどのスマホにも搭載されるようになった指紋認証センサーですが、iPhone 6Sにも「Touch ID」という指紋認証センサーが搭載されています。

この「Touch ID」 は認証精度が非常によく、パスコードやパターンを入力することなく、一瞬でロックを解除することができます。

 

慣れると便利な「3D Touch」

 

iPhone 6Sには「3D Touch」という便利機能が搭載しています。

これは、ボタンを押す強さを本体が認識して、画面上の動作を変える仕組みです。

 

例えば、WEB上のHPアドレスを軽く押すと、そのWEBページのプレビューが出現します。さらに強く押すとサファリ(WEBブラウザ)が起動して、そのWEBページに遷移することができます。

 

他にも便利な使い方はたくさんあるのですが、慣れるまでは若干大変です。

ですが、使っているうちにどんどん慣れてきて、意識することなく自然に使えるようになりました。

 

バッテリーの持ちは少々不安

 

iPhone 6Sを実際に使っている方の不満をきくと、バッテリーの持ちに関するものが多いです。

バッテリー容量は非公表ですが、1,624mAhといわれています。省エネ性能に優れているとはいえ、3,000mAh~4,000mAhの端末が多い現在では、かなり容量が少ないですね。

駆動時間が短いため、こまめに充電したりモバイルバッテリーを持ち歩く方も多いようです。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

iPhone 6Sのスペック

  

基本スペック

 

  スペック
サイズ(mm) W67× H139× D7.1
重さ 約143g
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1,334 x 750
バッテリー容量 1,624mAh
OS iOS11
CPU A9チップ
M9コプロセッサ
メモリ(ROM) 32GB・128GB
メモリ(RAM) 2GB
対応外部メモリ -
通信速度(下り) -
有効画素数
(メインカメラ)
1200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20170928142653p:plain

 

端末の色は、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4種類です。

 

ワイモバイルの料金プラン

 

ワイモバイルには「スマホプラン」「スマホベーシックプラン」という2つの料金プランがあります。

おすすめは断然スマホプランです。

スマホプランには最低利用期間がありますが、3ヶ月以上契約する場合は違約金を含めてもスマホプランの方がお得になります。

 

スマホプランの月額料金 

 

ワイモバイルでほとんどの方が加入する「スマホプラン」は、データ通信量に応じて3つの中から選ぶ、非常にシンプルなものです。

下図をご覧ください。

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

料金プランは上の3つ

 

プランを選ぶ際のポイントは「月々のデータをどれだけ使うか」のみ。

さらに、常時「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」というのを実施しています。よって、契約から2年間はスマホプランS/M/Lはそれぞれ2GB・6GB・14GBまで使うことができます。

 

プラン データ 1年目 2年目
S 2GB ¥1,980 ¥2,980
M 6GB ¥2,980 ¥3,980
L 14GB ¥4,980 ¥5,980

※2倍が無料になるのは2年間だが、機種変更すればまた2年間データ容量は倍になります

 

データ量によって自分にあったプランを3つの中から選ぶだけです。料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

また、上記3プランの中なら、契約後のプラン変更も可能です。変更に手数料などもかかりません。

 

10分以内の国内通話無料

 

ワイモバイルは、スマホプラン(S/M/L)を契約していれば1回10分以内であれば国内通話は何度でも無料です。

yモバイル以外の他社への電話も無料です。また、よくある「21時以降は有料」といった制限もありません。

 

ただし、10分を超えると30秒につき20円の通話料がかかります。

また、国際電話やナビダイヤルなど、一部無料対象外の電話番号もありますので注意してください。

 

完全かけ放題オプションも

 

f:id:SCANTY:20180308045047p:plain

 

前章の説明の通り、スマホプランS/M/Lの契約者は、10分以内の国内通話は何度でも無料です。

しかし、それでは足りない方は完全かけ放題の通話オプション「スーパー誰とでも定額」も選択可能です。月額1,000円で、国内通話が完全無料になります。

電話を長時間される方や、お仕事でスマホを使う場合などはこちらの方がお得になります。

 

13ヶ月目以降は料金1,080円UP

 

ワイモバイルのスマホプランには、現在「ワンキュッパ割」という割引キャンペーンが適用されます。

これは、契約初月から12ヶ月間は月々の支払額が1,080円割引されるというものです。

※ワンキュッパ割なのに1,080円しか割引にならないってややこしいですよね

f:id:SCANTY:20170905114017p:plain

13ヶ月目以降はワンキュッパ割による1,080円の割引がなくなります。

よって、月々の支払額が1,080円高くなりますのでご注意ください。

 

最低利用期間2年・自動更新あり

 

ワイモバイルには、3大キャリアと同様に最低利用期間があります。

ワイモバイルの一番標準的なプランである「スマホプランS/M/L」の最低利用期間は2年です。いわゆる2年縛りですね。

 

契約更新期間は契約満了月の翌月と翌々月の2ヶ月間です。この間に契約解除をしないと、さらに2年契約が自動で更新されてしまいます

もし契約更新期間以外に契約を解除する場合は、9,500円+税の解除手数料がかかります。

 

スマホベーシックプランはおすすめしない

 

ワイモバイルには、これまで説明したスマホプランの他に「スマホベーシックプラン」もあります。

スマホベーシックプランは、最低利用期間(縛り期間)が無いかわりに、月額料金がスマホプランより高くなっています。

 

ベーシック
プラン
データ量 月額料金
S 2GB ¥5,480
M 6GB ¥6,480
L 14GB ¥8,480

 

スマホプランは最低利用期間が2年と長いため敬遠される方が多いのですが、間違いです。

S/M/Lのどのプランでも、契約から3ヶ月以上使えばスマホプランのほうが契約解除料を含めても安くなります

契約から2ヶ月以内に解約することが決まっている方はベーシックプランのほうが良いですが、通常はスマホプランにしましょう。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

iPhone 6Sの月額料金

 

iPhone 6S(32GB)

 

下記は、新規契約および他社からMNPで乗り換えた場合のスマホプランの料金です。

※料金は全て税込
※ソフトバンクからのMNPの場合は月の支払金額+540円

 

<端末代金分割払い>

    プランS プランM プランL
契約手数料   ¥3,240  
購入時頭金   ¥540  
月額
料金
1年目 ¥3,758 ¥4,298 ¥6,458
2年目 ¥4,838 ¥5,378 ¥7,538
2年総支払額 ¥106,932 ¥119,892 ¥171,732

 

<端末代金一括払い>

    プランS プランM プランL
契約手数料   ¥3,240  
購入時頭金   ¥70,524  
月額
料金
1年目 ¥842 ¥1,382 ¥3,542
2年目 ¥1,922 ¥2,462 ¥4,622
2年総支払額 ¥106,932 ¥119,892 ¥171,732

 

iPhone 6S(128GB)

 

下記は、新規契約および他社からMNPで乗り換えた場合のスマホプランの料金です。 

※料金は全て税込
※ソフトバンクからのMNPの場合は月の支払金額+540円

 

<端末代金分割払い>

    プランS プランM プランL
契約手数料   ¥3,240  
購入時頭金   ¥540  
月額
料金
1年目 ¥4,298 ¥4,838 ¥6,998
2年目 ¥5,378 ¥5,918 ¥8,078
2年総支払額 ¥119,892 ¥132,852 ¥184,692

 

<端末代金一括払い>

    プランS プランM プランL
契約手数料   ¥3,240  
購入時頭金   ¥83,484  
月額
料金
1年目 ¥842 ¥1,382 ¥3,542
2年目 ¥1,922 ¥2,462 ¥4,622
2年総支払額 ¥119,892 ¥132,852 ¥184,692

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

iPhone 6SとiPhone SEの比較:違いは3つ

 

iPhone 6S発売後、ワイモバイルではiPhone 6SとiPhone SEの2種類が購入できることになりました。

では、どちらを買えばよいでしょうか。検討すべきポイントは大きく以下の3点です。

 

画面サイズ

 

iPhone 6SとSEの最大の違いはなんといっても画面サイズです。

iPhone6Sは4.7インチに対し、iPhoneSEは4インチとコンパクトです。

 

4.7インチは標準~小さめサイズなのに比べ、4インチのiPhone SEはかなりコンパクトですが、人気が高いです。

 

端末代金

 

iPhone 6Sは端末代金がiPhone SEより高く設定されています。

iPhone 6Sの料金と比較すると、iPhone SEの方が12,000円ほど安いです。

 

カメラ性能

 

性能に大きな差はありませんが、しいて言うならカメラ性能でしょうか。

メインカメラは変わらないものの、サブカメラの性能が若干異なります。

  • iPhone 6S:サブ500万画素
  • iPhone SE:サブ120万画素

特に自撮りをよくされる方は考慮したほうが良いかもしれません。

 

以上3点を考慮し、iPhone 6SかiPhone SEを選択してください。

詳細:ワイモバイル「iPhoneSE」のスペック・料金を解説!【2018年最新版】

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

UQモバイルとどちらがお得?

 

ワイモバイルのライバル「UQモバイル」でもiPhone 6Sを取り扱っています。

では、どちらで契約するのがお得でしょうか?

料金とその他条件を比較してみます。

 

料金はほぼ同じ

 

iPhone6S(32GB)を端末一括払いで契約する場合で、ワイモバイルとUQモバイルの料金を比較してみました。

結果、ワイモバイルとUQモバイルの料金はほぼ同じです。

ライバル同士ですので、価格も同じになっているのでしょう。

 

<ワイモバイル>

    プランS プランM プランL
契約手数料   ¥3,240  
購入時頭金   ¥70,524  
月額
料金
1年目 ¥842 ¥1,382 ¥3,542
2年目 ¥1,922 ¥2,462 ¥4,622
2年総支払額 ¥106,932 ¥119,892 ¥171,732

 

<UQモバイル>

  プランS プランM プランL
購入時料金   ¥62,964  
月額
料金
1年目 ¥1,274 ¥1,814 ¥3,974
2年目 ¥2,354 ¥2,894 ¥5,054
2年総支払額 ¥106,500 ¥119,460 ¥171,300

 

料金以外の違いは4つ

 

料金以外で、ワイモバイルとUQモバイルの違いは主に以下の4点です。

  1. 無料通話パターンの違い
  2. データ繰り越しの有無
  3. ネットとのセット割の有無
  4. キャリア決済の可否

 

私はキャリア決済がどうしても必要だったのと、家のネットも柔軟に変更できたことから、ワイモバイルにしました。

ただ、データ繰り越しがあるのはUQモバイルの大きな魅力ですね。

 

1. 無料通話パターンの違い

 

ワイモバイルとUQモバイルは、S/M/Lの3つのプランとそれぞれのデータ容量は同じです。

違いは、各プランに付随する無料通話の形態です。

 

ワイモバイルは、どのデータ容量プランでも10分以内の国内通話が何度でも無料になります。

一方、UQモバイルは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」から選ぶ形式になっています。

おしゃべりプランは、データ容量にかかわらず5分以内の国内通話が何度でも無料になります。一方、ぴったりプランはプランS/M/Lに応じて無料通話が付与される形になっています。

契約者は好きなほうを選ぶことができ、また月ごとに変更することも可能です。

 

 
ワイモバイル
UQモバイル
データ量 おしゃべり
プラン
ぴったり
プラン
プランS
10分以内の国内通話何度でも無料
5分以内の国内通話何度でも無料
30分の無料通話
プランM 60分の無料通話
プランL 120分の無料通話

 

ワイモバイルは1回あたりの通話時間が10分と、UQモバイルの5分に比べて長いのですが、ぴったりプランのような無料通話時間が付与されるパターンは選ぶことができません。

 

2. データ繰り越しの有無

 

UQモバイルは、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

一方、ワイモバイルに繰り越しのサービスはありません。ここは非常に大きな違いですね。

 

  ワイモバイル UQモバイル
データ繰り越し ×

 

3. ネットとのセット割の有無

 

ワイモバイルは、家のネットをソフトバンク光にすれば、スマホ料金が毎月最大1,000円割引になります。

割引は1回線ごとに適用されるので、家族3人でワイモバイルを契約していれば最大3,000円/月の割引になります。(次章で詳しく解説します)

 

一方、UQモバイルには家のネットとのセット割りはありません。

auのセット割「auスマートバリュー」もUQモバイルには適用されません。

 

  ワイモバイル UQモバイル
ネットとの
セット割
×

 

4. キャリア決済の可否

 

キャリア決済とは、スマホ料金と一緒にスマホゲームの料金や各種代金を支払うことができるシステムです。

このサービスはドコモ・au・ソフトバンクが提供するサービスなのですが、ワイモバイルは格安スマホで唯一キャリア決済が使えます。

キャリア決済が必要な方はワイモバイルにしましょう。

一方、UQモバイルにはキャリア決済のサービスはありません。

 

  ワイモバイル UQモバイル
キャリア決済 ×

 

▼UQの詳細はこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

月額料金をさらに安くする裏技

  

おうち割で月1,000円割引

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

ワイモバイルは、毎月のスマホ料金を安くする裏技があります。それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割(光セット)」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

  月割引額
プランS 500円
プランM 700円
プランL 1,000円

 

f:id:SCANTY:20180201173909p:plain

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。必ずソフトバンク光に申し込みましょう。

 

ネット申込みで2.8万進呈

 

さらに、ソフトバンク光を利用してお得になる裏技があります。

ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。ソフトバンク光の正規代理店のWEBサイトから申し込めば、申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

<用語解説>
正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

キャッシュバックは、新規申込か転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換
  新規 転用
キャッシュバック額 28,000円 13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

<正規代理店のメリット>

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック2.8万(転用1.3万)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

  

▼オプション不要のおすすめ代理店▼

f:id:SCANTY:20171202213344p:plain

 

▼オプション不要で2.8万還元▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

20170908222440

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

申込みは公式サイトが便利

 

以上、ワイモバイルのiPhone 6Sの紹介でした。

iPhoneは絶大な人気を誇っています。「絶対iPhoneがいいけど、毎月の料金は安く抑えたい」という方は、ワイモバイルで賢く・安くiPhone 6Sを利用してください!

 

iPhone 6Sの申込みは、手続き簡単、24H受付、送料無料、最短翌日発送の「ワイモバイル公式オンラインストア」がおすすめです!

こちらからどうぞ!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

<関連記事>