スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

ワイモバイルはデータの繰り越し不可。UQモバイルはできるのに…


みなさんこんにちは、ワイモバイルマスターのSCANTYです。

今日は、ワイモバイルのデータ繰り越しについて解説します。

タイトルにも書いたように、ワイモバイルには余ったデータを繰り越すサービスはありません。

どうしてもデータ繰り越しがしたい方は、「UQモバイル」も検討しましょう。

ただし、いくつかデメリットもあるので注意してください。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

 

料金プランのおさらい

 

まずはじめに、ワイモバイルの料金プランについておさらいしましょう。

ワイモバイルのスマホを契約される方はほぼ「スマホプラン」に契約します。

スマホプランにはS/M/Lの3種類があり、毎月使えるデータ容量と料金が異なります。

 

プラン データ 1年目 2年目
プランS 2GB ¥1,980 ¥2,980
プランM 6GB ¥2,980 ¥3,980
プランL 14GB ¥4,980 ¥5,980

 

※上記金額は契約翌月から1年間の料金です。2年目以降は+1,080円になります
※上記に端末代金(分割)が加わります
※データ容量は「容量2倍オプション無料キャンペーン」の適用後

 

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

 

通常、データ容量はそれぞれS:1GB、M:3GB、L:7GBです。

しかし、ワイモバイルでは常時「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」を実施してます。

そのため、データ容量は2年間無料で2倍になり、S:2GB、M:6GB、L:14GBまで使えます。

 

データ繰り越しサービスはない

 

さて、一部のスマホ会社には「データ繰り越し」のサービスがあります。

月々のデータ容量に対し、使わなかった分を翌月に持ち越すことができるサービスです。

 

しかし、ワイモバイルには残念ながら繰り越しサービスはありません。

余ったデータは無駄になってしまいますし、容量を超えたら速度制限がかかります。

速度制限を元に戻す場合は有料です。(500MBあたり540円)

 

無料で2倍になっているとはいえ、ちょっともったいないですね。

 

 

 

繰り越しが必要ならUQモバイル

f:id:SCANTY:20171112011009p:plain 

「ワイモバイルにしようかと思ったけど、繰り越しが無いのはちょっとな……」と思ったあなた!

 

ワイモバイルではなく、「UQモバイル」にしてはどうでしょうか。

UQモバイルは、ワイモバイルとほぼ同じ料金体系にも関わらず、データ繰り越しが可能なのです。

 

f:id:SCANTY:20171006002113p:plain

 

例えば、プランSを契約の場合、通常毎月2GB使用することができます。

当月に1GBしか使わなかった場合、翌月に余った1GBを繰り越すことが可能です。

そして、翌月は合計3GBまで使うことができます。

 

繰り越せる容量は、各プランの基本容量(2倍になる前の容量)のため、以下の通りとなります。

 

プラン データ
繰越上限
月最大
データ容量
プランS 2GB 4GB
プランM 6GB 12GB
プランL 14GB 28GB

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。

よって、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。

大変良心的ですね!

 

通信速度はワイモバイルと同等

  

UQモバイルはauの子会社が運営する格安スマホの会社です。

他社から回線を借りて運営している他の格安スマホの会社(MVNOの会社)と違い、自社(au)の回線を借りて使っています。

そのため、通信速度が他の格安スマホの会社より速いという調査結果が出ています。


そういえば、ワイモバイルもソフトバンクの子会社で、ソフトバンクの回線を使っていたためデータ通信速度が他の格安スマホよりも速いのでした。

 

では、ワイモバイルとUQモバイルはどちらが通信速度が速いのでしょうか?

こちらのサイト様で比較されているように、正直あまり変わりません。

他の結果を見ても、計測のタイミングや場所によってワイモバイルが速かったり、UQモバイルが速かったり…です。

ただし、他のMVNO(LINEモバイル、楽天モバイルなど)よりは安定して速いようですね。

 

料金プランもほぼ同じ

 

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランもほぼ同じです。

以下の料金表を見比べてください。

 

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

ワイモバイルの料金表

 

f:id:SCANTY:20171006001951p:plain

UQモバイルの料金表

 

ほぼ同じであることがわかります。

唯一の違いは、通話料金です。

ワイモバイルは10分以内の国内通話が全て無料です。

一方、UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2つから選べます。

  • おしゃべりプラン:5分以内の国内通話何度でも無料
  • ぴったりプラン:データ容量に応じて無料通話付与

 

<ワイモバイル>

  • 10分以内の国内通話が何度でも無料

<UQモバイル>

  • おしゃべりプラン・ぴったりプランから選択
  おしゃべり ぴったり
プランS 5分以内の 無料通話60分
プランM 国内通話 〃 120分
プランL 何度でも無料 〃 180分

 

節約モードでデータ消費ゼロ

 

f:id:SCANTY:20171205033153p:plain

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

他社のスマホで、通信制限されたときは大体128Kbpsなので、それよりも断然高速です。

ツイッターやFacebook、LINEであればストレスなく通信できるでしょう。また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

このサービス、ワイモバイルにはありません。

 

UQモバイルのデメリット

 

ここまで、「UQモバイルならデータ繰り越しができる」し、「通話プランが選べる」し、「その他はワイモバイルと同じ」なら、UQモバイルのほうがいいじゃないか!と思った方もおられるかもしれません。

しかし、UQモバイルにもいくつかデメリットがあります。

 

家のネットとのセット割引が無い

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

ワイモバイルには、「おうち割」という割引があります。

これは、ワイモバイルのスマホを使っている方が家のネットを「ソフトバンク光」にすると、スマホの料金が割引になるというものです。

 

割引は、スマホプランにより最大1,000円/月です。

しかも、割引は契約者全員に対して適用されます。

よって、家族3人がワイモバイルのスマホを契約していれば、毎月最大3,000円の割引になるのです。

※ワイモバイルユーザーでソフトバンク光を契約していない方は絶対に申込みましょう。かなりお得です。

 

▼ワイモバイルユーザーは必須▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

しかし、UQモバイルは「おうち割」のような割引サービスがありません。

ちなみに、auには「auスマートバリュー」というサービスがあります。

auのスマホユーザーが家のネットを「auひかり」にすると割引になるのですが、子会社であるUQモバイルにはありません。

 

ですので、「おうち割」を適用できる分だけ、ワイモバイルの月額料金の方が圧倒的に安くなります。

おうち割の詳細:家のネットをソフトバンク光に乗り換えてめちゃくちゃ得をした話

 

キャリア決済ができない

 

f:id:SCANTY:20171006214025p:plain

 

もうひとつ、UQモバイルのデメリットがあります。

それはワイモバイルの「ソフトバンクまとめて支払い」のような「キャリア決済」のサービスがないということです。

 

「キャリア決済」とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスです。

例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用します。

このような会費の支払いは「キャリア決済」のみに指定されている場合が多いのです。

どうしてもしたいゲームがあるや、どうしてもアーティストのファンクラブ(モバイル会員)に入りたい場合は、このサービスがないと困ってしまいます。

 

実は、このキャリア決済という機能はドコモ・au・ソフトバンクのみのサービスでした。

しかし、ワイモバイルがソフトバンクの子会社になったため、ワイモバイルでもキャリア決済が使えるようになったのです。

私がワイモバイルにしたのもこの「キャリア決済」の機能があったからに他なりません。

 

しかし、UQモバイルはauの子会社であるにも関わらず、auの「auかんたん決済」がないのです。

「なんのこっちゃ?」という人には不要な機能ですが、必要な人には大変重要な機能です。

キャリア決済ができないことで、UQモバイルを諦めざるを得ない方も多いと思います。

 

逆に、上記2つのデメリットをクリアできる方なら、データ繰り越しがあるUQモバイルのほうがお得かもしれません。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

UQモバイル申込みで1.3万円還元!

 

f:id:SCANTY:20171006214445p:plain

 

UQモバイルに契約しようと思われた方に、お得な情報があります。

下記の「UQモバイルストア」では、限定でキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

これは、UQモバイルの公式サイトや家電量販店では実施していません。紹介したこちらのサイトのみの特典です。

申し込んだプランごとにキャッシュバックの金額が変わります。

 

キャッシュバック額
プランS ¥10,000
プランM ¥11,000
プランL ¥13,000

 

キャッシュバックを貰う条件は、「下記WEBサイトから申し込むこと」だけ。

オプション加入などの条件は一切不要です。

 

ただし、iPhone6S・iPhoneSEや、ZenFoneなどの一部機種は対象外です。

UQモバイルに申し込みの際は、ぜひ下記サイトでキャッシュバックを貰うのを忘れずに!

  

▼キャッシュバックはココだけ▼

 UQモバイルストア

 

 

申込みはこちら!

 

以上、ワイモバイル・UQモバイルのデータ繰り越しについての解説でした!

UQモバイル・ワイモバイルはともに店舗もありますが、24時間受付・待ち時間なし・手続き簡単の公式サイトからの申込みが便利です。

ぜひご利用ください!

 

▼ワイモバイル申込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

▼UQモバイルはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

<関連記事>