スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

ワイモバイルとUQモバイルの比較!違いは4つ、おすすめはこれ!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、毎月のスマホ料金を大幅に節約できる格安スマホ「ワイモバイル」と「UQモバイル」を比較し、その違いについて解説します。

この2つのキャリアは大手キャリアのサブブランドとして、非常によく似たサービスを展開していると言われます。しかし、細かく比較すると大きな違いがありますでの、ぜひ参考にしてください。

 

▼ワイモバイル申込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

▼UQモバイル申込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

 

UQモバイルとワイモバイルの比較

 

早速、さまざまな視点からワイモバイルとUQモバイルを比較し、その違いを分析していきます。 

 

通信速度はどちらも同等に速い

  

格安スマホに契約する際、最も気になるのがデータ通信速度です。「格安スマホは遅い!」といわれることもあります。

しかし、ワイモバイルもUQモバイルも大手キャリアの「サブブランド」のため、他の格安スマホよりも通信速度は断然速いです。

 

では、どちらが速いかというと、こちらのサイト様で比較されているように、正直あまり変わりません。

他の結果を見ても、計測のタイミングや場所によってワイモバイルが速かったり、UQモバイルが速かったり…です。

ただし、他の格安スマホキャリアよりは安定して速いことは確かなようですね。

 

料金プランもほぼ同じ

 

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランもほぼ同じです。

以下の料金表を見比べてください。それぞれ最も人気のプランである、ワイモバイルの「スマホプラン」、UQモバイルの「おしゃべり・ぴったりプラン」を比較しました。

 

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

ワイモバイルの料金表

 

f:id:SCANTY:20171006001951p:plain

UQモバイルの料金表

 

ワイモバイルもUQモバイルも、料金プランは以下の点で同じです。

  • プランはS・M・Lの3種類
  • データ容量はそれぞれ2・6・14GB(2年間)
  • 月額料金は同じ
  • 最初の1年間は1,000円引なのも同じ
  • かけ放題または無料通話が料金に含まれる 

 

▼メインの料金プランは同じ▼

プラン データ 1年目 2年目
S 2GB ¥1,980 ¥2,980
M 6GB ¥2,980 ¥3,980
L 14GB ¥4,980 ¥5,980

 

10分かけ放題のワイモバイル、選べるUQモバイル

 

続いては通話料金の比較です。

どちらも基本料金に無料通話やかけ放題が含まれる点では同じです。

しかし、ワイモバイルは10分以内の国内通話が全て無料です。

一方、UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2つから選べます。

  • おしゃべりプラン:5分以内の国内通話何度でも無料
  • ぴったりプラン:データ容量に応じて無料通話付与

 

<ワイモバイル>

  • 10分以内の国内通話が何度でも無料

f:id:SCANTY:20171009031526p:plain

 

<UQモバイル>

  • おしゃべりプラン・ぴったりプランから選択
  おしゃべり ぴったり
プランS 5分以内の 無料通話60分
プランM 国内通話 〃 120分
プランL 何度でも無料 〃 180分

 

f:id:SCANTY:20171006002136p:plain 

どちらも学割実施中、内容は同じ

 

f:id:SCANTY:20180220094532p:plain
f:id:SCANTY:20180220094236p:plain

 

ワイモバイルもUQモバイルも、18歳以下の方がスマホを使う場合にお得になる学割キャンペーンを実施しています。

ワイモバイルは「タダ学割」、UQモバイルは「UQゼロ学割」という名前です。

学割の特典内容は2つで、ワイモバイルもUQモバイルも全く同じです。

実施期間もどちらも同じ、2018年5月31日までです。

 

<学割の特典内容>

  • 最大3ヶ月基本料金無料
  • 次回機種変更までデータ容量2倍

 

UQはデータ繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20171006002113p:plain

 

ワイモバイルとUQモバイルの大きな違いのひとつは、データ繰り越しの有無です。

UQモバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスがあります。

繰り越せる容量は、各プランの基本容量(2倍になる前の容量)のため、以下の通りとなります。

 

プラン データ
繰越上限
月最大
データ容量
プランS 2GB 4GB
プランM 6GB 12GB
プランL 14GB 28GB

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。そのため、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。大変良心的ですね!

 

一方、ワイモバイルには繰り越しサービスはありません。今やどの格安スマホも余ったデータを繰り越せますが、ワイモバイルだけ繰り越しがないのは非常に残念です。

 

UQは低速通信に切替可能

 

f:id:SCANTY:20171205033153p:plain

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して高速通信で快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

他社のスマホで、通信制限されたときは大体128Kbpsなので、それよりも断然高速です。

ツイッターやFacebook、LINEであればストレスなく通信できるでしょう。また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

この通信速度の切替機能は、ワイモバイルにはありません。この機能もほとんどの格安スマホキャリアが実装しているので、無いのは残念です。

 

どちらも無料でWi-Fiが使える

 

ワイモバイルもUQモバイルも、街中の公衆無線LAN(Wi-Fi)を無料で使用できる特典があります。

ワイモバイルは「ソフトバンクWi-Fiスポット」「BBモバイルポイント」の2つを使うことができます。

f:id:SCANTY:20180220085430p:plain
f:id:SCANTY:20180220085439p:plain
ワイモバイルで使える無料Wi-Fi

一方、UQモバイルも全国にある「Wi2 300」というWi-Fiスポットが無料で使えます。

f:id:SCANTY:20180220085542p:plain

UQモバイルで使えるWi-Fi

どちらも高速のデータ通信を無料で使えるのが嬉しいですね。

 

キャリア決済はワイモバイルのみ

 

f:id:SCANTY:20171009012221p:plain
 

キャリア決済の有無でも違いがあります。

ワイモバイルはキャリア決済のひとつである「ソフトバンクまとめて支払い」が使えます。

ドコモ・au・ソフトバンク以外でキャリア決済が使えるのはワイモバイルだけです。

 

<用語解説>
「キャリア決済」とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスのこと。例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用する。このような料金には、キャリア決済でしか支払いができないものがある。

 

どうしてもしたいゲームがあるや、どうしてもアーティストのファンクラブ(モバイル会員)に入りたい場合は、このサービスがないと困ってしまいます。

「なんのこっちゃ?」という人には不要な機能ですが、必要な人には大変重要な機能です。私もこのキャリア決済機能があったからこそ、ワイモバイルを選択しました。

 

一方、UQモバイルはauのサブブランドですが、キャリア決済はできません。

  

どちらもiPhone6S・SEが買える

 

f:id:SCANTY:20170929171801p:plain
f:id:SCANTY:20170929171813p:plain
iPhone6S(左)とSE(右)

 

スマホを選ぶ際、「端末は絶対にiPhoneがいい!」という方も多いと思います。

ワイモバイルとUQモバイルでは、ともにiPhone6SとiPhoneSEを取り扱っています。

料金もほぼ同じですので、ここは同じと言ってよいでしょう。

 

最新のiPhone 8・iPhone Xも使える

 

ワイモバイルやUQモバイルではiPhone6S・iPhoneSEが購入できますが、iPhone7・iPhone8・iPhone Xも使うことができます。

この点では同じです。

 

ただしその際(少し細かい話になりますが)、UQモバイルのSIMをiPhoneに挿して使う場合、テザリングができません。

テザリングとは、スマホをPCやゲーム機に接続することで、PCやゲーム機でデータ通信をできるようにすることです。

ワイモバイルはテザリング可能ですが、UQモバイルではできませんので、最新のiPhoneにSIMカードを挿してテザリングしようと思っている方は、ワイモバイルにしましょう。

 

<詳細>

 

ワイモバイルは光回線とのセット割がある

 

ドコモ・au・ソフトバンクは、光回線にセットで加入するとスマホ料金が割引になるサービスがありますが、ワイモバイルにも光回線とのセット割引である「おうち割」が適用可能です。

「おうち割(光セット)」とは、ワイモバイルのスマホを契約している方が家のネット回線を「ソフトバンク光」にすると、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になるというものです。

 

プラン 月の割引額
プランS ¥500
プランM ¥700
プランL ¥1,000

 

f:id:SCANTY:20170913185746p:plain

 

この割引は契約者1人あたりの割引額です。ご家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

私も早速申込み、「おうち割」を適用しています。

ワイモバイルユーザーならこの「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

詳細:私がワイモバイル・ソフトバンク光で年12.6万円節約した裏技まとめ

 

しかし、UQモバイルには光回線とのセット割はありません。親会社であるauには「auスマートバリュー」というセット割があるのですが、UQモバイルは対象外です。

光回線とのセット割はスマホ料金を更に安くできるので、UQモバイルに無いのは残念です。

 

どちらも口座振替による支払可能

 

ワイモバイルもUQモバイルも、どちらも口座振替による支払いが可能です。

格安スマホでは支払い方法がクレジットカードのみのキャリアも多いのですが、ワイモバイルとUQモバイルは口座振替可能です。

 

どちらも契約による割引・特典あり

 

ワイモバイルにもUQモバイルにも、契約することでキャッシュバックが貰える裏技があります。

ワイモバイルは、「ワイモバイル公式オンラインストア」でSIMカードのみを契約すると、月額料金が最大14,400円割引になります。

手持ちのスマホにワイモバイルのSIMカードを挿して使う場合に、非常にお得になります。最新のiPhone 8・iPhone Xに挿して使う方も多いようですね。

 

▼SIM契約で最大1.44万円割引▼

f:id:SCANTY:20180330184526p:plain

 

UQモバイルは公式サイトでSIMカードのみを契約すると、3,000円の商品券が貰えます。金額は低いですが、こちらもお得に契約することができます。

 

f:id:SCANTY:20180219103139p:plain

 

また、UQモバイルの正規代理店「UQモバイルストア」で対象の端末を購入すると、最大13,000円のキャッシュバックが貰える裏技もあります。

ワイモバイルはSIMの契約のみでしたが、UQモバイルは端末とセットでもキャッシュバックがもらえるのがメリットです。

 

キャッシュバック額
プランS ¥10,000
プランM ¥11,000
プランL ¥13,000

 

▼キャッシュバックが貰える正規代理店▼

 UQモバイルストア

 

f:id:SCANTY:20180220090804p:plain

 

比較結果まとめ

 

これまでの比較結果をまとめると、以下の表のようになりました。

 

  ワイモバイル UQモバイル
通信速度 速い 速い
料金プラン メインのプランは同じ
無料通話 10分かけ放題 ・5分かけ放題
・無料通話付与
学割 内容・期間は同じ
データ繰越し ×
通信速度切替 ×
無料Wi-Fi
キャリア決済 ×
iPhone販売 6S・SE 6S・SE
光回線セット割 ×
口座振替
割引・特典
(最大)
SIM:1.44万円 SIM:3千円
端末:1.3万円

 

特に注目すべきポイントは以下の4つです。

  • データ繰り越しの可否
  • 通信速度切替の可否
  • キャリア決済の可否
  • 光回線とのセット割の有無

 

結局どちらがおすすめ?

 

いろいろな視点からワイモバイルとUQモバイルを比較してきましたが、「結局どちらがおすすめなの?」という方は、以下の基準で選んでください。

 

ワイモバイルがおすすめな方

  • キャリア決済が必要
  • 家のネット(光回線)をソフトバンク光にできる

まず、キャリア決済はワイモバイルにしかありませんので、キャリア決済が必要な方は問答無用でワイモバイルです。(私もそうでした)

また、家のネットをソフトバンク光(またはソフトバンクエアー)にできる方は、スマホ料金が割引になりますので、絶対にワイモバイルにすべきです。

また、SIMカードのみの契約の場合は14,400円の月額料金割引が受けられるのも嬉しいですね!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

UQモバイルがおすすめな方

  • キャリア決済が不要
  • 家のネットをソフトバンク光にできない

UQモバイルがおすすめな方は、ワイモバイルの裏返しになります。キャリア決済が不要で、かつ家のネットをソフトバンク光にできない方は、UQモバイルにしましょう。

データ繰り越しができますし、データ通信速度の切替機能もあります。

また、「UQモバイルストア」の申込みなら端末とセットで最大13,000円のキャッシュバックがもらえるもの大きいです。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

私がワイモバイルを選んだ理由

 

私はワイモバイルとUQモバイルで悩んだ結果、ワイモバイルを選びました。

その理由は以下の2つです。

  • キャリア決済が必要だった
  • 1人暮らしだったので、家のネットをソフトバンク光にできた

キャリア決済が必要だった(正確に言うと無くても何とかなったが、あると非常に便利だった)ので、ワイモバイルにしました。

 

また、1人暮らしでいろいろと融通が利き、家のネット回線も自由に決められたので、ソフトバンク光にして毎月700円の割引を受けています。もともと安いスマホ料金が更に安くなるので、この「おうち割」は非常にありがたいです。

 

ただし、データの繰り越しがないのは非常に残念ですね。ほとんどの格安スマホで実装されているので、ワイモバイルも早期の実装を願っています。

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、ワイモバイルとUQモバイルの比較でした。

ワイモバイルとUQモバイルは毎月のスマホ料金を大幅に節約できるうえに、他の格安スマホより通信速度が安定して速いため、非常におすすめのスマホキャリアです。

上記の比較結果をもとに、ご自分にぴったりのスマホキャリアを選択してください!

 

ワイモバイルもUQモバイルも実店舗がありますが、申込みは24時間受付・待ち時間無し・手続き簡単の公式サイトが便利です。ぜひご利用ください!

 

▼ワイモバイルはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

▼ワイモバイルならセット割も必須▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

▼UQモバイルはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

▼端末セットなら1.3万円貰える▼

 UQモバイルストア