スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

マイネオでiPhone 6S・iPhone SEが使える!手順・料金を解説!【mineo】

 

こんにちは、SCANTYです。

今日は、格安スマホのmineo(マイネオ)で、iPhone 6S・iPhone 6S Plus・iPhone SEを使用する手順・料金を説明します。

この方法で2年間で最大60,000円近く通信料を節約することができますし、設定もいたって簡単です。

ぜひ参考にしてください。

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

mineoの回線は2種類

 

タイプD・タイプAの違い

 

mineoにはタイプDとタイプAという2種類の回線があります。

タイプDはドコモの回線、タイプAはauの回線を使っています。

mineoでSIMを契約する際には、どちらのタイプの回線にするか選ばなければなりません。

 

端末がドコモならD、auならA

 

では、どちらの回線を選べばよいのでしょうか?

手持ちの端末を使う場合は、基本的には以下の選択が良いでしょう。

 

<手持ちのスマホを使う場合>

  • ドコモで買った端末を使う:タイプD
  • auで買った端末を使う:タイプA

通常、他のスマホキャリアで買った端末に別のキャリアのSIMをさして使う場合、SIMロック解除が必要になります。

 

<用語解説>
SIMロック解除とは、スマホを他のキャリアで使えるようにすること。ドコモ・au・ソフトバンクなどで販売している端末は自キャリアでしか使えないようにSIMにロックがかかっており、それを解除してもらわないと他キャリアで使えない。

 

しかし、ドコモで買った端末にタイプDのSIMを挿して使う場合は、SIMロック解除が不要です。

同様に、auで買った端末にタイプAのSIMを挿して使う場合もSIMロック解除が不要です。(※どちらも別途APN設定が必要)

ソフトバンクで買った端末をmineoで使う場合には、どちらの回線で使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

  タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー 不要 不要
ドコモ 不要
au 不要
ソフトバンク

 

タイプAはテザリング不可

 

iPhoneにmineo(マイネオ)のSIMを挿して使う場合、テザリングに関して注意が必要です。

iPhoneにタイプAのSIMを挿して使う場合、テザリングができません。

テザリングを使いたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿したほうが良いですね。

 

<用語解説>
テザリングとは、スマホをモバイルルーター(ポケットWi-Fi)代わりにして、PCやタブレット・ゲーム機を使うこと。スマホのデータ通信を利用してPCやタブレットなどをネットに接続することができる。

 

月額料金はタイプAが安い

 

mineo(マイネオ)でiPhoneを使用する場合、ほとんどの方は音声通話付のSIM(デュアルタイプ)を契約されると思います。

音声通話付SIM(デュアルタイプ)の月額料金はタイプAの方が月額90円安いです。

テザリングを必要としない方はタイプAの方がわずかですがお得になります。

 

結論:iPhone使用時の回線の選び方

 

いろいろ条件が異なるのでややこしいですね。

私ならこうします。

どこで買った端末かに関わらず、

  • テザリングを使用する:タイプDを契約
    ⇒au・ソフトバンク端末はSIMロック解除必要
    ※理由:タイプAはテザリングできないから

  • テザリングしない:タイプAを契約
    ⇒ドコモ・ソフトバンク端末はSIMロック解除必要
    ※理由:月額料金がタイプAの方が安いから

以上、回線選びの参考にしてください。 

  

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

アイフォンの動作確認状況

 

mineo(マイネオ)では現在、SIMフリー版・ドコモ版・au版・ソフトバンク版のiPhone 6S・6S Plus・iPhone SEの動作確認が終了しています。

どの端末もmineo(マイネオ)で問題なく使用できるますので安心してください。

 

ただし、前章で説明したとおりSIMロック解除が必要な場合があることと、タイプAではテザリングができないことに注意してください。 

 

iPhone 6S・SEを使う5つの手順

 

mineo(マイネオ)の店頭・オンラインストアでは、iPhone 6S・iPhone 6S Plus・iPhone SEは販売していません。

そのため、以下の5つの手順が必要になります。

  1. MNP予約番号を発行
  2. mineoのSIMカードを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. APN設定

 

1. MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からマイネオに乗り換える場合のみに発生します。マイネオに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでマイネオに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470
ソフトバンク
店頭  
電話 Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

2. mineoのSIMを購入

 

続いて、mineo(マイネオ)のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

f:id:SCANTY:20171216122329p:plain

SIMカード

 

SIMカードは「mineo公式サイト」で購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

mineo公式サイト」にアクセスし、「お申込みはこちら」⇒「お申込み手続きへ」⇒「通常のお申し込み」を選択

 

f:id:SCANTY:20180110162014p:plain
f:id:SCANTY:20180110162120p:plain
公式サイトから「お申し込み手続きへ」を選択

 

2. プラン(回線の種類)とタイプ(シングル/デュアル)を選択

 

通常はデュアル(データ通信+SMS+音声通話付)を選択します。

 

f:id:SCANTY:20180110162205p:plain
f:id:SCANTY:20180110162239p:plain
プラン(回線)とタイプを選択

 

3. 端末購入の有無とSIMのサイズを選択

 

サイズについて、mineoではサイズの異なる4種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIM、au VoLTE対応SIMです。

 

選択した回線(Dプラン/Aプラン)によって出てくる選択肢が異なりますが、

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au Vo LTE対応SIM

を選択してください。

 

▼選択するSIMカードサイズ▼

  Dプラン Aプラン
SIMサイズ nano au VoLTE対応
(nanoも可)
選んではいけないSIMサイズ
micro
micro
標準

 

誤って別のSIMを購入すると、SIMサイズの交換に3,000円かかってしまいます。

慎重に選択してください。

f:id:SCANTY:20180110162307p:plain
「SIMカードのみ」を選択
f:id:SCANTY:20180322234818p:plain
f:id:SCANTY:20180322234718p:plain
Dプランはnano、Aプランはau VoLTE対応を選択

 


4. 毎月のデータ容量やオプションを選択

 

5. MNP番号を入力(MNPの場合のみ)

他キャリアからMNP(番号そのまま)で移転してくる場合は、MNP予約番号などの情報を入力します。

f:id:SCANTY:20180110162448p:plain
f:id:SCANTY:20180110162521p:plain
MNPの場合はMNP番号などを入力

 

ここまでくれば大丈夫です。

その後は契約者の情報を入力し、本人確認書類をアップロードすれば大丈夫です。

本人確認書類は以下の書類が使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)  など 

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきますので、それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

3. iPhone本体を入手

 

mineoではiPhone 6S・iPhone SE本体を販売していません。よって、端末は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. Appleで購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

アップルストアでは、mineoのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone端末価格表▼

  32GB 128GB
iPhone 6S ¥50,800
(¥54,864)
¥61,800
(¥66,744)
iPhone 6S
Plus
¥61,800
(¥66,744)
¥72,800
(¥78,624)
iPhone SE ¥39,800
(¥42,984)
¥50,800
(¥54,864)

 

B. 現在使用中の端末を流用する

 

2つ目は、他社で購入した端末を流用する方法です。

ただし、冒頭で説明したとおり、SIMロック解除が必要な場合があります。

SIMロック解除とは、ある携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。 

  タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー 不要 不要
ドコモ 不要
au 不要
ソフトバンク

 

各キャリアの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

  

C. 中古ショップで購入

 

iPhone6S・6S Plus・iPhoneSEは中古スマホショップでも購入できます。

運がよければ、新品に近い状態の商品が、新品より安く購入できます。

 

4. iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

 

5. APN設定

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

f:id:SCANTY:20180102114436p:plain

1. Wi-Fiにつながった状態でサファリを起動

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。

 

<APNプロファイル>

タイプA:https://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

タイプD:https://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

f:id:SCANTY:20180110164303p:plain

safariで上記URLを入力

 

f:id:SCANTY:20180102135604p:plain
f:id:SCANTY:20180102134937p:plain
「インストール」⇒パスコード入力
f:id:SCANTY:20180102135220p:plain
f:id:SCANTY:20180102135315p:plain
「次へ」⇒「インストール」

 

f:id:SCANTY:20180102135330p:plain
f:id:SCANTY:20180102135401p:plain
「インストール」⇒完了

 

以上で設定は完了です。 

 

なお、APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

ダウンロードが完了すると、いよいよiPhoneがmineoで使えるようになります。

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

mineoの基本料金プラン

 

mineo(マイネオ)の音声SIMの料金はタイプAとタイプDで分かれています。

各コースの料金は以下の通りです。

 

  タイプD タイプA
500MB ¥1,400 ¥1,310
1GB ¥1,500 ¥1,410
3GB ¥1,600 ¥1,510
6GB ¥2,280 ¥2,190
10GB ¥3,220 ¥3,130
20GB ¥4,680 ¥4,590
30GB ¥6,600 ¥6,510

 

回線の種類(タイプDかタイプAか)とデータ量を選ぶだけです。

料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

また、同回線の中なら、契約後のプラン変更も可能です。変更に手数料などもかかりません。

 

mineoの通話料金

 

アプリ利用で通話料金半額

 

f:id:SCANTY:20180109181944p:plain

 

mineoの国内通話料金は20秒/30円です。通話料金はどこも一緒ですね。

しかし、mineoは国内通話料金を半額にできます。

スマホアプリ「mineoでんわ」から発信すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

 

「スマホアプリから発信」するといっても、通常の電話発信とほとんど変わりません。電話帳から選択して発信できますし、通話も高品質です。

この「mineoでんわ」というアプリは無料です。タダで通話料金を半額にすることができます。

 

10分かけ放題オプション

 

f:id:SCANTY:20180109182046p:plain

 

mineoはアプリ「mineoでんわ」から電話をかけることで半額になりますが、お得な通話オプション「10分かけ放題」も用意されています。

こちらのオプションもアプリからの発信になりますが、よく電話をする方はこちらの方がお得です。

 

通話オプションを追加する場合、前述の基本料金に月額850円が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料

 

  月額料金
10分かけ放題 850円

 

無料通話オプション30・60も

 

よく通話をするかたは「10分かけ放題」のほかに、無料通話が付与される「通話定額30」「通話定額60」というオプションもあります。

その名の通り、30分または60分の無料通話が付与されるオプションです。

回数は少ないけど1回当たりの時間が10分を超える方はこちらの方がお得になります。

 

また、こちらはアプリからの発信ではなく通常の通話に対する無料時間です。

 

  無料通話 月額料金
通話定額30 30分 ¥840
通話定額60 60分 ¥1,680

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

  

データ容量に関する便利技

 

高速⇔低速を切替可能 

 

f:id:SCANTY:20180109203431p:plain

 

mineo(マイネオ)は専用アプリで高速通信と低速通信を切り替えることができます。

高速通信と低速通信をうまく切り替えることで、データ消費を節約できるのです。

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

 

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、この便利機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

mineoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

繰越データは家族でシェア

 

家族でmineoを契約している場合、翌月に繰り越したデータは家族で分け合うことができます。

例えば、父・母・息子で1GBずつ契約している場合、父の余ったデータ500MBは翌月に家族3人でつかうことができます。

ただし、分け合う家族は事前に登録が必要です。

 

フリータンクでデータが貰える

 

mineoには「フリータンク」という便利なシステムがあります。

これは、月末にデータが足りないときに、フリータンクと呼ばれる「共有データ容量の貯蔵庫」からデータ容量を借りることができるシステムです。

データが余った人から足りない人にデータを分け合うシステムですね。

 

月末21日以降に容量が足りなそうなとき、フリータンクから容量を無料で借りて使うことができます。(容量には制限があります)

 

そのかわり、月末に容量が余りそうなときはフリータンクに預けてくださいね。

容量を借りてばっかりの人はフリータンクの利用に各種の制限がかかります。

  

料金に関する補足・注意点

 

初月の基本料金は日割計算

 

mineoの契約月の基本料金は日割り計算されます

そのため、契約開始日にかかわらず使用した日数分しか請求されませんので、いつ契約しても問題ありません。

 

毎月プラン変更ができる

 

mineoでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

ただし、変更は前月のうちに申し込む必要があります。

「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

 

また、以下の場合は変更事務手数料(2,000円)とSIM発行手数料(400円程度)がかかります。

  • シングル⇔デュアル間の変更
  • タイプA⇔タイプD間の変更
  • タイプD・シングルプランのSMS有り⇔無しの変更

 

最低利用期間・違約金無し

 

mineoには最低利用期間がありません。

契約後に万が一解約したい場合も、違約金や解約手数料無しで解約することができます。

ただし、デュアルプラン(音声SIM)を契約後、利用開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月以内にMNPで転出する場合は、通常2160円のMNP転出手数料が12,420円になります。

  

2つの割引キャンペーン実施中!

 

mineo(マイネオ)では現在「もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンでは2つの特典が用意されています。もともと安い料金のmineoを更にお得に使うことができます。

  

900円×6ヶ月割引

 

f:id:SCANTY:20180120092903p:plain

 

1つ目は、デュアルプラン(データ通信+音声通話)を新たに契約された方は6ヶ月間、月額基本料金が900円割引になります。

タイプD(ドコモ回線)もタイプA(au回線)も対象です。

この割引は2018年5月8日(火)までに契約した方が対象です。

 

割引後の料金は以下の通りになります。 

 

<タイプD>

  通常料金 割引後
500MB ¥1,400 ¥500
1GB ¥1,500 ¥600
3GB ¥1,600 ¥700
6GB ¥2,280 ¥1,380
10GB ¥3,220 ¥2,320
20GB ¥4,680 ¥3,780
30GB ¥6,600 ¥5,700

 

<タイプA>

  通常料金 割引後
500MB ¥1,310 ¥410
1GB ¥1,410 ¥510
3GB ¥1,510 ¥610
6GB ¥2,190 ¥1,290
10GB ¥3,130 ¥2,230
20GB ¥4,590 ¥3,690
30GB ¥6,510 ¥5,610

 

10分かけ放題2ヶ月無料

 

f:id:SCANTY:20180120092759p:plain

 

もうひとつは、お得な通話オプションである「mineoでんわ10分かけ放題」が最大2ヶ月無料になるキャンペーンです。

無料となる対象月は、利用開始月とその翌月です。

 

mineoでんわ10分かけ放題は通常850円なので、最大1,700円ほどお得になります。

この割引は2018年5月8日までの期間限定です。

 

▼詳細はこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

SIM購入は公式ストアで!

 

以上、mineo(マイネオ)でiPhone6S・6S Plus・iPhoneSEを使う手順と料金の解説でした。

mineoでiPhoneを使用することで月額料金を大幅に安く抑えることができます。設定も簡単ですので、スマホ料金の節約にぜひmineoを活用してください!

 

SIMカードの申込みはオンラインサイトで簡単に手続きできます。こちらからどうぞ!

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

<関連記事>