スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

mineo(マイネオ)「ZenFone 4 Max」を解説!バッテリー最強機種!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、mineo(マイネオ)から3月29日に発売のスマホ「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」について詳しく解説します。

 

モバイルバッテリーにもなる抜群のバッテリー容量が最大の特徴です。電池切れの心配なく、ガンガンスマホを使えるのが安心ですね。

さらに、バッテリーだけでなくデュアルカメラ搭載で美しい写真が撮れるのも特徴です。

性能の割に端末代金が安く、コスパ抜群の非常におすすめの機種です。

※本文中の画像は「mineo公式サイト」および「メーカーサイトから引用

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

ZenFone 4 Maxの特徴・レビュー

  

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、人気スマホメーカーのASUS(エイスース)が発売したスマートフォンです。

 

脅威のバッテリー容量

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)の特徴はなんといってもバッテリーの持ちがよいことです。

バッテリー容量は4,100mAhと驚異的。4,000mAhを超えるバッテリーを搭載したスマホはほとんどありません。

 

この大容量バッテリーにより、なんと連続待受時間は37日間
つまり、操作しない状態なら1ヶ月以上充電不要ということになります。(もちろん環境などにより短くなります)

 

f:id:SCANTY:20171209084827p:plain

 

さらに、電池寿命が長いのはバッテリーの容量だけではありません。

電池の消費を最適化する機能があり、省エネにも優れているのです。

 

電池節約モードに切替可能

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、電池の容量が少なくなった場合に電池節約モードに切り替えることもできます。

このモードに切り替えれば、電池の持ちをさらに2倍近くに伸ばすことができます。

電池の持ちがよいからと油断して充電を忘れた場合にも安心です。

 

スマホがモバイルバッテリーに

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、他のデバイスに給電することができます。
つまり、スマホがモバイルバッテリーにもなるのです。

 

大容量バッテリーなので、音楽プレイヤーやタブレットの充電が切れそうな場合もスマホのバッテリーをおすそ分けすることができます。

ZenFone 4 Maxから他のデバイスに充電するためのケーブルも付属しているのが嬉しいです。

 

デュアルカメラ搭載

 

f:id:SCANTY:20171209075958p:plain

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)のアウトカメラ(画面の裏側にあるカメラ)はデュアルカメラです。

デュアルカメラとは、レンズが2つあるということ。1,300万画素と500万画素のレンズがついています。

 

500万画素のレンズは広角レンズになっていますので、通常は1300万画素のレンズで写真を撮影し、風景など広い範囲の写真を撮りたいときにサブレンズに切り替えることができます。

切替もワンタッチで簡単です。

 

f:id:SCANTY:20171209075930p:plain

 

カメラに便利機能搭載

 

アウトカメラのメインレンズには、高速オートフォーカス機能がついています。

約0.03秒でピント焦点をあわせるので、狙った瞬間を逃しません。

また電子式手ぶれ補正を搭載しており、美しい写真に仕上げることが可能です。

 

自撮り用カメラも高性能

 

f:id:SCANTY:20171209084949p:plain

 

ZenFone 4 Maxはインカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)も高機能です。

画素数は800万画素で、人の肌の色が美しくみえるLEDフラッシュが搭載されています。

また、140度の広角レンズになっているので、複数人で自撮りをするときにも便利です。

 

ZenFone 4 Maxのスペック

 

ZenFone 4 Maxは、抜群のバッテリーと便利機能が付いたカメラが特徴です。

特にバッテリーにこだわる方には非常におすすめの機種といえます。

一方、搭載CPUはSnapdragon430ですので、普段使いには十分ですが、それほどハイスペックというわけではありません。

スマホをガンガン使うヘビーユーザーや、ゲームをされる方は「ZenFone 4」や「AQUOS R compact」がおすすめです。

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

主な機能

 

ZenFone 4 Maxには防水・防塵機能のほか、おサイフケータイやワンセグといった機能は付いていません。

  

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W73× H150× D8.7
重さ 約156g
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1,280 × 720
(HD)
バッテリー容量 4,100mAh
連続通話時間
(3G)
1,920分
連続待受時間
(4G)
888時間
OS Android 7.1
CPU Snapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz
メモリ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)

1,300万+
500万画素

有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

  

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171209081401p:plain

 

端末の色は、サンライトゴールド・ネイビーブラック・ローズピンクの3種類です。

その他、特徴・スペックは「mineo公式サイト」で確認ください。

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

ZenFone 4 Maxの価格・料金

 

mineo(マイネオ)の料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

端末代金は分割払い(24回払い)と一括払いから選べます。

また、回線はドコモ回線のタイプD、au回線のタイプAを選ぶことができます。基本料金はタイプAの方が月額90円安いです。

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)の料金は以下の通りです。

 

<端末代金分割(タイプD)>

  基本料金 端末代 月額計
500MB ¥1,400 ¥825 ¥2,225
1GB ¥1,500 ¥825 ¥2,325
3GB ¥1,600 ¥825 ¥2,425
6GB ¥2,280 ¥825 ¥3,105
10GB ¥3,220 ¥825 ¥4,045
20GB ¥4,680 ¥825 ¥5,505
30GB ¥6,600 ¥825 ¥7,425

 

<端末代金分割(タイプA)>

  基本料金 端末代 月額計
500MB ¥1,310 ¥825 ¥2,135
1GB ¥1,410 ¥825 ¥2,235
3GB ¥1,510 ¥825 ¥2,335
6GB ¥2,190 ¥825 ¥3,015
10GB ¥3,130 ¥825 ¥3,955
20GB ¥4,590 ¥825 ¥5,415
30GB ¥6,510 ¥825 ¥7,335

※価格は税抜
※初月に初期費用約3,400円必要

  

<端末代金一括払い>

端末代金
¥19,800
  基本料金
  タイプD タイプA
500MB ¥1,400 ¥1,310
1GB ¥1,500 ¥1,410
3GB ¥1,600 ¥1,510
6GB ¥2,280 ¥2,190
10GB ¥3,220 ¥3,130
20GB ¥4,680 ¥4,590
30GB ¥6,600 ¥6,510

※価格は税抜
※初月に初期費用約3,400円必要

 

mineoの通話料金

 

アプリ利用で通話料金半額

 

f:id:SCANTY:20180109181944p:plain

 

mineoの国内通話料金は20秒/30円です。通話料金はどこも一緒ですね。

 

しかし、mineoは国内通話料金を半額にできます。

スマホアプリ「mineoでんわ」から発信すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

「スマホアプリから発信」するといっても、通常の電話発信とほとんど変わりません。電話帳から選択して発信できますし、通話も高品質です。

この「mineoでんわ」というアプリは無料です。タダで通話料金を半額にすることができます。

 

10分かけ放題オプション

 

f:id:SCANTY:20180109182046p:plain

 

mineoはアプリ「mineoでんわ」から電話をかけることで半額になりますが、お得な通話オプション「10分かけ放題」も用意されています。

こちらのオプションもアプリからの発信になりますが、よく電話をする方はこちらの方がお得です。

通話オプションを追加する場合、前述の基本料金に月額850円が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料

 

  月額料金
10分かけ放題 850円

 

無料通話オプション30・60も

 

よく通話をする方は「10分かけ放題」のほかに、無料通話が付与される「通話定額30」「通話定額60」というオプションもあります。

その名の通り、30分または60分の無料通話が付与されるオプションです。

回数は少ないけど1回当たりの時間が10分を超える方はこちらの方がお得になります。

また、こちらはアプリからの発信ではなく通常の通話に対する無料時間です。

 

  無料通話 月額料金
通話定額30 30分 ¥840
通話定額60 60分 ¥1,680

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

料金に関する補足・注意点

 

回線をタイプA・タイプDから選択

 

mineo(マイネオ)は、au回線のタイプAとドコモ回線のタイプDを選択することができます。(一部端末を除く)

通常料金はau回線の方が月額90円安いです。

 

初月の基本料金は日割計算

 

mineoの契約月の基本料金は日割り計算されます

そのため、契約開始日にかかわらず使用した日数分しか請求されませんので、いつ契約しても問題ありません。

 

毎月プラン変更可能

 

mineoでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。
「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

 

ただし、以下の場合は変更事務手数料(2,000円)とSIM発行手数料(400円程度)がかかります。

  • データSIM⇔音声SIM間の変更
  • タイプA⇔タイプD間の変更

 

最低利用期間・違約金無し

 

mineoにはシングルプラン(データSIM)もデュアルプラン(音声SIM)にも最低利用期間がありません。

契約後に万が一解約したい場合も、違約金や解約手数料無しで解約することができます。

ただし、利用開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月以内にMNPで転出する場合は、通常2160円のMNP転出手数料が12,420円になります。

 

2つの割引キャンペーン実施中

 

mineo(マイネオ)では現在「もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンでは2つの特典が用意されています。もともと安い料金のmineoを更にお得に使うことができます。

  

900円×6ヶ月割引

 

f:id:SCANTY:20180120092903p:plain

 

1つ目は、デュアルプラン(データ通信+音声通話)を新たに契約された方は6ヶ月間、月額基本料金が900円割引になります。

タイプD(ドコモ回線)もタイプA(au回線)も対象です。

この割引は2018年5月8日(火)までに契約した方が対象です。

 

割引後の料金は以下の通りになります。 

 

<タイプD>

  通常料金 割引後
500MB ¥1,400 ¥500
1GB ¥1,500 ¥600
3GB ¥1,600 ¥700
6GB ¥2,280 ¥1,380
10GB ¥3,220 ¥2,320
20GB ¥4,680 ¥3,780
30GB ¥6,600 ¥5,700

 

10分かけ放題2ヶ月無料

 

f:id:SCANTY:20180120092759p:plain

 

もうひとつは、お得な通話オプションである「mineoでんわ10分かけ放題」が最大2ヶ月無料になるキャンペーンです。

無料となる対象月は、利用開始月とその翌月です。

mineoでんわ10分かけ放題は通常850円なので、最大1,700円ほどお得になります。

この割引は2018年5月8日までの期間限定です。

 

▼詳細はこちら▼ 

 mineo公式サイト

  

データ容量に関する便利技

 

高速⇔低速を切替可能 

 

f:id:SCANTY:20180109203431p:plain

 

mineo(マイネオ)は専用アプリで高速通信と低速通信を切り替えることができます。高速通信と低速通信をうまく切り替えることで、データ消費を節約できるのです。

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、この便利機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

mineoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

繰越データは家族でシェア

 

家族でmineoを契約している場合、翌月に繰り越したデータは家族で分け合うことができます。

例えば、父・母・息子で1GBずつ契約している場合、父の余ったデータ500MBは翌月に家族3人でつかうことができます。

ただし、分け合う家族は事前に登録が必要です。

 

フリータンクでデータが貰える

 

mineoには「フリータンク」という便利なシステムがあります。

これは、月末にデータが足りないときに、フリータンクと呼ばれる「共有データ容量の貯蔵庫」からデータ容量を借りることができるシステムです。

データが余った人から足りない人にデータを分け合うシステムですね。

 

月末21日以降に容量が足りなそうなとき、フリータンクから容量を無料で借りて使うことができます。(容量には制限があります)

 

そのかわり、月末に容量が余りそうなときはフリータンクに預けてくださいね。

容量を借りてばっかりの人はフリータンクの利用に各種の制限がかかります。

  

公式サイトで今すぐお申し込み!

 

以上、mineoで2018年3月29日に発売の「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」の解説でした。

モバイルバッテリーにもなる抜群のバッテリー容量が最大の特徴です。電池切れの心配なく、ガンガンスマホを使えるのが安心ですね。

さらに、バッテリーだけでなくデュアルカメラ搭載で美しい写真が撮れるのも特徴です。

性能の割に端末代金が安く、コスパ抜群の非常におすすめの機種です。

 

mineoではお得な割引キャンペーンを実施しており、さらにお得にスマホやタブレットを使うことができます。

mineo公式サイト 」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

<関連記事>