スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

mineoのスマホ・SIM料金完全ガイド - あなたに最適なプランがわかる!【マイネオ】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、格安スマホ「mineo(マイネオ)」の料金について徹底解説します。

料金が格安なので、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の節約になります。手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできます。

さらにmineo(マイネオ)では常に割引キャンペーンを実施しており、さらにお得にスマホやタブレットを使うことができます。

これからmineoに契約しようとされている方、ぜひ参考にしてください!

※本文中の画像は「mineo公式サイト 」から引用
※料金は全て税抜

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

  

 

mineoの回線は2種類

 

タイプD・タイプAの違い

 

mineoにはタイプDとタイプAという2種類の回線があります。

タイプDはドコモの回線、タイプAはauの回線を使っています。

mineoでSIMを契約する際には、どちらのタイプにするか選ばなければなりません。

 

端末がドコモならD、auならA

 

では、どちらの回線を選べばよいのでしょうか?

手持ちの端末を使う場合は、以下のようにするのが良いでしょう。

 

<手持ちのスマホを使う場合>

  • ドコモで買った端末を使う:タイプD
  • auで買った端末を使う:タイプA

 

通常、他のスマホキャリアで買った端末に別のキャリアのSIMをさして使う場合、SIMロック解除が必要になります。

 

<用語解説>
SIMロック解除とは、スマホを他のキャリアで使えるようにすること。
ドコモ・au・ソフトバンクなどで販売している端末は自キャリアでしか使えないようにSIMにロックがかかっており、それを解除してもらわないと他キャリアで使えない。

 

しかし、ドコモで買った端末にタイプDのSIMを挿して使う場合は、SIMロック解除が不要で、SIMを挿せばそのまま使うことができます。

同様に、auで買った端末にタイプAのSIMを挿して使う場合もSIMロック解除が不要です。(※別途APN設定が必要な場合あり)

 

ソフトバンクで買った端末をmineoで使う場合には、どちらの回線と使う場合でもSIMロック解除が必要です。

 

月額料金はタイプAが安い

 

タイプAとタイプDは、データ通信専用SIM(シングルタイプ)の月額料金は同じです。

しかし、音声通話付SIM(デュアルタイプ)の月額料金はタイプAの方が月額90円安いです。

 

データ専用+SMSならタイプA

 

もし、データ通信専用SIM(シングルタイプ)のSIMにSMSをつける場合はタイプAの方がお得です。

タイプAはSMSオプションが無料ですが、タイプDは月額120円かかるからです。

なお、音声通話付SIM(デュアルタイプ)の場合はどちらも無料なので、タイプA・タイプDのどちらでも構いません。

 

SIMタイプ   タイプD タイプA
シングル 申込 必要 必要
(データ専用) 料金 120円/月 無料
デュアル 申込 不要 不要
(音声付) 料金 無料 無料

 

iPhoneならタイプD

 

iPhoneにmineoのSIMカードを挿して使いたい場合は注意が必要です。

iPhoneにタイプAのSIMを挿して使う場合、テザリングができません

テザリングを使いたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿したほうが良いですね。

 

速度はタイプDが速い?

 

では、ソフトバンクで買った端末を使いたい場合やmineoでスマホを購入する場合はどちらを選べばよいでしょか?

正直、どちらでも構いません。

気になるのが「どちらの方が通信速度が速いか」ですが、最近の調査結果を見るとわずかにタイプDの方が速いことが多いようです。

ただし、通信速度は地域や時間帯によって変動しますので、どちらが速いかは一概に言えまえん。調査結果の差も小さいので、どちらを選んでも良いでしょう。

 

 

SIMカードの種類の選び方

 

シングルとデュアルの2種類

 

mineoのSIMカードは「データ通信専用」と 「データ通信+音声通話」の2種類に分かれます。

データ通信専用SIMはシングルタイプ、データ通信+音声通話のSIMは「デュアルタイプ」とよびます。

  • データSIM:シングルタイプ
  • データ+音声SIM:デュアルタイプ

通常、スマホに挿して使うのは音声通話ができる「デュアルタイプ」です。

一方、タブレットやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)などでは音声通話は不要ですので、シングルタイプのSIMを挿して使います。

 

SMSは別途申込みが必要

 

非常にややこしいのがSMSについてです。

スマホアプリ「LINE」の認証や、モバゲーなどの一部ゲームをする場合などに、SMS認証といって電話番号でメッセージを送る機能が必要になります。

SMSを使いたい場合、契約する回線の種類やSIMの種類によって対応が異なります。

デュアルタイプ(データ+音声)は、タイプD・タイプAのどちらも申込み不要でSMSを使うことができます。

シングルタイプ(データ専用)の場合、契約申込み時にオプションとしてSMSをつける必要があります。

タイプAの場合、SMSオプションの料金は無料です。

一方、タイプDの場合はSMSオプション料金として月額120円かかります。

 

SIMタイプ   タイプD タイプA
シングル 申込 必要 必要
(データ専用) 料金 120円/月 無料
デュアル 申込 不要 不要
(音声付) 料金 無料 無料

 

 

料金詳細

 

初期費用は約3,400円

 

mineo(マイネオ)の初期費用はタイプDとタイプAでわずかに異なります。

SIM発行手数料がわずかにタイプAが高いですが、どちらも3,400円程度です。

 

  タイプD タイプA
契約事務手数料 ¥3,000 ¥3,000
SIM発行手数料 ¥394 ¥406
¥3,394 ¥3,406

 

 

月額料金(タイプD)

 

mineoのタイプDの月額料金は以下の通りです。

注意点として、デュアルタイプの基本料金がタイプAより90円高くなっています。

また、シングルタイプにSMSをつける場合、月額料金が120円かかります。(タイプAは無料)

 

  シングルタイプ
(データ)
デュアルタイプ
(データ+音声)
500MB ¥700 ¥1,400
1GB ¥800 ¥1,500
3GB ¥900 ¥1,600
6GB ¥1,580 ¥2,280
10GB ¥2,520 ¥3,220
20GB ¥3,980 ¥4,680
30GB ¥5,900 ¥6,600

※シングルタイプにSMSをつける場合は月額120円が加算(申込み必要)

 

月額料金(タイプA)

 

タイプAの料金の仕組みは基本的にはタイプDと同じですが、デュアルプラン(データ+音声)の料金が月額90円安くなっています。

また、シングルタイプにSMSをつける場合の月額料金は無料です。

各コースの料金は以下の通りです。

 

  シングルタイプ
(データ)
デュアルタイプ
(データ+音声)
500MB ¥700 ¥1,310
1GB ¥800 ¥1,410
3GB ¥900 ¥1,510
6GB ¥1,580 ¥2,190
10GB ¥2,520 ¥3,130
20GB ¥3,980 ¥4,590
30GB ¥5,900 ¥6,510

 ※SMSオプション無料(シングルの場合は申込必要)

  

端末代金は一括/分割

 

mineoではSIMカードのみでも契約できますし、スマホとセットで購入することもできます。

端末も一緒に購入する場合は上記の基本料金に端末代金がかかります。

例えば私がおすすめのスマホ「AQUOS sense lite(SH-M05)」の場合だと以下のとおりになります。

 

<端末代金分割(タイプD)>

  基本料金 端末代 月額計
500MB ¥1,400 ¥1,375 ¥2,775
1GB ¥1,500 ¥1,375 ¥2,875
3GB ¥1,600 ¥1,375 ¥2,975
6GB ¥2,280 ¥1,375 ¥3,655
10GB ¥3,220 ¥1,375 ¥4,595
20GB ¥4,680 ¥1,375 ¥6,055
30GB ¥6,600 ¥1,375 ¥7,975

※別途初期費用3,394円必要

 

 <端末代金分割(タイプA)>

  基本料金 端末代 月額計
500MB ¥1,310 ¥1,375 ¥2,685
1GB ¥1,410 ¥1,375 ¥2,785
3GB ¥1,510 ¥1,375 ¥2,885
6GB ¥2,190 ¥1,375 ¥3,565
10GB ¥3,130 ¥1,375 ¥4,505
20GB ¥4,590 ¥1,375 ¥5,965
30GB ¥6,510 ¥1,375 ¥7,885

※別途初期費用3,406円必要

 

<端末代金一括> 

端末代金
¥33,000
  基本料金
  タイプD タイプA
500MB ¥1,400 ¥1,310
1GB ¥1,500 ¥1,410
3GB ¥1,600 ¥1,510
6GB ¥2,280 ¥2,190
10GB ¥3,220 ¥3,130
20GB ¥4,680 ¥4,590
30GB ¥6,600 ¥6,510

※別途初期費用必要

 

その他の機種の端末代金は「mineo公式サイト」でご確認ください。 

 

▼公式サイトでチェック▼ 

 mineo公式サイト

 

通話料金

 

アプリ利用で通話料金半額

 

f:id:SCANTY:20180109181944p:plain

 

mineoの国内通話料金は20秒/30円です。通話料金はどこも一緒ですね。

しかし、mineoは国内通話料金を半額にできます。

スマホアプリ「mineoでんわ」から発信すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

「スマホアプリから発信」するといっても、通常の電話発信とほとんど変わりません。電話帳から選択して発信できますし、通話も高品質です。

この「mineoでんわ」というアプリは無料です。タダで通話料金を半額にすることができます。

 

10分かけ放題オプション

 

f:id:SCANTY:20180109182046p:plain

 

mineoはアプリ「mineoでんわ」から電話をかけることで半額になりますが、お得な通話オプション「10分かけ放題」も用意されています。こちらのオプションもアプリからの発信になりますが、よく電話をする方はこちらの方がお得です。

通話オプションを追加する場合、前述の基本料金に月額850円が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料

 

  月額料金
10分かけ放題 850円

 

無料通話オプション30・60も

 

よく通話をするかたは「10分かけ放題」のほかに、無料通話が付与される「通話定額30」「通話定額60」というオプションもあります。

その名の通り、30分または60分の無料通話が付与されるオプションです。

回数は少ないけど1回当たりの時間が10分を超える方はこちらの方がお得になります。

また、こちらはアプリからの発信ではなく通常の通話に対する無料時間です。

 

  無料通話 月額料金
通話定額30 30分 ¥840
通話定額60 60分 ¥1,680

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

データ容量に関する便利技

 

高速⇔低速を切替可能 

 

f:id:SCANTY:20180109203431p:plain

 

mineo(マイネオ)は専用アプリで高速通信と低速通信を切り替えることができます。高速通信と低速通信をうまく切り替えることで、データ消費を節約できるのです。

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、この便利機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

mineoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

繰越データは家族でシェア

 

家族でmineoを契約している場合、翌月に繰り越したデータは家族で分け合うことができます。

例えば、父・母・息子で1GBずつ契約している場合、父の余ったデータ500MBは翌月に家族3人でつかうことができます。

ただし、分け合う家族は事前に登録が必要です。

 

フリータンクでデータが貰える

 

mineoには「フリータンク」という便利なシステムがあります。

これは、月末にデータが足りないときに、フリータンクと呼ばれる「共有データ容量の貯蔵庫」からデータ容量を借りることができるシステムです。

データが余った人から足りない人にデータを分け合うシステムですね。

 

月末21日以降に容量が足りなそうなとき、フリータンクから容量を無料で借りて使うことができます。(容量には制限があります)

そのかわり、月末に容量が余りそうなときはフリータンクに預けてくださいね。

容量を借りてばっかりの人はフリータンクの利用に各種の制限がかかります。

 

 

料金に関する補足・注意点

 

初月の基本料金は日割計算

 

mineoの契約月の基本料金は日割り計算されます

そのため、契約開始日にかかわらず使用した日数分しか請求されませんので、いつ契約しても問題ありません。

 

毎月プラン変更可能

 

mineoでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

 

ただし、以下の場合は変更事務手数料(2,000円)とSIM発行手数料(400円程度)がかかります。

  • シングル⇔デュアル間の変更
  • タイプA⇔タイプD間の変更
  • タイプD・シングルプランのSMS有り⇔無しの変更

 

最低利用期間・違約金無し

 

mineoにはシングルプランもデュアルプランにも最低利用期間がありません。

契約後に万が一解約したい場合も、違約金や解約手数料無しで解約することができます。

ただし、利用開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月以内にMNPで転出する場合は、通常2160円のMNP転出手数料が12,420円になります。

 

 

2つの割引キャンペーン実施中!

 

mineo(マイネオ)では現在「もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンでは2つの特典が用意されています。もともと安い料金のmineoを更にお得に使うことができます。

  

900円×6ヶ月割引

 

f:id:SCANTY:20180120092903p:plain

 

1つ目は、デュアルプラン(データ通信+音声通話)を新たに契約された方は6ヶ月間、月額基本料金が900円割引になります。

タイプD(ドコモ回線)もタイプA(au回線)も対象です。

この割引は2018年5月8日(火)までに契約した方が対象です。

 

割引後の料金は以下の通りになります。 

 

<タイプD>

  通常料金 割引後
500MB ¥1,400 ¥500
1GB ¥1,500 ¥600
3GB ¥1,600 ¥700
6GB ¥2,280 ¥1,380
10GB ¥3,220 ¥2,320
20GB ¥4,680 ¥3,780
30GB ¥6,600 ¥5,700

 

<タイプA>

  通常料金 割引後
500MB ¥1,310 ¥410
1GB ¥1,410 ¥510
3GB ¥1,510 ¥610
6GB ¥2,190 ¥1,290
10GB ¥3,130 ¥2,230
20GB ¥4,590 ¥3,690
30GB ¥6,510 ¥5,610

 

10分かけ放題2ヶ月無料

 

f:id:SCANTY:20180120092759p:plain

 

もうひとつは、お得な通話オプションである「mineoでんわ10分かけ放題」が最大2ヶ月無料になるキャンペーンです。

無料となる対象月は、利用開始月とその翌月です。

mineoでんわ10分かけ放題は通常850円なので、最大1,700円ほどお得になります。

この割引は2018年5月8日までの期間限定です。

 

▼詳細はこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

日経電子版とのお得なセットも

 

f:id:SCANTY:20180116045135p:plain

 

mineo(マイネオ)には、日経電子版とセットでスマホ料金が更に安くなる「日経電子版+SIM」というサービスもあります。

mineo(マイネオ)を契約される方で、日経電子版を契約されている方は、それぞれ契約するより月500円以上安くなります。

詳細はこちらの記事「日経電子版+SIMで年8万円節約できる!料金・速度・端末を解説します」にまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

▼公式サイトはこちら▼

 日経電子版+SIM(公式)

 

 

公式サイトで今すぐお申し込み!

 

以上、mineo(マイネオ)の料金の解説でした。

料金が格安なので、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の節約になります。手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできます。

さらにmineoでは常に割引キャンペーンを実施しており、さらにお得にスマホやタブレットを使うことができます。

mineo公式サイト 」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼ 

 mineo公式サイト

 

 

<関連記事>