スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

ドコモ・auからワイモバイルへの乗り換え手順・メリットを解説!【MNP】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、ドコモ・auからワイモバイルに乗り換える手順や手順やメリットについて詳しく解説します。

ドコモ・auで購入したスマホはワイモバイルでも使えますし、乗り換えでスマホ料金を大幅に節約することができます。

 

私はドコモからワイモバイルに乗り換えて、年間12.6万円もの節約に成功しました。

みなさんもぜひワイモバイルに乗り換えてスマホ料金を大きく節約しましょう!

 

iPhoneはこちら

ドコモ・auで購入したiPhoneをワイモバイルで使用する場合は、こちらの記事を参考にしてください。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

 

ドコモ・auのスマホはワイモバイルで使える?

 

SIMロック解除が必要

 

結論から言います。

ドコモ・auで購入したスマホ端末は、ワイモバイルで使用できます

ただし、SIMロック解除が必要です。

 

<用語解説:SIMロック解除>
ドコモ・auで販売されているスマホは、他のキャリアで使用できないように「SIMロック」という状態になっています。他のスマホ会社で使うためには、購入した会社でこのロックを解除してもらわなければなりません。これを「SIMロック解除」といいます。

  

SIMロック解除の方法

 

ドコモ・auでスマホのSIMロックを解除する方法は2つあります。

ドコモショップ・auショップの店頭で手続きする方法と、マイページである「My Docomo」「My au」からオンラインで手続きする方法です。

 

店頭で手続きすると3,000円の手数料がかかりますので、できるだけ「My Docomo」「My au」から手続きしましょう

「My Docomo」「My au」なら無料で解除できます。

 

  店頭 WEB
(マイページ)
SIMロック
解除
¥3,000 無料

 

また、ドコモ・auを解約した後にSIMロック解除する場合は、店頭のみの手続きとなり有料になりますので、ドコモ・auに契約しているうちに解除しましょう。

 

番号そのままで乗り換えられるMNP

 

ドコモ・auからワイモバイルへは、現在の携帯番号そのままで乗り換えることができます。

これを「MNP乗り換え」といいます。(MNP:Mobile Number Portabilityの略)

 

ドコモ・auで使用していた携帯電話番号をそのままワイモバイルでも引き継げますので、携帯電話番号変更の連絡などは不要です。 

 

ドコモ・auからワイモバイルへ乗り換える5つの手順

 

ドコモ・auからワイモバイルにMNP乗り換えするには、主に以下の5つの手順が必要になります。

  1. SIMロック解除(スマホをそのまま使う場合のみ)
  2. MNP予約番号発行
  3. ワイモバイルに転入手続き
  4. 本体にSIMを挿入(スマホをそのまま使う場合のみ)
  5. APN設定( 〃 )

 

1. SIMロック解除

 

前章で説明したとおり、ドコモ・auで購入したスマホをそのままワイモバイルで使用する場合は、SIMロック解除が必要になります。

前章を参考に、SIMロック解除手続きを行ってください。

 

繰り返しになりますが、ドコモ・auを解約した後にSIMロック解除しようとすると店頭でしか解除手続きができず、有料(3,000円)になりますので、契約中に手続きしましょう。

 

ワイモバイルで新たにスマホを購入する場合や、別途SIMフリー端末を購入する場合はこの手順は不要です。

 

2. MNP予約番号を発行

 

続いて、ドコモ・auでMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号とは、番号そのままでワイモバイルに移行するための、いわば「引継番号」のようなものです。

10桁の数字が発行されます。

 

MNP予約番号は、ドコモ・auの店頭・電話・WEBで発行することができます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470

 

MNP予約番号を発行する際、手数料として3,000円がかかります

店頭で手続きしても電話で手続きしてもこの料金がかかります。

 

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

15日を過ぎると再発行が必要になりますので、予約番号を発行した後はすぐにワイモバイルへの転入手続きをしましょう。

 

3. ワイモバイルにMNP転入

 

ドコモ・auでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルにMNP転入手続きをしましょう。

MNP転入手続きというとなんだか難しそうですが、新規契約する場合とほとんど変わりません。

 

手続きは、ワイモバイルショップでも可能ですが、いつ行っても混んでいますし、店頭に行く時間や電車賃がもったいないです。

そのため、店頭24時間手続き可能で待ち時間なし、操作も簡単な「ワイモバイル公式オンラインストア」が断然おすすめです。

 

ワイモバイル公式オンラインストア」で手続きをする場合、最初の画面で出てくる契約方法の欄で「のりかえ」を選択し、その下の「現在お使いの端末・プラン」で「ドコモ・au・MVNO」を選択すればオーケーです。

 

f:id:SCANTY:20180416160512p:plain

のりかえ⇒「ドコモ・au・MVNO」を選択

 

このまま手続きを進めると、あとでMNP予約番号を入力する画面が出てきますので、ドコモ・auで発行してもらった10桁のMNP予約番号を入力しましょう。

 

4. 本体にSIMを挿入

 

ここからの工程は、ドコモ・auで購入したSIMロック解除済みスマホにワイモバイルのSIMカードを挿して使う場合のみ必要です。ワイモバイルで端末とセットで購入した場合はそのまま使用できます。

 

ドコモ・auで購入したスマホをワイモバイルでそのまま使用する場合、ワイモバイルからSIMカードが届いたら、本体にSIMを挿入します。

SIMの挿入の仕方は「ワイモバイルSIMをスマホに装着 | ワイモバイル」の「設定・使いこなしガイド」に手順が書かれています。

 

5. APN設定

 

スマホとワイモバイルのSIMカードが準備を挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、手持ちのスマホはまだワイモバイルのデータ通信ができませんので、Wi-Fiに接続した状態で作業をします。

Wi-Fiにつながったら、下記のサイトよりプロファイルをインストール、または各項目を入力します。

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

  

補足:契約時の本人確認書類

 

ワイモバイル公式オンラインストア」で手続きをすると、本人確認書類を画像でアップロードするだけで本人確認が終了します。非常に簡単です。

本人確認書類は以下のいずれかを準備しましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

事前に写真を撮影しておき、手続き時にアップロードすれば完了です。手続きが非常に簡単ですので、ぜひ公式サイトを利用しましょう。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ワイモバイルで購入できるおすすめスマホ

 

ワイモバイルでは、SIMロック解除したドコモ・auのスマホを使うこともできますが、もちろんワイモバイルで新たな機種を購入することもできます

Googleが展開する人気のスマホブランド「Android One」シリーズはもちろん、iPhone 6SiPhone SEも購入できます。

ワイモバイルのおすすめスマホは「ワイモバイルのおすすめスマホ機種ランキング【2018年最新版】」を参考にしてください。

あなたにぴったりの1台が見つかるはずです。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ドコモ・auとワイモバイルの比較・メリット

 

ここからは、ドコモ・auとワイモバイルを比較した上で、ワイモバイルへ乗り換えるメリットを解説します。

 

料金プランがシンプル

 

ドコモ・auをはじめとした3大キャリアの料金プランは、複雑でわかりづらいですよね。

一方、ワイモバイルの料金プランは非常にシンプルです。

最も標準的なプランである「スマホプラン」は、自分が使用するデータ容量をS/M/Lの3つの中から選ぶだけです。

 

プラン データ 1年目 2年目
S 2GB ¥1,980 ¥2,980
M 6GB ¥2,980 ¥3,980
L 14GB ¥4,980 ¥5,980

 

f:id:SCANTY:20180310043425p:plain

 

さまざまな要素を検討する必要が無く、非常にシンプルでわかりやすいです。

 

スマホ料金を節約できる

 

3大キャリアから格安スマホに乗り換える最大のメリットは、毎月のスマホ料金を大幅に下げられることです。

ドコモ・auからワイモバイルに乗り換えても、毎月の通信費を大幅に削減できます。

 

私は以前ドコモのスマホを契約していました。

毎月5GBのプランで、料金は月8,000円ほど。さらに通話料が上乗せされました。

しかし、ワイモバイルなら6GBのプランで毎月3,000円ほどです。

これに通話料が含まれていますし、家族割や学割、光回線とのセット割が適用できるので更に安くなります。

ワイモバイルに乗り換えることで、毎月5,000円、年間で6万円以上節約できました。

 

10分以内の国内通話かけ放題

 

ワイモバイルのスマホプランには、10分以内のかけ放題オプションが含まれています

10分以内の国内通話は何度でも無料です。

 

ワイモバイル以外への電話も無料ですし、時間制限もありません。10分以内の国内通話なら、いつでも、誰とでも無料です。

通話を10分以内におさめれば通話料金は無料になりますので、よく通話をされる方には非常にお得です。

 

十分なデータ通信速度

 

3大キャリアから格安スマホに乗り換える際に、一番不安なのがデータ通信速度ではないでしょうか。

ワイモバイルは、格安スマホの中で非常に速い通信速度を誇っています

それもそのはず、ワイモバイルは他のMVNOのように他社の回線の一部を借りて運用しているのではなく、自社の回線を持っているのです。

通信速度に関しては、全く不安に思うことは無いと思います。

 

格安でiPhoneが使える

 

ワイモバイルでは、格安でiPhoneを使用することができます。

まず、ワイモバイルではiPhone 6SとiPhone SEを販売しています。

発売から時間がたっているものの、今でも十分な性能ですし、何より非常に安くiPhoneを使用することができます。

 

また、最新のiPhone 8・iPhone Xも使用することができます

こちらの記事「ワイモバイルでiPhone 8・8 Plus・iPhone Xを使う手順・料金を解説」で検証していますが、ドコモ・auでiPhone 8・iPhone Xを使用するより2年総額で4万円以上も安く使用できます。

「iPhoneを使いたい、でも料金は安く抑えたい…」という方にワイモバイルはぴったりです。

 

さらに複数の割引を適用可能

 

ワイモバイルはもともとスマホ料金が安いですが、さらに複数の割引が適用できます。

  • 家族割(2回線目以降割引)
  • タダ学割(18歳以下割引特典)
  • おうち割(ソフトバンク光とのセット割)

ドコモ・auにも同じような割引はありますが、元の料金が安いだけに効果は絶大です。

 

ソフトバンクWi-Fiスポットが使える

 

ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社なので、ソフトバンクが提供する公衆無線LANの「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料で使用できます。

カフェやファストフード、JRの主要駅などいたるところに設置されていますので、データ通信容量を消費せずに高速データ通信が利用できます。

私も行きつけのカフェにソフトバンクWi-Fiスポットが設置してあるので、毎回利用しています。

f:id:SCANTY:20180310045046p:plain

このマークが目印

 

ヤフープレミアム会員費無料

 

ワイモバイルのスマホを契約している方は月額498円のヤフープレミアム会員費が無料になります。

ヤフープレミアム会員になれば、ヤフーショッピングなどでTポイントがたくさん貯まったり、お得なクーポンがもらえたりと豪華な特典が受けられます。

特に、ヤフオクを無制限に利用できるのが嬉しいですね。

 

キャリア決済が使える

 

ワイモバイルはドコモの「docomo SPモード決済」やauの「auかんたん決済」と同じキャリア決済である「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。

格安スマホでキャリア決済ができるのはワイモバイルだけです。

これまでドコモ・auでキャリア決済を使用していた方も、安心してワイモバイルに乗り換えることができます。

 

店舗があるので安心

 

ワイモバイルは、格安スマホでは珍しく全国に店舗があります。

そのため、何か困ったことがあった場合も店舗に駆け込むことができます。

もちろん、オンラインサイトでほとんどのことが解決しますが、何かあったときのために店舗があるのは安心ですね。

ドコモ・au時代に店舗を利用されていた方も、安心して乗り換えることができます。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ワイモバイルに乗り換えるデメリット

 

通信速度はドコモ・auに劣る

 

前章で、「ワイモバイルのデータ通信速度は十分!」と述べましたが、ドコモ・auと比較すると、数値上はやはり劣ります。

通信速度に強くこだわる方は、格安スマホはおすすめできません。

 

ただし、ワイモバイルの通信速度は格安スマホの中ではトップクラスです。

私もドコモから乗り換えましたが、ドコモと比べて遅くなったと思ったことは一度もありません。

通信速度は数値上は劣りますが、普段使う分には快適に通信できると思います。

 

データ繰り越しができない

 

ドコモ・auでは、一部のプランを除き、当月の余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

また、他の格安スマホキャリアでもほぼ全てのキャリアで繰り越しサービスがありますが、ワイモバイルには余ったデータの繰り越しサービスはありません

ここはワイモバイルの最大のデメリットだと思います。

繰り越しサービスが必要な方は、ワイモバイルのライバル「UQモバイル」がおすすめです。

 

大容量プランがない

 

ドコモ・auでは20GB・30GBといった大容量データプランが用意されています。

しかし、ワイモバイルはスマホプランLの14GBが最大です。

大容量プランが用意されていないのもデメリットのひとつです。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

月額料金をさらに安くする裏技

  

おうち割で月1,000円割引

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

ワイモバイルは、毎月のスマホ料金を安くする裏技があります。それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割(光セット)」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

  月割引額
プランS 500円
プランM 700円
プランL 1,000円

 

f:id:SCANTY:20180201173909p:plain

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。必ずソフトバンク光に申し込みましょう。

  

ネット申込みで2.8万進呈

 

さらに、ソフトバンク光を利用してお得になる裏技があります。

ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

ソフトバンク光の正規代理店のWEBサイトから申し込めば、申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

<用語解説>
正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

キャッシュバックは、新規申込か転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換
  新規 転用
キャッシュバック額 28,000円 13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

<正規代理店のメリット>

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック2.8万(転用1.3万)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

  

▼オプション不要のおすすめ代理店▼

f:id:SCANTY:20171202213344p:plain

 

▼オプション不要で2.8万還元▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

20170908222440

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

まとめ:全員乗り換えるべき!

 

以上、ドコモ・auからワイモバイルに乗り換える手順と、メリット・デメリットの解説でした。

前章で解説したとおり、「データ繰り越しができない」「大容量プランが無い」といったデメリットはありますが、それを除けば十分な通信速度が出て、料金が大幅に安いワイモバイルの方が断然おすすめです。

 

もちろん、格安スマホへの乗り換えは不安もあると思いますが、私は思い切って乗り換えて本当に良かったと思います。何一つ不満はありません。

みなさんもぜひワイモバイルに乗り換えて、スマホ料金を節約してください!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ワイモバイルに乗り換え後は、ソフトバンク光のセット割適用も忘れないようにしましょう!

 

▼オプション不要で2.8万還元▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

<関連記事>