スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

私がワイモバイル・ソフトバンク光で年12.6万円節約した裏技まとめ

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

私は、長年使用してきたドコモを離れ、2017年の5月からスマホをY!mobile(ワイモバイル)に、家のネット(光回線)をソフトバンク光にしました。

これにより、なんと年間12万6千円もの節約を達成したのです!!

今日は実際に私が行った、スマホ・家のネットをお得し、さらにキャッシュバックまでもらう裏技をまとめます。

  

▼ワイモバイルユーザーは必須▼

 ソフトバンク光申込サイト

  

  

12.6万円得した6つのお得ワザ

 

1. ワイモバイルへMNP乗り換え

  

まず、これまで使用していたスマホをドコモからワイモバイルに変えました。

ドコモではデータ通信月5GBまでのプランで、月額8,000~8,500円ほど支払っていました。 

一方、現在使用しているワイモバイルは、以下の契約で税込月額3,218円です。

  • データ通信月6GB(スマホMプラン)
  • 10分以内の国内通話何度でも無料

 

f:id:SCANTY:20171110165448p:plain

私が契約したMプランは月2,980円

 

スマホをワイモバイルに乗り換えただけで月5,000円もの節約になりました。

年間だと約6万円ですね。でかすぎます。

 

ちなみに、格安スマホの中にはもっと安いキャリア・プランもあります。

私は通信速度が早くて安定していることと、他のキャンペーンとの併用・サービス内容を勘案しワイモバイルにしました。

特にワイモバイルの通信速度は格安スマホの中でダントツの速さと安定性を誇っています。詳細は「実際に使ってわかった、ワイモバイルのメリット・デメリット総まとめ」をお読みください。

料金と通信速度にこだわる方はワイモバイルが断然オススメです。 

 

ワイモバイル公式オンラインサイト」では、取扱端末の確認をはじめ、料金シミュレーションで自分がいくら節約できるか試算できます。

また、期間限定セールで端末が格安で手に入ることも!ぜひ一度のぞいてみてください!!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

2. 機種代一括払い

 

ワイモバイルにMNP(番号そのまま)で乗り換える際、新しいスマホ端末の支払には2通つの方法があります。

ひとつは、端末代金を24回の分割で支払う方法。もうひとつは、端末代金を最初に一括で支払う方法です。

 

私のオススメは端末代金の一括払い。

なぜなら、家電量販店などで端末代金を一括で支払うと、ポイントが貰えるからです。

 

私はヨドバシカメラのワイモバイルショップで手続きをしたのですが、端末代金約50,000円分を一括で支払ったので、約5,000ポイントのヨドバシゴールドポイントが貰えました。

ヨドバシゴールドポイントは1P=1円で使えますので、実質5,000円の割引になります。

ちなみに、分割にするとこのポイントは貰えません。

端末代金を一括で支払っても分割にしても、2年間で支払う金額は全く同じです。

そのため、家電量販店などで購入する場合は、端末は一括で支払ったほうがお得です。

 

もちろん、購入時に多額のお金が必要になりますので、その点は注意が必要です。

また、家電量販店では下記のような不満もあります。

  • 待ち時間が長い
  • 知らないうちにオプションに入らされていた

分割で支払いたいという方は、不要な接客無し・待ち時間なし・送料無料・最短翌日到着・24H受付OKの公式オンラインサイトで購入しましょう。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

3. Yahoo!プレミアム会員費無料

 

f:id:SCANTY:20170530130144p:plain

ワイモバイルのおまけ的な特典として、ユーザー全員のヤフープレミアム会員費が無料になる特典があります。

私はよくヤフオクを利用するので、毎月500円のプレミアム会員費を支払っていました。

しかし、ワイモバイルのスマホを契約していると自動的にヤフープレミアム会員費が無料になります。

これだけで年間6,000円の節約になりました。

  

また、ワイモバイルユーザーはヤフーショッピングやLOHACOでの買い物でのポイント還元率が高くなるという特典もあります。

 

f:id:SCANTY:20170911121647p:plain

 

<ヤフープレミアム会員の特典>

  • ヤフーショッピングでポイント5倍
  • LOHACOでポイント5倍
  • ヤフートラベルでポイント5倍
  • ヤフオク、ショッピング、トラベルで最大10万円補償
  • 大手コンビニで抽選プレゼント
  • マクドナルド限定クーポン配布
  • ケンタッキー限定クーポン配布
  • 牛角500円引き
  • ピザハット700円引き
  • しゃぶしゃぶ温野菜500円引き など

詳細:ソフトバンク・ワイモバイルスマホはヤフープレミアム会員費が無料!

  

4. ワイモバイルのおうち割

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

ワイモバイルおよびソフトバンクのスマホユーザーは、家のネットを絶対にソフトバンク光にするべきです。

なぜなら、ソフトバンク光とセットでスマホ代が安くなる「おうち割(旧:光セット割)」が適用されるからです。

おうち割が適用されると、毎月のスマホ代が割引になります。

 

ワイモバイルユーザーの場合、料金プランによって割引金額が変わります。

 

  月割引額
プランS 500円
プランM 700円
プランL 1,000円

   

私は月6GBまで使えるスマホMプランでしたので、おうち割で毎月756円の割引になります。年間で9,000円の割引ですね。

私は端末を一括で購入したため月の支払額はもともと1,166円でしたが、このおうち割を適用することで毎月の支払いは410円になります。 

月々のスマホが月額410円ですよ!?ありえなくないですか!?

 

さらに、この割引額はスマホ1回線あたりの割引額です。家族でワイモバイルのスマホを使っていれば、全員に割引が適用されさらにお得になります。

 

ソフトバンク光にしたいけど、まだ前の回線の契約が残ってる…という方も安心です。 

現在使用しているプロバイダを解約してソフトバンク光に移転する場合、解約手数料をソフトバンクが負担してくれます。

ですので、スマホがソフトバンクもしくはワイモバイルの方は、今すぐ家のネットをソフトバンク光に乗り換えましょう。ワイモバイルユーザーならもはや必須の節約技です。

メリットや申込みの流れ:ソフトバンク光の申込み~開通までの流れを徹底解説!

 

▼ワイモバイルなら絶対おすすめ▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

5. ソフトバンク光申込で現金還元

 

f:id:SCANTY:20170422214041p:plain

 

さて、前の章でソフトバンク光の「おうち割」でスマホ代が安くなるという話をしました。

しかし、ソフトバンク光に乗り換えるメリットはこれだけではありません。

ソフトバンク光に正規代理店から申込むことで、高額の現金キャッシュバックが受けられるのです。

これはあまり知られていない裏技です。 

 

<用語解説>
正規代理店 とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託された代理店のこと。正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けている ことが多い。 

 

例えば下記の正規代理店のWEBサイトから申し込めば、申込特典として最大28,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

  新規 転用
キャッシュバック額 28,000円 13,000円

※フレッツ光からの転用の場合のみ13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけです。

ソフトバンク光には必ず正規代理店から申し込みましょう。

 

<正規代理店のメリット>

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック2.8万(転用1.3万)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼2.8万円貰えるおすすめ代理店▼

  ソフトバンク光申込サイト

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円でした…)

20170908222440

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

  

6. ドコモ端末の下取り

 

ワイモバイルにMNP(番号そのまま)で乗り換えた際、これまでドコモで使用していたスマホが残ってしまいました。

2年間使い倒したので新しい端末に変えたいものの、まだ使用できるこの端末を捨てるのはもったいない……

 

そんなとき、ドコモで端末を買い取ってくれるキャンペーンを行っていることを知りました。

下取りプログラム | NTTドコモ 

「下取り」とありますが、単純に端末を買い取ってくれます。

 

私はSONYのXPERIA SO-02Gを使用していましたが、当時の買取額は22,000円でした。

代金は現金ではなくドコモポイント(dポイント)での還元になります。

ドコモショップでMNP転出番号を取得する前に買取りをお願いし、無事22,000ポイントをゲットしました。 

ドコモポイント(dポイント)は1P=1円で使用できるので、実質22,000円分の得になります。

 

ちなみに、買取においては画面割れなどが無く、普通に使用できる状態であれば傷の有無・付属品の有無は査定に関係ありません。

私の機種も結構傷がついていましたが、満額で買い取ってもらえました。 

2年間使い倒した機種をこんなに高額で買い取ってもらえるなんてびっくりです。

 

 

得した合計額は12万6千円!!

 

以上、ワイモバイルにキャリア変更したことによって節約&お得になった内容をまとめました。

 

最終的に私が得した額は、年間でなんと12万6千円です!!

ざっくりの明細は下記の通りです。

 

  得した金額
スマホ月額料金 60,000円
(5,000円/月)
ヨドバシ
ポイント
5,000円分
ヤフープレミアム会員費 6,000円
(500円/月)
おうち割による割引額 9,000円
(756円/月)
ソフトバンク光申込みキャッシュバック 24,000円
(※)
ドコモ端末下取り 22,000円分
合計 126,000円

※当時は24,000円でしたが、現在は28,000円貰えます 

 

12万円って、もはや収入の一部ですね。

いろんなワザを知っているか知らないかの違いだけで、こんなに差がついてしまいます。

皆さんもぜひご検討ください。

 

▼ワイモバイルの申込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

▼ソフトバンク光の申込みはこちら▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

 

ワイモバイルのその他のメリット

 

ワイモバイルには他にもたくさんのメリットがあります。

ここからはワイモバイルのメリットを詳しく紹介します。 

 

データ通信速度が速い

 

f:id:SCANTY:20171009013826p:plain

 

ワイモバイルの最大の特徴は、格安スマホの中でデータ通信速度が安定して速いことです。

 

スマホでWEBサイトを閲覧したりアプリを使っていると、なかなかページが更新されずイライラしてしまうことがありますよね。

これは、データ通信の回線が混雑することで発生します。

先ほど説明したとおり、他の格安スマホの会社は主にドコモから回線を借りて運営しています。

そのため、使用できる回線が限られ、データ通信速度が遅くなりがちです。

 

しかしワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を自社回線としてそのまま使用しています。

他の会社のように回線の一部を借りているのではありません。

そのため、各種のデータ通信速度の速度結果をみると、他の格安スマホに比べて安定的に速いと言う結果が出ています。

詳細:安心して格安スマホを選ぶなら、ワイモバイル

 

私もワイモバイルを使用していますが、前に使っていたドコモと比べて通信が遅いと感じたことはありません。

格安スマホの中でトップクラスの通信速度はワイモバイルの大きな特徴です。

 

料金プランがシンプル

 

この記事をご覧の方の中には、初めてスマホを使う方もらっしゃると思います。

自分のスマホの料金は毎月いくらになるのか、知りたいですよね。

しかし、スマホの料金プランは非常に複雑です。

特にドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのプランはちんぷんかんぷん……。

いったい自分にどのプランが適しているのか、毎月いくらになるのか、全くわかりません。

 

それに比べ、ワイモバイルの料金プランは3つの中から選ぶだけ。

非常にシンプルです。

下図をご覧ください。

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

料金プランは上の3つ

 

プランを選ぶときのポイントは「月々のデータをどれだけ使うか」のみ。

常時「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」というのを実施しています。

よって、契約から2年間はスマホプランS/M/Lはそれぞれ2GB・6GB・14GBまで使うことができます。

  • スマホプランS:2GB
  • スマホプランM:6GB
  • スマホプランL:14GB

※2倍が無料になるのは2年間だが、機種変更すればまた2年間データ容量は倍になります

 

データ量によって自分にあったプランを3つの中から選ぶだけです。

料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

 

 

10分以内の国内通話無料

 

ワイモバイルなら、10分以内の国内通話は月に何度かけても無料です。

どのプランにしてもこの無料特典がついてきます。

このおかげで、私はこれまで一度も通話料金を支払ったことがありません。

もともを通話はあまりしないほうだったのですが、たまに長電話する際は10分で一度きり、再度掛けなおすことで全て無料にしています。

 

他の会社でよくある「21時~深夜1時は有料」「無料になるのは登録した3つの番号のみ」といった制限もありません。

国内通話なら、いつ・誰にかけても無料です。

そのため、ほぼ基本料金のみで毎月おさまります。

※ナビダイヤルなど、国内通話でも一部有料の場合があります

 

完全かけ放題プランもある

 

f:id:SCANTY:20180113213217p:plain

 

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lの契約者は、10分以内の国内通話は何度でも無料になります。

ただ、それでは足りない方には完全かけ放題になるオプションもあります。

「スーパー誰とでも定額」です。月額1,000円で、国内通話が完全無料になります。

電話を長時間される方や、お仕事でスマホを使う場合などはこちらの方がお得になります。

 

無料でプラン変更可能

 

初めてスマホに契約される方は、ご自分がどれだけデータを使用するかわからないと思います。

しかし、ワイモバイルの上記3プランなら、契約後のプラン変更が可能です。

「最初はプランM(6GB)にしたけど、思ったより使わなかったのでプランS(2GB)に変更したい」といったときにすばやく対応できます。

変更に手数料などもかからないので安心ですね。

 

データ容量を分け合える

 

ワイモバイルには「シェアプラン」というサービスがあります。

これは、SIMカードを追加して、”親”となる端末のデータ容量を”子”の端末と分け合えるサービスです。

親回線がスマホプランL(14GB)なら、子回線は基本使用量が無料になります。

 

親回線の
契約プラン
子回線の
基本料金
スマホプランS 980円
スマホプランM 490円
スマホプランL 無料

 

それぞれで契約するよりシェアプランを活用したほうがお得になる場合がありますので、ぜひ活用してください。

 

ソフトバンクWi-Fiスポットが使える

 

ワイモバイル契約者なら、全国にあるソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えます。

JRの主要駅や空港、カフェやファーストフードなどいたるところにあり、高速通信が無料で使えます。

私もかなり利用していますが、データ容量を節約しながら高速で通信できるのは本当にありがたいです。

f:id:SCANTY:20180113213634p:plain

このマークが目印

 

キャリアメールが使える

 

格安スマホのデメリットのひとつにキャリアメールが使えないというものがあります。

キャリアメールとは@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのメールアドレスです。

LINE等の普及でメールでやりとりすることは少なくなりましたが、今でもたくさんの方が利用されています。

また一部のサービスを利用する際に登録必須な場合があります。

ワイモバイルは@yahoo.ne.jpや@ymobile.ne.jpといったアドレスが付与されます。

これまで通りメールのやり取りができますし、各種登録もできますので安心です。

 

家族割で料金割引

 

ワイモバイルでは、家族で複数回線のスマホを契約した場合、2台目以降の基本料金が毎月540円割引になるサービスがあります。

ご家族でスマホを使っている場合、全員でワイモバイルにすれば基本料金がかなり節約できます。

それに加え、家族割による割引まで受けることができるのです。

 

家族割を適用させるための条件は以下のどちらかです。

  • 家族であること
  • 同一住所を証明する資料を提出すること

つまり、同じ住所でなくても家族であれば割引が受けられます。

また、戸籍上家族でなくても、同居していれば割引が受けられます。

 

また「家族割」と同時に「家族のスマホまとめてキャンペーン」というのも実施ししています。

これは、複数回線を同時に申し込めばキャッシュバックが受けられるというものです。

ワイモバイルはもともと料金が安いので、家族がいる方はぜひワイモバイルでそろえたほうがお得ですね。

 

18歳以下はタダ学割適用可能

 

f:id:SCANTY:20171130171152p:plain

 

ワイモバイルは18歳以下の方にとって非常にお得なキャンペーンがあります。

それは「タダ学割」というキャンペーンです。

2017年12月1日~2018年5月31日の期間限定で実施しています。

「タダ学割」 には大きく2つの特典があります。

 

1つ目:最大4ヶ月基本料金タダ

 

「タダ学割」の特典の1つ目は、スマホの基本料金が最大4か月分無料になることです。

2017年12月に申し込めば4か月分無料(←終了)、2018年1月~5月までに申し込めば、契約翌々月まで3ヶ月間無料になります。

  • 17年12月に申込み:4ヶ月タダ(←終了)
  • 18年1月~5月に申込み:3ヶ月タダ

対象プランはスマホプランS/M/Lです。

 

 

2つ目:データ2倍が機種変更までタダ

 

特典の2つ目は、データ容量2倍オプションが機種変更まで無料になるというものです。

スマホプランSはもともと1GB、Mは3GB、Lは7GBですが、これが無料で2倍になります。

  • スマホプランS:1GB⇒2GB
  • スマホプランM:3GB⇒6GB
  • スマホプランS:7GB⇒14GB

 

そもそも、ワイモバイルでは普通にスマホプランS/M/Lに申し込んでも無料で2倍になります。

タダ学割と通常の方の違いは「無料になる期間」です。

通常の方は、契約翌月から24ヶ月間で無料期間が終了してしまいます。

しかし、「タダ学割」対象者は24ヶ月を超えても機種変更しない限りずっと無料です。

  • 通常:24ヶ月で無料期間終了
  • タダ学割:24ヶ月を超えても機種変更しない限り無料

  

各種条件・実施期間 

  

タダ学割の実施期間は2017年12月1日(金)から2018年5月31日(木)までです。

また、タダ学割が申し込める方は、以下の条件を満たした方です。

  • 個人契約の方(法人は対象外)
  • 申込み時の使用者の年齢が5歳以上18歳以下
  • 新規、他社からのりかえ(MNP)、ソフトバンクからの番号移行のいずれかで申し込むこと
  • スマホプランS/M/Lを申し込み方

ソフトバンクからのMNP乗り換えの方も対象なのが嬉しいですね。

  

タダ学割の詳細は「ワイモバイル「タダ学割」の詳細・申込手順をやさしく解説します」をご覧ください。 

  

iPhoneも格安で使える 

 

皆さんの中には、

「スマホは絶対iPhoneじゃないと嫌だ!」という方もおられるでしょう。

私はAndroidユーザーですが、私の周りでもiPhone人気が非常に高いです。

でも、その点もワイモバイルなら大丈夫です。

 

販売機種はiPhone6SとSE

 

f:id:SCANTY:20170929171801p:plain
f:id:SCANTY:20170929171813p:plain
iPhone6S(左)とSE(右)

 

ワイモバイルでは現在、iPhone6SとiPhoneSEを販売しています。

上記2機種なら、機種本体をワイモバイルで購入することができます。

iPhone6SとSEのCPU性能(操作の快適さ)やバッテリーの持ち具合に大きな差はありません。

両者の違いは大きく「端末代金料金」と「画面サイズ」だと言えます。

  • 端末代金はiPhone6Sの方が2万円以上高い
  • 画面サイズはSE:4インチ、6S:4.7インチ

 

詳細はこちら:ワイモバイルならiPhone6SとiPhoneSE、どちらを買うべきか?

 

最新のiPhoneも使用可。キャッシュバックも

 

f:id:SCANTY:20171010231302p:plain

 

ワイモバイルで販売しているiPhoneは6SとSEです。

しかし中には最新のiPhone8や8Plus、iPhone X(テン)を使用したいという方もおられるでしょう。

また、iPhone8・X(テン)の発売により価格が下がったiPhone7・7Plusを使うのも賢い選択だと思います。

 

実は、現在ワイモバイルで発売しているiPhone6S・SE以外の機種もワイモバイルで使用することが可能です。

「SIMフリー端末」または「SIMロック解除済」であれば、ワイモバイルで使用することができます。

また「ワイモバイル公式オンラインストア」でSIMカードを購入すると、15,000円のキャッシュバックが貰えます。

具体的な方法は下記記事をお読みください。

詳細はこちら:ワイモバイルでiPhone8/iPhone Xを使う場合の料金を徹底解説ワイモバイルでiPhone7・iPhone7 Plusを使う手順・料金を詳しく解説します 

 

キャリア決済機能がある

 

f:id:SCANTY:20171009012221p:plain

 

ワイモバイルには、「キャリア決済機能」である「ソフトバンクまとめて支払い」が使えます

格安スマホでキャリア決済が使えるのはワイモバイルだけです。

他の格安スマホ会社をはじめ、UQモバイルにもキャリア決済機能はありません。

 

<用語解説>
キャリア決済とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスのこと。例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用される。このような会費の支払いは「キャリア決済」のみに指定されている場合がある。

 

どうしてもしたいゲームがある場合や、どうしてもアーティストのファンクラブ(モバイル会員)に入りたい場合は、このサービスがないと困ってしまいます。

私がワイモバイルにしたのも、この「キャリア決済」の機能があったからに他なりません。

格安スマホを検討されている方で、「キャリア決済」が必要であれば、スマホ会社の選択肢は「ワイモバイル」のみになります。

   

LINEも使えてID検索もOK

 

f:id:SCANTY:20171010232511p:plain

 

ワイモバイルなら、もちろんLINEの使用も可能。

年齢認証ができるので、ID検索もできます。

ただしID検索は18歳以上からなので注意してください。

  

全国に実店舗がある

 

他の格安スマホ会社との大きな違いとして、ワイモバイルは全国各地に実店舗がある点が挙げられます。

格安スマホの中には、コスト削減のため実店舗を置かず、ネットや電話のサポートのみのところがあります。

「LINEモバイル」も「マイネオ」もそうです。

 

しかし、ワイモバイルには実店舗があります。

スマホの契約などはオンラインストアで十分ですが、何か困ったときや緊急の場合には街のワイモバイルショップに行けば対応してくれます。

特に初めての方は、何かあったときのために店舗があるのは安心ですね。 

 

オンラインストアが便利

 

ワイモバイルには店舗がたくさんあるのがメリットですが、休日や繁忙期はいつでも混雑しています。

そんなときに便利なのがワイモバイルオンラインストアです。

以下に挙げるように、オンラインストアにはメリットがたくさんあります。

 

<メリット>

  • 24時間受付可能
  • 待ち時間無し
  • 10分で手続き完了
  • 店頭に行く時間・手間・電車賃不要
  • 余計なオプションを進められない
  • 送料・代引き手数料無料
  • 最短当日発送

ぜひオンラインストアを利用してください。

 

 

ワイモバイルのおすすめスマホ機種

 

ワイモバイルで購入できるおすすめスマホは「ワイモバイルのおすすめスマホ機種ランキング」で紹介しています。特に最近はAndroid Oneという、Googleと共同開発したワイモバイル独自のシリーズが大人気です。

また、格安スマホでは珍しいiPhoneの取り扱い端末でもあります。

もちろん、取り扱っていないiPhone8やiPhone X(テン)もワイモバイルで格安で使えますので、ぜひ乗換えを検討してください。

詳細:ワイモバイルでiPhone8・8 Plus・iPhone Xを使う手順・料金を解説

 

 

ソフトバンク光キャンペーン情報

 

現在、ソフトバンク光ではお得なキャンペーンを行っています。

現在実施中のキャンペーンは「ソフトバンク光のお得なキャンペーンまとめ」に詳しく解説していますのでご覧ください。

なお、本章で解説した正規代理店なら、ソフトバンクの公式キャンペーンと、代理店独自のキャッシュバック特典が2重取りできます。

必ず代理店を利用してくださいね。

 

▼オプション不要で2.8万円貰える▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

ワイモバイルとソフトバンク光の詳細は下の記事にまとめています。

気になった方はこちらを参照してください。

 

<ワイモバイル関連記事>

  

<ソフトバンク光関連記事>

 

以上、ワイモバイル・ソフトバンク光で節約する裏技のまとめでした!!

 

▼ワイモバイル申込はこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

▼オプション不要で2.8万円貰える▼

 ソフトバンク光申込サイト