スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

UQモバイルでiPhone 7・iPhone7 Plusを使う方法・料金を解説!


こんにちは、SCANTYです。

本日はiPhone 7・iPhone 7 PlusをUQモバイルで使用する手順・料金を説明します。

iPhone 7・iPhone7 Plusは端末の価格が下がっており、さらにUQモバイルは料金が格安なため通信料を大幅に削減できます。

 

またUQモバイルの申し込みで現在3,000円分の商品券が貰えます。

UQモバイルでiPhoneを使うことで、3大キャリアに比べ2年間で最大40,000円近く通信料を節約することができますので、ぜひ参考にしてください!

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

 

アイフォン7は動作確認済み

 

UQモバイルでは、iPhone 7・iPhone 7 Plusについて、UQモバイルのSIMカードを挿入しても正しく使えることを確認しています。(動作確認済み)

SIMフリー端末も、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも問題なく使えますので安心して購入してください。

 

  SIMフリー版
・au版
ソフトバンク
・ドコモ版
iPhone 7
iPhone7 Plus

◎:そのまま使える、○:SIMロック解除後使える

 

UQでiPhone 7・7 Plusを使う5つの手順

 

UQモバイルの店頭・オンラインストアでは、iPhone 7・iPhone 7 Plusは販売していません。(現時点で店頭販売はiPhone SE・6Sのみ)

そのため、以下の5つの手順が必要になります。

  1. MNP予約番号を発行
  2. UQモバイルのSIMカードを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. APN設定

 

1. MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からUQモバイルに乗り換える場合のみに発生します。

乗換えではなく、UQモバイルに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでUQモバイルに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470
ソフトバンク
店頭  
電話 Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

2. UQモバイルのSIMを購入

 

続いては、UQモバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

f:id:SCANTY:20180314151004p:plain

SIMカード

SIMカードの契約・購入はUQモバイルの店頭でも可能ですが、「UQモバイル公式オンラインストア」の購入ががおすすめです。

オンラインストアなら3,000円分の商品券が貰えます。

(以下、オンラインストアでの申し込み方法を解説します)

 

UQモバイルでは、サイズの異なるSIMカードが数種類販売されています。

「iPhone用SIM」を選択して購入してください。

誤ってAndroid用のSIMを購入しないように気をつけてくださいね。

 

f:id:SCANTY:20171110095020p:plain

iPhone専用SIMを選択


iPhone用SIMを選択すると、次画面でiPhoneの機種を選択する画面が出てきます。

しかしここにiPhone 7・iPhone7 Plusは表示されません。

HPの更新が追いついていないようですね。

 

しかし、iPhone 7・7 Plusも使用できることが確認されていますので安心してください。

ここでは、iPhone6S(SIMフリー版)かiPhone6S(au・ドコモ・SB版)を選択します。(どちらを選んでもOKです)

f:id:SCANTY:20171110100221p:plain

iPhone6Sを選択

 

次に、契約方法(新規契約か、他社からの乗り換えか)を選択します。

 

f:id:SCANTY:20171110100452p:plain

 

次に、ご自分が毎月使用するデータ容量に応じて、料金プランを選択します。
(料金プランについては後ほど詳しく説明)

 

f:id:SCANTY:20171110100549p:plain

 
必要に応じてオプションサービスを選択します。

 

f:id:SCANTY:20171110100628p:plain

 

年齢確認と契約先を選択します。

沖縄にお住まい以外の方は左の「UQコミュニケーションズ」を選択します。

 

f:id:SCANTY:20171110100742p:plain

 

最後に、毎月の料金明細が出てきますので確認してください。

 

f:id:SCANTY:20171110100838p:plain

 

次のページで約款などを確認したあと、乗り換えの場合はMNP番号の入力画面が出ます。

他社からのMNP乗り換えの場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

各携帯会社でMNP番号を発行してもらいましょう。

 

f:id:SCANTY:20171110101013p:plain

 

次ページで契約者の各種情報を入力し、最後に入力内容を確認すれば申込み完了です。

最短で翌日にSIMカードが送られてきますので、それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

3. iPhone 7本体を入手

 

UQモバイルではiPhone 7・iPhone 7 Plusを販売していません。よって、端末は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. Appleで購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

アップルストアでは、UQモバイルのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone本体価格表▼

  iPhone7 iPhone7 Plus
32GB ¥61,800
(¥66,744)
¥74,800
(¥80,784)
128GB ¥72,800
(¥78,624)
¥85,800
(¥92,664)

iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する - Apple(日本)

 

B. 現在使用中の端末を流用する

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで使用している端末を流用する方法です。

auで購入したiPhone7・iPhone7 Plusは、UQモバイルでもそのまま使用できます。

しかし、ドコモ・ソフトバンクで購入した端末を使用するためには、SIMロック解除が必要です。

 

▼SIMロック解除要否▼

  SIMロック解除
SIMフリー
不要
auで購入
ドコモで購入
ソフトバンクで購入

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

C. 中古ショップで購入

 

iPhone7・7 Plusは中古スマホショップでも購入できます。

iPhone8・8Plus・X(テン)の発売に合わせ、中古市場にiPhone7・7Plusが大量に流れ込み、価格が下がっています。

最新機種ではないとはいえ、iPhone7・7Plusは十分すぎる高性能機種ですので、価格が下がっている今がチャンスだと思います。

 

4. iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone7・iPhone7 Plus本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート 

f:id:SCANTY:20180316172345p:plain

SIMカードを挿入

 

5. APN設定(プロファイルインストール)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができませんので、Wi-Fiにつなげます。

Wi-Fiにつながったら、下記のサイトよりプロファイルをDLします。

iOS製品の設定方法|UQmobile

 

「iPhone5・5s・5c用」と「iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/SE/7/7 Plus/8/8 Plus/X用」のプロファイルがあります。

このプロファイルをインストールしてください。

 

f:id:SCANTY:20171218152653p:plain

 

プロファイルのインストールが完了すると、いよいよiPhone 7がUQモバイルで使えるようになります。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

iPhone 7使用時の注意点

 

UQモバイルはテザリング不可

 

UQモバイルでiPhone7・7Plusを使用する際、注意すべき点があります。

それは、iPhone7ではテザリングができないということです。

テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。iPhoneをモバイルルーター代わりに使うイメージですね。

 

UQモバイルのSIMを挿入したiPhoneでは、テザリングができません。

「テザリング?何それ?」という方には問題ないですが、これまでテザリングを利用していた方は注意が必要です。

 

なお、ワイモバイルならテザリング可能です。

テザリングが必要な方はワイモバイルも検討しましょう。

詳細:ワイモバイルでiPhone7・iPhone7 Plusを使う手順・料金を詳しく解説

 

▼詳細はこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

キャリアメールも使えない

 

キャリアメールとは、そのスマホ会社が持つ固有のメールアドレスです。

ドコモで言えば「@docomo.ne.jp」、auで言えば「@ezweb.ne.jp」といったアドレスを指します。

 

UQモバイルでは月額200円のオプションとしてキャリアメール「@uqmobile.jp」を使用することができます。

ただし、iPhone7・iPhone7 PlusにUQモバイルのSIMを挿して使用する場合、UQモバイルのキャリアメールを使用することができません

 

メール機能としてキャリアメールを使用している方は少ないかもしれませんが、キャリアメールの登録が必須のメールマガジンやスマホゲームをされる方などにはちょっと残念です。

 

こちらもテザリング同様、ワイモバイルならiPhone7・7Plusでも「~@ymobile.ne.jp」のキャリアメールが使えます

キャリアメールが必要な方はワイモバイルがおすすめです。

 

▼詳細はこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

UQモバイルの3つの料金プラン

 

ここからは、iPhone 7をUQモバイルで使用する際の料金プランを解説します。 

UQモバイルのスマホ料金プランは、おしゃべり・ぴったりプランとデータ高速プラン、データ無制限プランの3つです。

 

おしゃべり・ぴったりプラン

 

最もメジャーな「おしゃべり・ぴったりプラン」は、データ通信量と通話パターンに応じて6つから選ぶプランです。

下図をご覧ください。

f:id:SCANTY:20171110102508p:plain

 

プランを選ぶ際のポイントは2つです。

  1. 月々のデータをどれだけ使うか(S/M/L)
  2. 通話をどれくらいするか(ぴったり/おしゃべり)

まず、データ容量に応じてプランS(2GB)・プランM(6GB)・プランL(14GB)をきめます。

プラン毎の料金は以下の通りです。

 

プラン データ 1年目 2年目
プランS 2GB ¥1,980 ¥2,980
プランM 6GB ¥2,980 ¥3,980
プランL 14GB ¥4,980 ¥5,980

 

さらに、ご自身の通話パターンに応じてぴったりプラン(データ容量に応じて無料通話付与)かおしゃべりプラン(5分以内の通話が何度でも無料)を選びます。

料金は上記の基本料金に含まれています。

 

  おしゃべり ぴったり
プランS 5分以内の 無料通話60分
プランM 国内通話 〃 120分
プランL 何度でも無料 〃 180分

 

データ量と通話パターンにによって自分にあったプランを選んでください。

料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

データ高速 + 音声通話プラン

 

続いては「データ高速 + 音声通話プラン」を解説します。

データ高速+音声通話プランは、3GBまでの高速データ通信と音声通話がついたプランです。

 

UQモバイルで契約される方の多くはおしゃべり・ぴったりプランを選択されます。

しかし、このプランのメリットは最低利用期間が短いことと、通話をほとんどしない方は料金が安くなる可能性があることです。

 

▼データ高速+音声通話プラン▼

データ 基本料金 通話料 最低
利用期間
3GB ¥1,680 20円/30秒 12ヶ月

 

おしゃべり・ぴったりプランは最初の2年間のデータ容量が2倍になって2GB・6GB・14GBですが、データ高速プランは2倍にはならず、3GBのままです。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

データ無制限 + 音声通話プラン

  

続いては「データ無制限+音声通話プラン」の解説です。

このプランは、データ通信が低速になるかわりに、月々のデータ容量が無制限になるプランです。

▼データ無制限+音声通話プラン▼

データ 基本料金 通話料 最低
利用期間
無制限
(500kbps)
¥2,680 20円/30秒 12ヶ月

 

おしゃべり・ぴったりプランやデータ高速+音声通話プランは高速通信が可能ですが、こちらのプランのデータ通信速度は低速です。

そのため、動画閲覧は難しいですし、画像が多いWEBサイトの表示も遅くなり、かなり不便になります。

 

ただし、低速といっても500kbpsあります。

よって、LINEやメール、SNS、音声ストリーミング、テキストサイトの閲覧などは問題なく行うことができます。

データ容量の制限もありませんので、データ容量を気にする必要がありません。

 

ラインやSNSはたくさんするけど、動画やWEB閲覧はほとんどしないという方にはおすすめですね。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

料金に関する補足・注意点

 

最低利用期間・自動更新

 

最低利用期間(いわゆる縛り期間)と契約解除料、自動更新の有無は、下表の通りプランによって異なります。

 

プラン 最低利用
期間
契約
解除料
自動更新
おしゃべり
2年
9,500円
あり
ぴったり
データ高速+音声
12ヶ月
なし
データ無制限+音声

 

もっとも加入者が多いおしゃべり・ぴったりプランは、最低利用期間が2年です。

最低利用期間が長いかわりに、料金がお得になっています。

 

おしゃべり・ぴったりプランの契約更新月は、「契約月を含む26ヶ月目の1ヶ月間のみ」です。

もし解約やMNP転出、機種変更をしたい場合は、この1ヶ月間に手続きをしましょう。

この1ヶ月を逃すと、また2年間の契約が更新され、無料で解約やMNP転出、機種変更できるのはさらに2年後になってしまいます。

 

データ高速プラン、データ無制限プランは最低利用期間が1年で、自動更新はありません。

 

契約解除料は9,500円

 

最低利用期間を迎える前に解約・MNP転出・機種変更すると、9,500円の契約解除料がかかります。

格安スマホでもほとんどのキャリアでこの契約解除料がかかりますが、UQモバイルも同様です。

 

UQモバイルでは多くの方はおしゃべり・ぴったりプランに契約されますが、2年以内に解約・MNP転出する可能性が高い場合は、「データ高速+音声通話プラン」または「データ無制限+音声通話プラン」も検討しましょう。

こちらの最低利用期間は1年です。

 

データ繰り越し可能

 

UQモバイルには、余ったデータの繰り越しが可能です。  

おしゃべり・ぴったりプランの場合、繰り越せる容量は以下の通りです。

プラン データ
繰越上限
月最大
データ容量
プランS 2GB 4GB
プランM 6GB 12GB
プランL 14GB 28GB

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。大変良心的ですね!

 

無料でプラン変更可能

 

最初にプランを選択した後に「契約時はプランSで契約したけど、毎月データ容量が足りないな…」といったことがあるかもしれません。

そんなときもUQモバイルなら大丈夫です。プランS/M/L間の変更も、おしゃべりプラン⇔ぴったりプランの変更も毎月可能です。

変更はもちろん無料。

 

「いつもはプランSの2GBでいいけど、来月は旅行に行くから一ヶ月だけプランMにしたい」といったこともできます。

 

<変更可能なパターン> 

  • おしゃべり⇔ぴったりの変更
  • データ容量(S/M/L)の変更
  • データ高速・無制限プランからおしゃべり・ぴったりプランへの変更

 

節約モードでデータゼロ

 

f:id:SCANTY:20171205033153p:plain

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常に便利なモードがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、データが低速になる代わりに通信量がゼロになる(カウントされない)というサービスです。

 

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも最大300Kbpsの通信が可能です。

ツイッターやFacebook、LINEはストレスなく通信できます。
また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

 

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。
こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

(データ無制限プランは切替不可です) 

 

UQゼロ学割が適用できる

 

f:id:SCANTY:20180305132434p:plain

 

UQモバイルでは現在、「UQゼロ学割」を実施しています。

「UQゼロ学割」は、使用者が18歳以下なら基本料金が3ヶ月無料になったり、データ2倍が次回機種変更までずっと続くお得なキャンペーンです。

この「UQゼロ学割」が適用できるのは、おしゃべりプラン・ぴったりプランのみです。

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」ではUQゼロ学割を適用できませんので注意してください。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

   

iPhone7・7Plus使用時の月額料金

 

次に、UQモバイルで実際にiPhone7・iPhone7 Plusを2年間使用した場合の総支払額を試算しました。

ここからの計算は、AppleストアでSIMフリー端末を購入し、おしゃべり・ぴったりプランに契約した想定で金額を記載してます。

端末を既にお持ちの方は、端末代金を差し引いた額に換算してください。 

 

iPhone 7(32GB)

 

iPhone7のSIMフリー端末(32GB)の本体価格は66,744円です。

これに契約プラン毎の料金と、「UQモバイル公式オンラインストア」でSIMカードを契約すると受けられるキャッシュバック(商品券)を足した合計金額は以下の通りです。

 

<24ヶ月の支払合計>

  プランS プランM プランL
端末代金   ¥66,744  
契約手数料   ¥3,240  
キャッシュバック   ¥3,000  
月額
料金
1年目 ¥2,138 ¥3,218 ¥5,378
2年目 ¥3,218 ¥4,298 ¥6,458
2年総支払額 ¥131,256 ¥157,176 ¥209,016

※価格は税込


iPhone 7(128GB)

 

iPhone7のSIMフリー端末(128GB)の本体価格は78,624円です。

これに契約プラン毎の料金と、「UQモバイル公式オンラインストア」でSIMカードを契約すると受けられるキャッシュバック(商品券)を足した合計金額は以下の通りです。

 

<24ヶ月の支払合計>

  プランS プランM プランL
端末代金   ¥78,624  
契約手数料   ¥3,240  
キャッシュバック   ¥3,000  
月額
料金
1年目 ¥2,138 ¥3,218 ¥5,378
2年目 ¥3,218 ¥4,298 ¥6,458
2年総支払額 ¥143,136 ¥169,056 ¥220,896

※価格は税込

 

iPhone 7 Plus(32GB)

 

iPhone7 PlusのSIMフリー端末(32GB)の本体価格は80,784円です。

これに契約プラン毎の料金と、「UQモバイル公式オンラインストア」でSIMカードを契約すると受けられるキャッシュバック(商品券)を足した合計金額は以下の通りです。

 

<24ヶ月の支払合計>

  プランS プランM プランL
端末代金   ¥80,784  
契約手数料   ¥3,240  
キャッシュバック   ¥3,000  
月額
料金
1年目 ¥2,138 ¥3,218 ¥5,378
2年目 ¥3,218 ¥4,298 ¥6,458
2年総支払額 ¥145,296 ¥171,216 ¥223,056

※価格は税込

 

iPhone 7 Plus(128GB)

 

iPhone7 PlusのSIMフリー端末(128GB)の本体価格は92,664円です。

これに契約プラン毎の料金と、「UQモバイル公式オンラインストア」でSIMカードを契約すると受けられるキャッシュバック(商品券)を足した合計金額は以下の通りです。

 

<24ヶ月の支払合計>

  プランS プランM プランL
端末代金   ¥92,664  
契約手数料   ¥3,240  
キャッシュバック   ¥3,000  
月額
料金
1年目 ¥2,138 ¥3,218 ¥5,378
2年目 ¥3,218 ¥4,298 ¥6,458
2年総支払額 ¥157,176 ¥183,096 ¥234,936

※価格は税込

 

ドコモ・au・Softbankとの料金比較

 

iPhone7・7 Plusを契約する際、UQモバイルと3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ではどちらがお得なのでしょうか。

結論から言えば、UQモバイルの方が最大で約40,000円お得になります。

 

一例として、iPhone7(32GB)を2年使う場合の合計額で比較してみます。

シミュレーションの条件は以下の通りです。

  • 他キャリアからのMNP移行
  • データ通信は毎月5GB程度
  • 通話はほぼ5分以内の国内通話
  • 家族割・おうち割などは考慮しない

試算した結果、UQモバイルでiPhone7を利用した場合、2年間で最大約40,000円安くなる試算になりました。

そもそも月額料金に安いのに、オンラインストアで購入すれば3,000円分の商品券がもらえるのが大きいですね。

 

f:id:SCANTY:20171110113023p:plain

※契約手数料除く

※注意:ドコモ・au・ソフトバンクの料金体系は複雑で、各種条件により料金が変動します。各社のサイトで必ずシミュレーションをしてみてください。

 

UQモバイルのキャンペーン情報

 

f:id:SCANTY:20180407204919p:plain

 

現在、UQモバイルではiPhone 7に挿して使えるSIMカードを契約すると、3,000円分のJCBギフト券が全員貰えるキャンペーンを実施中です。

このキャンペーンは「UQモバイル公式オンラインストア」でSIMを契約した場合のみです。

UQモバイルショップや家電量販店では実施していない場合がありますので注意してください!

 

SIM購入はオンラインストアで!

 

以上、UQモバイルでiPhone7・iPhone7Plusを使う手順と料金の解説でした。

文中でも説明しましたが、UQモバイルのSIMカード購入はUQモバイルショップや家電量販店ではなく「UQモバイル公式オンラインストア」がおすすめです。

 

公式オンラインストア限定で3,000円のJCB商品券が貰えます。送料も無料ですし、最短翌日にはSIMカードが自宅に届きます。

ぜひ公式オンラインストアを利用してください!

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

<参考記事>