スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

UQモバイルは家のネット・光回線とのセット割がない!ワイモバイルの方がいいかも。

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。 

今日はUQモバイルの「光回線とのセット割」について解説します。

結論を先に言うと、

  • UQモバイルは家のネット(光回線)とのセット割が無い
  • セット割するならワイモバイルにしよう

ということです。

ただし、UQモバイルとワイモバイルは非常に似ているようで、違いがいくつかありますので、その点を十分理解したうえでスマホキャリアを判断しましょう。

また、こちらの記事「【UQモバイル】メリット・デメリット・契約時の注意点の総まとめ!」も参考にしてください。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

 

ワイモバイルはおうち割がお得

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

現在私はワイモバイルのスマホを使っています。

ドコモ時代は5GBで毎月8,000円近く支払っていました。しかし、ワイモバイルに変えた現在では3,000円以下でおさまっています。

 

ワイモバイルの強みは基本料金が安いだけではありません。いろいろな割引キャンペーンが併用できるのも大きな強みのひとつ。

そのひとつが光回線とのセット割引である「おうち割」です。

 

「おうち割」とは、ワイモバイルのスマホを契約している方が家のネット回線を「ソフトバンク光」にすると、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になるというものです。

 

プラン 月の割引額
プランS ¥500
プランM ¥700
プランL ¥1,000

 

f:id:SCANTY:20170913185746p:plain

 

この割引は契約者1人あたりの割引額です。ご家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

私も早速申込み、「おうち割」を適用しています。

ワイモバイルユーザーならこの「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

詳細:私がワイモバイル・ソフトバンク光で年12.6万円節約した裏技まとめ

 

▼オプション不要で2.8万還元▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

UQモバイルにはセット割は無い

 

ワイモバイルとUQモバイルは料金プランも同じ、キャンペーンも大体同じというイメージがあるかもしれません。

しかし、UQモバイルには「おうち割」のような家のネット(光回線)とのセット割引の制度(いわゆる光コラボ)が無いのです。

家のネットとのセット割は「おうち割」が適用されるワイモバイルのみのサービスとなっています。

  

au光・eo光・コミファ光も対象外

f:id:SCANTY:20171009031158p:plain

UQモバイルはauの子会社です。

勘のいい方は、「あれ?auスマートバリューも対象外なの?」という疑問がわいてくるかもしれません。

 

auスマートバリューとは、auが実施している割引サービスです。

家のネットを光コラボの「auひかりにすることで、auのスマホ料金が毎月割引になります。

ワイモバイルの「おうち割」と一緒ですね。

 

UQモバイルはauの子会社ですが、auスマートバリューが適用されません。同じく「eo光(イオ光)」や「コミファ光」とのセット割引もありません。

今のところ、家のネット(光回線)とのセット割の制度が無いのが残念ですね。

  

UQモバイルとワイモバイルの違い

 

UQモバイルとワイモバイルは、系列がau系かソフトバンク系かの違いだけで、サービス内容はほぼ一緒と言われることがあります。

しかし、細かくみると上記の「ネットとのセット割の有無」のほかにも違いがあります。

ここからは、UQモバイルとワイモバイルの違いについて詳しく解説します。

 

通信速度はどちらも同等に速い

  

一番気になるのが、データ通信速度です。

ワイモバイルもUQモバイルも大手キャリアの「サブブランド」のため、他の格安スマホよりも通信速度は断然速いです。

 

では、どちらが速いかというと、こちらのサイト様で比較されているように、正直あまり変わりません。

他の結果を見ても、計測のタイミングや場所によってワイモバイルが速かったり、UQモバイルが速かったり…です。

ただし、他のMVNO(LINEモバイル、楽天モバイルなど)よりは安定して速いことは確かなようですね。

 

料金プランもほぼ同じ

 

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランもほぼ同じです。

以下の料金表を見比べてください。それぞれ最も人気のプランである、ワイモバイルのスマホプラン、UQモバイルの「おしゃべり・ぴったりプラン」を比較しました。

 

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

ワイモバイルの料金表

 

f:id:SCANTY:20171006001951p:plain

UQモバイルの料金表

 

ワイモバイルもUQモバイルも、料金形態は以下の点で同じです。

  • プランはS・M・Lの3種類
  • データ容量はそれぞれ2GB・6GB・14GB(2年間)
  • 月額料金は同じ
  • 最初の1年間は1,000円引きになるのも同じ
  • かけ放題または無料通話が料金に含まれる 

 

通話料金は少し異なる

 

料金における最大の違いは、通話料金です。

ワイモバイルは10分以内の国内通話が全て無料です。

一方、UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2つから選べます。

  • おしゃべりプラン:5分以内の国内通話何度でも無料
  • ぴったりプラン:データ容量に応じて無料通話付与

 

<ワイモバイル>

  • 10分以内の国内通話が何度でも無料

f:id:SCANTY:20171009031526p:plain

 

<UQモバイル>

  • おしゃべりプラン・ぴったりプランから選択
  おしゃべり ぴったり
プランS 5分以内の 無料通話60分
プランM 国内通話 〃 120分
プランL 何度でも無料 〃 180分

 

f:id:SCANTY:20171006002136p:plain 

UQはデータ繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20171006002113p:plain

 

ワイモバイルとUQモバイルの大きな違いのひとつは、データ繰り越しの有無です。

UQモバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスがあります。

繰り越せる容量は、各プランの基本容量(2倍になる前の容量)のため、以下の通りとなります。

 

プラン データ
繰越上限
月最大
データ容量
プランS 2GB 4GB
プランM 6GB 12GB
プランL 14GB 28GB

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。そのため、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。大変良心的ですね!

 

一方、ワイモバイルには繰り越しサービスはありません。繰り越しされると月々のデータ使用量の変動を吸収することができるので、ないのは非常に残念です。

 

UQは低速通信に切替可能

 

f:id:SCANTY:20171205033153p:plain

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

他社のスマホで、通信制限されたときは大体128Kbpsなので、それよりも断然高速です。

ツイッターやFacebook、LINEであればストレスなく通信できるでしょう。また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

このサービス、ワイモバイルにはありません。

 

キャリア決済はワイモバイルのみ

 

f:id:SCANTY:20171009012221p:plain
 

キャリア決済の有無でも違いがあります。

ワイモバイルはキャリア決済のひとつである「ソフトバンクまとめて支払い」が使えます。

ドコモ・au・ソフトバンク以外でキャリア決済が使えるのはワイモバイルだけです。

 

「キャリア決済」とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスです。

例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用します。

このような会費の支払いは「キャリア決済」のみに指定されている場合が多いのです。

どうしてもしたいゲームがあるや、どうしてもアーティストのファンクラブ(モバイル会員)に入りたい場合は、このサービスがないと困ってしまいます。

「なんのこっちゃ?」という人には不要な機能ですが、必要な人には大変重要な機能です。

 

一方、UQモバイルはauのサブブランドですが、キャリア決済はできません。

  

 

どちらもiPhone6S・SEが買える

 

f:id:SCANTY:20170929171801p:plain
f:id:SCANTY:20170929171813p:plain
iPhone6S(左)とSE(右)

 

スマホを選ぶ際、「端末は絶対にiPhoneがいい!」という方も多いと思います。

ワイモバイルとUQモバイルでは、ともにiPhone6SとiPhoneSEを取り扱っています。

料金もほぼ同じですので、ここは同じと言ってよいでしょう。

 

UQは最新のiPhoneでテザリング不可

 

ワイモバイルやUQモバイルではiPhone6S・iPhoneSEが購入できますが、iPhone7・iPhone8・iPhone Xも使うことができます。

 

その際(少し細かい話になりますが)、UQモバイルのSIMをiPhoneに挿して使う場合、テザリングができません。

テザリングとは、スマホをPCやゲーム機に接続することで、PCやゲーム機でデータ通信をできるようにすることです。

ワイモバイルはテザリング可能ですが、UQモバイルではできませんので、最新のiPhoneにSIMカードを挿してテザリングしようと思っている方は、ワイモバイルにしましょう。

 

<詳細>

 

申込みはこちら!  

 

以上、UQモバイルには「家のネット(光回線)とのセット割引がない」ことについて解説しました。

私は現在1人暮らしでマンションに光回線をひいているので、ネットとスマホがセットで安くなるのは大変ありがたいです。

 

これまで、ワイモバイルの次はUQモバイルに乗り換えようかなーと思っていましたが、セット割が無いのは痛いですね。

現在のところ、次回の契約更新月がきてもワイモバイルのままにしようと思っています。

 

▼詳細はこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ワイモバイルユーザーはソフトバンク光に必ず申し込みましょう。スマホ料金が毎月最大1,000円お得になり、申込みで28,000円のキャッシュバックが貰えます。

詳細:ソフトバンク光で28,000円もキャッシュバックを貰えた話

 

▼ワイモバイルユーザーは必須▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

ただし、UQモバイルには光回線とのセット割は無いものの、「データ繰り越しができる」「高速⇔低速の切替ができる」といったメリットもあります。

光回線とのセット割にこだわる必要が無ければ、UQモバイルは非常におすすめです。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

  

<関連記事>