スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

OCNモバイルONE「honor9」を解説! 高性能スマホがこの価格で!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、OCNモバイルONEより発売中のスマートフォン「honor9(オーナーナイン)」のスペック・料金について徹底解説します。

 

高スペックCPU・メモリデュアルカメラを搭載しており、スマホをガンガン使う方も大満足の機種です。

性能の割に端末代金も高くなく、どなたにもおすすめです。かくいう私も今一番欲しいスマホです。

※本文中の画像は「OCNモバイルONE公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申込みはこちら▼

 OCNモバイルONE(公式)

 

 

honor9の特徴・レビュー

  

高性能CPUと4GBメモリ

 

まず、honor9はCPUが優秀です。

搭載しているCPUはKirin960で、メモリーは4GBです。

スマホの中で非常にハイスペックな部類に入ります。一般の方が使うには十分すぎるスペックです。

アプリを複数立ち上げて操作したり、3Dゲームをする場合でも快適に操作することができます。

 

省エネバッテリー&急速充電

 

honor9のバッテリーは3,200mAhです。

バッテリー容量が大きいだけでなく、省エネ性能に優れているため、電池の持ちがよいのも特徴です。

さらに、急速充電にも対応しています。急速充電はHUAWEIの得意な技術ですね。

honor9は30分の充電で40%の残量まで充電することができます。

 

ダブルレンズカメラ搭載

 

f:id:SCANTY:20171212144840p:plain

 

honor9のカメラはダブルレンズカメラです。

ダブルレンズカメラとは、その名の通りレンズを2つ持ったカメラのことです。デュアルレンズとよばれるることも多いですね。

ダブルレンズの一方はカラーセンサー(1,200万画素)、もう一方はモノクロセンサー(2,000万画素)です。

カラーセンサーで色彩を、モノクロセンサーで明るさを感知し、それぞれのデータを融合させて美しい写真に仕上げてくれます。

 

夕景・夜景が美しいカメラ

 

f:id:SCANTY:20171212145502p:plain

 

honor9のダブルレンズカメラの特徴は、光量が少ないところでもきれいな写真が撮れることです。

光の量が少ない夕景・夜景でも、これまでの製品より2倍の明るさを保持することができます。

わずかな光の量を感知して美しく写真に描写し、昼でも夜でも美しい写真を撮影することができます。

 

ズームでも美しい写真に

 

遠い被写体の写真を撮る際、ズームすると画像が粗くなって美しい写真が撮れない事があります。

しかし、honor9ならズームでも大丈夫です。

ダブルレンズによる「ハイブリッドズーム」という技術により、ズームでも美しい写真に仕上げることができます。

 

美しい本体デザイン

 

f:id:SCANTY:20171212150148p:plain

 

honor9は本体デザインが美しいのも特徴です。

3D曲面ガラスに覆われた本体は、光を反射して美しく光ります。非常に高級感がありますね。

スマホカバーを外したくなるほどデザイン性に優れています。

私自身もこのデザインが非常に気に入っており、「今一番欲しい」と考えている理由のひとつです。

 

指紋認証センサー搭載

 

最近搭載されていることが多くなった指紋認証センサーですが、honor9も指紋認証センサーを搭載しています。

パスコードなどの入力不要で、ワンタッチでスマホ画面のロックを解除することができます。この機能、本当に便利です。

 

音楽に浸れるオーディオ技術

 

f:id:SCANTY:20171212151111p:plain

 

honor9のメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」はオーディオにも強い企業です。

honor9ももちろんオーディオ技術にこだわっています。

「3Dオーディオテクノロージー」という技術により、まるでライブ会場にいるような温室を楽しむことができます。

グラミー賞受賞者がオーディオを監修しており、その音質はお墨付きです。

 

 

honor9のスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171212151437p:plain

honor9は「グレイシアグレー」「サファイアブルー」の2色です。

 

主な機能

 

honor9は海外メーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が生産しています。

そのため、おサイフケータイ、ワンセグ、防水・防塵といった日本でおなじみの機能はありません。

特に防水・防塵機能がないのはちょっと残念ですね。

 

機能 有無
防水 ×
防塵 ×
おサイフ ×
ワンセグ ×

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W71× L148× D7.5
重さ 約155g
画面サイズ 5.15インチ
解像度 1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量 3,200mAh
連続通話時間 非公表
連続待受時間 非公表
OS Android 7.1
CPU Kirin 960
(オクタコア)
メモリ(ROM) 64GB
メモリ(RAM) 4GB
対応外部メモリ microSD
(最大256GB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万+
2,000万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「OCNモバイルONE公式サイト」で確認ください。

 

  

 

honor9の価格・料金

 

OCNモバイルONEの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量上限が決まっている「標準コース」と、1日単位でデータ量を決める「日割コース」があります。

各コースにおけるhonor9の料金は以下の通りです。性能が良い割に端末代金が安いのがhonor9の特徴です。

 

<端末代金分割払い>

コース データ 基本料 端末代 月額計
標準
3GB ¥1,800 ¥1,480 ¥3,250
6GB ¥2,150 ¥1,480 ¥3,600
10GB ¥3,000 ¥1,480 ¥4,450
20GB ¥4,850 ¥1,480 ¥6,300
30GB ¥6,750 ¥1,480 ¥8,200
日割
110MB ¥1,600 ¥1,480 ¥3,050
170MB ¥2,080 ¥1,480 ¥3,530
低速 15GB ¥2,500 ¥1,480 ¥3,950

※価格は税抜
※初月にSIM代金3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥30,600
コース データ 基本料
標準
3GB ¥1,800
6GB ¥2,150
10GB ¥3,000
20GB ¥4,850
30GB ¥6,750
日割
110MB ¥1,600
170MB ¥2,080
低速 15GB ¥2,500

※価格は税抜
※端末代金にSIM代金含む

 

さらに、通話に関するオプションを追加する場合、料金が加算されます。

  • 国内10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
  • トップ3かけ放題:その月の通話時間上位3つが無料
  • かけ放題ダブル:国内10分かけ放題+トップ3かけ放題
通話オプション 月額料金
国内10分かけ放題 ¥850
トップ3かけ放題 ¥850
かけ放題ダブル ¥1,300

※価格は税抜

 

 

料金に関する補足・注意点

 

初月は基本料金無料

 

OCNモバイルONEの基本料金は初月無料です。

初月とは利用を開始した月なので、月初から使用を開始するとまるまる1ヶ月無料で利用することができます。

申込みから10日後に開通しますので、月末21日または22日以降に申込みすると翌月はまるまる一ヶ月使うことができます。

 

毎月コース変更ができる

 

OCNモバイルONEでは、毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20171224173955p:plain

 

OCNモバイルONEでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越したデータが使えるのは、標準コースは翌月末まで(3月分のデータは4月末まで)、日割コースでは翌日までになります。

1日のデータ量が決められた日割コースでも繰り越しされるのが嬉しいですね。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、低速大容量コースでは繰り越しされません。

 

ターボ切替でデータ節約

 

f:id:SCANTY:20171224174741p:plain

 

OCNモバイルONEのマイページまたは専用アプリには「ターボ機能」という便利ワザがあります。

これは、高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、ターボ機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

音声SIMは最低利用期間あり

 

音声SIMは、利用開始月を1ヶ月目とした6ヶ月間が最低利用期間になっており、この期間内に解約すると解約違約金が発生します。

  

解約違約金は8,000円

 

前述したとおり、音声SIMの場合は6ヶ月以内に解約すると解約違約金(解約手数料)が発生します。

他社は通常2年縛り、短くても1年縛りのところが多いので、OCNモバイルONEは非常に短いですね。

ただし、6ヶ月以内の解約には解約違約金がかかります。金額は一律8,000円(不課税)です。

 

 

OCN光とセットで更にお得

 

1回線ごとに200円割引!

 

f:id:SCANTY:20171214175258p:plain

 

OCNモバイルONEには、月額料金をさらに安くする方法があります。

それは、家のネットをOCN光にすることです。

 

スマホは「OCNモバイルONE」、家のネットは「OCN光」にすることで、セット割引が適用され、料金が更に安くなります。

このセット割引のことを「OCN光モバイル割」といいます。

OCN光モバイル割が適用されると、スマホ代が契約1台あたり毎月200円割引になります。

契約1台当たり200円の割引なので、家族で4人契約していれば毎月800円の割引になります。(最大5回線、1,000円割引まで)

 

OCN光は、フレッツ光と同じ回線を使っているいわゆる「光コラボ」です。

「フレッツ光じゃないと速度やサービスが不安」という方も安心です。

 

OCN光とセットで更に料金割引!

 

OCNモバイルONEには、月額料金をさらに安く抑える裏技があります。

それは、家の光回線を「OCN光」にすることです。

 

家のネット回線をOCN光にすると「OCN光モバイル割」が適用され、OCNモバイルONEのスマホ料金が1回線あたり200円割引になります。

3人で契約していれば月600円の割引です。

 

OCN光についてはこちら「OCN光の口コミ・評判!キャリアはお得感ゼロ?デメリットに要注意! | プロバイダはココがおすすめ!ネット回線比較4NET」を参考にしてください。

 

公式サイトで今すぐ申し込み!

 

以上、OCNモバイルONEのhonor9の紹介でした。

高スペックCPU・メモリとデュアルカメラを搭載しており、スマホをガンガン使う方も大満足の機種です。

高性能機種にも関わらず端末代金が安いのが特徴で、現在発売中のSIMフリースマホの中で非常におすすめの機種です。

 

OCNモバイルONE公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼

 OCNモバイルONE(公式)

  

<関連記事>