スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

OCNモバイルONE「Mate 10 Pro」を解説!最先端の高性能スマホ!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、OCNモバイルONEより発売中のスマートフォン「Mate 10 Pro」のスペック・料金について徹底解説します。

 

AI(人工知能)を搭載した最先端のCPUとライカカメラ、大容量バッテリーが特徴で、防水・防塵にも対応した最高峰のスマホです。

この高機能端末をOCNモバイルONEなら安価な料金で使うことができます。

さらにOCN光とのセット割でお得&キャッシュバック中です!

※本文中の画像は「OCNモバイルONE公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

 

 

Mate 10 Proの特徴・レビュー

 

Mate 10 Proは、現在アンドロイドスマホで最も人気がある「HUAWEI」が発売したスマートフォンです。

AI(人工知能)を搭載した最先端のCPUとライカカメラ、大容量バッテリーが特徴です。また、HUAWEIのSIMフリースマホで初めて防水・防塵に対応しているのも嬉しいです。

 

最先端の高性能CPU

 

Mate 10 Proの一番の特徴は最先端のCPUを搭載していることです。

<用語解説>
CPUとは、簡単に言えばスマホの頭のよさ。頭が良いほどいろんな処理を効率よく行えるため、動作が速くなる。
逆にCPUの性能が低い=頭がよくないと、動作が重くなってもたつき、操作していていらいらしてしまう

 

搭載しているのはkirin970という超高性能CPUです。特徴は、AI(人工知能)を利用して処理速度と省エネ性能を極限まで高めていることです。

AIの計算によりスマホの処理やバッテリーの消費を最適化し、最小のエネルギーで最速の動作を実現しています。

なんだか難しそうですが、とにかく処理速度が速く省エネに優れているということですね。

 

また、メモリー(RAM)も6GBと大容量です。

単純比較できませんが、私のノートPCのメモリーは4GBですので、それよりも高性能なメモリーを搭載していることになります。

アプリを複数立ち上げてガンガン使うヘビーユーザーや、3Dゲームをされる方なども快適に操作することができるでしょう。

 

大容量バッテリーと省エネ設計

 

f:id:SCANTY:20171210074943p:plain

 

Mate 10 Proのもうひとつの特徴は、バッテリーの持ちがよいことです。

HUAWEIはもともとバッテリーの持ちが良いことで定評がありましたが、Mate 10 Proは更に進化しています。

まず、バッテリー容量は4,000mAhです。

さらに先ほどの説明の通り、搭載しているAI(人工知能)により電力の無駄を最小限に抑え、バッテリーの持ちを長くします。

前作の「HUAWEI Mate 9」よりバッテリーの持ちが30%向上しているそうです。

 

急速充電に対応

 

Mate 10 Proは大容量バッテリーを搭載しているだけでなく、急速充電にも対応しています。

計算上、20分の充電で1日使えるバッテリーにまで回復できるそうです。

 

防水・防塵に対応

 

f:id:SCANTY:20171210075612p:plain

 

Mate 10 Proは、防水・防塵にも対応しています。

実はこれ、非常にすごいことなんです。

実は防水・防塵は国内メーカーが強い技術で、HUAWEIのスマートフォンは対応していませんでした。しかし、Mate 10 ProはHUAWEIのSIMフリースマホで初めて防水・防塵に対応しました。

Mate 10 Proの「IP67」は、最高レベルの防塵と、30分水につけても壊れないという防水機能です。

雨の日の屋外や、水周りでスマホを操作する場合も安心です。もちろん、お風呂で使うこともできます。

 

Leicaのダブルレンズカメラ

 

f:id:SCANTY:20171210082008p:plain

 

Mate 10 Proはカメラも最高峰です。

老舗のカメラメーカーであるLeica(ライカ)と開発したカメラをスマホに搭載しています。

メインカメラのレンズには、1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサーが搭載されています。

色の情報をカラーセンサーで、色の濃淡の情報をモノクロセンサーでそれぞれ記録し、2つのレンズの情報を合わせて1枚の写真に仕上げます。

 

さらに、ここでもAI(人工知能)が活躍します。

写真を撮影するシーンや被写体を判別し、それに応じた色・明るさ・濃淡などに自動調整します。

もともと2億枚以上の写真のデータがインプットされており、それらのデータをもとに最も美しい写真に自動で調整してくれます。

 

サブカメラもライカ

 

Mate 10 Proはサブカメラ(自撮り用のカメラ)もライカと開発したカメラです。

メインカメラ(背面のカメラ)と同様、こちらもAI(人工知能)により、背景のぼかしやピントあわせを自動で最適化してくれます。

 

画面を簡単に投影できる

 

Mate 10 Proには珍しい機能が搭載しています。それはPCモードです。

Mate 10 Proを大画面ディスプレイに接続すれば、まるでPCのように大画面で操作ができます。

また、マウスやキーボードがなくても、画面は外部ディスプレイに映写しながら、操作や文字入力はスマホへのタッチで行うことも可能です。

もはやこの1台でPCが不要になるかもしれません。

 

f:id:SCANTY:20171210081306p:plain

 

PCモードはこれだけでなく、スマホゲームを外部ディスプレイに投影することで大画面でゲームを楽しむこともできます。

 

美しい本体デザイン

 

f:id:SCANTY:20171210081812p:plain

 

Mate 10 Proのデザインは非常に美しいと評判です。

湾曲したガラスで覆われた本体が美しく、カバーをするのがもったいないです。

また、強化ガラスを使用しているため、本体の耐久性も抜群です。

 

指紋認証で簡単ロック解除

 

Mate 10 Proには指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。

読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

 

 

Mate 10 Proのスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171210082401p:plain

 

Mate 10 Proは「ミッドナイトブルー」と「チタニウムグレー」の2色です。

カラーバリエーションが少ないのが少々残念ですね。

 

主な機能

 

Mate 10 ProにはHUAWEIのSIMフリースマホとしてはじめて防水・防塵に対応しました。

一方、おサイフケータイやワンセグは搭載していません。

機能 有無
おサイフ ×
防水
防塵
ワンセグ ×

  

 

スペック詳細

 

Mate 10 Proのスペックは以下の通りです。

これまで説明した以外にも、6.0インチの大画面と2,160×1,080の美しい画面解像度も特徴ですね。

 

本体スペック
サイズ(mm) W75×L154×D7.9
重さ 約178g
画面サイズ 6.0インチ
解像度 2,160 × 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量 4,000mAh
連続通話時間
(LTE)
計測中
連続待受時間
(LTE)
計測中
OS Android 8.0
CPU Kirin 970
(オクタコア)
2.36+1.8GHz
メモリ(ROM) 128GB
メモリ(RAM) 6GB
対応外部メモリ 非対応
通信速度(下り) 最大500Mbps
有効画素数
(メインカメラ)

1,200万 +
2,000万画素

有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「OCNモバイルONE公式サイト」で確認ください。

 

  

  

Mate 10 Proの価格・料金

 

OCNモバイルONEの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量上限が決まっている「標準コース」と、1日単位でデータ量を決める「日割コース」があります。

各コースにおけるMate 10 Proの料金は以下の通りです。

最新機種かつ最高スペックの機種のため、端末代金はかなり高めです。

 

<端末代金24回払い>

コース データ 基本料 端末代 月額計
標準
3GB ¥1,800 ¥3,100 ¥4,900
6GB ¥2,150 ¥3,100 ¥5,250
10GB ¥3,000 ¥3,100 ¥6,100
20GB ¥4,850 ¥3,100 ¥7,950
30GB ¥6,750 ¥3,100 ¥9,850
日割
110MB ¥1,600 ¥3,100 ¥4,700
170MB ¥2,080 ¥3,100 ¥5,180
低速 15GB ¥2,500 ¥3,100 ¥5,600

※価格は税抜
※初月にSIM代金3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥66,800
コース データ 基本料
標準
3GB ¥1,800
6GB ¥2,150
10GB ¥3,000
20GB ¥4,850
30GB ¥6,750
日割
110MB ¥1,600
170MB ¥2,080
低速 15GB ¥2,500

※価格は税抜
※端末代金にSIM代金含む

 

さらに、通話に関するオプションを追加する場合、料金が加算されます。

  • 国内10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
  • トップ3かけ放題:その月の通話時間上位3つが無料
  • かけ放題ダブル:国内10分かけ放題+トップ3かけ放題
通話オプション 月額料金
国内10分かけ放題 ¥850
トップ3かけ放題 ¥850
かけ放題ダブル ¥1,300

※価格は税抜

 

OCN光とセットで更に料金割引!

 

OCNモバイルONEには、月額料金をさらに安く抑える裏技があります。

それは、家の光回線を「OCN光」にすることです。

 

家のネット回線をOCN光にすると「OCN光モバイル割」が適用され、OCNモバイルONEのスマホ料金が1回線あたり200円割引になります。

3人で契約していれば月600円の割引です。

 

OCN光についてはこちら「OCN光の口コミ・評判!キャリアはお得感ゼロ?デメリットに要注意! | プロバイダはココがおすすめ!ネット回線比較4NET」を参考にしてください。

 

公式サイトで今すぐ申し込み!

 

以上、OCNモバイルONEのMate 10 Proの紹介でした。

AI(人工知能)を搭載した最先端のCPUとライカカメラ、大容量バッテリーが特徴で、防水・防塵にも対応した最高峰のスマホです。

その分端末代金が高いですが、OCNモバイルONEなら安価な料金で使うことができます。

さらにOCN光とのセット割でお得&キャッシュバック中です。

 

OCNモバイルONE公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

 

<関連記事>