スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

NifMo「arrows M04」を解説!高機能の国産安心機種【ニフモ】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、NifMo(ニフモ)より発売中のスマートフォン「arrows M04」のスペック・料金について徹底解説します。

安心の国産スマホに、おさいふケータイやワンセグなどの便利機能が搭載された非常に使いやすいスマホです。防水・防塵に加え耐久性も高く、スマホのライトユーザーや初めてスマホを買う方にもおすすめの機種です。

※本文中の画像は「NifMo公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼詳細はこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

 

arrows M04の特徴・レビュー

 

ワンセグでテレビが見られる

 

f:id:SCANTY:20171025181021p:plain

 

arrows M04は国内メーカーである富士通が生産しています。そのため、国内でおなじみの便利機能が搭載されています。

まずはワンセグ。外出先でも手軽にテレビを閲覧できます

ドラマやスポーツなど、どうしてもリアルタイムで見たい番組があるときには、外出先でもスマホで閲覧することができます。

アンテナ内蔵なので、別途パーツを用意する必要がありません。

 

おサイフケータイ搭載

f:id:SCANTY:20171025190037p:plain

arrows M04にはおサイフケータイも搭載されています。

私もよく利用する便利機能です。

おサイフケータイがあれば、スマホひとつで何でもできます。

モバイルSuicaで電車に乗れますし、アプリでANA・JALの飛行機に乗れますし、スタバでコーヒーが飲めますし、電子マネーで買い物もできます。

あまり使っている人を見ない気がしますが、大変便利な機能です。

おサイフケータイが搭載されているのは国産スマホの大きな利点ですね。

 

洗えるスマホ

 

f:id:SCANTY:20171025183548p:plain

 

arrows M04には防水どころか本体を洗える機能までついています。

スマホを触っていると、画面が指紋でベタベタになったり、食事中にソースが着いて汚れたりといったことがあります。

そんなとき、arrows M04ならハンドソープでごしごし洗えるのです。

清潔好きな方にぴったりの機能ですね。

 

防水・防塵で安心

 

f:id:SCANTY:20171025183445p:plain

 

防水・防塵機能がついているのも国産スマホの特徴。

「洗えるスマホ」なので、防水は当たり前ですね。

防水はIPX5/IPX8というレベルです。

これは、「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というもの。

水につけても大丈夫ということで、トイレに落としたりしても問題ありません。

 

防塵がついているのも安心。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

まさかのときに安心ですね。

 

耐久性もバッチリ

  

arrows M04は、耐久性も抜群です。

通常、スマホの耐久性を表す規格として、「MIL規格」と呼ばれるアメリカ国防総省が定めた基準が使われることがほとんどです。

しかし、arrows M04は、その「MIL規格」よりも更に厳しい、富士通独自の試験をクリアしています。

また、画面の周りは0.3mmのフチがあり、直接画面に衝撃がいかない構造になっています。

落下や衝撃により、画面が割れたりひびが入ったりすることはほとんど無いでしょう。

f:id:SCANTY:20171201192725p:plain

  

3日充電不要のバッテリー

 

f:id:SCANTY:20171025181418p:plain

 

arrows M04はバッテリーの長持ちも特徴。

バッテリーの容量自体は2,580mAhと通常レベルなのですが、なんといっても省エネ性能がすごい

特に電池を消耗するディスプレイについて、独自技術により大幅にエネルギー消費を低減させています。

なんと、3日間充電不要と謳っています。

私のスマホは毎日充電必須ですが、arrows M04の3日間充電不要は驚きです。

 

カメラに広角レンズ搭載

 

f:id:SCANTY:20171025181641p:plain

 

arrows M04はカメラも高機能です。

画素数自体はメイン1,310万画素、サブ500万画素と普通レベルです。

しかし、メインカメラ・サブカメラともに広角レンズを搭載しており、通常より幅広い範囲の写真を撮影することができます。

 

前作のarrows M03は角度が85度でしたが、arrows M04は90度に広がっています。

風景をとる場合や、大人数の写真を撮影する場合に最適ですね。

サブカメラ(画面側の自撮り用カメラ)も広角なので、複数人の自撮りをする場合も見切れることなく撮影できます。 

 

超高速カメラシャッター搭載

 

f:id:SCANTY:20171025181928p:plain

 

arrows M04のカメラには「ゼロシャッターラグ」という機能があります。

これは、シャッターボタンを押してから実際に撮影されるまでのタイムラグをなくす機能です。

これまでのカメラはシャッターを押してからフォーカスを合わせて撮影していたため、撮影まで時間のずれが発生していました。

「ボタンを押した瞬間はベストタイミングだったのに、実際取れた写真はずれていた…」といったことがあると思います。

しかしこの「ゼロシャッターラグ」機能により、ボタンを押した瞬間に高速でフォーカスを合わせて撮影してくれます。

これにより、ベストなシャッタータイミングを逃さずに写真を撮影することができます。

 

初めての方も安心の機能

 

f:id:SCANTY:20171201192756p:plain

 

arrows M04には、スマホが初めての方にも安心の機能が搭載されています。

電話をかける・メッセージを書くといった基本機能は、誰でもわかりやすい画面構成になっています。

また、例えば文字が小さくて読みにくいときにワンタッチで拡大する機能や、読みたい箇所をすぐにズームする機能もあります。

 

さらには、スマホに拡大鏡が搭載されています。

文字が細かい新聞や辞書も読むときも、スマホをかざすことで文字を拡大することができます。

 

歩数計を標準搭載

 

地味ながら嬉しいのが、arrows M04には歩数計が標準搭載されていることです。

わざわざアプリをインストールする必要がありませんし、邪魔な広告も表示されません。

歩いた歩数や季節、時間に応じて壁紙が変化し、歩く楽しみが増えます。

また、歩いた歩数を家族に自動でメールする機能もあります。

例えば遠く離れた両親の毎日の歩数を確認することで、異変がないかチェックすることもできます。

 

CPU性能は高くない

 

arrows M04のCPUはSnapdragon410です。正直、そこまで高性能なものではありません。

普段使いには全く問題ありませんが、高い負荷がかかると動作が重くなる可能性があります。

3Dゲームなどをする方にはあまりオススメできません。

ゲームをされる方や超ヘビーユーザーは「Mate 10 Pro」や「ZenFone 4」、「P10 lite」などの海外メーカーのスマホがオススメです。

 

▼公式サイトでチェック▼ 

 NifMo公式サイト

 

 

arrows M04のスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171210095924p:plain

arrows M04は「ホワイト」「ブラック」の2色です。

 

主な機能

 

arrows M04は国内メーカー「富士通」が生産しています。

そのため、おサイフケータイ、ワンセグ、防水・防塵といった日本でおなじみの機能が全部入っています。

防水・防塵機能があるのが安心ですね。

個人的にはよく使用するおサイフケータイが搭載されているのが嬉しいです。

 

機能 有無
防水
防塵
おサイフ
ワンセグ

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W71× L144× D8.0
重さ 約148g
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1,280 × 720
バッテリー容量 2,580mAh
連続通話時間
(LTE)
530分
連続待受時間
(LTE)
640時間
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 410
(クアッドコア)
メモリ(ROM) 16GB
メモリ(RAM) 2GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

その他、特徴・スペックは「NifMo公式サイト」で確認ください。

 

 

 

arrows M04の価格・料金

 

NifMoの料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。端末代金の一括払いと分割払いが選べます。

arrows M04の料金は以下の通りです。

 

<端末代金分割払い>

プラン 基本料金 端末代 月額計
3GB ¥1,600 ¥1,297 ¥2,897
7GB ¥2,300 ¥1,297 ¥3,597
13GB ¥3,500 ¥1,297 ¥4,797

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥31,112
データ量 基本料
3GB ¥1,600
7GB ¥2,300
13GB ¥3,500

※価格は税抜
※初月に契登録数料3,000円必要

 

お得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に下記オプション料金が加算されます。

通話オプション 月額料金
10分かけ放題 ¥830

※価格は税抜

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

NifMoの便利機能

 

BBモバイルポイントが無料

 

NifMoのスマホを契約している方は、街にある「BBモバイルポイント」を無料で利用することができます。

JR駅構内やカフェ、ファストフード店などいたるところに設置されていますので、データ量を消費せずに高速通信が利用できます。

接続もアプリから簡単にできますので、どんどん利用してください。

f:id:SCANTY:20180105140749p:plain

このマークが目印

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

NifMoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

 

料金に関する補足・注意点

 

初月は基本料金無料

 

NifMoは、契約初月は基本料金が無料です。

月初に契約すれば丸々一ヶ月間は基本料金無料で使うことができます。

また、月末に契約したとしても余ったデータ容量は翌月に繰り越されますので、翌月は通常の2倍のデータ量を使うことができます。

なお、通話料などはかかりますので注意してください。

 

毎月データ容量の変更ができる

 

NifMoでは、毎月1回データ容量の変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月1日からになります。

 

音声SIMの最低利用期間は6ヶ月

 

NifMoの音声SIMには最低利用期間が設定されています。最低利用期間は利用開始月の翌月を1ヶ月目として6ヶ月です。

 

他の格安スマホでは2年、短くても1年のところが多いですが、半年なのは非常にありがたいですね。

なお、最低利用期間を過ぎる前に解約・MNP転出する場合は契約解除料として8,000円かかります。

  

通信制限あり

 

NifMoでは月間の契約容量を使い切った場合以外にも、1日あたりのデータ使用量が制限値を超えると通信制限がかかります。

制限値はプランによって異なります。

 

契約プラン 1日の制限量
3GB 650MB
7GB 1,500MB
13GB 2,800MB

 

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、NifMo(ニフモ)の「arrows M04」の解説でした。

安心の国産スマホに、おさいふケータイやワンセグなどの便利機能が搭載された非常に使いやすいスマホです。防水・防塵に加え耐久性も高く、スマホのライトユーザーや初めてスマホを買う方にもおすすめの機種です。

 

NifMo公式サイト」なら24時間いつでも簡単に申し込むことができますので、ぜひご利用くださいね!

 

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

<関連記事>