スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

NifMo「ZenFone 4 Pro」を解説!最強スペック搭載スマホ【ニフモ】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、NifMo(ニフモ)より発売中のスマートフォン「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」のスペック・料金について徹底解説します。

「プロ」の名の通り、スマホにこだわるマニアもうなる至極の端末です。

CPU性能・カメラ・オーディオ・バッテリー、…もうどの点でも言うことありません。

スマホの性能にこだわる方はぜひZenFone 4 Proをおすすめします。

※本文中の画像は「NifMo公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

【3/20追記】
本日より、ZenFone 4 Pro(ZS551KL)が値引きになり、お買い求めやすくなりました!

 

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

 

ZenFone 4 Proの特徴・レビュー

 

最高レベルのCPU性能

 

f:id:SCANTY:20171219152716p:plain

 

ZenFone 4 Pro(ZS551KL)の特徴はなんといってもCPU性能の高さです。

搭載しているCPUはSnapdragon(スナップドラゴン)835。スマホに搭載されているCPUの中では最高レベルの性能です。

しかもメモリー(RAM)も6GBと大容量。

3Dゲームをガンガンしても、複数のアプリを立ち上げて同時に稼動させても、動作はサクサク快適です。

マニアもうなる性能ですね。これで満足できなかったらどの端末でも満足できないといえるくらい最高レベルです。

 

 

高性能デュアルカメラ搭載

 

ZenFone 4 Pro(ZS551KL)のカメラはデュアルカメラです。

デュアルカメラとは、レンズが二つあるカメラのこと。

メインカメラは1,200万画素で、Sonyの最新鋭イメージセンサー「IMX362」を搭載しています。

 

光の量が少ない場所(夕景・夜景や雰囲気のあるレストランなど)でも、わずかな光を感知して写真に反映し、一眼レフで撮影したかのような美しい写真に仕上がります。

通常のスマホの8倍の明るさで撮影ができるそうです。

 

サブカメラはズームレンズになっています。

風景を撮りたい場合や、遠くの被写体を撮影したい場合は自動でサブレンズでの撮影に切り替わります。

サブレンズでは光学2倍・最大10倍のズームが可能です。

1,600万画素のカメラで、遠い被写体も美しく撮影することができます。

 

手振れ補正・高速フォーカス


ZenFone 4 Pro(ZS551KL)のカメラは手振れ補正機能も優秀です。

4段光学式手振れ補正機能が搭載されており、カメラレンズを8方向に動かして手の動きを相殺し、ぶれのないの写真を撮影することができます。

 

また、高速のオートフォーカス機能も搭載しています。

約0.03秒で被写体に焦点を合わせすばやくシャッターを切りますので、狙った瞬間を逃しません。

 

4K動画の撮影も可能

 

f:id:SCANTY:20171219162238p:plain

 

ZenFone 4 Pro(ZS551KL)は動画の撮影も大得意です。

なんと、スマホで4K動画を撮影することができます。

さらに、RGBセンサーを搭載しており、人間の目で見たような自然な色合いを表現することができます。

 

美しい自撮り撮影

 

ZenFone 4 Pro(ZS551KL)のインカメラ(画面側にある自撮り用のカメラ)も非常に高性能です。

ソニーのIMX319イメージセンサーやASUS独自の機能により光感度が従来比2倍になると同時に、画像のノイズを減らし、日中でも夜間でも、明るく美しい自撮り写真に仕上がります。

もちろんメインカメラと同様手振れ補正機能もありますし、動画も美しく撮影できます。

 

大容量バッテリー+急速充電

 

ZenFone 4 Proのバッテリーは3,600mAhと大容量。

しかも、ZenFone 4 ProのCPU(Snapdragon835)は省エネ性能にも優れているため、バッテリーが長持ちします。

3Dゲームや動画閲覧などのバッテリーを消費する動作も、バッテリーを気にする必要がありません。

 

また、ZenFone 4 Proには急速充電機能が搭載されています。急速充電はASUSの得意技ですね。

わずか30分ちょっとで50%の充電が可能です。バッテリーが少なくなった緊急事態のときも安心です。

 

美しい本体デザイン

 

f:id:SCANTY:20171219162428p:plain

 

ZenFone 4 Proは本体デザインが美しいのも特徴です。

本体は美しいガラスで覆われており、高級感があると同時に耐久性にも優れています。

 

また、本体は驚くほど薄くて軽いです。

重さはなんと175g。高性能スマホは本体もがっしり…ということが多いのですが、ZenFone 4 Proは軽く、携帯時にも邪魔になりません。

 

ハイレゾ音質のオーディオ

 

ZenFone 4 Proはオーディオにもこだわっています。

ハイレゾオーディオ認証により、CDの4倍の音質でオーディオを楽しめます。

しかも、ハイレゾが楽しめるイヤホンが無料で付属しています。

 

さらに、マイクにはノイズキャンセリング機能がついています。

動画撮影時や録音時には、不要なノイズを除去して録音することができます。

 

指紋センサー搭載

 

ZenFone 4 Proには、ホームボタン上に指紋センサーが搭載されています。

これまで、ロック解除時にパスコードやパターンを入力する必要がありましたが、ZenFone 4 Proはホームボタンをタッチするだけで解除してくれます。

 

驚くべきはそのスピード。

タッチすると0.3秒で即座に認証してくれます。

また、うまく読み込めずに認証エラーになることもほとんどありません。

 

ZenFone 4 Proのスペック

   

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20180106122059p:plain

 

ZenFone 4 Proのカラーはブラック・ホワイトの2色です。

  

主な機能

 

ZenFone 4 ProはASUSという海外メーカーが生産しています。

そのため、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信といった日本でおなじみの機能は搭載されていません。

個人的には防水・防塵機能がついていないのは少し不安ですね。

 

機能 有無
おサイフ ×
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ ×
赤外線通信 ×

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W76× L157× D7.6
重さ 約175g
画面サイズ 5.5インチ
解像度 1,920 × 1,080
バッテリー容量 3,600mAh
連続通話時間
(au VoLTE)
計測中
連続待受時間
(au VoLTE)
約330.6時間
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 835
(オクタコア)
メモリ(ROM) 128GB
メモリ(RAM) 6GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大2TB)
通信速度(下り) 最大600Mbps
有効画素数
(メインカメラ)

1,200万 +
1,600万画素

有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「NifMo公式サイト」で確認ください。

 

▼公式サイトでチェック▼ 

 NifMo公式サイト

 

ZenFone 4 Proの価格・料金

 

NifMoの料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

端末代金は分割払いと一括払いから選べます。

ZenFone 4 Proの料金は以下の通りです。

最高峰のスペックを誇る端末ですので、お値段はかなり高めですが、先日2万円近く値下げになり、お買い求めやすくなりました。

 

<端末代金分割払い>

プラン 基本料金 端末代 月額計
3GB ¥1,600 ¥2,778 ¥4,378
7GB ¥2,300 ¥2,778 ¥5,078
13GB ¥3,500 ¥2,778 ¥6,278

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥66,667
プラン 基本料
3GB ¥1,600
7GB ¥2,300
13GB ¥3,500

※価格は税抜
※初月に契登録数料3,000円必要

 

お得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に下記オプション料金が加算されます。

通話オプション 月額料金
10分かけ放題 ¥830

※価格は税抜

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

NifMoの便利機能

 

BBモバイルポイントが無料

 

NifMoのスマホを契約している方は、街にある「BBモバイルポイント」を無料で利用することができます。

JR駅構内やカフェ、ファストフード店などいたるところに設置されていますので、データ量を消費せずに高速通信が利用できます。

接続もアプリから簡単にできますので、どんどん利用してください。

f:id:SCANTY:20180105140749p:plain

このマークが目印

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

NifMoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

料金に関する補足・注意点

 

初月は基本料金無料

 

NifMoは、契約初月は基本料金が無料です。

月初に契約すれば丸々一ヶ月間は基本料金無料で使うことができます。

また、月末に契約したとしても余ったデータ容量は翌月に繰り越されますので、翌月は通常の2倍のデータ量を使うことができます。

なお、通話料などはかかりますので注意してください。

 

毎月データ容量の変更ができる

 

NifMoでは、毎月1回データ容量の変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月1日からになります。

 

音声SIMの最低利用期間は6ヶ月

 

NifMoの音声SIMには最低利用期間が設定されています。最低利用期間は利用開始月の翌月を1ヶ月目として6ヶ月です。

 

他の格安スマホでは2年、短くても1年のところが多いですが、半年なのは非常にありがたいですね。

なお、最低利用期間を過ぎる前に解約・MNP転出する場合は契約解除料として8,000円かかります。

  

通信制限あり

 

NifMoでは月間の契約容量を使い切った場合以外にも、1日あたりのデータ使用量が制限値を超えると通信制限がかかります。

制限値はプランによって異なります。

 

契約プラン 1日の制限量
3GB 650MB
7GB 1,500MB
13GB 2,800MB

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、NifMo(ニフモ)の「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」の解説でした。

「プロ」の名の通り、スマホにこだわるマニアもうなる至極の端末です。

CPU性能・カメラ・オーディオ・バッテリー、…もうどの点でも言うことありません。

スマホの性能にこだわる方はぜひZenFone 4 Proをおすすめします。

 

NifMoは毎月のスマホ料金を大幅に節約でき、さらに契約初月は基本料金無料です。早い時期に乗り換えるほどお得になりますので、ぜひお早めに申込みください。

NifMo公式サイト」なら24時間いつでも簡単に申し込むことができますので、ぜひご利用くださいね!

 

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

<関連記事>