スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

【終了】NifMoで「ZenFone 3」が大幅値引きの爆安セール中!

 

本セールは終了しました 

 

<関連記事>

 

 

f:id:SCANTY:20180105143827p:plain

 

みなさんこんにちは。

今日は、NifMoより発売中のスマートフォン「ZenFone 3(ZE520KL)」のスペック・料金について徹底解説します。

発売から時期がたちましたが、発売当時は格安スマホの中で最高峰のスペックを誇った端末です。もちろんCPU・カメラともに今でも十分な性能です。

さらに、現在NifMoの新春セールではZenFone 3が大幅値引きになっていますこのスペックの端末がこのお値段で買える機会はなかなかありません。

セールは1/11(木)までの期間限定ですので、このチャンスを逃さないよう、ぜひ今すぐお申込みください!

※本文中の画像は「NifMo公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼セール会場はこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

 

ZenFone 3の特徴・レビュー

 

高性能CPU搭載

 

f:id:SCANTY:20180105152759p:plain

 

ZenFone 3の特徴はなんといってもCPU性能の高さです。

CPUはSnapdragon(スナップドラゴン)625を搭載しています。

 

このスナップドラゴンは最後の数字が大きくなるほど高性能です。格安スマホの端末は400番台が多いのですが、このZenFone 3は600番台。

複数のアプリを同時に起動したり、負荷の高いゲームをしていてもサクサク動いてくれます。

また、動きが速いだけでなく省エネにも優れています。高負荷の作業をしても電池の消耗を抑えてくれるのです。

 

メインカメラは1600万画素

 

ZenFone 3の背面のカメラは1600万画素の高性能カメラです。

画素数が高いだけでなく、どんな距離でも0.03秒で焦点を合わせる「高速オートフォーカス機能」や、高性能な手ぶれ補正機能も搭載しています。

また、ASUS独自の技術により、4倍の6400万画素相当の写真に仕上げる「超解像度モード」で撮影することもできます。

もはやスマホとは思えないほど美しい写真に仕上がります。

   

ハイレゾオーディオ再生

 

ZenFone 3はオーディオにもこだわっています。

対応のイヤホン・ヘッドホンを装着すれば、ハイレゾオーディオ認証によりCDの4倍の高音質で音楽を楽しむことができます。

 

美しい本体デザイン

 

f:id:SCANTY:20180105153917p:plain

 

ZenFone 3は本体デザインが美しいのも特徴です。

美しくで強度の高いガラスで覆われ、しかも曲面となっているため握りやすさも抜群。

スマホカバーをするのがもったいないほど美しいデザインになっています。

 

指紋認証センサー搭載

 

ZenFone 3には、背面に指紋認証センサーが搭載されています。

これまで、ロック解除時にパスコードやパターンを入力する必要がありましたが、ZenFone 3はセンサーをタッチするだけで解除してくれます。

 

驚くべきはそのスピード。タッチすると0.2秒で即座に認証してくれます。

また、360度どこからでも認証されますので、うまく読み込めずに認証エラーになることもほとんどありません。

 

ZenFone 3のスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20180105154350p:plain

 

ZenFone 3は「クリスタルゴールド」「サファイアブラック」「パールホワイト」の3色です。

表と背面のデザインはこんな感じです。

 

f:id:SCANTY:20180105154620p:plain

 

主な機能

 

ZenFone 3はASUSという海外メーカーが生産しています。

そのため、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信といった機能は搭載されていません。

個人的には防水・防塵機能がついていないのは少し不安ですね。

 

機能 有無
防水 -
防塵 -
おサイフ -
ワンセグ -

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W74× L147× D7.7
重さ 約144g
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量 2,650mAh
OS Android 6.0
CPU Snapdragon625
(オクタコア)
メモリ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大2TB)
通信速度(下り) 最大300Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「NifMo公式サイト」で確認ください。

 

 

 

ZenFone 3の価格・料金

 

NifMoの料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

ZenFone 3の料金は以下の通りです。現在新春セールを実施しており、端末代金が非常に安くなっています。

ただし、通常は端末代金の一括払いと分割払いが選べますが、セール中は一括払いのみです。 

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥16,667
データ量 基本料
3GB ¥1,600
7GB ¥2,300
13GB ¥3,500

※価格は税抜、セール価格
※初月に契登録数料3,000円必要

 

お得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に下記オプション料金が加算されます。

通話オプション 月額料金
10分かけ放題 ¥830

※価格は税抜

▼申込みはこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

NifMoの便利機能

 

BBモバイルポイントが無料

 

NifMoのスマホを契約している方は、街にある「BBモバイルポイント」を無料で利用することができます。

JR駅構内やカフェ、ファストフード店などいたるところに設置されていますので、データ量を消費せずに高速通信が利用できます。

接続もアプリから簡単にできますので、どんどん利用してください。

f:id:SCANTY:20180105140749p:plain

このマークが目印

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

NifMoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

 

料金に関する補足・注意点

 

初月は基本料金無料

 

NifMoは、契約初月は基本料金が無料です。

月初に契約すれば丸々一ヶ月間は基本料金無料で使うことができます。

また、月末に契約したとしても余ったデータ容量は翌月に繰り越されますので、翌月は通常の2倍のデータ量を使うことができます。

なお、通話料などはかかりますので注意してください。

 

毎月データ容量の変更ができる

 

NifMoでは、毎月1回データ容量の変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月1日からになります。

 

音声SIMの最低利用期間は6ヶ月

 

NifMoの音声SIMには最低利用期間が設定されています。最低利用期間は利用開始月の翌月を1ヶ月目として6ヶ月です。

 

他の格安スマホでは2年、短くても1年のところが多いですが、半年なのは非常にありがたいですね。

なお、最低利用期間を過ぎる前に解約・MNP転出する場合は契約解除料として8,000円かかります。

  

通信制限あり

 

NifMoでは月間の契約容量を使い切った場合以外にも、1日あたりのデータ使用量が制限値を超えると通信制限がかかります。

制限値はプランによって異なります。

 

契約プラン 1日の制限量
3GB 650MB
7GB 1,500MB
13GB 2,800MB

 

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、NifMo(ニフモ)の「ZenFone 3」の解説でした。

発売から時期がたっているものの、発売当時は格安スマホの中で最高峰のスペックを誇った端末です。もちろんCPU・カメラともに今でも十分な性能です。現在でもハイスペック機種に分類されるでしょう。

さらに、現在NifMoではZenFone 3が最終処分価格で販売されています。発売から時期がたっているとはいえ、このスペックの端末がこの値段で買える機会はなかなかありません。

セールは1/11(木)までの期間限定ですので、このチャンスを逃さないようにお気をつけください!

NifMo公式サイト」なら24時間いつでも簡単に申し込むことができますので、ぜひご利用くださいね!

 

▼セール会場はこちら▼ 

 NifMo公式サイト

 

<関連記事>