スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

LINEモバイル「nova lite」を解説!高性能・低価格でコスパ抜群!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日はLINEモバイルから発売中のスマートフォン「nova lite」(ノバライト)について、スペックから価格まで徹底解説します。 

 

発売から時期がたっていますが、高性能の割に端末代金が非常に安い、大変おすすめの端末です。

「性能にはこだわるけど端末代金はできるだけ抑えたい」という方にぴったりです。

※本文中の画像は「LINEモバイル公式サイト」および「メーカーサイト」より引用

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

  

 

ノバライトのレビュー・特徴

 

高性能CPUと3GBのRAM

 

f:id:SCANTY:20171013013937p:plain

 

nova liteの最大の特徴は、高性能なCPUです。Kirin655というCPUを搭載しています。

「高い端末は買えないけど、ゲームをしたい」という方には最適です。

メモリー(RAM)も3GBです。

 

3Dゲームなどの高い負荷がかかるゲームは多少もたつく場合もあるようですが、一般的なゲームは全く問題ありません。

もちろん、ゲームをしない方にも恩恵が大きいです。

 

ゲームだけでなく、通常の操作でも「とにかくサクサク動く」と感じました。複数のアプリを起動したときやアプリの起動などがとにかく快適です。

 

3,000mAhの大容量バッテリー

f:id:SCANTY:20171013020434p:plain

nova liteの特徴2つ目はバッテリーの持ちがよいことです。

3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

さらに、電池の持ちがよい理由はバッテリーだけではありません。nova liteのCPUに秘密があります。

CPUが大変効率良く動作しており、電池をできるだけ消費しない設計になっているのです。

 

スペック表のバッテリー容量や連続通話時間・連続待受時間の値は一般的なレベルです。しかし、実際に使ってみると電池の持ちよさを時間します。

HUAWEIは別機種の「P9 Lite」も電池の持ちが良いと大変好評でした。メーカーの技術が優れているのかもしれません。

 

暗い場所・動く物が得意な高性能カメラ

 

f:id:SCANTY:20171013021956p:plain

 

nova liteのメインカメラは1,200万画素です。この数字自体は「まあまあ」です。

ですが、この機種の特徴は「暗いところでも綺麗に撮れる」「動いているものも綺麗に撮れる」ことです。

 

この機種は、光を感知する「受光センサー」の性能が優れています。

そのため、光がわずかしかない「夜景」や「薄暗いレストラン」などで撮影する際も、わずかな光量の違いを感知し、写真に反映してくれます。

 

また、撮影しようとしている対象物をすばやく捉えてピントを合わせる機能「オートフォーカス機能」も搭載しています。

そのため、激しく動いている対象物もブレずに撮影することができます。

 

自撮りに最適なサブカメラ

 

f:id:SCANTY:20171013022554p:plain

 

nova liteのサブカメラ(画面側にあるカメラ)は800万画素です。

メインカメラに比べて画素数がガクッと落ちるスマホが多い中、800万画素は優秀です。

また、美顔になるよう細かい設定がなされています。よくSNS用に自撮りをされる方にもオススメです。

 

高速指紋認証機能

 

f:id:SCANTY:20171013023224p:plain

 

nova liteの端末の背面には、指紋認証センサーが搭載されています。

多くのスマホはこれまで、ロックを解除するのに暗証番号やパターンの入力が必要でした。しかし、このnova liteは背面に指紋をかざすだけでロックを解除してくれます。

利便性とセキュリティが大きく向上しますね。

 

また、驚くべきはその認証スピード。センサーに指紋をかざすとあっという間に認証が終了します。 

指紋認証によくある「なかなか読み取らない」「エラーになる」といったことが大変少ない機種です。

 

nova liteのスペック 

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171013023554p:plain

  

色はゴールド・ホワイト・ブラックの3種類です。

 

主な機能

 

HUAWEIは海外メーカーということもあり、nova liteにはおサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信などの機能はありません。 

ワンセグや赤外線通信が無いのは良いとしても、防水機能が無いのは少し心配ですね。

 

機能 有無
おサイフ ×
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ ×

  

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W73× L147× D7.6
重さ 約147g
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1,920 × 1,080
バッテリー容量 3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
データ無し
連続待受時間
(LTE)
データ無し
OS Android 7.0
CPU kirin655
(オクタコア)
メモリ(ROM) 16GB
メモリ(RAM) 3GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大128GB)
通信速度(下り) 最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「LINEモバイル公式サイト」で確認ください。

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

 

nova liteの価格・料金

 

LINEモバイルには3つのプランがあります。

LINEが無料になる「LINEフリープラン」

LINEに加えTwitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)の通信量が無料になる「コミュニケーションフリープラン」

LINE・Twitter・Facebook・Instagramに加えLINE MUSICのストリーミング・DLが無料になる「MUSIC+プラン」です。

 

    無料対象  
プラン名 LINE twitter
Facebook
Instagram
LINE
MUSIC
LINEフリー    
コミュニケーション
フリー
 
MUSIC+

また、各プランごとにデータ容量の上限が設定されています。

 

各プラン・データ容量におけるnova liteの料金は以下の通りです。性能の割に端末代金が安い、コスパのよい機種です。

 

<端末代金24回払い>

プラン データ 基本料 端末代 月額計
LINEフリー 1GB ¥1,200 ¥861 ¥2,061
コミュニケーションフリー
3GB ¥1,690 ¥861 ¥2,551
5GB ¥2,220 ¥861 ¥3,081
7GB ¥2,880 ¥861 ¥3,741
10GB ¥3,220 ¥861 ¥4,081
MUSIC+ 3GB ¥2,390 ¥861 ¥3,251
  5GB ¥2,720 ¥861 ¥3,581
  7GB ¥3,280 ¥861 ¥4,141
  10GB ¥3,520 ¥861 ¥4,381

※音声通話付SIMの料金
※価格は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥19,800
プラン データ 基本料
LINEフリー 1GB ¥1,200
コミュニケーションフリー
3GB ¥1,690
5GB ¥2,220
7GB ¥2,880
10GB ¥3,220
MUSIC+ 3GB ¥2,390
  5GB ¥2,720
  7GB ¥3,280
  10GB ¥3,520

※音声通話付SIMの料金
※料金は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

さらに、通話オプション「10分かけ放題」を追加する場合、料金が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
通話オプション 月額料金
10分かけ放題 ¥880

※価格は税抜

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

 

料金に関する補足・注意点

 

初期費用は税抜3400円

 

LINEモバイルの初期費用は3,400円です。

  • 登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

 

初月は基本料金無料 

 

LINEモバイルは初月(開通した月)は月額基本料金が無料です。月初から利用開始になれば丸々1ヵ月分無料になります。

また、次章で説明しますが、余ったデータ容量は翌月に繰り越しになりますので、月末に利用開始になっても翌月はデータを最大2倍使うことができます。

ただし、オプション料金などはかかりますので注意してください。

 

データをプレゼントできる

 

LINEモバイルでは、データを家族や友人にプレゼントすることができます。

例えば家族でLINEモバイルに加入している場合、母の余ったデータ容量を娘にプレゼントする、といったことができます。

 

データ繰り越し

 

LINEモバイルでは、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。使い切れなくても翌月に持ち越せますので、無駄がありません。

繰り越しできるのは基本容量と追加で購入したデータ容量です。

「データプレゼント」で貰ったデータは繰り越しされませんので注意してください。

 

データが消費される順番

 

LINEモバイルのデータ容量は以下の順番で消費されます。基本的に期間が短いものから消費されていきますので、繰り越しが発生しやすく、無駄なくデータを使うことができます。

  1. 前月の繰越分
  2. データプレゼント分
  3. 基本容量分
  4. 追加購入分

 

毎月無料でプラン変更可

 

LINEモバイルでは、同じSIMの種類の中であれば、プランの変更が可能です。

プラン変更に料金はかかりません。無料です。

同じSIMの種類であれば、プランの変更(例:LINEフリープランからコミュニケーションフリープランへの変更)や容量の変更(3GB⇒5GB)が可能です。

もちろんMUSIC+プランの5GBからコミュニケーションフリープランの7GBといった合わせ技も可能です。

なお、変更したプランの適用は翌月1日からです。

ただし、音声SIMとデータSIM(SMS付・データ専用)の間の変更はできません。

 

音声SIMは最低利用期間あり

 

LINEモバイルの音声SIMには、最低利用期間があります。

最低利用期間は契約翌月を1ヶ月目とした12ヶ月間です。この間に解約・MNPで転出する場合は9800円の違約金(解約手数料)がかかります。

最低利用期間は1年と短い点は有利ですが、やはり違約金がかかるので注意が必要です。

データSIM(SMS機能付・データ専用SIM)には最低利用期間・解約手数料はかかりません。

 

LINEのSMS認証は不要

 

通常、LINEに登録する場合はSMS認証が必要です。

しかし、LINEモバイルのユーザーはSMS認証が不要です。LINEに登録する際にモバイルデータ通信に接続していれば、スキップすることができます。

なお、Wi-Fiに接続しているとスキップできませんので注意してください。

 

端末購入は公式ストアで!

 

以上、LINEモバイル「nova lite(ノバライト)」の解説でした。

発売から時期がたっていますが、高性能の割に端末代金が非常に安い、大変おすすめの端末です。

「性能にはこだわるけど端末代金はできるだけ抑えたい」という方にぴったりです。

LINEモバイルの申込みはオンラインサイトで簡単に手続きできます。こちらからどうぞ!

 

▼申込みはこちら▼

 LINEモバイル(公式)

 

<関連記事>