スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

LINEモバイル「AQUOS sense lite」を解説!高機能でコスパ抜群!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、LINEモバイルより発売中のスマートフォン「AQUOS sense lite(SH-M05)」のスペック・料金について徹底解説します。

 

安心の国内メーカーSHARP製で、欠点の無い性能と安価な端末代金が魅力です。使用者の評価が高いのも特徴ですね。

初心者からミドルユーザーまで、どんな方にもフィットするスマホだと思います。

特に初めての方は「これを買っておけば間違いない」という安心の端末ですね。

※本文中の画像は「LINEモバイル公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

 

 

アクオスセンスライトの特徴・レビュー

 

AQUOS sense Liteは、国内メーカー「SHARP」が発売したスマートフォンです。

シャープが誇る液晶技術「IGZOパネル」による美しい画面と、国内メーカーならではの高機能さが特徴です。 

 

美しすぎるIGZOディスプレイ

 

f:id:SCANTY:20171209113841p:plain

 

AQUOS sense Liteの最大の特徴は、なんといってもその画面の美しさです。

シャープの技術を集結させた「IGZOパネル」を液晶に使用しており、1,920×1,080ドットの画面解像度を誇っています。

 

また、IGZOのすごいところは画面の美しさだけではありません。

省エネ性能が高いため、美しいディスプレイにも関わらず、バッテリーの消耗を抑えた設計になっています。

 

動画も美しく表現

 

AQUOS sense Liteは動画も美しく表示します。

バーチャルHDRといって、動画の陰影をくっきり表示して自然に近い美しさを出す「HDR」という規格に対応していない動画も、まるでHDRに対応しているかのように表示できるのです。

本来暗くなったり、逆に明るすぎたりする動画を自動で美しく調整してくれます。

 

防水・防塵対応

 

AQUOS sense Liteは防水・防塵機能に対応しています。

防水については、IPX8というレベルです。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。
誤ってお風呂やトイレにスマホを落としても安心ですね。 

 

防塵についてもIP6Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

防塵のありがたさを感じるときはあまり無いかもしれませんが、まさかのときに安心ですね。

 

濡れた手でも画面操作可能

 

f:id:SCANTY:20171209113123p:plain

 

AQUOS sense liteには、防水に加え便利な機能が付いています。

それは、濡れた手でも画面操作が可能なこと。

 

通常のスマホは、せっかく防水機能が付いていても濡れた手だと画面が操作を読み取らず操作できないことがありました。

しかし、AQUOS sense Liteは濡れた手で画面を触ってもしっかり反応してくれます。そのため、お風呂に入りながらスマホを操作する際に非常に便利です。

 

指紋認証で簡単ロック解除

 

f:id:SCANTY:20171209113306p:plain

 

AQUOS sense Liteはホームボタンに指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

 

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

 

エモパーが役立つ情報を提供

 

f:id:SCANTY:20171020174939p:plain

 

AQUOS sense Liteには「エモパー」という機能があります。

これは、使用者の行動を学習したスマホの中の人工知能が、使用者の行動に合わせて役立つ情報を提供してくれる機能です。

 

 

例えば、起床後に今日の天気を教えてくれたり、寝る前にアラームの確認をしてくれたり、スケジュールに登録した滞在先の天気を教えてくれたり、最新ニュースや株価を教えてくれたり、近くのオススメグルメやコンビニを教えてくれたりします。

 

f:id:SCANTY:20171020174825p:plain

 

これらの機能は外出先では話しかけない設定になっていますので、突然喋りだすことはありません。なんだか楽しそうです。

これまでイチイチWEBで調べていたことを、エモパーに話しかけるだけで調べることができます。

 

充電台はロボクルにしよう

 

f:id:SCANTY:20171025193913p:plain

 

エモパー専用の充電台「ロボクル」に端末をセットしておけば、人がいることを感知して、そちらに振り向いて話しかけてくれます。

話してくれる内容は、前章のエモパーの説明で解説したとおり、天気や重要ニュース、周辺のイベント情報やおすすめテレビ番組などです。

 

エモパーがあると便利な執事がいるような感覚になりますが、ロボクルがあると、実際に人のほうを向いて会話してくれるので、感覚がさらに人に近くなります。

ぜひお買い求めください。

 

誰でも簡単な高性能カメラ

 

f:id:SCANTY:20171209113426p:plain

 

AQUOS sense Liteのカメラの特徴は、ホワイトバランスの調整に優れているということ。

AQUOS独自の画像イメージセンサーにより、青色は青く、白色は白く、被写体の色を忠実に写し、見た目に近い色合いになります。

誰でも簡単に美しい写真を撮影できます。

 

おサイフケータイ搭載

 

AQUOS sense Liteはおサイフケータイ搭載です。

最近ようやくおサイフケータイ搭載スマホが増えてきましたね。

おサイフケータイは個人的にも非常に便利だと思っています。

今の機種は残念ながら非搭載端末ですが、次は絶対おサイフケータイ搭載スマホにしようと思っています。

 

自動スクロール機能が便利

 

AQUOS sense Liteには、「スクロールオート機能」という便利な機能があります。

これは、例えばスマホでWEBやSNSを閲覧する際、都度指で操作するのではなく、自動でゆっくり画面をスクロールしてくれる機能です。

 

 

特にツイッターやFacebookなどのSNSを読む際に便利です。

画面はゆっくり動きますが、文字や画像は鮮明に表示されますので読みやすいです。

もちろん、じっくり読みたい場合は指でタップするとスクロールをストップすることができます。

慣れると非常に便利な機能なので、ぜひ皆さんも活用してください。

 

画面設定で覗き見防止

 

人前でスマホを操作するとき、画面を他人に見られたくないですよね。

しかし、AQUOS sense Liteは画面設定で覗き見ブロックをすることができます。

画面を正面から見ると普通どおりの表示ですが、横からは画面が見えなくなります。

 

設定画面でON/OFFを簡単に切り替えられますので、必要なときだけ設定することができます。

覗き見防止用フィルターを貼る必要がないのが嬉しいですね。

 

ブルーライトカットの設定可

 

スマホを長時間いていると、だんだん目が疲れてきます。

これは、画面から出る「ブルーライト」が影響しているといわれています。

AQUOS sense Liteはこのブルーライトをカットする「リラックスビュー」という機能が搭載されています。

 

長時間スマホを操作する場合や、目が疲れているとき、就寝前などにリラックスビューに設定すると、目に優しい画質になり、睡眠への影響を抑えることができます。

フィルターなどを貼らずに画面上で設定できるのが大きなメリットです。

また、就寝時間が近づくと自動でリラックスビューに設定してくれる便利な機能もあります。

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

 

AQUOS sense liteのスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20180105085508p:plain

 

AQUOS sense liteは「ブラック」「ホワイト」「ゴールド」の3色です。

端末の表・裏のデザインはこのような感じです。

 

f:id:SCANTY:20180105085629p:plain

  

主な機能

 

AQUOS sense liteは便利機能が豊富です。

国内メーカーの「SHARP(シャープ)」が生産しており、おサイフケータイ、防水・防塵といった日本でおなじみの機能が搭載されています。

特に防水・防塵機能がついているのは大変安心です。

ただし、ワンセグ・赤外線通信は搭載されていません。

 

機能 有無
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ ×

 

スペック詳細

  

本体スペック
サイズ(mm) W72×L144×D8.5
重さ 約147g
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量 2,700mAh
連続通話時間
(LTE)
850分
連続待受時間
(LTE)
540時間
OS Android 7.1
CPU Snapdragon430
(オクタコア)
1.4+1.1GHz
メモリ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

ベンチマーク 

 

AQUOS sense lite(SH-M05)のベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:663
  • マルチ:2,407

 

f:id:SCANTY:20180117051929p:plain

 

その他、特徴・スペックは「LINEモバイル公式サイト」で確認ください。

 

▼公式サイトでチェック▼ 

 LINEモバイル(公式)

  

AQUOS sense liteの価格・料金

 

LINEモバイルには3つのプランがあります。

LINEが無料になる「LINEフリープラン」

LINEに加えTwitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)の通信量が無料になる「コミュニケーションフリープラン」

LINE・Twitter・Facebook・Instagramに加えLINE MUSICのストリーミング・DLが無料になる「MUSIC+プラン」です。

 

    無料対象  
プラン名 LINE twitter
Facebook
Instagram
LINE
MUSIC
LINEフリー    
コミュニケーション
フリー
 
MUSIC+

 

また、各プランごとにデータ容量の上限が設定されています。

 

各プラン・データ容量におけるAQUOS sense liteの料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

プラン データ 基本料 端末代 月額計
LINEフリー 1GB ¥1,200 ¥1,460 ¥2,660
コミュニケーションフリー
3GB ¥1,690 ¥1,460 ¥3,150
5GB ¥2,220 ¥1,460 ¥3,680
7GB ¥2,880 ¥1,460 ¥4,340
10GB ¥3,220 ¥1,460 ¥4,680
MUSIC+ 3GB ¥2,390 ¥1,460 ¥3,850
  5GB ¥2,720 ¥1,460 ¥4,180
  7GB ¥3,280 ¥1,460 ¥4,740
  10GB ¥3,520 ¥1,460 ¥4,980

※音声通話付SIMの料金
※価格は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥33,800
プラン データ 基本料
LINEフリー 1GB ¥1,200
コミュニケーションフリー
3GB ¥1,690
5GB ¥2,220
7GB ¥2,880
10GB ¥3,220
MUSIC+ 3GB ¥2,390
  5GB ¥2,720
  7GB ¥3,280
  10GB ¥3,520

※音声通話付SIMの料金
※料金は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

さらに、通話オプション「10分かけ放題」を追加する場合、料金が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
通話オプション 月額料金
10分かけ放題 ¥880

※価格は税抜

 

▼申込みはこちら▼ 

 LINEモバイル(公式)

  

料金に関する補足・注意点

 

初期費用は税抜3400円

 

LINEモバイルの初期費用は3,400円です。

  • 登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

 

初月は基本料金無料 

 

LINEモバイルは初月(開通した月)は月額基本料金が無料です。月初から利用開始になれば丸々1ヵ月分無料になります。

また、次章で説明しますが、余ったデータ容量は翌月に繰り越しになりますので、月末に利用開始になっても翌月はデータを最大2倍使うことができます。

ただし、オプション料金などはかかりますので注意してください。

 

データをプレゼントできる

 

LINEモバイルでは、データを家族や友人にプレゼントすることができます。

例えば家族でLINEモバイルに加入している場合、母の余ったデータ容量を娘にプレゼントする、といったことができます。

 

データ繰り越し

 

LINEモバイルでは、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。使い切れなくても翌月に持ち越せますので、無駄がありません。

繰り越しできるのは基本容量と追加で購入したデータ容量です。

「データプレゼント」で貰ったデータは繰り越しされませんので注意してください。

 

データが消費される順番

 

LINEモバイルのデータ容量は以下の順番で消費されます。基本的に期間が短いものから消費されていきますので、繰り越しが発生しやすく、無駄なくデータを使うことができます。

  1. 前月の繰越分
  2. データプレゼント分
  3. 基本容量分
  4. 追加購入分

 

毎月無料でプラン変更可

 

LINEモバイルでは、同じSIMの種類の中であれば、プランの変更が可能です。

プラン変更に料金はかかりません。無料です。

同じSIMの種類であれば、プランの変更(例:LINEフリープランからコミュニケーションフリープランへの変更)や容量の変更(3GB⇒5GB)が可能です。

もちろんMUSIC+プランの5GBからコミュニケーションフリープランの7GBといった合わせ技も可能です。

なお、変更したプランの適用は翌月1日からです。

ただし、音声SIMとデータSIM(SMS付・データ専用)の間の変更はできません。

 

音声SIMは最低利用期間あり

 

LINEモバイルの音声SIMには、最低利用期間があります。

最低利用期間は契約翌月を1ヶ月目とした12ヶ月間です。この間に解約・MNPで転出する場合は9800円の違約金(解約手数料)がかかります。

最低利用期間は1年と短い点は有利ですが、やはり違約金がかかるので注意が必要です。

データSIM(SMS機能付・データ専用SIM)には最低利用期間・解約手数料はかかりません。

 

LINEのSMS認証は不要

 

通常、LINEに登録する場合はSMS認証が必要です。

しかし、LINEモバイルのユーザーはSMS認証が不要です。LINEに登録する際にモバイルデータ通信に接続していれば、スキップすることができます。

なお、Wi-Fiに接続しているとスキップできませんので注意してください。

  

端末購入は公式ストアで!

 

以上、LINEモバイル「AQUOS sense lite(SH-M05)」の解説でした。

安心の国内メーカー生産で、バランスの取れた性能と安い料金が魅力です。

初心者からミドルユーザーまで、どんな方にもフィットするスマホだと思います。

特に初めての方は「これを買っておけば間違いない」という安心の端末ですね。

 

LINEモバイルなら月々のスマホ代を5,000円以上お得にすることができます。今乗り換えれば初月無料&来月から5,000円節約できます。

LINEモバイルの申込みはオンラインサイトで簡単に手続きできますので、今すぐお申込みを!

 

▼申込みはこちら▼

 LINEモバイル(公式)

 

<関連記事>