スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

LIBMOでiPhone8・8 Plus・iPhone Xを使う手順・料金を解説!

本記事は移転しました。

約3秒後にリダイレクトします。

リダイレクトしない場合はここをクリックしてください。

 

こんにちは、SCANTYです。

今日はiPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone X(iPhoneテン)をLIBMO(リブモ)で使用する手順・料金を説明します。

この方法で2年間で最大60,000円近く通信料を節約することができました。

更に今なら割引キャンペーン適用で月額料金が更に割引になります。

ぜひ参考にしてください。

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

 

アイフォンの動作確認状況

 

f:id:SCANTY:20171229124006p:plain

  

LIBMOで現在動作確認が終了しているのはドコモで購入したiPhone 8・iPhone X(iPhoneテン)のみとなっています。

しかし、LIBMOではSIMフリー端末も、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも問題なく使えますので安心して購入してください。

 

  SIMフリー版
・ドコモ版
ソフトバンク
・au版
iPhone X
iPhone8
iPhone8 plus

◎:そのまま使える、○:SIMロック解除後使える

 

iPhone 8・iPhone Xを使う5つの手順

 

LIBMOの店頭・オンラインストアでは、iPhone8・iPhone8Plus・iPhone X(テン)は販売していません。

そのため、以下の5つの手順が必要になります。

  1. MNP予約番号を取得
  2. LIBMOのSIMカードを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. APN設定

 

1. MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からLIBMO(リブモ)に乗り換える場合のみに発生します。

乗換えではなく、LIBMO(リブモ)に新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでLIBMO(リブモ)に乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470
ソフトバンク
店頭  
電話 Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

2. LIBMOのSIMを購入

 

続いて、LIBMOのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。
このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

f:id:SCANTY:20171216122329p:plain

SIMカード

 

SIMカードは「LIBMO公式サイト」で購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

LIBMO公式サイト」にアクセスし、「お申込み」を選択⇒「SIMカードのみ」を選択

f:id:SCANTY:20171229125221p:plain
f:id:SCANTY:20171229125355p:plain
お申込み⇒SIMカードのみ

 

2. SIMカードのサイズを選択

 

f:id:SCANTY:20171229125501p:plain

SIMサイズはnano

LIBMOでは、サイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIMです。

iPhone8・8Plus・iPhone X(テン)用のSIMカードはnano(ナノ)です。

誤って別のSIMを購入しないように気をつけてください。

 

3. データ容量・プランを選択

f:id:SCANTY:20171229125542p:plain
f:id:SCANTY:20171229125610p:plain
データ容量・プランを選択


4. 必要に応じオプションを選択

特に通話が多い方は「10分かけ放題」「通話パック30」の要否を検討してください。

f:id:SCANTY:20171229125908p:plain

 

5. MNP情報を入力

MNP(番号そのままでの乗り換え)の場合は、乗り換え元のキャリアで発行してもらったMNP予約番号などを入力します。

f:id:SCANTY:20171229130043p:plain

 

その後は契約者の各種情報を入力し、最後に入力内容を確認すれば仮申込完了です。

その後、登録したアドレスに本人確認書類のアップロード方法が書かれたメールが送信されます。

免許証などの本人確認書類の画像をアップロードすれば申込みが全て完了します。

準備が出来次第SIMカードが送られてきますので、それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

3. iPhone本体を入手

 

LIBMOではiPhone8・iPhone8Plus・X(テン)を販売していません。

よって、端末は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. アップルストアで購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

アップルストアでは、LIBMOのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone価格表▼

  64GB 256GB
iPhone 8 ¥78,800
(¥85,104)
¥95,800
(¥103,464)
iPhone 8 Plus ¥89,800
(¥96,984)
¥106,800
(¥115,344)
iPhone X ¥112,800
(¥121,824)
¥129,800
(¥140,184)

iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する - Apple(日本)

iPhone Xを購入する - Apple(日本)

 

B. 現在使用中の端末を流用する

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで使用している端末を流用する方法です。

ただし、au・ソフトバンクで購入した端末を使用するためには、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、ある携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

  SIMロック解除
SIMフリー端末
不要
ドコモで購入
auで購入
必要
ソフトバンクで購入

 

au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

なお、ドコモで購入したiPhoneはSIMロック解除は不要です。

 

C. 中古ショップで購入

 

iPhone8・iPhone 8 Plus・iPhone X(iPhoneテン)は中古スマホショップでも購入できます。

 

運がよければ、新品に近い状態の商品が、新品より安く購入できます。

 

4. iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone8・iPhone8Plus・X(テン)本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

 

5. APN設定

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。こちらのページの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

詳細ページ:各種端末のAPN設定方法-iPhone / iPad (iOS)- – LIBMO

プロファイル:LIBMO:iPhoneのAPN設定プロファイル

 

なお、APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができませんので、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

ダウンロードが完了すると、いよいよiPhoneがLIBMOで使えるようになります。

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

LIBMO申込み時の注意点・補足

 

本人確認書類

 

LIBMOで音声通話SIMを申し込む場合は、本院確認書類の提出が必要です。

以下のものが本人確認書類として認められています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

これらの書類を写真に撮り、画像をアップロードします。

 

なお、他の格安スマホではWEB申込み時に画像をアップロードする場合が多いのですが、LIBMOは申込み後に送られてくるメールにアップロード手順が記載されています。

その手順に従ってアップロードしてください。

 

LIBMOはテザリング可能

 

LIBMOでiPhoneを使用する際の質問としてよくあるのが「テザリングできますか?」というものです。

テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。

iPhoneをモバイルルーター代わりに使うイメージですね。

 

実は一部のキャリアではテザリングができない場合があるのですが、LIBMOは問題なくテザリング可能です。

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

LIBMOの月額料金

 

基本料金

 

LIBMOの音声SIMの料金は容量ごとに大きく4つに分類されます。

高速データ通信が月3GBまで・6GBまで・10GBまでのプランと、低速(200kbps)で容量無制限で使えるプランです。

各コースの料金は以下の通りです。

 

データ量 基本料
3GB ¥1,580
6GB ¥2,180
10GB ¥2,980
低速
無制限
¥1,180

 

データ量によって自分にあったプランを4つの中から選ぶだけです。

料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

また、上記3プランの中なら、契約後のプラン変更も可能です。変更に手数料などもかかりません。

 

割引キャンペーン実施中!

 

今なら、2018年5月10日までの期間限定で音声SIMの月額料金が12ヶ月間460円引きになるキャンペーンを実施しています。

音声SIMのみ、月額料金が1年間(12ヶ月間)460円割引になります。

低速無制限のプランも対象です。

 

データ量 基本料金 割引後
3GB ¥1,580 ¥1,120
6GB ¥2,180 ¥1,720
10GB ¥2,980 ¥2,520
20GB ¥4,680 ¥4,220
30GB ¥6,580 ¥6,120
ライトプラン
(低速無制限)
¥1,180 ¥720

 

通話オプションの料金

 

LIBMO(リブモ)の国内通話は通常20円/30秒です。

しかし、よく通話をされる方向けに、お得な通話オプションも用意されています。

 

  1. 10分かけ放題:850円/月
  2. 通話パック30:850円/月

 

1. 10分かけ放題

 

f:id:SCANTY:20171229112940p:plain

 

1の10分かけ放題は、10分以内の国内通話が何度でも無料になるオプションです。

専用のアプリから発信するか、電話番号の頭に「003545」をつけることで、10分以内の国内通話ならいつ・誰にかけても無料になります。

もし10分を超えたとしても、通話料は通常の半額の10円/30秒になります。

 

しかも、現在「お電話応援プログラム」というキャンペーン期間中につき、申込みから最初の1年間は月額300円に割引になっています。

よく通話をされる方には大変お得なオプションです。

 

2. 通話パック30

 

2の通話パック30は、30分の無料通話(1,200円分)が850円になるオプションです。

通話回数は多くないけど、長電話する場合はこちらの方がお得になる場合があります。

ただし、現在は10分かけ放題が割引キャンペーン中なので、ほとんどの方は10分かけ放題のほうがお得になります。

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

料金に関する補足・注意点

 

余ったデータは繰り越し可能

 

LIBMOは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

月によって使用するデータ量にばらつきがある場合も、繰り越しによってばらつきを吸収でき、無駄になりません。

なお、繰り越したデータが使えるのは繰り越した月の月末までです。3月分のデータは4月末まで使えます。

 

データ容量の変更は無料

 

LIBMO(リブモ)では、プランの変更を無料で行うことができます。

「6GBのプランにしたけど、あまり使わなかったので3GBにしたい」という場合も無料で変更することができます。

プランの変更は翌月から反映されます。

 

なお、音声SIM⇔データSIM(データ専用・SMS機能付)の変更はできませんので注意してください。

 

最低利用期間・違約金あり

 

LIBMOの音声SIMは他のキャリアと同じように1年間の最低利用期間があります。

この期間内に解約すると違約金9,500円がかかってしまいます。

 

しかし、多くのキャリアは2年ですが、LIBMO(リブモ)の最低利用期間は1年です。

万が一満足できない場合や他のキャリアに移りたい場合も、1年を超えれば違約金無しで乗り換えや解約することができます。 

  

iPhone8・8Plus・Xの2年総支払額

 

次に、LIBMOで実際にiPhone8・iPhone8Plus・iPhone X(テン)を2年間使用した場合の総支払額を試算しました。

ここからの計算は、AppleストアでSIMフリー端末を購入した想定で金額を記載してます。端末を既にお持ちの方は、端末代金を差し引いた額に換算してください。 

 

なお、期間限定のキャンペーンによる割引は考慮していません。また、通話オプションの料金は入れていませんので、必要な方はお手数ですが料金を加算してください。
※料金は全て税込

 

iPhone 8(64GB)

 

iPhone8のSIMフリー端末(64GB)の本体価格は85,104円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone8 (64GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥85,104  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥126,264 ¥140,664 ¥159,864

 

iPhone 8(256GB)

 

iPhone8のSIMフリー端末(256GB)の本体価格は103,464円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone8(256GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥103,464  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥144,624 ¥159,024 ¥178,224

 

iPhone 8 Plus(64GB)

 

iPhone8 PlusのSIMフリー端末(64GB)の本体価格は96,984円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone8 Plus(64GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥96,984  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥138,144 ¥152,544 ¥171,744

 

iPhone 8 Plus(256GB)

 

iPhone8 PlusのSIMフリー端末(64GB)の本体価格は115,344円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone8 Plus(256GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥115,344  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥156,504 ¥170,904 ¥190,104

 

iPhone X(64GB)

 

iPhone X(テン)のSIMフリー端末(64GB)の本体価格は121,824円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone X(64GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥121,824  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥162,984 ¥177,384 ¥196,584

 

iPhone X(256GB)

 

iPhone X(テン)のSIMフリー端末(256GB)の本体価格は140,184円です。

これに契約プラン毎の料金を足した合計金額は以下の通りです。

 

<iPhone X(256GB)>

  3GB 6GB 10GB
端末代金   ¥140,184  
契約手数料   ¥3,240  
月額料金 ¥1,580 ¥2,180 ¥2,980
2年総支払額 ¥181,344 ¥195,744 ¥214,944

 

大手キャリアとの比較

 

大手キャリアの料金はさまざまな条件により変わるので一概には言えませんが、私の試算によると、最も高いドコモに比べ、LIBMOは6万円近く節約できる計算になりました。au・ソフトバンクと比べても4.5万円ほど安くなります。

(iPhone8(64GB)、データ5GB以上、5~10分以内の国内通話無料のプランで比較)

各種条件によっては差は縮まりますが、それでもLIBMOの方がかなり安く最新のiPhoneを使用することができるようです。

 

<試算結果>

  • ドコモ:213,192円
  • au:199,112円
  • ソフトバンク:198,720円
  • LIBMO:155,568円

※料金は各種条件によって変動しますので、あくまで目安として捉えてください。

 

SIM購入は公式ストアで!

 

以上、LIBMOでiPhone8・8Plus・iPhone X(テン)を使う手順と料金の解説でした。

文中でも説明しましたが、LIBMOでiPhoneを使用することで月額料金を大幅に安く抑えることができます。

スマホ料金の節約に、ぜひLIBMOを活用してください!

 

SIMカードの申込みはオンラインサイトで簡単に手続きできます。こちらからどうぞ!

 

▼SIM申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

<関連記事>