スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

LIBMO「ZenFone 4 Selfie」を解説!自撮りだけじゃない高コスパ機種

本記事は移転しました。

約3秒後にリダイレクトします。

リダイレクトしない場合はここをクリックしてください。

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、LIBMO(リブモ)より発売中のスマートフォン「ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)」のスペック・料金について徹底解説します。

自撮りに圧倒的な性能を持ち、SNSへの投稿をされる方に大変おすすめです。さらに、自撮り用カメラだけでなくメインカメラやCPUも高性能で、動作もサクサクの高機能機種です。

※本文中の画像は「LIBMO公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申込みはこちら▼

 LIBMO(公式)

 

 

製品の特徴・レビュー

 

驚愕の2000万画素インカメラ

 

f:id:SCANTY:20171019200338p:plain

 

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)の特徴は、「セルフィー」という名の通り、自撮りに特化した豪華なカメラです。 

インカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)はなんと2,000万画素です。

アウトカメラ(背面にあるカメラ)でも2,000万画素はかなりハイスペックなのに、インカメラで2000万画素は驚愕の数値です。

 

広角カメラとのデュアルカメラ

 

f:id:SCANTY:20171214144003p:plain

 

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)のインカメラは2000万画素のカメラのほかに、もうひとつカメラがあります。

いわゆるデュアルカメラですね。

デュアルカメラとは、レンズが2つあるカメラのこと。

2つのカメラを用途に応じて切り替えたり、相互に補完しあうことができます。

 

もうひとつのインカメラは800万画素の広角カメラになっています。

1人で自撮りをする際には2000万画素のメインカメラ、複数人で撮影する場合は広角カメラを使いましょう。

カメラの切替はワンタッチなので、状況に応じて使い分けることができます。

 

ソフトフラッシュで美しい肌

 

f:id:SCANTY:20171214144119p:plain

 

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)のインカメラには「ソフトライトフラッシュ」が搭載されています。

このフラッシュは、ただ明るくするだけではありません。

肌の質感をソフトにしたり、実際の肌の色調を再現してくれたりといった効果があります。まるでスタジオで撮影したかのような、美しい肌色で自撮りすることができます。

 

美人エフェクトで写真を調整

 

f:id:SCANTY:20171214145326p:plain

 

ZenFone 4 Selfieには「美人エフェクト」という撮影モードがあります。

これは、撮影の際に画質を調整し、被写体をより美しく撮影する機能です。

例えば以下のような機能があります。

  • 肌のトーンを調整して目鼻立ちをはっきり
  • シミやそばかすを取り除く
  • 肌を白く美しくする
  • 目の大きさを調整する
  • 顔の輪郭を調整して小顔に

 

簡単に背景をぼかせる

 

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)には、「ポートレードモード」という撮影モードがあります。

ポートレートモードで撮影すると、簡単に背景をぼかすことができます。

被写体を際立たせ、誰でも簡単にプロが撮影したような写真に仕上げることができます。

 

背面のカメラも高機能

 

ZenFone 4 Selfieが優秀なのは、自撮り用のインカメラだけではありません。

アウトカメラ(画面の裏側にあるカメラ)も高性能です。

画素数は1,600万画素で、一瞬で焦点を合わせることができるオートフォーカス機能もあります。

また、一眼レフのようにシャッター速度やホワイトバランス、露出やISOを細かく調整できるため、写真にこだわる方にも最適です。

 

4GBメモリ+64GBストレージ

 

f:id:SCANTY:20171214150129p:plain

 

ZenFone 4 SelfieはCPU性能も十分です。

CPUこそSnapdragon(スナップドラゴン)430で平凡ながら、メモリーRAMは4GB、ストレージは標準で64GBです。

特に高画質の写真を撮る方が多いと思いますので、ストレージ容量が大きいのは嬉しいです。

 

指紋センサー搭載

 

ZenFone 4 Selfieには、ホームボタン上に指紋センサーが搭載されています。

これまで、ロック解除時にパスコードやパターンを入力する必要がありましたが、ZenFone 4 Selfieはホームボタンをタッチするだけで解除してくれます。

驚くべきはそのスピード。

タッチすると0.3秒で即座に認証してくれます。

また、うまく読み込めずに認証エラーになることもほとんどありません。

 

 

ZenFone 4 Selfieのスペック

 

発売日

 

ZenFone 4 SelfieのLIBMOでの発売日は2017年12月15日です。

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20171214150646p:plain

 

ZenFone 4 Selfieは「ネイビーブラック」と「ローズピンク」、「サンライトゴールド」の3色です。

表と背面のデザインはこんな感じです。

f:id:SCANTY:20171214150938p:plain

 

主な機能

 

ZenFone 4はASUSという海外メーカーが生産しています。

そのため、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信といった日本でおなじみの機能は搭載されていません。

個人的には防水・防塵機能がついていないのは少し不安ですね。

 

機能 有無
おサイフ ×
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ ×

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm) W76× L156× D7.8
重さ 約144g
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1,280 × 720
バッテリー容量 3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
計測中
連続待受時間
(LTE)
計測中
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430
(オクタコア)
メモリ(ROM) 64GB
メモリ(RAM) 4GB
対応外部メモリ microSDXC
(最大2TB)
通信速度(下り) 最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万画素
有効画素数
(サブカメラ)
2,000万+
800万画素

 

その他、特徴・スペックは「LIBMO公式サイト」で確認ください。

 

 

ZenFone 4 Selfieの価格・料金

 

LIBMOの料金は非常にシンプルです。基本的にデータ容量ごとの月額料金+端末料金になります。端末料金は24回払いと一括払いが選べます。

ZenFone 4 Selfieの料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

データ 基本料 端末代 月額計
3GB ¥1,580 ¥1,125 ¥2,705
6GB ¥2,180 ¥1,125 ¥3,305
10GB ¥2,980 ¥1,125 ¥4,105
低速
無制限
¥1,180 ¥1,125 ¥2,305

※価格は税抜
※初月に契約手数料3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥27,000
速度 データ 基本料
標準
3GB ¥1,580
6GB ¥2,180
10GB ¥2,980
低速 無制限 ¥1,180

※価格は税抜

 

 

 

割引キャンペーン実施中!

 

今なら、2018年1月31日までの期間限定で音声SIMの月額料金が12ヶ月間400円引きになるキャンペーンを実施しています。

音声SIMのみ、月額料金が1年間(12ヶ月間)400円割引になります。

低速無制限のプランも対象です。

 

データ量 通常 ~1/31
3GB ¥1,580 ¥1,180
6GB ¥2,180 ¥1,780
10GB ¥2,980 ¥2,580
低速
無制限
¥1,180 ¥780

 

 

公式サイトで今すぐお申し込み!

 

以上、LIBMOのZenFone 4 Selfie(ZD553KL)の紹介でした。

自撮りに圧倒的な性能を持ち、SNSへの投稿をされる方に大変おすすめです。

さらに、自撮り用カメラだけでなくメインカメラやCPUも高性能で、動作もサクサクの高機能機種です。

さらに現在キャンペーンを実施しており、料金が大変お得になっています。

LIBMO公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込はこちら▼

 LIBMO(公式)

 

<関連記事>