スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

IIJmioのスマホ料金完全ガイド - あなたに最適なプランがわかる!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、格安スマホ「IIJmio」の料金について徹底解説します。

料金が格安なので、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の節約になります。手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできます。

さらにIIJmioでは常に割引キャンペーンを実施しており、さらにお得にスマホやタブレットを使うことができます。

これからIIJmioに契約しようとされている方、ぜひ参考にしてください!

※本文中の画像は「IIJmio公式サイト」から引用
※料金は全て税抜

 

  

 

音声SIMの料金

 

初期費用は約3,400円

 

IIJmioの初期費用はタイプDとタイプAでわずかに異なります。(タイプDとタイプAの違いは後ほど説明)

SIM発行手数料がわずかにタイプAが高いですが、どちらも3,400円程度です。

 

  タイプD タイプA
パッケージ費用 ¥3,000 ¥3,000
SIM発行手数料 ¥394 ¥406
¥3,394 ¥3,406

 

回線はタイプD・Aの2種類

 

IIJmioには、タイプDとタイプAとよばれる2種類の回線があります。

タイプDはドコモ回線、タイプAはauの回線を使っています。

ドコモで購入した端末にIIJmioのSIMを挿して使う場合、タイプDならSIMロック解除が必要ありません。同じく、auで購入した端末なら、タイプAのSIMなら端末のSIMロック解除が必要ありません。(ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必須)

 

回線の速度はそれほど変わらないと考えておいて良いと思います。(若干タイプDの回線が速いことが多いかな?ぐらい)

注意点としては、タイプAのSIMを手持ちのスマホに挿して使う場合、テザリングができませんテザリングを使いたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿したほうが良いですね。

 

 

月額料金

 

IIJmioの音声SIMの料金は、月に使えるデータ容量に応じて3種類とシンプルです。

各コースの料金は以下の通りです。

 

データ量 基本料
3GB ¥1,600
6GB ¥2,220
10GB ¥3,260

 

  

端末代金は一括/分割

 

IIJmioではSIMカードのみでも契約できますし、スマホとセットで購入することもできます。

端末も一緒に購入する場合は上記の基本料金に端末代金がかかります。

例えば私がおすすめのスマホ「AQUOS sense lite(SH-M05)」の場合だと以下のとおりになります。

 

<端末代金分割>

データ 基本料 端末代 月額計
3GB ¥1,600 ¥1,250 ¥2,850
6GB ¥2,220 ¥1,250 ¥3,470
10GB ¥3,260 ¥1,250 ¥4,510
 

<端末代金一括> 

端末代金
¥29,800
データ 月額基本料
3GB ¥1,600
6GB ¥2,220
10GB ¥3,260

 

各機種の端末代金は「IIJmio公式サイト」でご確認ください。 

 

 

 

アプリ利用で通話料金半額

 

IIJmioの国内通話料金は20秒/30円です。通話料金はどこも一緒ですね。

しかし、IIJmioは国内通話料金を半額にできます。

スマホアプリ「みおふぉんダイアル」から発信すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

「スマホアプリから発信」するといっても、通常の電話発信とほとんど変わりません。

電話帳から選択して発信できますし、通話も高品質です。

この「みおふぉんダイアル」というアプリは無料です。タダで通話料金を半額にすることができます。

 

 

通話オプションの料金

 

f:id:SCANTY:20171224184107p:plain

 

IIJmioはアプリ「みおふぉんダイアル」から電話をかけることで半額になりますが、お得な通話オプションも用意されています。良く電話をする方はこちらの方がお得です。

通話オプションを追加する場合、前述の基本料金に下記料金が加算されます。

  • 3分かけ放題
    3分以内の国内通話と10分以内の家族間の通話が何度でも無料
  • 10分かけ放題
    10分以内の国内通話と30分以内の家族間の通話が何度でも無料
  かけ放題の時間
月額
料金
  国内 家族
3分かけ放題 3分 10分 600円
10分かけ放題 10分 30分 830円
 

 

 

データSIMの料金

 

SMS付・データ専用の2種類

 

IIJmioでは、音声通話機能のないデータSIMも契約可能です。

スマホはもちろん、タブレットやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)に挿して使用することができます。

データSIMはSMS機能の有無によって2種類に分かれます。

  • SMS機能あり:SMS対応SIM
  • SMS機能無し:データ通信専用SIM

SMS機能があると電話番号が付与されるため、電話機能がなくてもLINEが使えるようになります。(ただし、SMS機能がなくてもFacebookで認証することも可能)

また、モバゲーなどの一部ゲームでは本人確認のためSMS機能が必要になる場合もあるので、それらに該当する方はSMS対応SIMを選択しましょう。

 

 

回線はタイプD・Aの2種類

 

音声SIMと同様、SMS機能付SIMにもタイプDとタイプAの2種類の回線があります。(データ専用SIMはタイプDのみ)

タイプDはドコモ回線、タイプAはauの回線を使っています。

繰り返しになりますが、ドコモで購入した端末にIIJmioのSIMを挿して使う場合、タイプDならSIMロック解除が必要ありません。

同じく、auで購入した端末なら、タイプAのSIMなら端末のSIMロック解除が必要ありません。(ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必須)

 

速度は地域や時間帯によって変動するため一概には言えませんが、タイプDの方が速いことが若干多いです。

 

注意点としては、タイプAのSIMを手持ちのiPhoneやiPadに挿して使う場合、テザリングができません

iPhone・iPadでテザリングしたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿したほうが良いですね。

 

 

SMS付・データSIMの料金

 

SMS対応SIMとデータ専用SIMも容量に応じた3つのプランが用意されています。

それぞれの基本料金は以下の通りです。 SMS機能付SIMはタイプAの方が月140円安くなっています。

auで購入した端末を使う場合やテザリングを使用しない方はタイプAの方が料金は安くなります。

速度は地域や時間帯によって変動するため一概には言えませんが、タイプDの方が速いことが若干多いです。

 

  SMS機能付 データ専用
  タイプD タイプA タイプD タイプA
3GB ¥1,040 ¥900 ¥900 -
6GB ¥1,660 ¥1,520 ¥1,520 -
10GB ¥2,700 ¥2,560 ¥2,560 -
 

 

 

料金に関する補足・注意点

 

初月は基本料日割・SMS無料

 

IIJmioの契約月の基本料金は日割り計算されます

そのため、契約開始日にかかわらず使用した日数分しか請求されませんので、いつ契約しても問題ありません。

なお、タイプDでSMS機能付SIMを契約される場合、初月のみ140円安くなります。

 

毎月コース変更ができる

 

IIJmioでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

また、月末最終日は受付が停止されていますので早めに申請しましょう。

 

データ容量は繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20171224193151p:plain

 

IIJmioでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(3月分のデータは4月末まで)です。

 

クーポンスイッチでデータ節約

 

f:id:SCANTY:20171224194127p:plain

 

IIJmioの専用アプリには「クーポンスイッチ」という便利ワザがあります。

これは、高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、クーポンスイッチを使えば賢くデータ節約ができます。

 

翌月末まで解約できない

 

IIJmioには最低利用期間があります。

音声SIM・SMS機能付SIM・データ専用SIMともに、契約翌月末までは解約することができません。

 

音声SIMは解約手数料あり

 

音声SIMの場合は1年以内に解約すると解約手数料(音声通話機能解除調定金)が発生します。

つまり1年縛りということですね。

他社は2年縛りが多いのでそれよりも短いですが、1年以内だと解除手数料がかかります。

金額は、(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)です。

例えば4月に利用開始した場合、5月末で解約すれば利用月数は1ヶ月なので

  • (12ー1)×1,000円=11,000円

の手数料がかかります。

 

 

割引キャンペーン実施中!

 

IIJmioでは常に何らかの割引キャンペーンを実施しています。

契約でキャッシュバックがもらえたり、月額料金が割引になったり、スマホ端末が値引きされたりと、大変お得です。

詳細は「【随時更新】IIJmio「みおふぉん」のお得なキャンペーン情報まとめ」で解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

 

IIJmioひかりとセットでお得

 

月額600円割引

 

f:id:SCANTY:20171114170353p:plain

 

IIJmioには、月額料金をさらに安くする方法があります。それは、家のネットをIIJmioひかりにすることです。

 

スマホはIIJmio、家のネットは「IIJmioひかり」にすることで、セット割引が適用され、料金が更に安くなります。

このセット割引のことを「mio割」といいます。mio割が適用されると、スマホ代+ネット代が毎月600円割引になります。

IIJmioはもともと料金が安く、さらにいろいろなキャンペーンが適用されているうえに、家のネットとのセット割(mio割)でさらに安くすることができます。

 

IIJmioひかりは、フレッツ光と同じ回線を使っているいわゆる「光コラボ」です。

「フレッツ光じゃないと不安」という方にも安心です。

 

IIJmioひかり申込で1万円還元

 

f:id:SCANTY:20171114170316p:plain

 

さらに今なら、IIJmioひかりへの申込でアマゾンギフト券10,000円分進呈のキャンペーンを実施しています。

スマホ料金が安い、さらに割引キャンペーンいろいろ、IIJmioひかりとセットで更に割引、IIJmioひかり申込で10,000円還元と、もうわけがわからないくらい安くなっています。

もちろんIIJmioのスマホもIIJmioひかりも品質はお墨付きですので、この機会にぜひご検討ください。

詳細はこちら:はじめてのIIJmio(みおふぉん)| プラン・評判・設定方法をやさしく解説!

 

 

公式サイトで今すぐお申し込み!

 

以上、IIJmioの料金の解説でした。

料金が格安なので、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の節約になります。手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできます。

さらにIIJmioでは常に割引キャンペーンを実施しており、さらにお得にスマホやタブレットを使うことができます。

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込はこちら▼

 IIJmio(公式)

 

 

<関連記事>