スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

IIJmioでiPhone 8・iPhone Xを使う設定手順・メリットを解説!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は、IIJmio「みおふぉん」でiPhone8・iPhone X(アイフォンテン)を使用するための設定手順やメリットを解説します。

 

IIJmioでiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xを使うことで、3大キャリアに比べて格安で利用することができます。

ぜひ参考にしてください!

※本文中の画像は「IIJmio公式サイト」より引用 

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

 

アイフォン8・Xの動作確認状況

 

IIJmioでは、iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xの動作確認が終了しています。

IIJmioでは、どのiPhoneにもIIJmioのSIMカードを挿入して問題なく使用できますので安心してください。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone端末はSIMロック解除が必要な場合があります。

また、au回線のタイプAのSIMを挿入する場合、テザリングができません。

これについては後ほど詳しく解説します。

 

【重要】iPhone使用時の回線の選び方

 

IIJmioでは、au回線のタイプAと、ドコモ回線のタイプDを選択しなければなりません

iPhone 8・iPhone Xを使用する際の大まかな方針は以下の通りです。

 

▼回線の選び方▼

  テザリング
iPhoneの購入元 使用する 使用しない
ドコモ D D
au D A
Softbank D D(Aも可)
SIMフリー D D(Aも可)

 

まず、テザリングを使用するかがポイントです。

タイプAの回線ではテザリングは使用できません

よって、テザリングする場合は必ずタイプDを選びましょう。

 

テザリングを使用しない場合は以下の選び方がおすすめです。

  • iPhone本体をauで購入:タイプA
  • iPhone本体をau以外で購入:タイプD

iPhone本体がauで購入したものである場合、回線をタイプAにすればSIMロック解除は不要です。

同様に、ドコモで購入したものである場合はタイプDにすればSIMロック解除は不要です。

 

ソフトバンクで購入した場合やSIMフリー端末の場合、SIMロック解除済端末の場合はタイプDがおすすめです。

万が一テザリングしたくなった場合に対応できることと、タイプDの方が通信速度が速いことが多いという理由からです。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

IIJmioでiPhone 8・iPhone Xを使う5つの手順

 

IIJmioの店頭・オンラインストアでは、iPhone 8やiPhone Xは販売していません。

そのため、大まかに以下の5ステップが必要になります。

  1. MNP予約番号を発行
  2. IIJmioの音声通話SIMカードを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. APN設定

 

1. MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からIIJmioに乗り換える場合のみに発生します。

乗換えではなく、IIJmioに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでIIJmioに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470
ソフトバンク
店頭  
電話 Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

2. IIJmioのSIMを購入

 

次に、IIJmioの音声通話付SIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

f:id:SCANTY:20180217121259p:plain

SIMカード

SIMカードは「IIJmio公式サイト」で簡単に契約できます。

アマゾンでも購入できますが、ひと手間多くなるのでちょっと面倒です。

ここからは、SIMカード契約の流れを簡単に解説します。

 

IIJmio公式オンラインサイト」にアクセスします。

 

f:id:SCANTY:20171116121337p:plain

「ご購入・お申し込み」をクリック

 

f:id:SCANTY:20171116121457p:plain

「mio会員登録・お申し込み」を選択

 

f:id:SCANTY:20171116121615p:plain

同意するにチェックを入れ「次へ」を選択

 

f:id:SCANTY:20171116121814p:plain

「パッケージをお持ちでない方」を選択し、次へ

 

※ここで、紹介コードを入力する欄が出てきます。

紹介コードはtwitterなどで検索すると出てきますので、入力しても良いでしょう。

データ量が2ヶ月間10%増量になります。

 

f:id:SCANTY:20171116122148p:plain

「SIMのみ購入」を選択し、次へ

 

f:id:SCANTY:20171116122333p:plain

回線のタイプ(A/D)を選択

回線の選び方については、前章を参考にしてください。 

回線を選択した後は、以下の手順で契約を進めていきます。

f:id:SCANTY:20171116122658p:plain

音声通話機能付きSIMを選択

 

f:id:SCANTY:20171116122807p:plain

通話定額オプションを選択

f:id:SCANTY:20180323011628p:plain

新規契約 or MNP乗り換えを選択

途中で、SIMカードのサイズを選択する項目が出てきます。

 

ドコモ回線のタイプDを選択している場合は、標準/micro/nanoの3種類が出てきますので、「nanoSIM」を選択してください。

au回線のタイプAを選択している場合はマルチSIMしか出てきませんので、「マルチSIM」を選択してください。

f:id:SCANTY:20180323011505p:plain
f:id:SCANTY:20180323011736p:plain
タイプDはnano、タイプAはマルチSIMを選択

 

f:id:SCANTY:20171116123114p:plain

プランを選択

 

f:id:SCANTY:20171116123158p:plain

大容量オプションの要否、配達日時、追加オプションを選択



その後、契約者情報や支払いクレジットカード情報、MNPの情報などを入力すれば申し込み完了です。

指定した日時にSIMカードが送られてきます。

それまでiPhone本体を用意しておきましょう。

 

3. iPhone本体を準備

 

f:id:SCANTY:20180209173106p:plain

 

IIJmioではiPhoneの端末本体を販売していません。よって、端末は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. Appleで購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

アップルストアでは、IIJmioのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhoneの価格表▼

  64GB 256GB
iPhone 8 ¥78,800
(¥85,104)
¥95,800
(¥103,464)
iPhone 8 Plus ¥89,800
(¥96,984)
¥106,800
(¥115,344)
iPhone X ¥112,800
(¥121,824)
¥129,800
(¥140,184)

iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する - Apple(日本)

iPhone Xを購入する - Apple(日本)

 

B. 現在使用中の端末を流用する

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入した端末を流用する方法です。

タイプDの回線ならドコモで購入したiPhoneはそのまま使用できます。

同様に、タイプAの回線ならauで購入したiPhoneはそのまま使用できます。

 

ただし、以下の場合はSIMロック解除が必要になります。

  • ドコモで購入した端末をタイプAの回線で使う
  • auで購入した端末をタイプDの回線で使う
  • ソフトバンクで購入した端末を使う

 

▼SIMロック解除の要否▼

  タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー 不要 不要
ドコモ 不要
au 不要
ソフトバンク

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

  

C. 中古ショップで購入

 

iPhone本体は中古スマホショップでも購入できます。

最新のiPhone 8・8Plus・iPhone Xも早速中古市場で販売しています。少しでも安く端末を購入したい方は、中古ショップを利用するのが良いでしょう。

  

4. iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

 

5. APN設定

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

 

作業は「Wi-Fiに接続した状態で、構成ファイルをインストールする」という手順になりますが、非常に簡単です。

こちらのIIJmioのサイトに詳しくまとめられているので参考してください。

初期設定(APN設定)をしよう|格安SIM/格安スマホのIIJmio 

 

以上で、IIJmioでiPhone8・iPhone Xが使えるようになります。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

iPhone用SIM申込み時の注意点

 

IIJmioの回線はタイプD・Aの2種類

 

繰り返しになりますが、IIJmioにはタイプDとタイプAとよばれる2種類の回線があります。タイプDはドコモ回線、タイプAはauの回線を使っています。

 

ドコモで購入したiPhone端末にIIJmioのSIMを挿して使う場合、タイプDならSIMロック解除が必要ありません。

同じく、auで購入した端末なら、タイプAのSIMなら端末のSIMロック解除が必要ありません。(ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必須)

 

タイプAはテザリング不可 

 

タイプDとAの回線速度はそれほど変わらないと考えておいて良いと思います。

(若干タイプDの回線が速いことが多いかな?ぐらい)

 

注意点としては、タイプAのSIMをiPhoneに挿して使う場合、テザリングができません

テザリングを使いたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿しましょう。

 

SIMカードのサイズに注意!

 

IIJmioの公式HPでSIMカードの申込み手続きを行う際、気をつけなければならないのが「回線の種類(タイプD/タイプA)」と「SIMカードのサイズ」です。

回線の選び方については冒頭で解説しました。

 

SIMカードのサイズは、以下を選択してください。

  • 回線がタイプD:nanoSIM(ナノ)
  • 回線がタイプA:マルチSIM

タイプAの場合はマルチSIMしか選択肢が出てこないので問題ないですが、ドコモの場合は標準/micro/nanoの3つが出てきます。

iPhone 8・8 Plus・iPhone Xは全てnanoですので注意してください。

 

本人確認書類

 

IIJmioで音声通話機能付SIMカードを申し込む場合、本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類として以下の書類が有効です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード、外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳

 

WEBから申し込む際に、これらの書類を撮影した画像をアップロードすれば提出完了です。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

iPhone 8・X使用時の月額料金

 

初期費用は約3,400円

 

IIJmioの初期費用はタイプDとタイプAでわずかに異なります。

SIM発行手数料がわずかにタイプAが高いですが、どちらも3,400円程度です。

 

  タイプD タイプA
パッケージ費用 ¥3,000 ¥3,000
SIM発行手数料 ¥394 ¥406
¥3,394 ¥3,406

  

月額料金

 

IIJmioの音声SIMの料金は、月に使えるデータ容量に応じて3種類とシンプルです。

各コースの料金は以下の通りです。

 

データ量 基本料
3GB ¥1,600
6GB ¥2,220
10GB ¥3,260

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

通話料金は無料で半額に

 

f:id:SCANTY:20171113095602p:plain

 

IIJmioの国内通話料金は通常、30秒毎に20円です。

しかし、IIJmioならこの通話料を誰でも簡単に半額にできます。

専用のアプリ「みおふぉんダイヤルアプリ」から電話をかければ、誰でも無料で通話料が半額の10円/30秒になるのです。

 

「専用アプリから掛ける」と言われると面倒な気がしますが、そんなことはまったくありません。

アプリを起動して、電話番号をタップするだけ。

通常に電話を掛けるのと全く同じ手間で通話料を半額にできます。

f:id:SCANTY:20171113095640p:plain

アプリから簡単に電話が可能

 

お得なかけ放題オプション

 

f:id:SCANTY:20171113100103p:plain

 

IIJmioには、お得な通話プランがあります。

それは、10分以内または3分以内の国内通話が何度でも無料になるというプランです。

1回の通話を10分または3分以内に収めれば、月に何度かけても通話料はかかりません。

しかも、家族との通話なら通話時間が10分⇒30分、3分⇒10分に延長になります。

 

  かけ放題の時間
月額
料金
  国内 家族
3分かけ放題 3分 10分 600円
10分かけ放題 10分 30分 830円

 

このプランには、よくある「21時~翌1時は有料」「無料の連絡先は3件まで」といった制限もありません。

いつ、誰にかけても無料です。

通話をよくする方も、このプランをうまく活用することで通話料を無料にすることができます。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

IIJmioでiPhoneを使うメリット

 

料金が安い。年6万円節約可能

 

IIJmio「みおふぉん」の特徴はなんといってもその料金の安さ。

月3GBのデータが使える音声通話付きのSIMが、なんと月1,600円から使えます。

特に現在ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを契約している方は、毎月のスマホ代を大幅に削減することができます。

 

例えば私の場合、以前契約していたドコモでは月5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。

電話はほとんどしなかったにもかかわらず、この値段です。

 

しかし、IIJmioだと6GB使えて毎月2,220円。

3分までの国内通話が何回でも無料になるオプションをつけても2,820円です。

月5,000円、年間だと6万円以上の節約になります。家族4人で契約すれば、さらに節約することができますね。

 

十分なデータ通信速度

 

f:id:SCANTY:20180219163037p:plain

 

格安スマホを契約する際に不安なのがデータ通信速度です。

格安スマホは料金が安い分、データ通信速度が遅い場合があるのは確かです。

 

しかし、IIJmioはその点も大丈夫。

いくつかの調査結果で、十分なデータ通信速度であることが実証されています。

詳細:格安SIM MVNOの通信速度比較 速いのは?【2017年10月2日】

 

たしかに、ドコモやau・ソフトバンクに比べると劣ります。

しかし、そもそも普通の人は1Mbpsのデータ速度もあればデータ通信を快適に使用できるといわれています。

その点、IIJmioは安定した速度を誇っており、安心して使うことができる十分なレベルです。

 

余ったデータを繰り越せる

 

f:id:SCANTY:20171116134705p:plain

 

スマホをお使いの方には、月末になるとデータの残り容量がなくなり、速度制限がかかってしまう方もいらっしゃると思います。

その点、IIJmioには嬉しいサービスがあります。それは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せることです。

 

例えば3GBのプランを契約している方が、今月2GBしか使わなかった場合、余った1GBを翌月に繰り越し、翌月は4GBまで使うことができます。

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

例えば、「来月に旅行の予定があるから、今月はデータを節約して来月に繰り越そう」といったことも可能です。

 

バースト転送で速度制限後も速い

 

f:id:SCANTY:20171114171725p:plain

 

データ繰り越しを駆使しても、どうしても速度制限がかかってしまった…。

そんなときでもIIJmioなら安心です。

「バースト転送」という特殊な技術を使い、WEBページの読み込みを最大限速くしてくれます。

速度制限がかかっているときも、ページを読み込む際の通信し始めは高速通信し、読み込みを速めてくれるのです。

万が一通信制限がかかったときも、快適に通信を楽しむことができます。

 

ファミリープランで家族でお得

 

IIJmioは、家族で契約すればさらに月のスマホ代を安くできます。

例えば家族4人でIIJmioに契約する場合、通常であれば1,600円(3GB音声通話付プラン)×4人で、最低でも6,400円かかることになります。

しかし、IIJmioのファミリープランなら4人で合計10GBのデータを分け合うプランで5,760円まで抑えることができます。

 

f:id:SCANTY:20180219163136p:plain

 

私はドコモに契約していた際、1人で月8,000円支払っていましたので、ざっくり言うと1人分で家族4人がスマホを使えることになります。(かなりざっくりですが)

さらに、家族間の通話は最大60%OFFになり、家のネットとのセット割引でさらに安くなるなど、他にも特典がいっぱいです。

これを機会に、ぜひ家族全員でIIJmioへの乗換えを検討してみてください。

  

もちろんLINEも使用可能

 

f:id:SCANTY:20171113102541p:plain

 

IIJmioなら、もちろんLINE(ライン)などのアプリも使えます。

 

SIMカードの追加OK

 

皆さんの中には、スマホだけでなく、タブレットやモバイルルーターをお持ちの方もおられると思います。IIJmioにはそんな方に嬉しいシステムがあります。

それは、SIMカードを追加できるということ。

 

スマホに挿すSIMカードを契約する際、SIMカードをもう1枚追加することができます。

追加したSIMカードをタブレットに挿して使えば、スマホとタブレットで同じデータ容量を分け合うことができます。

 

例えば、通常月2,220円で6GBまで使える音声通話用SIMを契約するとします。

その際、わずか500円の追加料金でSIMカードをもう1枚追加できるのです。

追加したSIMカードはタブレットに挿して使えます。

6GBのデータ容量はスマホとタブレットで分け合うことができるのです。 

 

スマホのほかにタブレットやモバイルルーターをお持ちの方は、2枚のSIMカードを別々に契約するより大変お得になりますので、ぜひ活用してください。 

 

最低利用期間1年、自動更新なし

 

スマホ(SIM)を契約する場合、どのスマホ会社でも最低利用期間(縛り期間)が発生します。

最低利用期間とは、月額料金が安くなる代わりに、最低利用期間内に解約すると解除手数料がかかる、というしくみです。

契約した後にサービスや通信速度に満足できなかった場合や、他のキャリアに乗り換えたくなった場合も、契約解除手数料がかかるため我慢しなければなりません。

 

しかし、IIJmioは解除手数料がかかる”縛り期間”が1年。他のキャリアの半分の期間です。

しかも、1年経過後も契約が自動更新されないので、いつでも自由に解除することができます。

万が一IIJmioから他のキャリアに移りたくなったときにも有利な契約になっています。

 

f:id:SCANTY:20171114122418p:plain

IIJmioは”縛り”の期間が半分

 

音声SIMは解約手数料あり

 

音声SIMの場合は1年以内に解約すると解約手数料(音声通話機能解除調定金)が発生します。いわゆる違約金ですね。つまりIIJmioは1年縛りということです。

他社は2年縛りが多いのでそれよりも短いですが、1年以内だと解除手数料がかかります。

金額は、(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)です。

例えば4月に利用開始した場合、5月末で解約すれば利用月数は1ヶ月なので

  • (12ー1)×1,000円=11,000円

の手数料がかかります。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

ドコモ・au・ソフトバンクとの料金比較

 

IIJmioの特徴はなんと言ってもその料金の安さ。

では、ドコモやau・ソフトバンクとどれだけ安いのでしょうか。

iPhone8(64GB)を2年間使用した場合の料金を比較してみたいと思います。

f:id:SCANTY:20171116133257p:plain

 

最も料金が高いドコモに比べて、2年間で5万円近く節約できます。5万円あれば、何でもできますね。

 

しかもこれだけではありません。

IIJmioには期間限定のお得なキャンペーンがあり、さらに料金が割引になります。

非常にお得で嬉しいですね。

 

お得なキャンペーン実施中!

 

現在、IIJmioへの申込みで、以下の3つのお得なキャンペーンが適用されます。

キャンペーンはいずれも5月8日までの期間限定です。 

 

初期費用1円

 

f:id:SCANTY:20180301172646p:plain

 

5月8日までの期間中、IIJmioの音声SIM・SMS付SIM・データ専用SIMに申込みされると、通常3,000円の初期費用が1円になります。

初期費用がほぼタダになるキャンペーンは非常に人気ですね。

1円になるのは「IIJmio公式サイト」から申し込んだ場合です。

 

パッケージを利用して申し込む場合、初期費用1円は適用されず、別途3,000円のギフト券進呈が適用されます。

また、Amazonのウェルカムパックなど一部対象外になる場合がありますので注意してください。

 

1年間データ3GB増量

 

f:id:SCANTY:20180301175056p:plain

 

2018年5月8日までにIIJmioの音声SIM・SMS機能付SIM・データ専用SIMに申し込むと、1年間データ容量が3GB増量されます。

月3GBのミニマムスタートプランでも、3GB増量されて6GB使えるようになりますので、大変お得です。 

 

1年間300円割引(音声のみ)

 

f:id:SCANTY:20180301175138p:plain

 

2018年5月8日までに音声SIMを申し込むと、月額料金が1年間300円割引になります。

  • 月300円割引×12ヶ月

IIJmioの音声SIMの月額料金はもともと非常に安いのですが、それがさらに月額300円も安くなります。

しかも割引は12ヶ月継続しますので、長期間お得が続きます。

もちろん、音声SIMなら初期費用1円・データ3GB増量も併用できますので、大変お得になります。

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、IIJmioでiPhone8・iPhone Xを利用する手順と、メリットの説明でした。

「最新のiPhoneを使いたい、でもスマホ料金は安く抑えたい…」そんな方にIIJmioはぜひおすすめです。

格安の料金と安定した通信速度が特徴で、本当におすすめのキャリアです。

 

さらに、今なら期間限定で3つのキャンペーンが適用され、さらにお得にiPhoneを使うことができます。

契約を検討中の方、ぜひお急ぎください!

 

▼申込みはこちら▼ 

 IIJmio公式サイト

 

 

<関連記事>