スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

ドコモ・ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える手順とメリット!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

本日は、ドコモ・ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換える手順と、メリット・デメリットを解説します。

UQモバイルに乗り換えることで毎月のスマホ料金を大幅に節約できますし、通信速度も格安スマホの中では非常に速いです。

スマホ料金を節約したい方は、ぜひUQモバイルに乗り換えましょう!

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

 

MNPで番号そのまま乗り換え可能

 

MNP乗り換えとは

 

ドコモやソフトバンクで既にスマホを契約している方は、電話番号を変えることなくUQモバイルに乗り換えることができます。

これを「MNP乗り換え」といいます。

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、電話番号そのまで携帯電話やスマホの会社の乗り換えられるシステムです。

 

MNP乗り換えの手順

 

MNPを利用してドコモ・ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるためには、主に以下の3つの手順を踏む必要があります。

  1. (今のスマホをそのまま使う場合)SIMロック解除
  2. 乗り換え元でMNP予約番号を発行
  3. UQモバイルでMNP転入手続き

それぞれについて詳しく解説します。

 

1. SIMロック解除

 

この手順は、ドコモ・ソフトバンクで使用しているスマホ端末をそのままUQモバイルで使用する場合のみ必要です。

ドコモ・ソフトバンクで購入したスマホは、購入したキャリア以外で使用できない「SIMロック」という状態になっています。

そのため、端末を他社でも使用できるように「SIMロック解除」という手続きをしなければなりません。

 

ドコモ・ソフトバンクを解約する前にマイページでSIMロック解除の手続きをしましょう。

詳細な手順は次章「ドコモ・ソフトバンクの端末もUQで使える」で解説します。

 

▼ドコモ・ソフトバンク端末はSIMロック解除必要▼

  ドコモ au Softbank
SIMロック
解除
必要 不要 必要

 

2. MNP予約番号の発行

 

さて、いよいよドコモ・ソフトバンクの解約手続きに入ります。

番号そのままで他社に乗り換える場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

MNPの転出手続きをすると、2,000円の手数料がかかります。

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • ドコモショップ・ソフトバンクショップの店頭
  • 電話
  • マイページ

SIMロック解除は店頭で手続きすると有料になりますが、MNP予約番号の発行はどこで手続きしても手数料は変わりません。

ですが、店頭は混んでいますし、電話はなかなか繋がらないので、できればマイページで手続きするのがおすすめです。

 

手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号の有効期限は15日間です。15日を過ぎると再度MNP予約番号の取得が必要になりますので、発行後はすぐに手続きしましょう。

 

3. UQモバイルでMNP転入手続き

 

いよいよ、新しいキャリア「UQモバイル」で手続きします。

転入手続きは店頭でも、家電量販店などでも可能です。

しかし、おすすめは断然「UQモバイル公式サイト」です。待ち時間なし、簡単手続きでMNP転入の手続きができます。

わざわざ店頭に行く時間も電車賃も、店内での待ち時間も必要ありませんし、店員さんから余計なオプションを勧誘されることもありません。

 

UQモバイル公式オンラインサイト」での手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「のりかえ(MNP)」を選択し、後の画面でMNP予約番号を入力するだけです。

 

f:id:SCANTY:20180307222839p:plain

のりかえ(MNP)を選択

 

オンラインで簡単に手続きできますし、端末やSIMカードもすぐに送られてきます。

なお、UQモバイルにMNP転入の際は手数料はかかりませんが、SIMパッケージ費用として3,000円がかかります。

 

参考:MNP転入時の本人確認書類

 

UQモバイルにMNP転入する際には、本人確認書類の提示が必要です。

本人確認書類は以下の物が準備できればOKです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 身体障がい者手帳 or 療育手帳 or 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

オンラインサイトで手続きする場合は、上記の書類の写真をとり、アップロードします。

上記の書類の住所が現住所と異なる場合は、公共料金の領収書や住民票、行政機関発行の領収証などを更に提示する必要があります。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

ドコモ・ソフトバンクの端末もUQで使える

 

前章でも既に説明しましたが、ドコモ・ソフトバンクで購入したスマホ端末も、UQモバイルで使用することができます。

ただし、使用するためにはSIMロック解除が必要です。

 

▼ドコモ・ソフトバンク端末はSIMロック解除必要▼

  ドコモ au Softbank
SIMロック
解除
必要 不要 必要

 

SIMロック解除はドコモショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

ですので、必ずドコモ・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。マイページで手続きすれば無料です。

また、ドコモ・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

  店頭 電話 マイページ
SIMロック
解除
¥3,000 ¥3,000 無料

  

UQモバイルのおすすめスマホ

 

ドコモやソフトバンクからUQモバイルに乗り換える際、前章で解説したとおり手持ちのスマホ端末を使用することもできますが、もちろんUQモバイルで新しい端末を購入することもできます。

UQモバイルでは2017年一番人気のAndroidスマホ「P10 Lite」や、私のおすすめスマホ「AQUOS sense」最新機種の「HUAWEI nova 2」「DIGNO A」等を購入することができます。

そして、格安スマホでは珍しくiPhone6SやiPhoneSEも契約できます。

 

UQモバイルのおすすめスマホは「UQモバイルの人気・おすすめスマホ機種ランキング!【2018年最新版】」に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

UQモバイルに乗り換えるメリット

 

ここからは、ドコモ・ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリットを解説します。

 

料金プランがシンプル

 

ドコモやソフトバンクは料金プランが非常に複雑でわかりづらいのが難点です。

それに比べ、UQモバイルの料金プランは非常にシンプルでわかりやすいのがメリットです。

多くの方が契約する「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、毎月のデータ容量にあわせてプランをS・M・Lから選びます。

 

プラン データ 1年目 2年目
プランS 2GB ¥1,980 ¥2,980
プランM 6GB ¥2,980 ¥3,980
プランL 14GB ¥4,980 ¥5,980

 

また、上記の基本料金に無料通話またはかけ放題が含まれています

  • おしゃべりプラン:5分以内の国内通話かけ放題
  • ぴったりプラン:プランに応じた無料通話付与

 

  プランS プランM プランL
おしゃべり 5分以内の国内通話何度でも無料
ぴったり 無料通話
60分
無料通話
120分
無料通話
180分

 

自分にあったデータ容量と、通話プランを選べば完了です。非常にわかりやすいですね。

 

スマホ料金が安くなる

 

大手キャリアから格安スマホのUQモバイルに乗り換える最大のメリットは、スマホ料金が大幅に安くなることです。

私は以前ドコモを契約していましたが、月5GBのプランで毎月8,000~8,500円ほど支払っていました。しかも通話料は別なので、通話時間が長くなれば更に高くなります。

 

しかし、UQモバイルで契約しているプランMは毎月6GB使えて、月額2,980円です。しかも5分以内の国内通話は何度でも無料です。

私はUQモバイルに乗り換えて、毎月5,000円、年間で60,000円も節約に成功しました。

 

毎月のスマホ料金を節約したい方は、絶対にUQモバイルへの乗換えがおすすめです。

  

スマホ契約で13,000円貰える!

 

UQモバイルに乗り換えると同時にスマホ本体を契約しようと考えている方に朗報です。

UQモバイルでスマホ本体を購入する際、UQモバイルの店頭や家電量販店ではなく、こちらの「UQモバイルストア」で購入すると、最大13,000円のキャッシュバックが貰えます。

キャッシュバック額は契約するプランによって異なります。

 

キャッシュバック額
プランS ¥10,000
プランM ¥11,000
プランL ¥13,000

 

キャッシュバックがもらえるのはこちらのサイトのみです。また、キャッシュバックに「オプションへの加入が必須」といった条件はありません

ただただこちらから契約するだけで高額なキャッシュバックがもらえますので、ぜひ利用してください。

 

ただし、唯一の難点は対象外の機種があることです。

iPhone6S・iPhoneSEやZenFone 4などは対象外なので注意してください。

 

▼キャッシュバックはココだけ▼

 UQモバイルストア

 

iPhoneやSIM契約で3,000円貰える!

 

iPhone6SやiPhoneSEを契約する場合や、既にお持ちのスマホ端末にUQモバイルのSIMカードを挿して使う場合にも特典があります。

UQモバイル公式オンラインストア」でiPhone6S・iPhoneSEの32GB端末、arrows M04 Premium、またはSIMカードを契約すると、3,000円分の商品券が貰えます。

 

f:id:SCANTY:20180308000836p:plain

 

こちらは「UQモバイル公式オンラインストア」限定の特典です。店頭や家電量販店では受けられませんので注意してください。

 

通信速度の切替えが可能

 

UQモバイルには、データ容量を節約する便利な機能があります。

それはデータ通信速度を低速と高速で切り替えられる機能です。

f:id:SCANTY:20180308001227p:plain

データ通信速度が切替可能

節約モード(低速通信)に設定している間は、データ通信速度は制限されますが、そのかわりデータ容量が消費されません。

低速といっても最大300kbpsで通信可能ですので、メール・LINEやSNS、音楽ストリーミングなどは快適に利用できます。

この機能はドコモやソフトバンクには無い機能ですので、大変便利です。

 

通信速度は格安スマホの中で速い

 

格安スマホに乗り換える際に不安なのが、「データ通信速度が遅くなるのではないか?」 というものです。

しかし、UQモバイルは格安スマホのなかではダントツの通信速度を誇っています

 

UQモバイルはauの回線を借りて運営していますが、UQモバイル自体がKDDIの子会社のため、十分な回線の幅を借りることができています。そのため、格安スマホでは非常に高速で安定した速度が出せるのです。

 

もちろん、通信速度は時間帯や地域によって変動しますので一概には言えませんが、個人的にはUQモバイルの通信速度は心配しなくて良いと思っています。

 

データ繰り越し可能

 

UQモバイルは余ったデータの繰り越しが可能です。

このサービス自体はドコモ・ソフトバンクにもあります。しかし、UQモバイルの方が優れている点が2つあります。

 

1つ目は、データ容量が全て繰り越されることです。

ドコモは繰り越しは1GB単位、ソフトバンクは100MB単位でしか繰り越されませんが、UQモバイルは端数まで全て繰り越されます。

 

もうひとつは繰り越したデータが先に消費されることです。

ドコモ・ソフトバンクは通常のデータを使い切った後に繰り越しデータが消費されます。

しかし、UQモバイルは繰り越したデータが先に消費されます。そのため、更に翌月に繰り越しがされやすくなるのです。

 

データ繰り越しに関してはUQモバイルの方が圧倒的に親切な設計になっています。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

UQモバイルに乗り換えるデメリット

 

通信速度は劣る

 

前章で、「UQモバイルの通信速度は十分」 と解説しましたが、数値上はやはりドコモ・ソフトバンクに比べて劣ります。

「少々高くても快適な通信速度をキープしたい!」という方は、UQモバイルをはじめとした格安スマホはおすすめできません。

ただし、UQモバイルで速度への不満を感じる場面はかなり少ないと思います。

私もドコモからUQモバイルへ乗り換えましたが、遅くなったと感じたことは一度もありません。

 

キャリアメールは月200円の有料

 

ドコモ・ソフトバンクでは「~@docomo.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」というアドレスが付与され、キャリアメールを使うことができます。

UQモバイルでも「~@uqmobile.jp」を使うことはできますが、毎月200円の有料サービスになります。

現在はLINE等が普及しているのでキャリアメールを使うことはあまり無いかもしれませんが、使用している方は有料になるので注意してください。

 

光回線とのセット割引は無い

 

ドコモやソフトバンクには、家のネット(光回線)とのセット割引サービスがあります。

ドコモのスマホユーザーは、家のネットがドコモ光なら割引になります。同様に、ソフトバンクのスマホユーザーはソフトバンク光なら割引になります。

 

しかし、UQモバイルには光回線とのセット割引はありません。

auはau光とのセット割引「auスマートバリュー」という制度がありますが、UQモバイルは対象外です。

 

iPhoneはテザリング不可

 

読者の中には、ドコモ・ソフトバンクで購入したiPhoneにUQモバイルのSIMカードを挿して使おうと考えられている方もおられると思います。

UQモバイルなら、最新のiPhone 8やiPhone Xでも格安で運用できるので、大変お勧めの使い方です。

しかし、1点注意点があります。iPhoneにUQモバイルのSIMカードを挿して使う場合、テザリングができません

 

テザリングって何?という方には関係ありませんが、普段からテザリングを使用している方は注意してください。

 

<参考記事>

 

結論:絶対乗り換えるべき!

 

以上、ドコモ・ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える手順と、メリット・デメリットの紹介でした。

いくつか注意点はあるものの、ドコモ・ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えることでスマホ料金を大幅に節約できます。

通信速度も十分ですので、UQモバイルは乗り換え先として大変おすすめです。

 

本文で解説したとおり、スマホとセットで契約すると1.3万円のキャッシュバックがもらえたり、SIMのみでも3,000円の商品券がもらえたりと、得する裏技もあります。

ぜひ活用して、更にお得にUQモバイルを活用してください!

 

▼スマホとセットで1.3万還元!▼

 UQモバイルストア

 

▼公式サイトはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

<関連記事>