スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

BIGLOBEモバイルでiPhone 8・X・iPhone 7を使う手順を解説!

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

BIGLOBEモバイルでは先日、iPhone 6SとiPhone SEの発売が発表されました。

しかし、「手持ちのiPhone 7を使いたい」「最新のiPhone 8・iPhone X(iPhoneテン)を使いたい」という方もおられると思います。

 

今日はそんな方のために、BIGLOBEモバイルでiPhone 7・iPhone 8・iPhone X(iPhoneテン)を使う手順・メリットを解説します。

 

  • 手持ちのiPhone 7を使いたい
  • 最新のiPhone 8・Xを使いたい
  • iPhoneのAPN設定手順が知りたい

※本文中の画像は「BIGLOBEモバイル公式サイト」より引用 

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

 

【重要】iPhone使用時の回線の選び方

 

タイプD・タイプAの違い

 

iPhoneの具体的な設定手順の解説の前に、回線の選び方について解説します。

BIGLOBEモバイルにはタイプDとタイプAという2種類の回線があります。

タイプDはドコモの回線、タイプAはauの回線を使っています。

 

BIGLOBEモバイルでSIMを契約する際には、どちらのタイプの回線にするか選ばなければなりません。

 

端末がドコモならD、auならA

 

では、iPhone 7やiPhone 8、iPhone Xを使用する際にはどちらの回線を選べばよいのでしょうか?

手持ちの端末を使う場合は、基本的には以下の選択が良いでしょう。

 

<手持ちのスマホを使う場合>

  • ドコモで買った端末を使う:タイプD
  • auで買った端末を使う:タイプA

通常、他のスマホキャリアで買った端末に別のキャリアのSIMをさして使う場合、SIMロック解除が必要になります。

 

<用語解説>
SIMロック解除とは、スマホを他のキャリアで使えるようにすること。ドコモ・au・ソフトバンクなどで販売している端末は自キャリアでしか使えないようにSIMにロックがかかっており、それを解除してもらわないと他キャリアで使えない。

 

しかし、ドコモで買った端末にタイプDのSIMを挿して使う場合は、SIMロック解除が不要です。

同様に、auで買った端末にタイプAのSIMを挿して使う場合もSIMロック解除が不要です。(※どちらも別途APN設定が必要)

ソフトバンクで買った端末をBIGLOBEモバイルで使う場合には、どちらの回線で使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

  タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー 不要 不要
ドコモ 不要
au 不要
ソフトバンク

 

タイプAはテザリング不可

 

iPhoneにBIGLOBEモバイルのSIMを挿して使う場合、テザリングに関して注意が必要です。

iPhoneにタイプAのSIMを挿して使う場合、テザリングができません。

テザリングを使いたい方は、auで購入した端末でもSIMロック解除してタイプDのSIMを挿しましょう。

 

<用語解説>
テザリングとは、スマホをモバイルルーター(ポケットWi-Fi)代わりにして、PCやタブレット・ゲーム機を使うこと。スマホのデータ通信を利用してPCやタブレットなどをネットに接続することができる。

 

月額料金は同じ、速度はDが速い?

 

BIGLOBEモバイルで音声SIMを契約する場合、月額料金はタイプDもタイプAも同じです。

通信速度は地域や時間帯によって変動するのでなんともいえませんが、最近の調査を見るとタイプDの方が速いことがわずかに多いようです。

ただし今後もそうとは限らないですし、速度は場所や計測時間などによって変動するので、あまり気にしなくて良いです。

 

回線の選び方まとめ

 

私のおすすめは、「手持ちのiPhoneがauで買ったもので、かつ、テザリングを絶対に使用しない場合のみタイプA」「それ以外は全てタイプDを選ぶ」というものです。

 

  テザリング
iPhoneの購入元 使用する 使用しない
ドコモ D D
au D A
Softbank D D(Aも可)
SIMフリー D D(Aも可)

 

<テザリングを使う場合>

前述の通り、iPhoneにタイプAのSIMカードを挿して使う場合、テザリングができません。 

よって、少しでもテザリングを使用する可能性がある場合はタイプDにしましょう。

つまり、au・ソフトバンクで買った端末にタイプDを挿すためにはSIMロック解除が必要になります。

 

<テザリングを使わない場合>

「テザリングなんか使ったことないし、今後も絶対使わない!」という方はどちらの回線でも構いません。

auで買った端末はSIMロック解除が不要なので、タイプAが良いでしょう。
同様に、ドコモで買った端末はタイプDにしましょう。

 

端末がソフトバンクまたはSIMフリーの場合はどちらでも良いのですが、万が一テザリングをする場合に備えて、タイプDがおすすめです。

※最近の調査ではタイプDの方が通信速度が速いことが多いですが、今後もそうとは限らないですし、場所や時期によって変動するのであまり気にしなくて良いです。

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

iPhone 8・X・7を使う5つの手順

 

BIGLOBEモバイルの店頭・オンラインストアで発売しているのは、iPhone 6S・iPhone SEのみです。

上記以外の機種(iPhone 7・iPhone 8・iPhone X)を使いたい場合は、SIMカードのみを購入して、手持ち(または新たに購入した)iPhoneに挿して使います。

 

<iPhoneを使う5つの手順>

  1. MNP予約番号発行
  2. BIGLOBEモバイルのSIMカードを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. 各種設定(APN設定)

 

1. MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からBIGLOBEモバイルに乗り換える場合のみに発生します。

乗換えではなく、BIGLOBEモバイルに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでBIGLOBEモバイルに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

  予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭  
電話 ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEB マイドコモ
au
店頭  
電話 0077-75470
ソフトバンク
店頭  
電話 Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

2. 公式サイトでSIMを購入

 

続いて、BIGLOBEモバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

f:id:SCANTY:20171113085142p:plain

SIMカード

SIMカードの契約・購入は「BIGLOBEモバイル公式サイト」で購入します。

まずは「BIGLOBEモバイル公式サイト」にアクセスします。

 

f:id:SCANTY:20171118120929p:plain

「SIMの申し込み」をクリック

 

f:id:SCANTY:20171118121012p:plain

「SIMのみ」をクリック

 

f:id:SCANTY:20171118121105p:plain

回線タイプとSIMサイズ(iPhoneはnano)を選択

 

BIGLOBEモバイルでは、回線をタイプA(auの回線)とタイプD(ドコモの回線)から選ぶことができます。

どちらを選ぶべきかは前の章で詳しく解説しています。

 

SIMカードのサイズはnanoを選択しましょう。

iPhone 7・iPhone7 Plus・iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone XのSIMカードのサイズは、全てnanoです。タイプDとタイプAのどちらもnanoです。

ここだけは間違えないように注意してください。

 

f:id:SCANTY:20171118121133p:plain

音声通話と新規/MNPを選択

 

f:id:SCANTY:20171118121208p:plain

希望のプランを選択

 

f:id:SCANTY:20171118121230p:plain

必要に応じて通話のオプションを選択

 

その後、通話オプション以外のオプションを必要に応じて選択します。

YouTubeなどの動画や音楽、ラジオが見放題・聴き放題になる「エンタメフリーオプション」が非常に人気です。

YoutubeやAbamaTVなどをよく閲覧される方は検討ください。

詳細:BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説!Youtubeも見放題!

 

入力終了後、BIGLOBE会員でない方は「お申し込み手続きへ」を選択します。

 

f:id:SCANTY:20171118121619p:plain

「お申し込み手続きへ」を選択

次のページで契約者の情報やクレジットカード情報を入力します。

f:id:SCANTY:20171118122101p:plain

契約者情報を入力


次のページで入力内容を確認すると申し込み完了です。

数日もしない間にSIMカードが送られてきます。それまでにiPhone本体を用意しておきましょう。

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

3. アイフォン本体を入手

 

BIGLOBEモバイルではiPhone 6S・iPhone SE以外の端末本体を販売していません。

よって、他の端末を使いたい場合は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. Appleで購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

アップルストアでは、SIMロック解除不要で、BIGLOBEのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone本体の価格表▼

  64GB 256GB
iPhone 8 ¥78,800
(¥85,104)
¥95,800
(¥103,464)
iPhone 8 Plus ¥89,800
(¥96,984)
¥106,800
(¥115,344)
iPhone X ¥112,800
(¥121,824)
¥129,800
(¥140,184)

iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する - Apple(日本)

iPhone Xを購入する - Apple(日本)

 

  32GB 128GB
iPhone 7 ¥61,800
(¥66,744)
¥72,800
(¥78,624)
iPhone 7
Plus
¥74,800
(¥80,784)
¥85,800
(¥92,664)

iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する - Apple(日本)

 

B. 現在使用中の端末を流用する

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入した端末を流用する方法です。

タイプDの回線ならドコモで購入したiPhoneはそのまま使用できます。
同様に、タイプAの回線ならauで購入したiPhoneはそのまま使用できます。

 

ただし、以下の場合はSIMロック解除が必要になります。

  • タイプAの回線で、ドコモで購入した端末を使う
  • タイプDの回線で、auで購入した端末を使う
  • ソフトバンクで購入した端末を使う

  

▼SIMロック解除の要否▼

  Dプラン
(ドコモ回線)
Aプラン
(au回線)
SIMフリー 不要 不要
ドコモ 不要
au 不要
ソフトバンク

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

C. 中古ショップで購入

 

iPhone本体は中古スマホショップでも購入できます。

少しでも安く端末を購入したい方は、中古ショップを利用するのが良いでしょう。

 

「イオシス」などの中古ショップでは、未使用・状態が良い中古のiPhoneの在庫が豊富で、価格も安いです。
運がよければ新品に近い状態の商品が、新品より安く購入できます。

 

4. iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

 

5. APN設定(プロファイルインストール)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

f:id:SCANTY:20180102114436p:plain

1. Wi-Fiにつながった状態でサファリを起動

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。

<APNプロファイル>

http://support.biglobe.ne.jp/settei/setuzoku/lte/config/biglobe_lte_3g_ver.3.mobileconfig?_ga=2.243449926.2129539272.1517462015-244616692.1510451151

 

f:id:SCANTY:20180110164303p:plain

safariで上記URLを入力

 

f:id:SCANTY:20180102135604p:plain
f:id:SCANTY:20180102134937p:plain
「インストール」⇒パスコード入力
f:id:SCANTY:20180102135220p:plain
f:id:SCANTY:20180102135315p:plain
「次へ」⇒「インストール」

 

f:id:SCANTY:20180102135330p:plain
f:id:SCANTY:20180102135401p:plain
「インストール」⇒完了

 

以上で設定は完了です。 

 

なお、APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

ダウンロードが完了すると、いよいよiPhoneがBIGLOBEモバイルで使えるようになります。

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

iPhone 8・iPhone X・iPhone 7使用時の料金

 

料金プラン

 

BIGLOBEモバイルの音声SIMの料金は容量によって異なります。なお、タイプAとタイプDは同額です。

各コースの料金は以下の通りです。

 

データ容量 基本料金
1GB ¥1,400
3GB ¥1,600
6GB ¥2,150
12GB ¥3,400
20GB ¥5,200
30GB ¥7,450

 

通話料金

 

音声通話付SIMを契約した場合、基本料金のほかに別途通話料金がかかります。

国内通話の料金は20円/30秒です。

 

  料金
国内通話 20円/30秒

 

ただし、この通話料金は誰でも簡単に半額にすることができます。

それは「BIGLOBEでんわ」というスマホアプリを使って電話をかける方法です。

 

f:id:SCANTY:20171117165642p:plain

 

専用のアプリ「BIGLOBEでんわ」から電話をかければ、誰でも無料で通話料が半額の10円/30秒になります。

 

通話オプション料金

 

f:id:SCANTY:20180402170746p:plain

 

前章で説明したとおり、国内通話の料金はアプリを使うと10円/30秒ですが、よく電話をする方はお得なオプションを追加することができます。

オプションは「通話パック60」「通話パック90」と「3分かけ放題」「10分かけ放題」の4種類です。

「通話パック」は60分間または90分間の国内通話が無料になります

一方、「3分かけ放題」「10分かけ放題」は3分または10分以内の国内通話が何度でも無料です。

オプション料金は以下の通りです。

 

オプション 月額料金
通話パック60 ¥650
通話パック90 ¥830
3分かけ放題 ¥650
10分かけ放題 ¥830

 

更に嬉しいのが、このプランはどちらも月末に申し込めば月初にさかのぼって計算してくれます。

つまり、月末になって「今月通話が多かったな…」という時にこのオプションを申し込めば、その月の通話料がお得になります。

さらにさらに、このプランは申込・解約が自由なので、好きな月だけ申し込み、不要になれば解約できます。

スマホキャリアには珍しい、非常に親切な設計ですね。

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

料金に関する補足・注意点

 

契約初月は月額料金無料

 

BIGLOBEモバイルはもともと安いのですが、さらに契約初月の月額料金が無料になっています。

月初に申し込めば、その月は無料でデータ通信を楽しむことができます。

 

契約初月の料金
有料 無料
初期費用 月額料金
通話料 端末料金
SMS送信料  

 

最低利用期間は1年

 

BIGLOBEモバイルの最低利用期間、いわゆる「縛り期間」は1年です。

また、1年経過後にも自動更新されませんので、1年経過後はいつでも好きなタイミングで解約することができます。

大手キャリアはほとんど2年縛りなので、BIGLOBEモバイルは半分です。何らかの事情で他のキャリアを使いたくなった場合も、縛りが少ないので安心です。

  

余ったデータを繰り越せる

 

f:id:SCANTY:20180130213911p:plain

 

BIGLOBEモバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスがあります。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

例えば、「来月に旅行の予定があるから、今月はデータを節約して来月に繰り越そう」といったことも可能です。

※翌月に繰り越せるのは契約した容量まで(例:3GB契約の方は3GBまで繰り越し可能)

 

無料でWi-Fiが使える

 

f:id:SCANTY:20180130200533p:plain

 

BIGLOBEモバイルで6GB以上のSIMカードを契約された方は、「BIGLOBE Wi-Fi」が無料で利用できます

BIGLOBE Wi-Fiといってもあまり有名ではないかもしれませんが、スターバックスやプロント、ロッテリア、タリーズコーヒー、セブンイレブンなどをはじめとした、全国83,000ヵ所に設置されています。

 

無料の専用アプリをインストールしておけば、自動で接続してくれますので、データ容量を簡単に節約することができます。

これは非常に嬉しいサービスです。 

※6GB以上の契約の方は無料、それ以外は月額250円 

 

エンタメフリーでYoutube見放題

 

f:id:SCANTY:20171117204550p:plain

 

「オプション」の章で既に説明しましたが、BIGLOBEモバイルで一番人気なのが、この「エンタメフリーオプション」です。

音声通話機能付きSIMで3GB以上を契約している方なら、月480円の追加料金でYoutubeやAbemaTVが見放題になります。

これらの動画閲覧や音楽視聴で消費したデータはカウントされません。

データ通信のなかで最もデータ容量を食うのが動画閲覧ですが、中でも一番人気のあるYoutubeも対象なのが嬉しいです。

 

<対象サービスは以下の通り>

  • 動画:Youtube、AbemaTV、U-NEXT
  • 音楽:Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music
  • ラジオ:radiko.jp

 

▼申し込みはこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

ドコモ・au・ソフトバンクとの料金比較

 

BIGLOBEモバイルの特徴はなんと言ってもその料金の安さ。

では、ドコモやau・ソフトバンクとどれだけ安いのでしょうか。

iPhone 8(64GB)を2年間使用した場合の料金を比較してみたいと思います。

 

BIGLOBEモバイルは、iPhone8(64GB)端末をアップルストアで購入し、BIGLOBEモバイルのSIMを挿した場合で比べてみます。

 

f:id:SCANTY:20171118123155p:plain

 

最も料金が高いドコモに比べて、2年間で6万円近く節約できます。6万円あれば、何でもできますね。

しかもこれだけではありません。

BIGLOBEモバイルには期間限定のお得なキャンペーンがあり、さらに大幅な割引になります。詳しくは次章で!

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

 

BIGLOBEモバイルでは、ほとんどの時期で何らかの割引キャンペーンを実施しています。

もちろん、SIMを契約してiPhoneで使う場合に適用できる期間限定キャンペーンもあります。

もともと安いのに、キャンペーン適用で更に料金を抑えることができますので、ぜひご利用ください。

詳細は「【随時更新】BIGLOBE SIMのお得なキャンペーン情報まとめ」にまとめていますのでぜひご覧ください!

  

BIGLOBEモバイルの申込みはこちら!

 

以上、BIGLOBEモバイルでiPhone 7・iPhone 8・iPhone Xを利用する設定手順と料金の説明でした。

最新のiPhoneを使いたい、でもスマホ料金は安く抑えたい。。そんな方にBIGLOBEモバイルはぜひおすすめです。

格安の料金と安定した通信速度が特徴で、本当におすすめのキャリアです。

 

また、常に何らかのお得なキャンペーンを実施しています。キャンペーンは期間限定です!ぜひお急ぎください!

 

▼申込はこちら▼

 BIGLOBEモバイル(公式)

 

 

<関連記事>