スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

イオンモバイルのおすすめスマホ機種 12端末の比較!【2018年版】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

今日は人気の格安スマホキャリア「イオンモバイル」で購入できるおすすめスマホ機種を比較し、タイプ別・機能別に紹介します。

 

端末の特徴やスペックだけでなく、月額料金やデメリットも詳しく説明しています。

初めてイオンモバイルに契約する方も、機種変更を検討中の方もぜひ参考にしてください。

※本文中の画像は「イオンモバイル公式サイト」より引用
※料金は税抜

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

 

最もおすすめなのはこの2機種

 

AQUOS sense lite SH-M05

 

f:id:SCANTY:20171231120653p:plain

 

まずは、コレを買っておけば間違いない!という2台を紹介します。

1台目は、シャープから発売された「AQUOS sense lite SH-M05」(アクオスセンスライト)です。

 

安心の国産メーカーでバランスの良い性能の割に端末代金が安く、初めての方からミドルユーザーまで、どなたにもおすすめの機種です。

 

特徴は画面の美しさ。フルHDでとにかく画面がきれいです。

しかも搭載しているIGZOパネルは省エネにも優れバッテリーの持ちが長いのも特徴です。

国産メーカーらしく防水・防塵にも対応しており、雨の日や料理をしながらのスマホ操作もできます。

 

カメラ性能もバランスがよく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できます。おサイフケータイも搭載しています。

性能とコスパは次に紹介する「nova lite 2」の方がわずかに上ですが、多機能で安心の国産スマホならAQUOS sense liteです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,366円
  • 一括払い:32,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,366 ¥2,496
1GB ¥1,280 ¥1,366 ¥2,646
2GB ¥1,380 ¥1,366 ¥2,746
4GB ¥1,580 ¥1,366 ¥2,946
6GB ¥1,980 ¥1,366 ¥3,346
8GB ¥2,680 ¥1,366 ¥4,046
12GB ¥3,280 ¥1,366 ¥4,646
20GB ¥4,680 ¥1,366 ¥6,046
30GB ¥6,080 ¥1,366 ¥7,446
40GB ¥7,980 ¥1,366 ¥9,346
50GB ¥10,800 ¥1,366 ¥12,166

  

  • 欠点の無いバランスの良い性能
  • IGZOパネルの美しい画面
  • 安心の防水・防塵機能
  • おサイフケータイ搭載
  • 性能の割に価格が安い
  • CPU性能は平凡
  • 海外メーカーOKならnova lite 2

詳細:イオンモバイル「AQUOS sense lite」を解説!高機能でコスパ抜群!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

nova lite 2

 

f:id:SCANTY:20180209160810p:plain

 

もう1台の機種は、2018年2月に発売の「nova lite 2」です。

2017年に大人気だったnova liteの後継機として、コスパ抜群の機種が発売されました。

 

nova lite2の最大の特徴はカメラです。
メインカメラは1,300万画素と200万画素のダブルレンズで、2つのレンズで協力して美しい写真を撮影できます。

 

また、最近のトレンドである18:9の縦長画面も特徴です。
画面解像度は2,160×1,080ピクセルフルHD+なので、ディスプレイが非常に美しいです。

CPUはKirin659のオクタコアメモリー(RAM)は3GBで、ハイスペックとまでは言えませんが、普段使いには十分のスペックです。

 

この性能でこの価格は激安です。料金もAQUOS sense liteよりもさらに安く、コスパ抜群です。
防水・防塵が無いのが少し不安ですが、国産メーカーにこだわりが無ければ個人的にはnova lite 2の方がおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,075円
  • 一括払い:25,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,075 ¥2,205
1GB ¥1,280 ¥1,075 ¥2,355
2GB ¥1,380 ¥1,075 ¥2,455
4GB ¥1,580 ¥1,075 ¥2,655
6GB ¥1,980 ¥1,075 ¥3,055
8GB ¥2,680 ¥1,075 ¥3,755
12GB ¥3,280 ¥1,075 ¥4,355
20GB ¥4,680 ¥1,075 ¥5,755
30GB ¥6,080 ¥1,075 ¥7,155
40GB ¥7,980 ¥1,075 ¥9,055
50GB ¥10,800 ¥1,075 ¥11,875

 

  • 大人気機種nova liteの後継機
  • デュアルレンズ搭載のカメラ
  • フルHD+の美しい18:9縦長画面
  • 普段使いに十分なCPU性能とメモリー
  • 指紋認証センサー搭載
  • 高性能の割に端末が安い
  • 防水機能なし
  • 国産メーカーならAQUOS sense lite

詳細:イオンモバイル「nova lite 2」の料金・スペックを解説!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

CPU性能にこだわる方におすすめの3機種

 

honor9

 

f:id:SCANTY:20171231120223p:plain

 

性能にこだわる方におすすめの機種の1台目は「honor9」(オーナーナイン)です。

honor9はミドル~ハイスペックの部類に入りますが、高性能の割に端末代金がそれほど高くない、コスパ抜群の機種です。

 

AQUOS sense liteやnova lite 2よりもう少し良い機種が欲しい…という方はhonor9にしましょう。

実は、私が今一番欲しい機種でもあります。

 

搭載しているCPUはKirin960メモリーは4GBなのでnova lite 2やAQUOS sense liteよりもかなり高性能です。
バッテリー容量も省エネ性能も一段上です。

アウトカメラ(背面側のカメラ)は1200万画素+2,000万画素のデュアルカメラで、カメラにこだわる方にも十分な性能ですね。

 

高性能な分、AQUOS sense liteやnova lite 2よりお値段が少々高いですが、性能は十分です。
スペックにこだわる方はhonor9の方がおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,240円
  • 一括払い:53,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥2,240 ¥3,370
1GB ¥1,280 ¥2,240 ¥3,520
2GB ¥1,380 ¥2,240 ¥3,620
4GB ¥1,580 ¥2,240 ¥3,820
6GB ¥1,980 ¥2,240 ¥4,220
8GB ¥2,680 ¥2,240 ¥4,920
12GB ¥3,280 ¥2,240 ¥5,520
20GB ¥4,680 ¥2,240 ¥6,920
30GB ¥6,080 ¥2,240 ¥8,320
40GB ¥7,980 ¥2,240 ¥10,220
50GB ¥10,800 ¥2,240 ¥13,040

  

  • 高性能Kirin960+4GBメモリー
  • 大容量バッテリーで急速充電も可能
  • 高性能デュアルカメラ
  • 美しい本体デザイン
  • ハイスペックの割に価格が安い
  • nova lite 2よりは月1,000円高い

詳細:イオンモバイル「honor9」を解説!高性能・低価格のおすすめ機種

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

ZenFone 4 カスタマイズモデル

 

f:id:SCANTY:20180326085825p:plain

 

続いてはASUSの「ZenFone 4カスタマイズモデル」です。

もともとASUSではZenFone 4(ZE554KL)という機種が発売されています(イオンモバイルでは取り扱いなし)。
この機種はZenFone 4を格安スマホユーザー向けにカスタマイズした機種です。

 

ZenFone 4に比べ搭載しているCPUとメモリーが低くなっていますが、それでもSnapdragon630・4GBメモリー(RAM)ですから、十分すぎるスペックです。

 

  ZenFone 4 カスタマイズ
CPU Snapdragon
660
Snapdragon
630
メモリー
(RAM)
6GB 4GB

 

正直、ZenFone 4(ZE554KL)のレベルのCPUが必要な使い方をされる方はあまりいらっしゃらないと思いますので、ほとんどの方はこちらで十分だと思います。

 

カメラも1,200万+800万画素の広角デュアルカメラですし、自撮り用のインカメラも800万画素ですので、大満足のスペックです。

高性能の割にZenFone 4に比べて端末価格が抑えられた、おすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,866円
  • 一括払い:44,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,866 ¥2,996
1GB ¥1,280 ¥1,866 ¥3,146
2GB ¥1,380 ¥1,866 ¥3,246
4GB ¥1,580 ¥1,866 ¥3,446
6GB ¥1,980 ¥1,866 ¥3,846
8GB ¥2,680 ¥1,866 ¥4,546
12GB ¥3,280 ¥1,866 ¥5,146
20GB ¥4,680 ¥1,866 ¥6,546
30GB ¥6,080 ¥1,866 ¥7,946
40GB ¥7,980 ¥1,866 ¥9,846
50GB ¥10,800 ¥1,866 ¥12,666

 

  • 超高性能CPU+4GBメモリー搭載
  • デュアルレンズカメラ
  • 急速充電・指紋認証センサー
  • 高性能の割に端末が安い
  • 防水機能なし

詳細:イオンモバイル「ZenFone 4 カスタマイズモデル」を詳しく解説!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

Mate 10 Pro

 

f:id:SCANTY:20171231122132p:plain

 

続いて紹介するのはMate 10 Pro(メイトテンプロ)です。

現在イオンモバイルで取り扱っている機種の中で、最も高性能なスマホです。

 

このレベルのスマホになると、ほとんどの方にはオーバースペックになるかも知れませが、スマホのスペックランキングならダントツ1位の機種です。

honor9でも十分ですが、さらに性能にこだわる方や最先端のスマホを触ってみたいという方はMate 10 Proにしましょう。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUは業界最高峰のKirin 970、メモリー(RAM)は6GBです。
さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、メインカメラは1,200万+2,000万画素のデュアルカメラです。
ライカ製のカメラを搭載したスマホは非常に人気ですね。

 

指紋認証センサー搭載はもちろん、バッテリーの持ちも抜群で、急速充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いですが、性能にこだわる方には非常におすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:3,740円
  • 一括払い:89,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥3,740 ¥4,870
1GB ¥1,280 ¥3,740 ¥5,020
2GB ¥1,380 ¥3,740 ¥5,120
4GB ¥1,580 ¥3,740 ¥5,320
6GB ¥1,980 ¥3,740 ¥5,720
8GB ¥2,680 ¥3,740 ¥6,420
12GB ¥3,280 ¥3,740 ¥7,020
20GB ¥4,680 ¥3,740 ¥8,420
30GB ¥6,080 ¥3,740 ¥9,820
40GB ¥7,980 ¥3,740 ¥11,720
50GB ¥10,800 ¥3,740 ¥14,540

 

  • 業界最高峰のスペック
  • 高性能CPU+6GBメモリー+AIで最適化
  • ライカと開発したデュアルカメラ
  • 防水・防塵対応
  • 大容量バッテリー・急速充電
  • 端末代金が高い
  • 普段使いにはオーバースペック

 詳細:イオンモバイル「Mate 10 Pro」のスペック・料金をやさしく解説!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

欠点の無いバランス抜群の2機種

 

P10 lite

 

f:id:SCANTY:20171231115638p:plain

 

HUAWEIから発売された「P10 lite」は、誰にでもおすすめできるバランス抜群の機種です。

2017年で最も人気が高かったSIMフリースマホです。
個人的には2018年2月に発売されたnova lite 2の方がおすすめですが、今でもP10 Liteの方が売れており、P10 liteでも全く問題ありません。

 

特徴はバランスの良いCPU性能。

KIrin658というCPUを搭載しており、メモリー(RAM)も3GBなので、複数のアプリを同時に操作しても、ゲームをしても処理動作に問題はないでしょう。

背面には指紋認証センサーが搭載されており、ワンタッチでロックを解除できます。

 

また、HUAWEI P10 liteには急速充電機能がついています。10分で2時間動画閲覧ができるレベルまで一気に充電してくれます。

他にも、メインカメラ1200万画素・サブカメラ800万画素の高機能カメラや、立体感のある美しい本体デザインも特徴です。

この性能でこの端末代金は非常にお得です。お買い得な製品ですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1.250円
  • 一括払い:29,980円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,250 ¥2,380
1GB ¥1,280 ¥1,250 ¥2,530
2GB ¥1,380 ¥1,250 ¥2,630
4GB ¥1,580 ¥1,250 ¥2,830
6GB ¥1,980 ¥1,250 ¥3,230
8GB ¥2,680 ¥1,250 ¥3,930
12GB ¥3,280 ¥1,250 ¥4,530
20GB ¥4,680 ¥1,250 ¥5,930
30GB ¥6,080 ¥1,250 ¥7,330
40GB ¥7,980 ¥1,250 ¥9,230
50GB ¥10,800 ¥1,250 ¥12,050

 

  • 2017年で1番人気の端末
  • 性能の割に端末が安い
  • 指紋認証センサー搭載
  • 高級感のあるデザイン
  • 急速充電機能
  • 防水機能なし
  • 個人的にはnova lite 2がおすすめ

詳細:イオンモバイル「P10 lite」を解説!高性能・低価格の大人気スマホ!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

arrows M04

 

f:id:SCANTY:20180103095429p:plain

 

もう1台は「arrows M04」です。

国産メーカー「富士通」のスマホだけあって、安心の機能と誰でも使いやすい操作性が特徴です。

 

防水・防塵はもちろん、ワンセグ・おサイフケータイにも対応しています。
特に防水性に優れ、「洗えるスマホ」として有名です。

バッテリーの持ちもよく、「3日間充電不要」と謳っています。耐久性に優れているのも嬉しいですね。

 

カメラもなかなかの性能で、超高速シャッター広角カメラを搭載しており、誰でも簡単に美しい写真が撮れます。

同じ国産スマホのAQUOS sense liteより少々お値段が高いですが、ワンセグ搭載ならarrows M04で決まりですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,575円
  • 一括払い:37,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,575 ¥2,705
1GB ¥1,280 ¥1,575 ¥2,855
2GB ¥1,380 ¥1,575 ¥2,955
4GB ¥1,580 ¥1,575 ¥3,155
6GB ¥1,980 ¥1,575 ¥3,555
8GB ¥2,680 ¥1,575 ¥4,255
12GB ¥3,280 ¥1,575 ¥4,855
20GB ¥4,680 ¥1,575 ¥6,255
30GB ¥6,080 ¥1,575 ¥7,655
40GB ¥7,980 ¥1,575 ¥9,555
50GB ¥10,800 ¥1,575 ¥12,375

 

  • 安心の富士通製国産スマホ
  • 防水対応で”洗えるスマホ”
  • ワンセグ・おサイフケータイ搭載
  • 欠点のないカメラ性能
  • 求めやすい価格
  • CPUは平凡
  • AQUOS sense liteより高い
  • ワンセグ不要ならAQUOS sense lite

詳細:イオンモバイル「arrows M04」を解説!多機能+安心の国産スマホです

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

カメラにこだわる方におすすめの2機種

 

honor9

 

f:id:SCANTY:20171231120223p:plain

 

カメラにこだわる方におすすめの機種の1台目は「honor9」です。

「性能にこだわる方」の章でも紹介しましたが、高性能の割に端末代金が安いおすすめ機種です。
繰り返しになりますが、私が今一番欲しい機種でもあります。

  

アウトカメラ(背面側のカメラ)は1,200万画素+2,000万画素のデュアルカメラです。

最近ではデュアルカメラ搭載機種が多くなってきましたが、1,200万+2,000万画素はなかなかありません。

 

特に夕景・夜景での撮影に強く、光の量が少ない場所でも高性能センサーでわずかな色の違いを写真に美しく反映できます。

また、ズームしても画像が粗くなりにくいのも特徴です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,240円
  • 一括払い:53,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥2,240 ¥3,370
1GB ¥1,280 ¥2,240 ¥3,520
2GB ¥1,380 ¥2,240 ¥3,620
4GB ¥1,580 ¥2,240 ¥3,820
6GB ¥1,980 ¥2,240 ¥4,220
8GB ¥2,680 ¥2,240 ¥4,920
12GB ¥3,280 ¥2,240 ¥5,520
20GB ¥4,680 ¥2,240 ¥6,920
30GB ¥6,080 ¥2,240 ¥8,320
40GB ¥7,980 ¥2,240 ¥10,220
50GB ¥10,800 ¥2,240 ¥13,040

  

  • 高性能デュアルカメラ
  • 画素数は1200万+2000万
  • インカメラも800万画素
  • CPU・バッテリーも高性能
  • 性能の割に価格が安い
  • nova lite 2より月1,000円高い

詳細:イオンモバイル「honor9」を解説!高性能・低価格のおすすめ機種

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

HUAWEI P10

 

f:id:SCANTY:20180105100935p:plain

 

もう1台はHUAWEIのP10です。大好評だったP10 Liteより性能が良く、こちらも人気モデルですね。

 

アウトカメラ(背面側のカメラ)は1200万画素+2,000万画素のデュアルカメラです。

しかも老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発したカメラです。
ライカカメラ搭載のスマホは本当に評判がよいです。

 

ライカカメラは「Mate 10 Pro」も搭載していますが、P10はMate 10 Proに比べて3万円以上価格が安いので、P10をおすすめしました。

価格を気にしないのであれば「Mate 10 Pro」がおすすめです。

 

高性能なのはカメラだけでなく、搭載しているCPUはKirin960メモリーは4GBなので非常に高性能。

バッテリーは3200mAh省エネ性能も進化しており、電池切れしにくくなっています。急速充電に対応しているのも嬉しいですね。

 

発売から時期がたっていますが、ライカのカメラ搭載のスマホは数少ないので、ライカカメラにこだわる方におすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,533円
  • 一括払い:60,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥2,533 ¥3,663
1GB ¥1,280 ¥2,533 ¥3,813
2GB ¥1,380 ¥2,533 ¥3,913
4GB ¥1,580 ¥2,533 ¥4,113
6GB ¥1,980 ¥2,533 ¥4,513
8GB ¥2,680 ¥2,533 ¥5,213
12GB ¥3,280 ¥2,533 ¥5,813
20GB ¥4,680 ¥2,533 ¥7,213
30GB ¥6,080 ¥2,533 ¥8,613
40GB ¥7,980 ¥2,533 ¥10,513
50GB ¥10,800 ¥2,533 ¥13,333

 

  • 高性能CPU搭載
  • 大容量バッテリー+急速充電
  • ライカの高性能デュアルカメラ
  • 美しい本体デザイン
  • 他に比べ端末代金が高い
  • 発売から時期が経過

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

バッテリー最強のおすすめ機種

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)

 

f:id:SCANTY:20180210211148p:plain

 

続いて紹介するのはASUSの「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」です。

ZenFone 4 Max(ZC520KL)のバッテリーは、現在発売されているスマホの中でもトップクラスです。

 

バッテリー容量は4,100mAhと驚異的です。
さらに、省エネ性能にも優れています。

この大容量バッテリーと省エネ性能により、連続待受時間はなんと37日間

つまり、操作しない状態なら1ヶ月以上充電不要ということになります。(もちろん環境などにより短くなりますが)

 

また、スマホをモバイルバッテリー代わりにして、他のデバイスを充電することもできます。

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)はバッテリー以外も優秀です。

メインカメラは1,300万+500万画素のでデュアルカメラで、サブカメラ(自撮り用カメラ)も800万画素となかなか。

また、2017年冬に発売したばかりなのに端末代金が非常に安いのも嬉しいです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,034円
  • 一括払い:24,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,034 ¥2,164
1GB ¥1,280 ¥1,034 ¥2,314
2GB ¥1,380 ¥1,034 ¥2,414
4GB ¥1,580 ¥1,034 ¥2,614
6GB ¥1,980 ¥1,034 ¥3,014
8GB ¥2,680 ¥1,034 ¥3,714
12GB ¥3,280 ¥1,034 ¥4,314
20GB ¥4,680 ¥1,034 ¥5,714
30GB ¥6,080 ¥1,034 ¥7,114
40GB ¥7,980 ¥1,034 ¥9,014
50GB ¥10,800 ¥1,034 ¥11,834

 

  • 4,100mAhの脅威のバッテリー
  • 最大37日間充電不要
  • 他端末の充電も可能
  • デュアルカメラ搭載
  • 求めやすい価格
  • CPU性能は平凡
  • 防水機能なし

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

端末価格・料金が安い2機種

 

イオンモバイルで端末代金が最も安いのはAlcatelというメーカーの「PIXI4」と、京セラの「S301」です。(「イオンモバイル公式サイト」で確認)

ただし、スペックが非常に低く、また既に在庫が少なくなっており、入手が難しくなっています。

「性能は気にしない、とにかく値段にこだわる」という方は良いですが、個人的には以下の2台がおすすめです。

 

nova lite

 

f:id:SCANTY:20171231130449p:plain

 

まずはHUAWEIの「nova lite」(ノバライト)です。

特徴はとにかく端末価格が激安なことです。一括なら21,800円、分割なら月額908円で使うことができます。

後継機nova lite 2も発売になりましたが、価格を重視する方はnova liteでも問題無しです。

 

nova liteは価格の割にメモリー(RAM)は3GBフルHDの美しい画面3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、なかなかのスペックを誇る端末です。

カメラもメイン:1,200万画素、サブ:800万画素と、この価格では考えられないスペック。

 

発売されてから少々時間がたっているのでお値段が安いですが、性能も非常にバランスの良い端末です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:908円
  • 一括払い:21,800円

 

<月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥908 ¥2,038
1GB ¥1,280 ¥908 ¥2,188
2GB ¥1,380 ¥908 ¥2,288
4GB ¥1,580 ¥908 ¥2,488
6GB ¥1,980 ¥908 ¥2,888
8GB ¥2,680 ¥908 ¥3,588
12GB ¥3,280 ¥908 ¥4,188
20GB ¥4,680 ¥908 ¥5,588
30GB ¥6,080 ¥908 ¥6,988
40GB ¥7,980 ¥908 ¥8,888
50GB ¥10,800 ¥908 ¥11,708

 

  • 欠点の無いバランスの取れた性能
  • カメラも十分な性能
  • 大容量バッテリー+高い省エネ性能
  • とにかく安い端末代金
  • 性能は後継機nova lite 2が上
  • 発売から時期が経過

 詳細:イオンモバイル「nova lite」を解説!端末が安くて高性能な機種

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

VAIO Phone A

 

f:id:SCANTY:20180210212504p:plain

 

続いては、ソニーから分社化したVAIO株式会社が発売したスマホ「VAIO Phone A」です。
端末価格が非常に安いのに、高性能CPUとオシャレなデザインが魅力ですね。

 

特にCPUはSnapdragon617RAM3GBを搭載しているので、動きがサクサクです。

また、元SONYのVAIOだけあって、本体のデザインもオシャレ

アルミと強化ガラスのボディは見た目が美しいのに加え、耐久性も高くなっています。

 

発売から時期がたっているので、個人的にはnova lite 2やP10 Liteの方がおすすめですが、月々825円の安い端末代金は非常に魅力です。

価格にこだわる方やVAIOのデザインが気になる方にはおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:825円
  • 一括払い:19,800円

 

<分割時の月々支払額>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥825 ¥1,955
1GB ¥1,280 ¥825 ¥2,105
2GB ¥1,380 ¥825 ¥2,205
4GB ¥1,580 ¥825 ¥2,405
6GB ¥1,980 ¥825 ¥2,805
8GB ¥2,680 ¥825 ¥3,505
12GB ¥3,280 ¥825 ¥4,105
20GB ¥4,680 ¥825 ¥5,505
30GB ¥6,080 ¥825 ¥6,905
40GB ¥7,980 ¥825 ¥8,805
50GB ¥10,800 ¥825 ¥11,625

  

  • 高性能Snapdragon617搭載
  • メモリーRAMも3GB
  • VAIOのオシャレなデザイン
  • カメラ・バッテリーは平凡
  • 性能の割に端末が高いか

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

イオンモバイルでiPhone 8・iPhone 7も使える!

 

f:id:SCANTY:20180209173106p:plain

 

イオンモバイルでは、残念ながらiPhone端末の販売をしていません。

ただし、手持ちのiPhoneや別途購入したiPhoneにイオンモバイルのSIMカードを挿すことで、イオンモバイルでiPhoneを使うことができます。

 

大人気機種のiPhone 7、iPhone 6S、iPhone SEはもちろん、最新機種のiPhone 8やiPhone Xも問題なく使用できます。

 

イオンモバイルでiPhoneを使うための設定手順や料金などは下記記事にまとめていますので参考にしてください。

 

イオンモバイルのキャンペーン情報

 

f:id:SCANTY:20180220100600p:plain

 

イオンモバイルでは、現在4月23日までの期間限定でお得なキャンペーンを実施しています。

発売したばかりの大人気スマホ「nova lite 2」と「AQUOS SH-M04」の端末が大幅値引セールになっているほか、初期費用(SIM代金)が2円と大変お得です。

この機会を逃さないよう、ぜひ今すぐお申込みください!

 

詳細は「イオンモバイルが2周年キャンペーン中!スマホセール・初期費用2円!」を確認ください。

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

申し込みは公式サイトで!

 

以上、イオンモバイルのタイプ別おすすめスマホ機種の紹介でした。

イオンモバイルなら、月々のスマホ料金を大幅に下げることができます。本記事を参考に、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

 

また、イオンモバイルでは現在お得なキャンペーンを実施しています。

イオンモバイルのスマホは店頭でも購入できますが、「イオンモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)