スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

イオンモバイル「nova lite 2」を解説!高性能・低価格でコスパ抜群!【ノバライト2】

 

みなさんこんにちは、SCANTYです。

本日は、イオンモバイルより2018年2月9日に発売の、HUAWEIの最新機種「nova lite 2(ノバライト2)」についてスペックや料金などの詳細を解説します。

高性能ダブルレンズカメラや、美しい画面、指紋認証センサー搭載と高機能ながら、非常に端末代金が安いコスパ抜群の機種です。

 

▼申込みはこちら▼ 

 イオンモバイル(公式)

 

 

nova lite 2の特徴・レビュー

 

HUAWEI nova lite 2(ノバライト2)は、大人気スマホメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が発売したスマートフォンです。

高性能ダブルレンズカメラや、美しい画面、指紋認証センサー搭載と高機能ながら、非常に端末代金が安いコスパ抜群の機種です。

 

高性能ダブルレンズカメラ

 

nova lite 2のメインカメラ(画面の裏側にあるカメラ)はダブルレンズカメラです。

レンズが2つあり、用途によってレンズを使い分けたり、2つのレンズで協力し合って美しい写真が撮影できます。

2つのレンズは1300万画素と200万画素です。

多くの光を取り込み、人間が目で見たのに近い写真に仕上げることができます。

 

また、2つのレンズで被写体との距離を正確に計測することで、背景を絶妙にぼかし、一眼レフのようなプロ仕様の写真を撮影することができます。

背景をぼかす「ポートレートモード」で撮影することもできますし、撮影後にピントやぼかしを調整できる「ワイドアパーチャー」という機能も搭載しています。

 

インカメラも800万画素

 

nova lite 2のインカメラ(自撮り用のカメラ)は800万画素です。

ビューティーエフェクトという機能があり、人の顔を自動で検知し、肌を美しくみせてくれます。もちろん「ポートレートモード」も搭載しており、撮った写真を誰かに送ったり、SNSにアップするのにも最適ですね。

 

さらに、自撮りに非常に嬉しい機能が搭載されています。

それは「手のひらを向けるだけでシャッターを切ることができる」という機能です。

自撮りの際、片手でスマホ本体を持つとなかなかボタンが押せません。しかし、nova lite 2なら手のひらを向けるだけで自動でシャッターを切ってくれます。

 

f:id:SCANTY:20180207203015p:plain

 

Bluetoothを複数接続可能

 

nova lite 2は「デュアルBluetooth機能」を搭載しています。

2つのBluetoothを同時に接続することができますので、例えばワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらスマホとPCを接続して作業したり、非常に便利です。

 

HUAWEI端末同士で簡単ファイル共有

 

f:id:SCANTY:20180207205455p:plain

 

最近、日本でもHUAWEIのスマホ端末は大人気です。

nova lite 2なら、HUAWEI端末同士で簡単にファイルを共有することができます。

家族や友人がHUAWEIのスマホを持っていれば、ネットに接続したり、ペアリングしたりすることなく、写真などのファイルを共有することができます。

家族や友人間で写真を共有したり、ビジネスでデータを共有したりなど、フル活用できますね。

 

高性能CPU搭載

 

nova lite 2に搭載されているCPUはKirin659で、メモリーは3GBです。

個人的にはメモリーが4GBあれば100点満点だったのですが、それでも十分な性能です。

複数のアプリを立ち上げてガンガン操作する方も、ゲームをされる方も大満足のスペックとなっています。

 

5.65インチ縦長ディスプレイ

  

nova lite 2の特徴は、5.65インチの縦長ディスプレイです。縦長ディスプレイは最近の流行ですね。

スマホでよく動画を見る方や、ゲームをされる方にも最適です。

また、画面が縦長なので、大画面なのに非常に持ちやすいのも特徴です。ポケットにも入りやすいので持ち運びにも便利ですね。

 

マルチスクリーン機能搭載

 

f:id:SCANTY:20180207204822p:plain

 

nova lite 2にはマルチスクリーン機能が搭載しています。

縦長の大画面を2つに分割できるので、例えば半分で動画を見ながら、もう半分でメールやLINEを操作することもできます。

この機能、使いこなせば非常に便利です。これまでいちいちウィンドウを切り替えていましたが、nova lite 2では同時に見ることができます。

 

指紋認証で簡単ロック解除

  

nova lite 2には指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

  

顔認証にも対応予定

 

nova lite 2では、将来的に顔認証にも対応することが予定されています。

顔認証はiPhone Xでも採用されており、今後のスタンダードになるかもしれません。

ただ、iPhone Xでは読み取り精度の問題が発生していましたので、HUAWEIがどのような対応をするか注目です。

 

スクショが簡単に撮れる

 

スマホでよく使う機能が「スクリーンショット(スクショ)」です。表示されている画面をそのまま画像に保存する機能です。

nova lite 2では、3本の指で画面をなぞるだけで、簡単にスクショが取れます。

 

スマホケース・イヤホン付属

 

nova lite 2には、はじめから純正のスマホケース・イヤホンが付属しています。

とくにスマホケースは嬉しいですね。

自分でお気に入りのスマホケースをみつけるまでは、純正のスマホケースを使うのがよいでしょう。

 

▼申込みはこちら▼ 

 イオンモバイル(公式)

 

nova lite 2のスペック

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20180207205626p:plain

 

nova lite 2は「ブルー」「ゴールド」「ブラック」の3色です。

端末の表・裏のデザインはこのような感じです。

 

f:id:SCANTY:20180207205743p:plain

   

主な機能

 

nova lite 2は海外メーカー製であり、価格が抑えられているので、おサイフケータイ、防水・防塵、ワンセグといった日本でおなじみの機能は搭載されていません

防水・防塵機能が無いのは少し残念ですね。

 

機能 有無
指紋認証
防水 -
防塵 -
おサイフ -
ワンセグ -

 

スペック詳細

 

  スペック
サイズ(mm) W72× H150× D7.5
重さ 約143g
画面サイズ 5.65インチ
解像度 2,160 x 1,080
バッテリー容量 3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
計測中
連続待受時間
(LTE)
計測中
OS Android 8.0 Oreo
CPU Kirin 659
オクタコアCPU
(2.36GHz+1.7GHz)
メモリ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
対応外部メモリ micro SD
(最大256GB)
通信速度
(下り最大)
150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1300万+
200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

前作nova liteとの比較

 

前作nova liteも高性能・低価格の人気機種でした。

ここでは、nova liteとnova lite 2のスペックを比較します。

 

比較項目 nova lite 2 nova lite
サイズ
(mm)
W72× H150
× D7.5
W73× H147
× D7.6
重さ 約143g 約147g
画面サイズ 5.65インチ 5.2インチ
解像度 2,160 x 1,080 1,920 x 1,080
バッテリー
容量
3,000mAh 3,000mAh
CPU Kirin659
(オクタコア)
2.36GHz+1.7GHz
Kirin655
(オクタコア)
2.1GHz+1.7GHz
メモリ
(ROM)
32GB 16GB
メモリ
(RAM)
3GB 3GB
カメラ
画素数
(メイン)
1,300万
+200万画素
1,200万画素
カメラ
画素数
(サブ)
800万画素 800万画素

 

やはり特徴的なのはメインカメラですね。nova lite 2ではデュアルカメラになりました。画素数自体はそれほど高いものではありませんが、この価格でデュアルカメラ搭載は驚きです。

また、搭載CPUも進化し、メモリー(ROM)も32GBに増強になりました。

 

nova lite 2は5.65インチと大画面になりましたが、本体のサイズはnova liteとほとんど変わりません。縦長なので幅が狭く、非常に持ちやすいです。

 

一方、バッテリーは3,000mAhのままです。メモリー(RAM)も3GBのまま。

また、指紋認証センサーはどちらも背面にあります。背面にセンサーがあるのは好き嫌いが分かれると思いますが、私はどちらかといえばホームボタンの場所にあったらよかったかなと思いますね。

 

その他、特徴・スペックは「イオンモバイル公式サイト」で確認ください。

 

  

 

nova lite 2の価格・料金

 

イオンモバイルの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量により500MBから50GBまで11種類あります。

各プランにおけるnova lite 2の料金は以下の通りです。この性能でこの料金は非常にお買い得です。

 

<端末代金24回払い>

データ 基本料 端末代 月額計
500MB ¥1,130 ¥1,075 ¥2,205
1GB ¥1,280 ¥1,075 ¥2,355
2GB ¥1,380 ¥1,075 ¥2,455
4GB ¥1,580 ¥1,075 ¥2,655
6GB ¥1,980 ¥1,075 ¥3,055
8GB ¥2,680 ¥1,075 ¥3,755
12GB ¥3,280 ¥1,075 ¥4,355
20GB ¥4,680 ¥1,075 ¥5,755
30GB ¥6,080 ¥1,075 ¥7,155
40GB ¥7,980 ¥1,075 ¥9,055
50GB ¥10,800 ¥1,075 ¥11,875

※価格は税抜
※別途SIM代金3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥25,800
データ量 基本料 データ量 基本料
500MB ¥1,130 12GB ¥3,280
1GB ¥1,280 20GB ¥4,680
2GB ¥1,380 30GB ¥6,080
4GB ¥1,580 40GB ¥7,980
6GB ¥1,980 50GB ¥10,800
8GB ¥2,680    

※価格は税抜
※別途SIM代金3,000円必要

 

さらに、通話に関するオプションを追加する場合、料金が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
  • 050かけ放題:国内通話完全かけ放題
通話オプション 月額料金
イオンでんわ
10分かけ放題
¥850
050かけ放題 ¥1,500

※価格は税抜

 

 

 

料金に関する補足・注意点

 

余ったデータは繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

イオンモバイルは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

月によって使用するデータ量にばらつきがある場合も、繰り越しによってばらつきを吸収でき、無駄になりません。

なお、繰り越したデータが使えるのは繰り越した月の月末までです。3月分のデータは4月末まで使えます。

 

データ容量の変更は無料

 

イオンモバイルでは、プランの変更を無料で行うことができます。

「6GBのプランにしたけど、あまり使わなかったので3GBにしたい」という場合も無料で変更することができます。

プランの変更は翌月から反映されます。

なお、音声SIM⇔データSIM(データ専用・SMS機能付)の変更はできませんので注意してください。

 

最低利用期間・違約金なし

 

ほとんどの格安スマホには解約できない「最低利用期間」があり、この期間内に解約する場合は違約金かかってしまいます。

しかし、イオンモバイルには最低利用期間・違約金(解約手数料)はありません。万が一の場合でも、いつでも解約できます。

ただし、180日以内にMNPで他社に乗り換える場合は手数料が8,000円かかります。

 

 

公式サイトで今すぐ申し込み!

 

以上、イオンモバイルのnova lite 2の紹介でした。

高性能ダブルレンズカメラや、美しい画面、指紋認証センサー搭載と高機能ながら、非常に端末代金が安いコスパ抜群の機種です。

イオンモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼

 イオンモバイル(公式)

 

<関連記事>