スキャンティズム

格安スマホや光回線を、初めての方にもやさしく解説します

中学生・高校生のスマホはワイモバイルがおすすめ。その12の理由とは?

 

みなさんこんにちは、ワイモバイルマスターのSCANTYです。

今日はワイモバイルを知り尽くした私が、中学生・高校生にワイモバイルのスマホをオススメする12の理由を説明します。

スマホをどこにしようか悩んでいる中学生・高校生だけでなく、お子様にスマホを買おうとしているご両親もぜひお読みください。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

 

ワイモバイルがおすすめな12の理由

 

それでは、ワイモバイルをオススメする12つの理由を早速説明します。

 

データ通信速度が速い

 

ワイモバイルの最大の特徴は、格安スマホの中でデータ通信速度が安定して速いことです。

 

皆さんは「格安スマホは通信速度が遅い…」と思っていませんか?

確かに、多くの格安スマホの会社は主にドコモから回線を借りて運営しているため、使用できる回線が限られ、データ通信速度が遅くなりがちです。

 

しかしワイモバイルはソフトバンクの子会社です。ソフトバンクと同じ回線を自社回線としてそのまま使用しています。

他の会社のように回線の一部を借りているのではありません。

 

そのため、各種のデータ通信速度の速度結果をみると、他の格安スマホに比べて安定的に速いと言う結果が出ています。

 

f:id:SCANTY:20180331092205p:plain

格安スマホでダントツの通信速度

 

私もワイモバイルを使用していますが、前に使っていたドコモと比べて通信が遅いと感じたことはありません。

  

料金プランがシンプル

 

中学生・高校生だと、初めてスマホを使う方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、スマホのプランは非常に複雑です。

特にドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのプランはちんぷんかんぷん……。

いったい自分にどのプランが適しているのかわかりません。

 

それに比べ、ワイモバイルで最もおすすめかつ人気の料金プラン「スマホプラン」は、3つの中から選ぶだけの非常にシンプルなものです。下図をご覧ください。

 

f:id:SCANTY:20171002152804p:plain

料金プランは上の3つ

 

プランを選ぶ際のポイントは「月々のデータをどれだけ使うか」のみ。

さらに、常時「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」というのを実施しています。

よって、契約から2年間はスマホプランS/M/Lはそれぞれ2GB・6GB・14GBまで使うことができます。

 

プラン データ 1年目 2年目
プランS 2GB ¥1,980 ¥2,980
プランM 6GB ¥2,980 ¥3,980
プランL 14GB ¥4,980 ¥5,980

※2倍が無料になるのは2年間ですが、機種変更すればまた2年間データ容量は倍になります

 

データ量によって自分にあったプランを3つの中から選ぶだけです。

料金も非常にシンプルで初めての方にもわかりやすく、安心して契約できます。

 

また、上記3プランの中なら、契約後のプラン変更も可能です。変更に手数料などもかからないので安心ですね。

 

基本料金が安い

 

ワイモバイルの特徴3つ目は、料金が安いことです。

私は以前ドコモを契約していました。データ通信量が5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。

 

しかし、ワイモバイルで契約したスマホプランMでは、毎月6GB使えて、料金は3,000円ほどです。しかも10分以内の国内通話は何回でも無料です。

(さらに、後述するいろんなワザを使ってさらに安くしています)

 

実は、他の格安スマホの中にはさらに安いプランもあります。

有名どころだと「LINEモバイル」や「mineo(マイネオ)」「BIGLOBEモバイル」や、私が使用している「LIBMO(リブモ)」があります。

しかし、安定して速いデータ通信速度や、機種のラインナップなどを勘案すると、ワイモバイルのコスパは非常に優秀といえるでしょう。

  

タダ学割がお得

 

f:id:SCANTY:20171130171152p:plain

 

ワイモバイルは18歳以下の方にとって非常にお得なキャンペーンがあります。

それは「タダ学割」というキャンペーンです。

2017年12月1日~2018年5月31日の期間限定で実施しています。

「タダ学割」 には大きく2つの特典があります。

 

<最大4ヶ月基本料金タダ>

 

「タダ学割」の特典の1つ目は、スマホの基本料金が最大4か月分無料になることです。

2018年5月までに申し込めば、契約翌々月まで3ヶ月間無料になります。

  • 18年5月末までに申込み:基本料金3ヶ月タダ

対象プランはスマホプランS/M/Lです。

 

<データ2倍が機種変更までタダ>

 

特典の2つ目は、データ容量2倍オプションが機種変更まで無料になるというものです。

スマホプランSはもともと1GB、Mは3GB、Lは7GBですが、これが無料で2倍になります。

  • スマホプランS:1GB⇒2GB
  • スマホプランM:3GB⇒6GB
  • スマホプランS:7GB⇒14GB

 

そもそも、ワイモバイルでは普通にスマホプランS/M/Lに申し込んでも無料で2倍になります。

タダ学割と通常の方の違いは「無料になる期間」です。

通常の方は、契約翌月から24ヶ月間で無料期間が終了してしまいます。

しかし、「タダ学割」対象者は24ヶ月を超えても機種変更しない限りずっと無料です。

  • 通常:24ヶ月で無料期間終了
  • タダ学割:24ヶ月を超えても機種変更しない限り無料

  

各種条件・実施期間 

  

タダ学割の実施期間は2017年12月1日(金)から2018年5月31日(木)までです。

また、タダ学割が申し込める方は、以下の条件を満たした方です。

  • 個人契約の方(法人は対象外)
  • 申込み時の使用者の年齢が5歳以上18歳以下
  • 新規、他社からのりかえ(MNP)、ソフトバンクからの番号移行のいずれかで申し込むこと
  • スマホプランS/M/Lを申し込み方

ソフトバンクからのMNP乗り換えの方も対象なのが嬉しいですね。

  

タダ学割の詳細は「ワイモバイル「タダ学割」の詳細・申込手順をやさしく解説します」をご覧ください。 

 

家族割で500円割引

 

f:id:SCANTY:20180329124316p:plain

 

ワイモバイルでは、家族で複数回線のスマホを契約した場合、2台目以降の基本料金が毎月540円割引になる家族割のサービスがあります。

 

ワイモバイルはそもそもの料金が安いため、ご家族でワイモバイルのスマホを使うとスマホ料金がかなり節約できます。

それに加え、家族割による割引まで受けることができるのです。

 

家族割を適用させるための条件は、「家族であること、または住所が同じであることを証明する資料を提出すること」となっています。

つまり、同じ住所でなくても家族であれば割引が受けられます。

 

おうち割(光セット)が適用可能

 

f:id:SCANTY:20171006004214p:plain

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

  月割引額
プランS 500円
プランM 700円
プランL 1,000円

 

f:id:SCANTY:20180201173909p:plain

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

ソフトバンク光申込みで2.8万円還元

 

さらにお得な方法があります。

ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

<用語解説>
正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

キャッシュバックは、新規申込みか転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換
  新規 転用
キャッシュバック額 28,000円 13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

<正規代理店のメリット>

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック2.8万(転用1.3万)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

  

▼オプション不要のおすすめ代理店▼

f:id:SCANTY:20171202213344p:plain

 

 ソフトバンク光に申込む

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

20170908222440

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

SIM追加でデータ容量をシェア可能

 

ワイモバイルには「シェアプラン」というサービスがあります。

これは、SIMカードを追加して、”親”となる端末のデータ容量を”子”の端末と分け合えるサービスです。

親回線がスマホプランL(14GB)なら、子回線は基本使用量が無料になります。

 

親回線の
契約プラン
子回線の
基本料金
スマホプランS 980円
スマホプランM 490円
スマホプランL 無料

 

最大3枚までSIMカードを追加できるので、家族でワイモバイルに契約する場合、父の回線を親とし、母と子供2人でデータ容量を分け合えます。

また、1人で契約する場合も親回線はスマホに、追加した子回線はタブレットに挿して使うことも可能です。

 

それぞれで契約するよりシェアプランを活用したほうがお得になる場合がありますので、ぜひ活用してください。

 

iPhoneも格安で使える 

 

中学生・高校生の中には、「スマホは絶対iPhoneじゃないと嫌だ!」という方もおられるでしょう。

若い世代ではiPhone人気が非常に高いです。その点もワイモバイルなら大丈夫です。

 

<販売機種はiPhone 6Sと SE>

 

f:id:SCANTY:20170929171801p:plain
f:id:SCANTY:20170929171813p:plain
iPhone6S(左)とSE(右)

 

ワイモバイルでは現在、iPhone 6SとiPhone SEを販売しています。

上記2機種なら、機種本体をワイモバイルで購入することができます。

 

iPhone 6S・iPhone SEは発売から時期が経過しましたが、普段使いには十分な性能でいまだに非常に人気の機種です。

さらに先日大幅値下げになり、大変の買い求めやすくなりました。

詳細は以下の2記事をご覧ください。

 

<最新のiPhoneも使用可能>

 

f:id:SCANTY:20171010231302p:plain

 

ワイモバイルで販売しているiPhoneは 6SとiPhone SEです。

しかし中には最新のiPhone 8やiPhone X、人気のiPhone 7を使用したいという方もおられるでしょう。

 

実は、iPhone 6S・iPhone SE以外の機種もワイモバイルで使用することが可能です。

「SIMフリー端末」または「SIMロック解除済」であれば、ワイモバイルで使用することができます。

 

簡単に説明すると、以下の流れになります。

  1. 端末を用意
  2. ワイモバイルのSIMカードを契約
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

非常に簡単ですし、この方法はiPhoneを格安で利用できて大変お得です。

詳しい設定手順などは以下の2記事を参考にしてください。

 

なお、ワイモバイルでSIMカードを購入する場合は、店頭ではなく「ワイモバイル公式オンラインストア」で購入しましょう。

必ず9,600円~最大14,400円の月額料金割引が受けられます。

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

キャリア決済機能がある

 

f:id:SCANTY:20171009012221p:plain

 

ワイモバイルには、「キャリア決済機能」である「ソフトバンクまとめて支払い」が使えます

格安スマホでキャリア決済が使えるのはワイモバイルだけです。

 

「キャリア決済」とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスです。

例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用します。

このような会費の支払いは「キャリア決済」のみに指定されている場合が多いのです。

私がワイモバイルにしたのもこの「キャリア決済」の機能があったからに他なりません。

 

中学生・高校生の皆さんは、スマホを買った後に使いたいサービスに「キャリア決済」が必要ないか確認しましょう。

格安スマホでキャリア決済が使えるのは「ワイモバイル」のみになります。

  

ヤフープレミアム会員費無料

f:id:SCANTY:20171010232125p:plain
スマホがワイモバイルの方は、自動的にヤフープレミアム会員費(月498円)が無料になります。

ワイモバイルを契約し続けている限りずっと無料です。

 

ヤフープレミアム会員なら、ヤフオクの出品が無制限にできますし、そのほかにもお得な特典がいっぱいです。

  • コンビニ商品の無料引換券が貰える
  • ファストフードのお得なクーポンが貰える
  • ヤフーショッピングのポイント5倍 など

 

こちらも、ヤフーのサービスを使わない人にはピンと来ないかもしれませんが、たまにでも使う人には大変嬉しい特典です。

詳細:ワイモバイルスマホはヤフープレミアム会員費が無料!

 

LINEも使えてID検索もOK

 

f:id:SCANTY:20171010232511p:plain

 

ワイモバイルなら、もちろんLINEの使用も可能。

さらに、格安スマホでは大変珍しい「年齢認証」ができるので、ID検索もできます。

ただしID検索は18歳以上からなので、18歳未満の方はそもそもできません。

  

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

中学生・高校生におすすめのスマホ機種

 

私が中学生・高校生のみなさんにおすすめのスマホ機種は以下の3台です。

 

iPhone SE

 

f:id:SCANTY:20170916233441p:plain

 

1台目は、iPhone SEです。

中学生・高校生のiPhoneの人気は非常に高いです。「絶対にiPhoneがいい」と言う方も多いでしょう。

ワイモバイルではiPhone 6SとiPhone SEが購入できますが、iPhoneSEの方が価格が安いため、こちらを先に紹介しました。

 

  • iPhoneが格安で買える
  • 持ちやすい4インチ画面
  • 旧機種ながら十分な性能
  • 6Sより端末代金がかなり安い
  • 自撮りカメラは6Sに劣る

詳細:ワイモバイル「iPhone SE」のスペック・料金を解説!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

iPhone 6S

 

f:id:SCANTY:20171012015043p:plain

 

続いてはiPhone6Sです。

SEよりも後に発売されており、性能も若干高く、デザインも最新のiPhone 8などに似ているため、こちらの方が人気かもしれません。

ただし、iPhone SEより価格は高くなっています。

  

iPhoneSEとの比較ですが、差は大きく3点です。

画面サイズ(SE:4.0インチ、6S:4.7インチ)と、自撮り用カメラの性能(iPhone 6Sの方が高画素)、料金(2年総額はSEの方が安い)がポイントになるでしょう。

 

  • iPhoneが格安で買える
  • 最新機種と似たデザイン
  • 4.7インチコンパクト画面
  • 自撮り用インカメラはSEより優秀
  • 価格はSEの方が安い

詳細:ワイモバイル「iPhone 6S」の料金・スペックを解説!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

507SH , Android One

 

f:id:SCANTY:20170907124301p:plain

 

 アンドロイドスマホでおすすめなのは、「507SH , Android One」です。 

507SHは人気の「Android One」シリーズの最初の機種ですが、搭載しているCPU性能はなかなかです。

そのため、ゲームをしたい中学生・高校生にも最適です。

SHARP製の国産スマホのため、防水・防塵はもちろん、ワンセグでTV視聴も可能です。

 

また、高性能なのですが発売から時間が経っており、先日端末代金を大幅に値下げしました。

この性能の端末をこの価格で買えることはめったに無いので、ぜひオススメです。

 

  • ゲームもできるCPU性能
  • 安心のSHARP製国産スマホ
  • 3日間充電不要の長持ちバッテリー
  • ワンセグでTV視聴可能
  • 防水・防塵対応
  • 実質タダの格安料金
  • 発売から時期が経過

詳細:「507SH , Android One」の機能・料金を徹底解説! 

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

ワイモバイルのデメリット

 

データ繰り越し不可

 

ワイモバイルの唯一のデメリットは「データ繰り越し」ができないということです。

一部のスマホ会社には「データ繰り越し」のサービスがあります。

月々のデータ容量に対し、使わなかった分を翌月に持ち越すことができるサービスです。

 

しかし、ワイモバイルには残念ながら繰り越しサービスはありません。

データ容量は無料で2倍になっているとはいえ、ちょっともったいないですね。

 

UQモバイルなら繰り越し可能

   

「ワイモバイルにしようかと思ったけど、繰り越しが無いのはちょっとな……」と思ったあなた!

 

ワイモバイルではなく、「UQモバイル」にしてはどうでしょうか。

UQモバイルは、ワイモバイルとほぼ同じ料金体系にも関わらず、データ繰り越しが可能なのです。

 

f:id:SCANTY:20171006002113p:plain

 

例えば、プランSを契約の場合、通常毎月2GB使用することができます。

当月に1GBしか使わなかった場合、翌月に余った1GBを繰り越すことが可能です。

そして、翌月は合計3GBまで使うことができます。

 

繰り越せる容量は、各プランの基本容量(2倍になる前の容量)のため、以下の通りとなります。

  • プランS:1GBまで
  • プランM:3GBまで
  • プランL:7GBまで

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。

よって、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。大変良心的ですね!

 

UQはネットとのセット割なし

 

しかし、UQモバイルは「おうち割」のように家のネットとのセット割引がありません。

ワイモバイルでは「おうち割(光セット)」により月々最大1,000円×契約回線分の割引になります。

そのため、「おうち割」を適用できる分だけワイモバイルの月額料金の方が圧倒的に安くなります。

家のネットの契約が不要な方は「UQモバイル」でもよいかもしれません。

 

▼申し込みはこちら▼

 UQモバイル(公式)

 

申込みは公式サイトが便利! 

 

以上、中学生・高校生にワイモバイルをオススメする12つの理由を解説しました。

中学生・高校生の皆さんも、料金が安いワイモバイルで、ぜひスマホを使ってみてください。

 

いまなら「タダ学割」が実施中ですので、さらにお得にワイモバイルに契約できます。

タダ学割は5月末までなのでぜひお急ぎください!

 

ワイモバイルの申込みは「ワイモバイル公式オンラインストア」でどうぞ!

 

▼申し込みはこちら▼

 ワイモバイル(公式)

 

また、ワイモバイル契約後は「ソフトバンク光」への申込も忘れずに。スマホ料金が毎月割引&キャッシュバックがもらえます。

 

▼オプション不要で2.8万還元▼

 ソフトバンク光申込サイト

 

<関連記事>